Music

音楽業界の職業であるプロモーターは実際何をするの?リモートワーク時の働き方とは…
0

音楽業界の職業であるプロモーターは実際何をするの?リモートワーク時の働き方とは…

音楽業界の仕事について、皆さんはどの程度ご存知だろうか? レコード会社の仕事と聞くと、アーティストの新曲の制作やその宣伝など、華やかなイメージを連想する方が多いと思います。ただ、実際にその業務内容を具体的にイメージすることはなかなか難しいのではないでしょうか。 その理由は、現在の音楽業界は想像以上に複数の企業が関連し、その業務を進めていることに一因があると言えるでしょう。 本記事では、音楽関連のお仕事の中でも、プロモーター(宣伝職)についてご紹介させていただき、その仕事が具体的にどの様なことを行うの理解を深めていただくことを目的といたします。 ▼ 音楽業界のプロモーターは何をするのか? 音楽業界の仕事であるプロモーター(宣伝職)が最もイメージしやすいのは、ラジオ局のディレクターへのアーティストの提案営業でしょう。詳しく解説していきます。 まず、プロモーター(宣伝職)と呼ばれるスタッフは、各レコード会社に所属しているケースが多いです。例えば、ワーナーミュージックやユニバーサルミュージック、ソニーミュージック等、世界的にも販路を持つレコード会社機能を持つ会社が挙げられます。さらに、この様な大規模なレコード会社となると、自社内に独立レーベルを持っているケースも多く、プロモータースタッフの所属法人名は、例えば、ユニバーサルミュージックの社内カンパニーレーベルであるVirgin Musicの様なケースが該当します。 ここでは話が複雑化するのを避けるため、プロモーターは主にレコード会社に所属し、自社内で関わるアーティストのプロモーションを各メディア媒体(ラジオ、TV局等)へ行う人を指すとご理解いただけると良いかと思います。 一例を提示して説明します。設定として、ラジオ局の敏腕ディレクターに、ユニバーサルミュージックのプロモータースタッフの人が、所属アーティストの営業に行く場面を想像してください。この場合、まずはじめに、ディレクターの方へのアポイントを取得し、多くは実際に面談しながらアーティストの紹介機会を貰う形になります。 さらに、ディレクターへの提案機会を得ることができたプロモーターの人は、自社内で今プッシュしているお薦めのアーティストを紹介します。その際には、勿論、楽曲の音源データを提供し聴いてもらったり、中には工夫を凝らしたPower Point等の資料での紹介を行ったりも致します。基本的には、ベースとなる人間関係がディレクターの人とできていることが重要になりますが、プロモーターの仕事で重要なのは「如何にアーティストの良さを伝えられるか」かと思います。 これはどの営業やマーケティング的にも言えることですが、自分が良いと思っている商品やサービスを、如何にお客さんに伝えられるかが仕事の出来不出来の分かれ目になると言えるでしょう。 ▼ プロモーターの仕事の難しさとは? プロモーター(宣伝職)の難しさは、総合的な音楽的な素養が問われる営業職と言える点にあります。 具体的には、プロモーターの仕事は、主にラジオやTV局のメディア担当者を顧客とし、自社のアーティストをメディアに出演させて貰ったり、楽曲をメディアで配信して貰うことに了承をいただくことを目的としています。 勿論、メディア担当者の人もビジネスですので、いくら人間関係が構築できているからと言って、そう易々と了承をいただける訳ではなく、あくまでメディア担当者側のメリットに繋がる提案をアーティストの良さを活かしてどの様に提供できるかを提示できるかが成否の分かれ目となります。例えば、関西地区を中心とした音楽ラジオメディアがあった場合は、主にラジオ内で配信する楽曲は新人アーティストや、ネクストヒットアーティスト等で構成されるケースが多く、全国区ですでに有名なアーティストを紹介してもあまり響かない様なケースがあります。 つまり、メディア側の意向を汲んだ上で、自社のアーティストの良さを提案しなければならないという訳です。 ここで求められるのは、幅広い音楽知識を前提に、如何に相手(メディア)の状況を理解した上で、アーティストの良さを的確に売り込めるかという点ですので、音楽的な素養と、いわゆる営業職としての素養の、2つの能力が総合的に問われるのです。 如何でしたでしょうか。音楽業界のプロモーター(宣伝職)について理解が深まれば幸いです。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
音楽業界の就職をオススメできない3つの理由とは…
0

