EVENING

〈ライブレポート〉不世出の音楽家、加藤和彦トリビュートコンサート
0

〈ライブレポート〉不世出の音楽家、加藤和彦トリビュートコンサート

 

 

撮影:秋田夏虎

 

ライブレポート:不世出の音楽家、加藤和彦トリビュートコンサート

 

2009年に亡くなった不世出の音楽家、加藤和彦のトリビュートコンサートが、7⽉15⽇(⽉・祝)に東京・Bunkamuraオーチャードホールで開催され、7組のアーティストが参加。

 

120分に渡って加藤和彦作品を演奏し満員の聴衆を沸かせた。

 

本公演は加藤の出生地である京都(7⽉10⽇@ロームシアター京都)に続いての開催となった。

 

 

オーディエンスも大合唱で爽やかに幕を開けたコンサート

 

開演前、会場には加藤和彦の作品が流れ、これから始まるコンサートの期待を煽る。「だいじょうぶマイ・フレンド(1983)」が終わると場内は暗転。

 

『あなたの音楽は様々な世代の方によって愛され、歌い継がれています。誰よりも早く、誰もやれなかった、やろうとしなかった音楽を残してきた音楽家。あなたをリスペクトするミュージシャン、スタッフ、何よりも...

 

 

 

 

(夜と)SAMPO「idea」を7月31日に先行配信!24日先行オンエア決定!
0

(夜と)SAMPO「idea」を7月31日に先行配信!24日先行オンエア決定!

5人組会社員バンド、(夜と)SAMPOが、8月28日(水)にリリースするメジャー1st ALBUM『モンスター』から、収録曲の「idea」を7月31日に先行配信することが決定した。 また、配信に先駆け、FM大阪にて7月10日よりスタートしたレギュラー番組「E∞Tracks Selection~(夜と)SAMPOの定例会議」にて「idea」が先行オンエアされることも決定した。 番組名:E∞Tracks Selection~(夜と)SAMPOの定例会議 放送時間:19:30~20:00(30分)隔週水曜日 番組での「idea」初オンエアは7月24日(水)放送回を予定しております。 オンエアスケジュールは、都合により変更になる場合がございます。 https://www.fmosaka.net/_ct/17706559 ラジオでは番組では取り上げてほしいテーマを随時募集中! https://fmosaka.futureartist.net/enquete/353075 作曲者である吉野エクスプロージョン(Gt)は、滋賀県に移住し地方で暮らしたことが、自身の心の中にある「特別な存在になりたい」「熱中するなにかに打ち込むような人生であるべきだ」といった呪縛から解放されるキッカケになったという。 なんでもない日常の暮らしの喜びに焦点をあて、自分自身への"赦し"をテーマにした本楽曲「idea」は既にライブでも披露されており、7月15日に出演した関西ローカルのカルチャー博「méli mélo osaka」でもアコースティック・バージョンで披露した。バンドのSNSではライブパフォーマンスの様子を映像にて公開しているので、併せてチェックしてみてほしい。 8月28日にアルバム『モンスター』をリリース後、8月31日には大阪で開催される夏フェス「RUSH BALL 2024」への初出演が決まっているほか、9月21日@大阪、9月28日@東京でのリリースツアー、そしてタワーレコードNU茶屋およびタワーレコード錦糸町でのアルバム発売を記念したインストアイベントも決定している。

LIVE情報

1st ALBUM『モンスター』Release Tour ■ 大阪 2024年9月21日(土)大阪・心斎橋ANIMA 開演:17:30~ (開場 17:00~) ■ 東京 2024年9月28日(土)東京・渋谷Spotify O-nest 開演:19:00~ (開場 18:30~) チケット詳細:https://linktr.ee/yorutosampo_monster
年間ライブ60本超えのSAIHATEがセカンドシングル「緑道」をリリース
0