音楽業界の就職をオススメできない3つの理由とは…

 | , , , , ,  | 
毎年、学生の就職先の人気ランキング上位の常連である音楽業界。 ミリオンヒットを飛ばすアーティストをプロデュースする裏の仕掛け人であるプロデューサーや、有名アーティストを傍で支えながら楽曲制作にもヒントを与える重要なA&Rなど、多くの人の憧れの職業であることは間違いない。 しかし、この様な華やかな音楽業界を目指すべきではない理由が3つ存在する。本記事では、その理由と、これから音楽業界を目指す方にとって重要な情報をお届けしていきたい。 ▼ まず音楽業界とは何か.., 音楽業界への就職をオススメできない理由を語る前に、まず音楽業界とは何かについて論じていきたい。 音楽業界とは、その名の通り、音楽に関する事業を行う会社及びそこで働く人々を指す。しかし、昨今の音楽業界はパワーバランスが分散していると言えるだろう。以前、10~20年前の音楽業界では、レコード会社を中心とした新譜楽曲のリリースに始まり、その販売方法としてのCDパッケージのセールスで業界の大半の売上が成り立っていたため、業界としての一番の権力保持者はレコード会社にあったと言える。 特に優れたアーティストの中には、自身で作詞作曲、そして、プロデュースまでしてしまう類稀なる才能を持つ人材もいたことは確かだが、多くのケースではこの一連の楽曲を作り、それをプロデュースしブランド化した上で、世の中に商品として届ける流れはレコード会社の中の人が戦略を練り展開していたことが多かった。 このため、大半の音楽を制作し売るという行為は、レコード会社の権限下に置かれることが多かったのだ。 しかし、最近は事情が異なってきている。 皆さんご存知の通り、YouTubeによる新しいメディアが確立し、個人でも簡単に、瞬時に世界に映像を届けることができる手段が一般化したことにより、アーティストは個人として世の中に情報を発信することができる様になった。個人としての活動なので限界があるのではないかと当初は思われる節もあったが、それは違い、寧ろ個人のアーティストが発信するリアルな声が視聴者やファンには新鮮であり、今となってはYouTubeというメディアはテレビも近い将来追い越す勢いとも言える。 この様に、アーティストが普通に無料でMusic Videoの動画を公開する状況であるため、CDは売れるはずもなく、従来のレコード会社の売上の大半を構築していた前提は崩れ去っている。 また、音楽ストリーミングサービスが多数登場し、楽曲は買うものという認識から、楽曲は定額で聴くものという大衆認識が出来上がっている。これはApple Music や Spotifyなどの音楽配信サービスの登場によるところが大きいが、シングルやアルバムを1,000~3,000円程で購入する感覚は、もはや今の10~20代の世代には存在しないため、楽曲のみとしての市場価値は確かに廉価していると言わざるを得ない状況なのだ。 この様な状況であるのが、まず冒頭で述べた「音楽業界」なのである。 次に、この音楽業界の仕事に就くべきでない3つの理由を紹介したい。 ▼ 音楽業界に就職すべきでない3つの理由とは... まず1つ目の音楽業界に就職すべきでない理由は、今まさに変わろうとしている業界だからだ。 これはどう言うことかと言うと、音楽業界は音楽配信サービスの売上が世界的にも増えてきており、その市場構成も変化するなど、業界自体の構造が世界レベルで変化している業界と言える。この様なビジネスの世界では、この「変化」に対応できる会社や人材でないとまず生き残れないのだ。 現に、大手レコード会社でも、従来のミリオンヒットを生み出す様なアーティストを創ることが仮にできたとしても、現在では音楽パッケージだけの販売では到底利益を上げることはできないため、あの手この手で収益化の仕組みを考え実行することができる能力が求められる。さらに、2020年3月から日本でも重大化した新型コロナウイルスによる影響で、アーティストが次の収益の柱としてきたライブや大型フェスなども、人の密集状況を伴うため、従来通りの開催は困難となることが窺い知れる。つまり、今までにはない新しい方法を生み出すことが、遅かれはかれ必要になるのだ。 ポジティブに言うと、この様な状況を打破することができる能力を持つ人こそ、音楽業界に入るべきなのだが、一般的な考え方で言うとオススメできないと言うことだ。 次に、2つ目の理由は、イノベーションが起こりにくい環境であるためだ。 1つ目でも述べたが、今後音楽業界は新しい形態により音楽を視聴者に届け、誰しもが幸せになる形での収益構造を構築しなければならない。この視点から考えると、何も従来の音楽業界に入って、旧態然とした会社間でのルールなどに従う必要はないと言うことだ。寧ろオススメできないとも言えるだろう。 良くある話だが、既得権益の話は音楽業界にも勿論当てはまり、今までのルールの中で力を持ってきたレコード会社やプロデューサーなどは、これから起こる変化を嫌うだろう。それは、今まで得ることができた既得権益を失うからだ。また、この様な人材は大半はいわゆる音楽業界の業界人として、今の業界内にいることが多く、悪いことではないが、業界の変化を嫌う傾向にあるのではないだろうか。全ての人には当てはまらないが、その様な環境下ではイノベーションは生まれにくく、長期的に考えると自分の人生の結構な時間を投下する場所として選択すべきかどうかは、要検討だ。 最後に、3つ目の理由は、音楽をビジネスとして捉えられる人は少ないためだ。 世間一般的には、音楽はエンターテインメントだ。誰もが自由に楽しめて、気持ちの昂りや悲しみを癒してくれる必要な存在だろう。だが、それを創り、その売上で生きる人にとっては、正しくビジネスだ。新卒採用や中途採用において、良く音楽業界への志望動機で、憧れのアーティストに会えるから、間近でアーティストと話せる機会が得られるから、と言った言葉を耳にすることがある。これは決して悪いことではないが、ビジネスとしては捉えられていないとも映る。 純粋に音楽を楽しむと言う点で言えば、音楽業界に入らず、いわゆるエンターテインメントとして楽曲を視聴し、ファンとして作品に触れる方が幸せかも知れないのだ。 以上、音楽業界に就職すべきでない3つの理由を紹介したが、いかがだっただろうか。ネガティブな意見ではなく、これからは楽しむ以上にビジネス的な真剣さが求められてくる業界になってくると言えるだろう。 ただ、いつの時代も「音楽」の価値は変わらず、それを聴く人の状況が変わる。この変化を楽しめる人こそ、音楽業界に入るべきではないだろうか。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
Due to the extension of the emergency declaration, the Live house closure will be extended … Can they resume business from June 1?
0

Due to the extension of the emergency declaration, the Live house closure will be extended … Can they resume business from June 1?

It was announced that the effects of the new coronavirus wouldn't end in Japan, and that the emergency declaration that was originally planned until May 6 will be extended to May 31 due to the current situation. Along with that, many live houses scheduled to be closed until May 6 are expected to be extended. With the extension of the emergency declaration, it becomes a concern that the emergency declaration will end on May 31st. However, in the words of Prime Minister Abe's interview the other day, it was said that it would be possible to hold concerts and events on a gradually smaller scale in the near future. Even if we can't hold an event where people like big festivals get together in the near future, we might be able to open a live house with a capacity of less than 300 people from June onwards. Hopefully, the new coronavirus will fully end during the summer festivals held by SUMMER SONIC and Fuji Rock. ▼ Live house support projects and crowdfunding, now is the time to join hands! There is no doubt that due to the extended suspension of business period, live houses will be even more difficult. Even on the day when business can be resumed, they will be burdened with all sorts of measures such as "3 dense", and they will bear an unprecedented burden. In that sense, it's hard to imagine that the days when we can play in a live house will return soon, just like before. But everyone wants a live house again. In order not to create a live house that will be closed any more, I think that it is the greatest support we can do now by actively participating in existing live house support projects and crowdfunding. Believe it's a little more patience, let's continue to protect the place called the live house. -- Evening Music Records Inc.
Hi-Standard is showing live videos on YouTube for a limited time! All legendary videos will be released!!
0

Hi-Standard is showing live videos on YouTube for a limited time! All legendary videos will be released!!

 | , ,  | 
The other day, the label "Pizza of Death," to which many rock bands such as Hi-Standard belong, has released the past songs of their artists to each subscription service. Many fans would have cheered for this surprise news. In particular, it was quite a big news that the past songs of Hi-Standrad, which once stood out in the world, were released. It would be deeply moved that the band, which the fans of the past year have loved for many years, released a song with a feeling. Hi-Standard is still known to the younger generation as a legendary band. Hi-standard is also active now, and the legend can be seen in front of you. Even on such Hi-Standrad and Youtube, I released the surprise. It's about releasing past live videos. ▼ The image of the legendary AIR JAM 2011 in the 2011 earthquake year ... From the official Youtube channel of Pizza of Death, Hi-Standard's past live videos has been premium released. This is for a limited time only, and the viewing is due until the end of May. The released video is 2011. From the year of the Great East Japan Earthquake. The 2011 AIR JAM was held at Yokohama Stadium, and the Hi-standard live there has become a legend. The impression that you saw the live video seems to be natural, but the excitement is amazing. It's incomparable to other bands . After all, there are a lot of people who do cloud surfing and dive just by Hi-Standard members appearing on stage. And the first song since the live began, the voltage of the anthem-like "Stay Gold" stadium exploded as you can see on the screen. It's only for a limited time to be able to see such "realistic" images that are "too dangerous", so if you have time, you should definitely take a look. -- Evening Music Records Inc.
Hanaregumi & Rekishi will deliver past songs with subscription services! Collaboration songs are also released at the same time!
0

Hanaregumi & Rekishi will deliver past songs with subscription services! Collaboration songs are also released at the same time!

The happy news has arrived. Hanaregumi and Rekishi, who are members of the SUPER BUTTER DOG band who once worked together and are now doing solo projects, announced that their past songs will be delivered all at once with subscription services. Until now, Hanaregumi and Rekishi have been popular for their activities. They also appeared a lot at large festivals, and live activities were energetic. However, it is also true that until now, they could not listen to their songs on subscription services, and there was a constant demand for the ban on distribution. Now that the subscription service has been lifted, the hope that many fans have been waiting for has come true. ▼ Can you expect new fans, not just Old fans? There is no doubt that many old fans will be pleased with the decision to deliver to subscription services this time. There will be many people who know them since the days of SUPER BUTTER DOG. But I don't think it's just the old fans who are happy about this. It seems that some people have been interested in their songs but couldn't listen to them without a chance. For those people, this time they can listen to their music. When it comes to acquiring new fans, it also benefits artists. Now that subscription services have become popular, publishing music in this way makes it possible for people who are not just fans to listen to it, which is an opportunity for artists to publicize themselves. Two pairs of subscription bans can be said to be a big part of the Japanese music scene, and I hope everyone will enjoy this opportunity. -- Evening Music Records Inc.
A representative of the Japanese Hip-Hop? What is the reason why “舐達麻” is evaluated and what makes it different from other rappers?
0

A representative of the Japanese Hip-Hop? What is the reason why “舐達麻” is evaluated and what makes it different from other rappers?

 | , ,  | 
There is a hip-hop crew of three called "舐達麻". They are becoming the representatives of Japan's hip-hop scene, which can be said to be the big names. In Japan, the genre of hip hop has been exciting for a long time. With the spread of music creation tools and free streaming services to date, it may be because more people are becoming artists. In a sense, it is an era where you can become an artist if you do your best without a special sense or talent. Of course, only a few of them sell well. The artists at the forefront, such as Tohji and Shakabozu, seem to have their own unique sense.So why has 舐達麻 been so evaluated? It hasn't been a long time since they were formed, and it's relatively fledgling. So it didn't take long before they were formed and evaluated. What is the reason for that? ▼ Overwhelming masculinity, the "Badness" of the royal style... Anyway, 舐達麻 is full of masculinity. The more you hear it, the more you listen to just one song, or the little bit of live video. Originally, hip hop was underground and a little shunned by the masses. So-called hip-hop people's worries and dangerous atmosphere have long been among some people. They feel like they have that original hip-hop style. Nowadays, there are various hip-hop artists. In live shows, not only men but also women can be seen, and it has become quite popular. It is a proof that Hip-Hop has evolved. There are many artists who can see lyrics, beats, visuals, and elements of female popularity, and we are changing the form from the original hip hop, but I think this is also a pleasure. Among them,舐達麻 sticks to his style. Such a magnificent appearance, they are attracting many female fans as well as male fans. A hybrid artist. -- Evening Music Records Inc.
新型コロナウイルスで死去した志村けんが残した、意外な音楽の功績とは…
0