年間ライブ60本超えのSAIHATEがセカンドシングル「緑道」をリリース

4人組ロックバンド「SAIHATE」(サイハテ) が、2nd Digital Single「緑道」をSPACE SHOWER MUSICより本日リリース。 5月にリリースされたデビューシングル「響け」は早耳なロックリスナーから注目を集め、全国のライブハウスから出演依頼が届いている、いま話題のロックバンドだ。 デビュー2作目のシングルとなる本作は「未来への期待や不安」など、誰しも感じたことがある葛藤が、楽曲の世界観の中で等身大の言葉で表現されながら、マイナスのエネルギーを払拭するかのような爽快でキレのあるバンドサウンドになっており、夏真っ盛りとなるこれからの季節にピッタリな1曲に仕上がっている。 年間60本を超えるライブを行う中で培われたライブバンドとしての魅力を音に乗せ、挫折や怒り、涙や希望。沢山の感情が揺れ動く世の中で懸命に生きる全ての人に。 SAIHATEから「あなたへ」愛をこめて。

「緑道」配信リンク

SAIHATE 2nd Single「緑道」 配信URL:https://ssm.lnk.to/Ryokudou

SAIHATE プロフィール

2022年結成 東京都 / 神奈川県出身。東京や神奈川県内を中心に活動する現役大学生4人組バンド。 Vo / カナイの変声期をむかえる前の少年のようなハイトーンかつ清涼感のある歌声。 誰もが生活の中で感じる喜怒哀楽をストレートかつリアルな言葉で放たれる歌詞、 一度聞いたら忘れられなくなるような中毒性のある多彩なメロディライン。 エッジの効いたバンドサウンドは聴く者の胸をわしづかみに捉えて離さない。
YONCEのニューバンドHedigan’s、新曲「O’share」本日配信リリース!
0

YONCEのニューバンドHedigan’s、新曲「O’share」本日配信リリース!

 | , , , ,  | 
Suchmos の YONCE こと河西”YONCE”洋介 擁するニューバンド”Hedigan's”が、新曲「O’share」(オシャレ)を7月17日に配信リリースした。 「O’share」配信リンク: https://fcls.lnk.to/Oshare

自主企画”AWAI vo.1”のゲストアーティストがクレイジーケンバンドに決定!

今年、東名阪ワンマンツアーを全公演SOLD OUT させ、FUJI ROCK FESTIVAL '24 をはじめ大型野外フェスティバルへの出演が決定しているHedigan’s。そんなHedigan’s は9 月17 日(火)に初となる自主企画”AWAI vo.1”をLIQUIDROOM(東京)で開催する。 7月17日、新曲「O’share」の配信リリースと合わせて、この記念すべきHedigan’s の自主企画第一弾”AWAI vo.1”のゲストアーティストにクレイジーケンバンドを迎えることが発表された。 また、7月17日(水)正午12:00 よりチケットオフィシャル2 次先行の受付がスタート。YONCE の地元でもある横浜・茅ヶ崎を代表するバンドとしてタイムレスな音楽を鳴らし続けるクレイジーケンバンドとHedigan’s の2 組による一夜限りのライブを是非お見逃しなく。

Hedigan's 自主企画開催概要

Hedigan’s “AWAI vo.1” TITLE:AWAI(アワイ) ゲストアーティスト:クレイジーケンバンド 開催日時:2024 年9 月17 日(火) 会場:東京 LIQUIDROOM 開場/開演:18:00/19:00 チケット:前売り¥6,000- (ドリンク代別) Under 18 チケット 前売り ¥4,000-(ドリンク代別)
keshiが2年ぶりの新曲「Say」を発表!ファンから歓喜の声届く
0

keshiが2年ぶりの新曲「Say」を発表!ファンから歓喜の声届く

アメリカのテキサス州・ヒューストン出身のシンガーソングライターkeshi(読み:ケシ)。 フラフラとした流れるようなローファイヒップホップ・ビートに、ほろ苦いメロディーや人々の心に寄り添う歌詞をのせた音楽が特徴的で、海外を中心に何百万人ものリスナーを魅了する。 そんなKeshiが、7月12日に約2年ぶりの新曲「Say」をリリースした。 YouTubeに公開された「Say」のミュージック・ビデオのコメント欄には、彼を待ち望んだファンからの歓喜の声が多数届き、盛り上がりを見せた。 keshi「Say」Music Video: https://youtu.be/sI97pJcyeOs?si=j3vQwgKpaL2W_tJR 「2年ぶりだよkeshi…」「ずっと待ってた」というような声を中心に、今回もまた彼にしか創り出せない楽曲を作ってくれたと、新曲に対する賞賛のコメントもたくさん寄せられた。 9月には新アルバムも発表する予定となっており、これからまた音楽活動を再開していくであろうkeshi。 誰もが待ち望んだ彼の音楽がいま、世界中に蔓延る。