新型コロナウイルスで死去した志村けんが残した、意外な音楽の功績とは…

世界中で新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を奮う中、今週世間の注目を集めたのは志村けんだった。 すでに周知の事実となってしまった志村けんの新型コロナウイルスによる死去だが、筆者を含め日本だけでなく海外メディアでも取り上げられる程、多方面に驚きと哀しみを与えている。本記事ではそんな志村けんが音楽業界に残してくれた意外な功績をお届けしていきたい。 2020年3月29日、新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院し治療を受けていたコメディアンの志村けんさんが午後11時頃になくなった。享年70歳だったが、訃報を聞くにはまだ早い年齢でもあり、世間に彼のコロナウイルス感染の情報が入ってから約2週間程での突然の知らせだったため、多くの驚きの声があがったのも事実だ。 所属事務所によると3月25日にコロナウイルスへの感染を公表した後、東京都内の病院で治療を継続していたが、わずかに及ばず...と言う状況だった様だ。 志村けんと聞いて、多くの方は日本の一大コメディアンで、知らない人はいないであろう程の人気を誇る。それは、長い世代お笑いの世界の最前線を走り続けてきたからの結果でもあるのだろう。特に、彼の出世作と言える民放の公開バラエティー番組「8時だョ!全員集合」では、持ちネタの「東村山音頭」や、チョビひげ姿で加藤茶さんと踊る「ヒゲダンス」などを披露し、一躍人気メンバーとなり、それから常に不動の人気を誇ってきたと言える。まさに、日本のコメディアアンとして最高峰の人材だった。 新型コロナウイルスによる志村けんと言う人物がいなくなった事実は、非常に哀しく、大きな損失でもあるが、そんな彼の音楽業界との関わりについて触れていきたい。 ▼ 志村けんの音楽的な功績とは... 志村けんと聞くと、コメディアンとしてのイメージが強いと思うが、彼のルーツは意外にも音楽にもある様だ。 若い世代は今や知ることはないかも知れないが、志村けんが加入する前の初期の「ザ・ドリフターズ」は音楽バンドとして世間に売り出しをしており、1966年にザ・ビートルズが来日公演を実施する際に、その前座を務めたこともある程の存在だった。 その後、紆余曲折もありコミックバンドとしての色合いが強まって来た結果、1970年には『ドリフのズンドコ節』が大ヒットした。世間的には、この頃からの印象が残っていると言えるだろう。また、志村けんが正式メンバーとなった1974年の当時、ドリフは人気番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)でコントグループとして大ブレイクしており、その流れでコメディアンの世界での存在感は拡大してきたと言えるだろう。ただ、その様な状況下でも、1980年代初頭まではドリフターズは定期的にシングル楽曲を発表していたと言うから驚きだ。 さらに、志村けんは、ドリフターズではキーボードやギターを担当していた。他のメンバーとは違い、最初からお笑いの世界を志していたが、一方では芸能界でも屈指のソウルやファンク代表される「黒人音楽」の愛好家だったのだ。1970年代後半~1980年代初頭には、音楽雑誌にソウルミュージックのレコード評を毎号、寄稿していた経歴もあるなど、その音楽好きの姿勢がうかがえる。 世間的なメディアに登場する際には、剽軽な面を見せることでコメディアンとしてプロの姿勢を貫いてきたが、実際には、芸能は勿論、音楽の領域にまでも知見の深いマルチな才能を持っていた稀有な存在だったと言えるだろう。 ▼ 新型コロナウイルスに対して考えるべきことは... 本記事を執筆している2020年4月4日時点では、日本のおける新型コロナウイルスの捉え方は、海外と比較すると、まだまだ甘い様な雰囲気が漂っていると言えそうだ。 志村けんさんと言う、日本国民にとって非常に親近感のある芸能人が感染により亡くなったと言う状況下においても、まだ警鐘がなっているとは言えない様な雰囲気だ。勿論、東京都では外出自粛の呼びかけがなされるなど、対応策としての具体的な動きは出てきているものの、いまだ世界各国と比較すると、PCR検査により確定された感染者数や死者数はまだ少ないと言う状況だ。 この数値は、PCR検査自体が必要数実施されていないことによるものだと言う指摘も多いが、それを抜きにしても、日本国内の雰囲気はどこか人事である感覚を拭い切れていない様だ。 この週末も外出自粛は続いているが、東京都内でも確かに人数は普段と比べると少なく感じる場所もあるが、都内のカフェなどには通常時と変わらない程の賑わいを見せているなど、自粛はあくまでムードであると言わんばかりの状況だ。過度な自粛や買い占めは好ましいとは言えないが、自衛的な考えや自らの体調が優れない場合は自宅待機の上、検査を早期に受けるなど、一人一人の感染拡大を防止する主体的な動きがなされるべきであろう。 志村けんさんの訃報は哀しく、ただただ残念な事実だが、彼が残してくれた功績やその影響力から、私たち日本人は学び、世界においても感染拡大を防止できたと言う結果を残すべきではないだろうか。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
3 月 7 日「サウナの日」に向けて、DISH//が放つ“令和渾身のサウナソング!” ミュージック・ビデオ解禁!
0

3 月 7 日「サウナの日」に向けて、DISH//が放つ“令和渾身のサウナソング!” ミュージック・ビデオ解禁!