幻想的な世界観で展開されるストーリーとは

先日発表された新曲「Say」は、恋人同士の間で生じる『心の底に秘めていることはしっかり口に出して伝えてほしい』というもどかしくも正直な思いを歌詞にのせた楽曲となっている。 MVでは、薄暗い雰囲気の中に淡いライトブルーを生かした幻想的な映像が収められており、keshiが表す掴みどころのない流れるようなメロディーを映像に上手く落とし込んで描いている。 初めから終わりまでお洒落な音や映像が耳と目を支配する。 一度聞いたら覚えてしまいそうな、耳に心地よく残るキャッチーなメロディーによって何度も再生ボタンを押してしまうのは、私だけではないだろう。 今回のシングルは9月にリリースする新アルバムに先駆けてのことであるらしく、アルバムのトレーラー映像も既に公開されている。 Requiem (Official Album Trailer): https://youtu.be/_J5PCssdhe0?si=xocV0chEF6bkyt-D 動画内では、想像以上に流暢な日本語で喋るkeshiの声が載せられており、あまりのネイティブっぷりに日本人ファンからの驚きの声が多く寄せられている。 フィアンセが日本の方であるらしく、それを聞くとこの上手さにも納得がいく。 それにしても、この2年で言語面でも大きな成長を見せてくれたkeshiの新アルバムとはいったいどんなものに仕上がっているのだろう。 ファン待望の新アルバム発表まで、あともう少し。 keshiの音楽で日々を彩りながら、楽しみに待ちたいところである。
あいみょん「ラッキーカラー」Music Videoを公開!
0

あいみょん「ラッキーカラー」Music Videoを公開!

 | , , ,  | 
あいみょんが9月11日(水)に発売する5thアルバム「猫にジェラシー」より収録曲「ラッキーカラー」のMusic Videoが公開された。 「ラッキーカラー」は『カルピス®』新テーマソングとしてCMの為に書き下ろした楽曲。4月よりTVCMでのオンエアはスタートしており、アルバムのリリースに先駆けて7月5日(金)から先行配信がスタートしていた。 今回公開となったMusic Videoはあいみょんのアーティスト写真やジャケット写真のアートディレクションを手掛けるとんだ林蘭氏が監督。映像は歌詞にも出てくる「猫」をキーワードにあいみょんと擬人化された猫によるストーリーで構成されており、さまざまな場面での2人の様子が印象的に描かれた作品となっている。 あいみょんととんだ林蘭氏のMusic Videoでのタッグは2020年9月に公開した「マシマロ」以来約4年振り。今回の公開にあたってあいみょんととんだ林蘭氏からコメントも届いているのでぜひチェックしていただきたい。 あいみょんは現在約5年ぶりの対バンツアー「AIMYON vs TOUR 2024 “ラブ・コール2”」を全国4都市8公演で開催中、さらには9月からは全国30公演に渡る全国ツアー「AIMYON TOUR 2024-25 “ドルフィン・アパート"」の開催も決定。精力的に活動するあいみょんにぜひ注目していただきたい。

あいみょん ラッキーカラー【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

https://youtu.be/epD7eV0EnK4

あいみょんコメント

とんださんとの2作目です! 楽曲に沿った物語に加えて、とんださんワールドも全開なかわいくて面白いMVになってるので、たくさん観てもらえたら嬉しいです。 デート気分で撮影できて楽しかった! とにかく猫かわいいです。

とんだ林蘭氏コメント

あいみょんのMV2作目、うれしいです!!今回はジャケット撮影の時にいつも作らせてもらっている「very short movie」の延長のテンションのような、あいみょんとわたしの普段の空気感になったかなと思います。
甲田まひる、初ワンマンライブを開催!「れんあいパン」MVも公開
0

甲田まひる、初ワンマンライブを開催!「れんあいパン」MVも公開

甲田まひるの最新曲「れんあいパン」のミュージック・ビデオが公開された。 楽曲「れんあいパン」は、ミュージック・ビデオの再生回数が100万回を超え、SNSでも話題になったTVアニメ「ぶっちぎり?!」のエンディング・テーマ「らぶじゅてーむ」に続く新曲。 プロデューサーにはNumber_iの楽曲も手掛けるHiromu氏を迎え、ジャズピアノをバックボーンに持つ甲田まひるの独特な音楽センスによって中毒性のあるポップチューンに仕上がっており、歌詞の中に「パン屋のバイトと大恋愛」など、タイトルの通り“パン”を連想させる楽曲になっている。

23歳バースデーに開催した初ワンマンライブ

7月16日に公開されたミュージック・ビデオは、23歳のバースデーに開催した初ワンマンライブ「「HAPPY MAPPY DAPPY -23yo-」でのライブ映像や、バックステージ、スチールを使用したもの。 メモリアルなイベントの準備風景から本番までを収録したスペシャルな映像になっている。当日のライブの雰囲気を楽しめる映像なので、要チェックだ。 また、甲田は9月にSANTAWORLDVIEWワンマンライブ「NICE TO KNEE YOU SHOW 2024」や「TOKYO CALLING 2024」とSMA50thのコラボステージにも出演予定。あわせてチェックしておこう。 甲田まひる(Mahiru Coda) – れんあいパン: https://youtu.be/-VTTCAT5FtM 「れんあいパン」配信リンク: https://mahirucoda.lnk.to/renaipan
BAD HOP、ベストアルバムのアナログ盤が数量限定で発売決定!
0

BAD HOP、ベストアルバムのアナログ盤が数量限定で発売決定!

BAD HOP、ベストアルバムのアナログ盤が数量限定で発売決定!

© BAD HOP 今年 2月19日に約5万人を動員した東京ドームソールドアウト公演「BAD HOP THE FINAL at TOKYO DOME」で有終の美を飾ったヒップホップクルーBAD HOP。 5月29日(水)に発売された初のベストアルバム「BAD HOP FOREVER (ALL TIME BEST)」が好評につき、初のアナログ盤も数量限定で8月28日(水)に発売することが決定!

数々のヒット曲から厳選された全32曲を収録

© BAD HOP 今作は、2014年活動開始初期作品から、ラストアルバム「BAD HOP (THE FINAL Edition)」収録作品までの全スタジオアルバムをカバーし、その中からメンバー自身が選考、数々のヒット曲から厳選された全32曲を収録している。 アルバム「Mobb Life」からのヒット曲「Asian Doll」や「Ocean View」はもちろん、グループの代表曲と言っても過言ではない「Kawasaki Drift」、「High Land」、そしてBAD HOPのラストアルバム「BAD HOP (THE FINAL Edition」から「Champion Road」、「Last Party Never End」など、豪華ライナップな内容のベストアルバムとなっている。アナログ盤は高音質マスターからカッティングされた重量盤LPの4枚組で構成されており、特別に豪華デザインされたA式ジャケットが2枚入ったプレミアムBOXとなっている。 さらに、特典グッズとして、レコードプレイヤーに欠かせないオリジナル・スリップマットが2種類付属。 数々の記録と歴史を作ってきた、10年間に渡る彼らの活動を集約したベストアルバム。枚数限定で貴重なアナログ盤を是非この機会にお買い求めください!