4 人組ダンスロックバンド DISH//の最新ミニアルバム「CIRCLE」収録の「SAUNA SONG」のミュージッ ク・ビデオが公式 YouTube で公開された。 この「SAUNA SONG」は”90 度の熱に触れて、君がすこしだけ昨日より優しく誰かを思いやれれば良い” という歌詞が印象的な、サウナの魅力を表現した楽曲。更に、北村匠海を筆頭に DISH//のメンバーも サウナ愛好家(サウナー)ということもあり、”DISH//×サウナ”という異色のコラボレーションが実現。令 和時代渾身のサウナソングとして「SAUNA SONG」が発表された。 作詞作曲はバンド・Lucky Kilimanjaro の Vo.である熊木幸丸がつとめ、歌詞の原案を北村匠海が担当している。 本作のミュージック・ビデオは東京都サウナスパ協会のサウナ公式飲料である、大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーターが撮影時の水分補給を含めてサポートし、サウナ愛好家の間で有名な埼玉県・草加健 康センターを中心に撮影されているほか、サウナーとしても著名な女優・清水みさとも出演。サウナの魅 力を余すことなく表現した、まさに「令和渾身のサウナソング」と言える映像作品に仕上がっている。 DISH//は2月26日(水)に最新ミニアルバム「CIRCLE」をリリース。 本作には、熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)の他にも、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、ケンモチヒデフミ(水曜日 のカンパネラ)、さかいゆうらが楽曲を提供。幅広い音楽性が聴くことができる作品集に仕上がっている。 更に、3 月 31 日より 7 都市 9 公演を巡るホールツアーDISH// Spring Tour 2020 「CIRCLE」を 実施予定。8 月 29 日には山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレストでワンマンライブ「DISH// SUMMER AMUSEMENT '20」の開催が決定している。 ◆ ギター&ヴォーカル 北村匠海 コメント SNS が発達して、前向きではない言葉が目立つ世の中になっていると思います。 そんな言葉達が目立つ世の中だからこそ「みんなサウナに入って、ととのってしまえばいいんじゃないか︖」 そんな想いを Lucky Kilimanjaro の熊木さんに話したことから、この「SAUNA SONG」が生まれまし た。 僕自身が 17 歳からサウナに通い続けていることも1つのきっかけです。 2 レコーディングも「SAUNA SONG」だからこそ、座って録ったりもしています。 ライブで披露する日を、楽しみにしていてください。 ◆ DISH// 「SAUNA SONG」ミュージック・ビデオ ■ URL https://youtu.be/fWD3oEiyjdk 【DISH// 「CIRCLE」 配信リンク】 https://dish.lnk.to/CIRCLE_WN 【ミニアルバム収録楽曲情報】 DISH// NEW MINI ALBUM 『CIRCLE』 2020 年 2 月 26 日発売 1.Get Power Words, Music & Arrangement︓中村泰輔 2. FLASH BACK Words︓小林祐介 Music & Arrangement︓中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES) 3. Shape of Love Words︓北村匠海、zopp Music︓さかいゆう Arrangement︓宮野弦士 4. 星をつかむ者達へ Words, Music & Arrangement︓ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ) 5. SAUNA SONG Words, Music & Arrangement︓熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro) 6. PM 5:30 Words︓北村匠海・藤林聖子 Music︓池窪浩一 Arrangement︓伊藤憲・辻村有記 【DISH// 商品情報】 NEW MINI ALBUM 『CIRCLE』 2020 年 2 月 26 日発売 ■ 完全生産限定盤 A CD+オリジナルブランケット(横 70cm×縦 50cm) SRCL-11440~441 4,500 円+税 CD︓ Get Power FLASH BACK Shape of Love 星をつかむ者達へ SAUNA SONG PM 5:30 ■ 初回生産限定盤 B CD+DVD SRCL-11442~443 3,000 円+税 CD︓ Get Power FLASH BACK Shape of Love 星をつかむ者達へ SAUNA SONG PM 5:30 DVD︓ 2020.1.4(土) LIVE TOUR–DISH//–2019 追加公演@パシフィコ横浜 国立大ホール -opening of LIVE TOUR-DISH//-2019- NOT FLUNKY ソロ曲メドレー(SECRET~音花火~誰にでもあるでしょう~明日を見つめて) PM 5:30 This Wonderful World LIVE TOUR–DISH//–2019 追加公演@パシフィコ横浜 国立大ホールドキュメント ミュージックビデオ Shape of Love PM 5:30 PM 5:30(Lyric Video) ■ 初回生産限定盤 C 2CD SRCL-11444~445 3,000 円+税 CD1︓ Get Power FLASH BACK Shape of Love 星をつかむ者達へ SAUNA SONG PM 5:30 CD2︓ 明日を見つめて 誰にでもあるでしょう SECRET 音花火 ■ 通常盤 SRCL-11446 CD ONLY 1,800 円+税 CD︓ Get Power FLASH BACK Shape of Love 星をつかむ者達へ SAUNA SONG PM 5:30 ■ 特典などの詳細はこちら︓「CIRCLE」特設サイト http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/DISH_CIRCLE/ 【DISH// ライブ情報】 <DISH// SpringTour 2020「CIRCLE> 2020 年 3 月 31 日(火) 開場:17:30/開演:18:30 東京・江戸川区総合文化センター大ホール 2020 年 4 月 1 日(水) 開場:17:30/開演:18:30 東京・江戸川区総合文化センター大ホール 2020 年 4 月 4 日(土) 開場:16:00/開演:17:00 北海道・札幌市教育文化会館大ホール 2020 年 4 月 11 日(土) 開場:16:00/開演:17:00 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール 2020 年 4 月 19 日(日) 開場:16:00/開演:17:00 宮城・東京エレクトロンホール宮城 2020 年 4 月 24 日(金) 開場:17:00/開演:18:00 福岡・福岡市民会館大ホール 2020 年 5 月 6 日(水・祝) 開場:16:00/開演: 17:00 大阪・大阪国際会議場 メインホール 2020 年 5 月 9 日(土) 開場:16:00/開演:17:00 神奈川・カルッツかわさき 2020 年 5 月 10 日(日) 開場:15:00/開演:16:00 神奈川 カルッツかわさき <DISH// SUMMER AMUSEMENT ʼ20> 2020 年 8 月 29 日(土)富士急ハイランド・コニファーフォレスト 【DISH// SNS など】 http://dish-web.com/ https://twitter.com/dish_info https://www.instagram.com/dish__official/ https://www.youtube.com/user/dishSMEJ 【大塚製薬 サウナといえばイオンウォーター】 https://pocarisweat.jp/hydration/totonou/ -- 運営:Evening Music Records株式会社
新進気鋭の新人アーティスト「Ryuunosuke Tateyama」 クラシックピアノとジャズの良さを取り入れた音楽とは…
0

新進気鋭の新人アーティスト「Ryuunosuke Tateyama」 クラシックピアノとジャズの良さを取り入れた音楽とは…

◆ 新進気鋭の新人アーティスト「Ryuunosuke Tateyama」 クラシックピアノとジャズの良さを取り入れた音楽とは... 音楽情報バイラルメディア「EVENING」では、新進気鋭の新人アーティストの特集記事を連載しています。今回は、現在(2019年12月)、大阪・兵庫などの関西を中心に活躍されているアーティスト「Ryuunosuke Tateyama」の特集記事をお届けします。 Ryuunosuke Tateyamaは、アーティストのキャリアとしての音楽歴 18年という実力者だ。 幼少期にエレクトーンを、小学校からクラシックピアノを習い始め、小学2年で初めて出場したピアノコンクールで銅賞を受賞するなど、音楽の才能に開花させた。その後も多くのコンクールに出場し、主な受賞歴には「宝塚ベガ学生ピアノコンクール最優秀賞」など、複数の受賞経歴を持つ。音楽の制作としては、15歳から本格的に作曲を始め、22歳からライブ活動を本格化したとのこと。アーティスト「Ryuunosuke Tateyama」の楽曲の特徴とも言える上品さの中にもどこか憂げのあるクラシックジャズとでも言うべき音楽は、幼少期から親しんできたクラシックピアノから始まり、J-POPやRock、Jazzなどの様々な音楽ジャンルに影響を受けてきたようだ。現在は、作編曲や演奏だけでなく、他のアーティストへの楽曲提供、アレンジャー、音楽講師として幅広く活動している。 本記事では、そんなRyuunosuke Tateyamaの楽曲制作の工夫やアーティストの考え方について、後半でのインタビュー内容をお届けする。 ◆ ジャズの良さを詰め込んだ...楽曲「LADY」の良さとは Ryuunosuke Tateyamaの代表作とも言える楽曲は「LADY」だ。ご覧いただいている皆さんにも一度ぜひ聴いてみて欲しい。 ・「 LADY 」 by Ryuunosuke Tateyama 同楽曲は、作編曲から作詞まで全てを彼がこなし制作された楽曲だ。曲調としては、彼のアーティストのキャリアを感じさせるクラシックジャズとも言える繊細かつ大胆さのあるメロディラインや、しとやかだが確実にテンポを刻むバックミュージックに裏付けられる良さが感じられる1曲だ。また、同楽曲は彼自身もトラックとメロディラインが特にお薦めというお墨付きの1曲であり、聴く人全てを心地良いジャズの世界観に導いてくれる。 また、彼の実力はどのように培われたのだろうか。Ryuunosuke Tateyamaは、2015年に大学へ進学し、芸術を幅広く学ぶ傍ら、自ら作曲理論やDTMでの音楽制作を学んだとのこと。さらに、この頃から自身のオリジナル楽曲の制作にも本格的に取り組む様になり、2017年には契約クリエイターとしての仕事を受ける様にもなった。 同時に、クラシックピアノにも再度本腰を入れて取り組むようになり、翌年にはイタリアやプラハにおいて、世界最高水準と言われるピアノコンチェルト「ラフマニノフピアノコンチェルト」の短期留学へ渡航し、卒業演奏会での演奏も成功させている。このタイミングから、YouTubeにも自身の音源を上げる様になり、各種メディアへの出演や優秀アーティストへの選出なども経験している。特に、ピアノ演奏と作曲に関しては、他のアーティストからの評価も高く、今後が期待されるアーティストだ。 ◆ Ryuunosuke Tateyamaの今後のイベントは... 今後のRyuunosuke Tateyamaの出演予定のイベントは以下だ。気になる方はぜひチェックして足を運び、実際に彼の音楽に触れて欲しい。また、物販 / カメラ撮影 / 各種事務作業や連絡業務を手伝っていただける方や、マネージャーの方を募集しているので、随時ご連絡をお待ちしております。(問合せ先: free0dial@gmail.com ) 今後のライブスケジュール ・2019/12/18 京都GATTACA 17:30- ¥1.500+1D ・2020/1/12 天王寺公園 詳細未定 ・2020/1/29 神戸Varit 詳細未定 ※ 毎週日曜日 城天Streetへ出演中 ※ その他の詳細は、TwitterまたはInstagramから!! ※ ご予約はこちらから: free0dial@gmail.com  お名前とチケット枚数(人数)をメールにてご連絡ください。 ※ Music Zoo Kobe 太陽と虎: http://taitora.com/ ※ 神戸Varit: http://varit.jp/ Concert ・2020/1/24 神戸酒心館ホール  演奏曲目: 誰も寝てはならぬ ・2020/2/23 久保惣博物館  演奏曲目: 未定(JazzPiano) ※ 予告なく変更がある場合がございます ※ ご予約はこちらから: free0dial@gmail.com ※ お名前とチケット枚数(人数)をメールにてご連絡ください。 過去の受賞歴 ・宝塚ベガ学生ピアノコンクール最優秀賞等受賞等ピアノコンクール受賞複数 ・登録クリエイター契約 ・MashA&R優秀アーティスト/MUSICA掲載 ・2018年度Prahamusiccamp修了 ・Casa Verdi prof.Raimondoによる2018年度Master Class修了 ・LIVE BOOSTERセミファイナリスト/フジテレビ音楽番組Tuneにちょろっと出演 ・TuneCoreJapanによる2018NewArtist100選に選出 ・Giant Leapピックアップアーティスト/FM802オンエア ・ComingKobeオーディションライブ「フクロノネズミ2019」本戦出場 ・第2回アルテマ音楽祭出演 ・アルテマナイト本戦出演 Ryuunosuke Tateyamaの各種メディアはこちら ・Official Webサイト ・YouTube ・Instagram
女子高生アーティスト「玉名ラーメン」謎に包まれたシンガー、その音楽は天才的!?
0

女子高生アーティスト「玉名ラーメン」謎に包まれたシンガー、その音楽は天才的!?