BAD HOP アルバム情報

© BAD HOP 【アルバム情報】 「BAD HOP FOREVER (ALL THE BEST)」アナログ盤 アーティスト:BAD HOP 発売日:8月28日(水) 予約サイト: bhg.lnk.to/badhopforever 形態: アナログ盤【重量盤LP(4枚組) + オリジナル・スリップマット(2種)】  ¥12,000(税抜) ¥13,200(税込) <仕様> 1. LP重量盤(4枚) 2. 三方背BOX 3. A式ジャケット(2枚) 4. 特典グッズ: オリジナル・スリップマット(デザイン別2種)) 【収録内容】(全32曲) 〈DISC 1〉 (Side A) 1. TOKYO DOME CYPHER 2. IKEGAMI BOYZ (feat. Bark, YZERR, Tiji Jojo, T-Pablow) 3. I Feel Like Goku (feat. T-Pablow, Vingo & G-k.i.d) 4. Friends (feat. Vingo, JP THE WAVY, Benjazzy, YZERR & LEX) (Side B) 1. BAT MAN (Remix) 2. Round One (feat. YZERR, G-k.i.d, Vingo & Bark) 3. 2018 (feat. Vingo & Benjazzy) 4. JET (feat. G-k.i.d, Yellow Pato & Tiji Jojo) 〈DISC 2〉 (Side A) 1. Rusty Knife (feat. Tiji Jojo, T-Pablow, KEIJU & IO) 2. Super Wave (feat. Tiji Jojo, G-k.i.d & Yellow Pato) 3. CALLIN' (feat. G-k.i.d, Bark & Benjazzy) 4. これ以外 (feat. YZERR & Tiji Jojo) (Side B) 1. 4L (feat. Bark, Benjazzy, C.O.S.A., IO) 2. KAWASAKI SONG (feat. DJ TY-KOH, Bark, T-Pablow, Benjazzy, JJJ, BIM, A-Thug) 3. Bayside Dream (feat. T-Pablow, Tiji Jojo & Benjazzy) 4. Champion Road 〈DISC 3〉 (Side A) 1. Chop Stick (feat. Vingo, Benjazzy, SANTAWORLDVIEW & ゆるふわギャング) [Remix] 2. Poppin (feat. Benjazzy, YZERR & Bark) 3. Supercar2 (feat. Tiji Jojo, Yellow Pato) 4. Asian Doll (feat. T-Pablow, Vingo, Yellow Pato) (Side B) 1. Suicide (feat. Tiji Jojo, Hideyoshi & Jin Dogg) [Remix] 2. Foreign (feat. YZERR & Tiji Jojo) 3. Day N Night (feat. G-k.i.d, guca owl, KEIJU) 4. Locker (feat. G-k.i.d, Tiji Jojo, YZERR) 〈DISC 4〉 (Side A) 1. 3LDK (feat. Yellow Pato, Bark, G-k.i.d) 2. Diamond (feat. YZERR & Vingo) 3. High Land (feat. Tiji Jojo, Vingo & YZERR) 4. Last Party Never End (feat. Tiji Jojo, YZERR, Vingo & Yellow Pato) (Side B) 1. Ocean View (feat. YZERR, Yellow Pato, Bark & T-Pablow) 2. Hood Gospel (feat. YZERR, Bark & T-Pablow) 3. Kawasaki Drift 4. Champion Road (Band Version)

BAD HOP プロフィール

神奈川県川崎市川崎区を拠点とする、8MC によるヒップホップ・クルー。 双子である T-Pablow と YZERRを中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-k.i.d、Vingo、Bark のメンバーで構成される。T-Pablow と YZERR はそれぞれ「高校生 RAP 選手権」での 優勝経験を持ち、T-Pablow はテレビ朝日系列「フリースタイルダンジョン」にレギュラー出演していた。まさに、ここ数年の国内HIP HOPシーンを牽引してきた存在だ。 一方、彼らの地元である川崎の工業地帯である池上町は「日本で一番空気が悪い場所」とも言われBAD HOP のメンバーも幼少の頃から特異な環境の中で生活を送ってきた。2015年11月には彼らの日常に迫った映像メディア VICE JAPAN によるドキュメンタリー・ムーヴィー「MADE IN KAWASAKI」が制作され彼らへの注目度は上がっていく。2017年9月には初の全国流通となるセカンド・フルアルバム『Mobb Life』をリリース。 このアルバムは iTunes 総合チャートで 1 位を獲得し、その後行われた初の全国ツアーである 『Mobb Life Tour』も見事大成功を収めるなど BAD HOPの名を一躍日本全土に轟かせた。 2018年4月にはZepp Tokyo にてワンマンライブ「BAD HOP HOUSE」を主催。 販売当日に前売りチケットが完売するなどインディーズの HIP HOP アーティストとしては異例となる 3000 人以上を動員し大成功を収め、その後発表した EP「BADHOP HOUSE」もiTunes 総合チャート 1 位を獲得するなど、その人気を不動のものとしていく。 そして 2018年11月13日、初となる日本武道館でのワンマンライブ” Breath of South” を開催。 異例となる 3 ヶ月を切った状態での開催決定にも関わらず、チケットは約3時間で完売。 告知からステージング、演出までの全てをメンバー自らが DIY でこなし、約8000人の動員数を記録する大成功を納めた。日本のHIP HOPアーティストでは最年少による武道館公演を果たした彼らは、その勢いのままに2019年6月に全国5大都市のZEPP会場にて 「COLD IN SUMMER TOUR」を主催。各都市満員御礼となった。 また昨年にはApple Musicにて限定配信されたEP「Lift Off」を発表 。今作には、「Murda Beatz」「Metro Boomin」「Mike Will Made-It」「Mustard」「Wheezy」「Turbo」といったいずれも、世界を代表するアーティストらのヒット曲を手がけるプロデューサー陣が参加。渋谷スクランブル交差点にある液晶モニターを全てジャックする斬新なプロモーションを仕掛けるなどHIP HOPシーンを超え、大きな話題を呼んだ。 2020年3月1日にキャリア最大規模となるワンマンライブ「BAD HOP WORLD 2020」 を横浜アリーナにて開催。しかし直前のコロナウイルスによるイベント自粛要請の影響で一時はライブをキャンセルする判断を下すが、約1億円の負債額をすべて背負う決断をし、伝説となったYouTubeでの無観客生配信ライブを決行。このライブと決断は日本中から多くの賞賛を呼び、YouTubeでの生配信ライブは1日で70万再生オーバーを記録し、急上昇ランキングで堂々の1位に輝いた。 その後4年ぶりとなるフルアルバム【BAD HOP WORLD】をリリース。このアルバムのリリースライブと題してZEPP横浜を貸し切り、その中でいくつかのセットを組んで1時間以上のライブパフォーマンスをする斬新な生配信ライブをYouTubeにて無料公開。他に類を見ない配信ライブは話題を呼び、YouTubeの急上昇ランキングでも1位を獲得。そしてこのライブも日本武道館、横浜アリーナ同様、自分達のチームのみでステージング、演出、ビジュアルを考え実施された。 2021年、国内初となるDELUXEアルバム「BAD HOP WORLD DELUXE」をリリース。BAD HOP初となる客演アーティスト総勢14組を迎えたこのアルバムは、リリースから1年以上経った今もチャートの上位にランクインをし続け、代表曲「Friends」のMVはYouTubeにて1000万回以上の再生数を誇るなど、国内HIP HOPの名盤と言っても過言はない。2023年、グループの解散を発表し、2024年2月にはLAST ALBUM「BAD HOP」をリリース。その後、各メンバーのソロ作品が追加された「BHG Edition」、そして豪華客演アーティストを迎えた「Deluxe Edition」を続々と発表。2024年2月19日東京ドームでのラストライブをもって解散し、グループにとっての最終作「BAD HOP (THE FINAL Edition)」で幕を閉じた。

BAD HOP 関連リンク

BAD HOP Official HP: https://badhopofficial.com/ BAD HOP X (@badhop_official): https://twitter.com/badhop_official BAD HOP Instagram (@badhop_official): https://www.instagram.com/badhop_official/ BAD HOP YouTube (@badhopofficial): https://www.youtube.com/channel/UCcb0Ixexedx7eXLzgYZh6bg -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
ReN『#CalmDaysTour2』ツアーファイナル&クアトロツアー発表!
0

ReN『#CalmDaysTour2』ツアーファイナル&クアトロツアー発表!