「玉名ラーメン」というアーティストがいる。彼女は女子高生シンガー、そしてラッパーである。 玉名ラーメンといえば、熊本県玉名市を中心としたある種郷土料理的なものであり、横浜家系ラーメンのような地域発祥のものと考えて良いだろう。しかし本稿で取り上げる「玉名ラーメン」は東京生まれ、まるで熊本とはなんの因果性もない。非常に謎に包まれたアーティストである。 彼女はここまででも各種ストリーミングサービスで「organ」、「空気」といったEPをはじめとして、「angelnumber」、「柔らかい」といったシングルなど数々の楽曲をリリースしている。今はまだメインストリームで知られている存在ではない「玉名ラーメン」、だが彼女の楽曲を聴けば一度、ぜひライブを見てみたいなと思える魅力をもっている。 上記ではラッパーというようにも記述しているが、典型のようなヒップホップの体裁はとっていなく、どちらかと言えば元々のヒップホップが持つ自由な要素を持っていると見れる。グルービングなトラックと、彼女の歌声の融合は其れを聴くものを全て包み込んでしまうような感じすらある。未だ謎に包まれているアーティストではあるが、実に魅力的なーアーティストだ。 ※ アーティスト公式YouTubeサイト: https://youtu.be/fa2T58leXQ8 ◆人気イベント出演も相次ぐ「玉名ラーメン」要チェックである。 そんな「玉名ラーメン」、未だメインストリームでは知られざる存在でありながらその実力は着々と評価されている。今年4月、渋谷のライブハウス9カ所において開催される「SYNCHRONICITY 2020」にも出演が決定しているなど、それをはじめとした人気イベントにも続々出演が決まっている。 「玉名ラーメン」という独特なアーティストネーミング、まだ弱冠の女子高生であるというとてもオリジナリティを持ったアーティスト、これからの躍進が楽しみである。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
4月、渋谷で開催される「SYNCHRONICITY 2020」時代を先取りしたラインナップに注目!
0

4月、渋谷で開催される「SYNCHRONICITY 2020」時代を先取りしたラインナップに注目!

「未来へつなぐ出会いと感動ーCREATION THE FUTUREー」をテーマにした都市型音楽フェス「SYNCHRONICITY」が今年も渋谷において開催される。そもそもSynchronicityとは「意味のある偶然の一致」という概念を指し、ラインナップにおいても、出揃ったアーティスト一つ一つに思いを込めたブッキングがなされているだろうということが伺える。 SYNCHRONICITYは渋谷の主要ライブハウス、TSUTAYA O-EAST、club asiaをはじめとした9箇所において開催される。日程は4/3(金)のPre Partyから始まって、4/4(土)の昼公演、そして深夜のオールナイト公演、そして4/5(日)という3日間にわたって開催される。 それぞれの日にちにおけるラインナップにも特徴が見出されており、4/4(土)は主にバンドが出演する、それらのバンドのジャンルを見ても、R&B、ポップロック、シューゲイザーといった幅広いジャンルに富んだラインナップになっている。 同日の深夜公演においては、ヒップホップ、DJ、ポップスといったアーティストが並んでおり、それは4/5(日)においても同じことが言える。もっとも、4/5(日)の公演も同じくバンドは多数出演する予定である。どの日程のラインナップに共通して言えることが、今をときめく、それでかつ次の音楽シーンを担っていく可能性に満ちたアーティストばかりが揃っているということだ。 ◆SYNCHRONICITYで見ておくべきアーティスト、それは全部! ラインナップを見て、おそらく多くの人が思うことであろうが、正直にいって、今年のSYNCHRONICITYは一つとして見逃せないアーティストばかりだ。ヒップホップやロックなどは、決してメインストリームではなくアンダーグラウンドなものではないが、間違いなくそれらは音楽という手段でそれぞれの時代に音楽という文化を創造してきた。少し前に「渋谷系」という言葉が流行していたように、まさにこのSYNCHRONICITYの拠点、渋谷は音楽の文化が創造されてきた街なのである。 そういった観点で考えると、SYNCHRONICITYは渋谷を音楽の街として、たらしめるために大きな意義を背負っていると考えることができる。SUMMER SONICやFuji Rockはいわゆるメインストリームとして、大御所の音楽フェスとして長い時代を彩ってきたことも確かである。 だが、できるならもっと多くの人にこのSYNCHRONICITYのような、ややディープな音楽フェスにも足を運んで見て欲しいと考える。次世代を担うアーティストたちのライブ、見ておいて損はない。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
業界注目の若手アーティストyonkeyが、新曲で日米コラボ!新曲「Haunter (feat. Ace Hashimoto)」をリリース!MVも同時公開
0

業界注目の若手アーティストyonkeyが、新曲で日米コラボ!新曲「Haunter (feat. Ace Hashimoto)」をリリース!MVも同時公開

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営する音楽レーベル「LINE RECORDS」 https://linerecords.me/ の所属アーティスト「yonkey(読み:ヨンキー)」が、USラッパー「Ace Hashimoto」をフィーチャリングに迎えた2ndシングル『Haunter (feat. Ace Hashimoto)』を2月19日にリリース、同時にミュージックビデオを公開することを、お知らせいたします。 ■楽曲URL: https://lin.ee/2u5Uviy/lnms(LINE MUSICにて2月19日(水)0時より先行配信開始) ■ミュージックビデオURL:https://youtu.be/w15q4CbQPS0 ◆最先端のエレクトロニックサウンドとHIPHOPを組み合わせた22歳のトラックメイカー 「yonkey」は、最先端のエレクトロニックサウンドとHIPHOPのエッジを組み合わせたプロデュースワークが注目を集めている22歳のトラックメイカー。自身がフロントマンを務めるバンド「Klang Ruler」のYouTubeチャンネルでは、熱狂的なフォロワーも多く、2ヶ月で50万回再生を超える楽曲もあり、10代~20代前半の音楽ファンを中心にコミュニティを拡げている。 1 stシングル『ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)』では、Tempalayのメンバーとしても活躍する「AAAMYYY」を迎え、失恋をテーマにしたダークな一面をもつ楽曲に、AAAMYYYの透明感あるアンニュイなボーカルとyonkeyの明るいサウンドが独特な陰影を生み出す楽曲で話題に。 今回のリリースでは、Tyler, the Creatorらと並び Odd Futureのメンバーでもある、「Ace Hashimoto」(Brandun DeShay)をフィーチャリングボーカリストに迎えた2ndシングル『Haunter(feat. Ace Hashimoto)』が本日LINE RECORDSより先行リリース。海を隔てて、お互いの実力を認め合うミュージシャン2人の思いが結実したコラボとなりました。東京のyonkeyが作曲、トラックメイキングを、シカゴのAce Hashimotoが作詞、ボーカルを手掛け、メロディ、サウンド、アレンジでのブラッシュアップを重ねて『Haunter(feat. Ace Hashimoto)』が完成しました。 全編英語のリリックには、ことわざが織り交ぜられていたり、日本好きと知られるAce Hashimotoらしいワードセンスたっぷり。Ace Hashimotoのリズミカルなフローもさることながら、ポップサウンドに昇華したyonkeyの絶妙なサウンドメイキングをお楽しみください。 ◆アーティストコメントはこちら ◆yonkey yonkeyとしての第二弾楽曲は、Ace Hashimotoに参加してもらいました。 Aceのドープな歌声をベースに、グローバルで人気のlofi hip hopのサウンドを意識しながら作りました。 とても自信のある作品になったので是非チェックしてみてください! ◆Ace Hashimoto (原文) Working on "Haunter" was such a fun song. Usually, I work with the artist or producer in the same room but this experience was even more unique because yonkey and I didnt talk at all! With the help of his manager, we would send messages and ideas to each other through him. I was introduced to yonkey's music through my good friend Moe Shop and the manager while visiting Chicago. I was looking forward to working with more Japanese musicians since I moved from Tokyo in 2017. It has been difficult to do this while living in the U.S, so this was a special opportunity for me. yonkey is a very talented and special producer and I hope we can do more songs together in the future. My dream is to perform this song with him and my friend Moe Shop someday in Japan. It would be nice to bring everything full circle! (和訳) 『Haunter』の制作はめちゃくちゃ楽しかったよ。普段はアーティストやプロデューサーと同じ部屋で会話をしながら制作するけど、今回は彼のマネージャーに間に入ってもらってアイディアのやり取りをメッセージしてyonkeyとは直接話さないで制作した曲になって今までにないユニークな経験になった。yonkeyの曲を知ったきっかけは、シカゴにいる時に友達のMoe Shopとマネージャーに教えてもらって、日本に2017年に来てから、もっと日本のミュージシャンと一緒に働きたいと思ってたから、海外に住んでる時には難しかった日本人と一緒に楽曲を制作するという経験が出来ることは、俺にとって特別な経験になったよ。yonkeyは、素晴らしい才能があるプロデューサーで、もっと一緒に楽曲を作っていきたいね。この楽曲『Haunter』をyonkeyとMoe Shopといつか日本でパフォーマンスできたら最高だね。 ◆yonkey(読み方:ヨンキー) 1997年生まれ、22歳のトラックメイカー、シンガー。 幼少からクラシック音楽に触れ、ピアノ演奏を始める。高校で自身がフロントマンを務めるバンド「Klang Ruler」を結成。ライブ活動に加え、YouTubeなどに自身が映像ディレクションするMVを次々に発表。 18歳でSkrillexやZEDDなどのEDMシーンに感銘を受け、トラックメイキングに没頭。間もなくシンガー、ラッパーらのプロデュースを始め、現在は、BADHOPの弟分である「Snozzz」のプロデュース・トラックメイキングをすべて任され、chelmicoによる「爽健美茶のラップ」のyonkey Remixが話題となっている。 2018年7月に行われた「ASOBISYSTEM THE AUDITION 2018」では、LINE RECORDS賞を受賞し、2019年7月3日には、LINE RECORDSから、シングル「ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)」でデビュー。 *公式Twitter:@yonkey5330< https://twitter.com/yonkey5330 > *公式Instagram:@yonkey5330< https://www.instagram.com/yonkey5330/?hl=ja > *LINE公式アカウント:@yonkey<友だち追加:https://line.me/R/ti/p/%40yonkey> yonkey「ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)」(作詞作曲:yonkey/編曲:yonkey ) 2019年7月3日配信 / LINE RECORDS 楽曲URL: https://lin.ee/1TgIqOT/lnms ◆Ace Hashimoto シカゴ出身。SZA、Mac Miller、Chance the Rapperを始めとするアーティストのプロデュース、 また、シンガー/ラッパーとしてMoe Shopの楽曲にフィーチャリングするなど、活躍の場を拡げている。 【LINE RECORDS】 LINEが運営する、アーティストとユーザーの距離を縮めるデジタル・ネイティブ・レーベル。音楽を通じたコミュニケーションの更なる活性化及びユーザーとの接点の拡大を目的に、楽曲に関するレコード制作、楽曲管理等を行う。 URL:https://linerecords.me/ --- 運営:Evening Music Records株式会社
1 2 3 13