1人でステージに立ち、アコースティックな演奏とループステーションやエフェクターを駆使してバンドサウンドを紡ぎ出すシンガーソングライター ”ReN”。 7月14日(日)、自身初となるアコースティックギターのみで巡る全国ツアー『#CalmDaysTour2』(読み:カーム・デイズ・ツアー・ツー)のツアーファイナルが品川インターシティホールにて行われ、全18公演を完走した! 『#CalmDaysTour2』は2023年に全国を巡ったツアー『Calm Days Tour』(読み:カーム・デイズ・ツアー)の第2弾。拍手に包まれる中、真っ暗なままのステージ中央に進み、ランプを灯し、1曲目のギターを弾き始めたReN。 ツアータイトルを象徴するかのようなやわらかな演出からスタートし、新旧織り交ぜた楽曲やカバー曲をアコースティックギター1本とボーカルのみで歌い上げ、オーディエンスとのコールアンドレスポンスやクラップで会場を温めていく。 前ツアーでも新曲をお披露目しているが、「今回のツアー始まる前に書き上げた曲なんだけど」と、今ツアーでもさらに別な新曲を披露。リリースこそまだなものの、ライブを重ねるごとにオーディエンスに浸透していき、すでにおなじみの曲かのように会場は体を動かし盛り上がる。 終盤で『ReN ONEMAN SHOW Q3 Tour』(読み:レン・ワンマン・ショー・キュースリー・ツアー)と題した、自身初となる東・名・阪のQUATTROツアーを行うことや新曲リリースを控えていることを発表。『#CalmDaysTour2』を経て、成長した、本来のループステーションとアコースティックギターの演奏を楽しみにしてもらいたい。 また、新ツアーにあわせて新アー写も解禁、今後のReNに、その目でその耳で体感してほしい。

オフィシャルHP先行チケット

『ReN ONEMAN SHOW Q3 Tour』公演 オフィシャルHPチケット先行 受付URL: http://ren-net.com/ 受付期間:7月15日(祝・月)18:00〜7月21日(日)23:59まで 紙・電子チケット ※購入者のみ個人情報の入力必要 *未就学児入場不可(小学生以上のご入場はチケットが必要になります)
TWICE、ワールドツアー初日を大阪ヤンマースタジアム長居で開催
0

TWICE、ワールドツアー初日を大阪ヤンマースタジアム長居で開催

 

 

撮影:田中聖太郎

 

TWICE、ワールドツアー初日を大阪ヤンマースタジアム長居で開催

 

Asia No.1最強ガールズグループTWICEが、自身5度目のワールドツアーで昨年から通算37万人(国内)を動員させている超大型ツアーの最終公演となる『TWICE 5TH WORLD TOUR ‘READY TO BE’ in JAPAN SPECIAL』の初日を大阪・ヤンマースタジアム長居にて開催した。

 

今回のSPECIAL公演は、日本オリジナル楽曲がセットリストの中心となっている。なかでも注目度が高かったステージは、7月17日(水)に発売されるTWICEの5枚目の日本オリジナルアルバムとなる『DIVE』からタイトル曲「DIVE」、そしてサブリード曲「Here I am」の...

 

 

 

 

SixTONES、新曲「GONG / ここに帰ってきて」をリリース
0

SixTONES、新曲「GONG / ここに帰ってきて」をリリース

SixTONESが新曲「GONG/ここに帰ってきて」をリリースしました。 このシングルは、ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」の挿入歌と、映画「言えない秘密」の主題歌として注目を集めています。 SixTONESは、STARTO ENTERTAINMENTに所属する6人組の人気アイドルグループであり、彼らの音楽とパフォーマンスは常に話題を呼んでいます。

SixTONESとは

SixTONESは、STARTO ENTERTAINMENTに所属する6人組の男性アイドルグループで、2015年に結成されました。 メンバーはジェシー、京本大我、松村北斗、髙地優吾、森本慎太郎、田中樹で構成されています。 彼らは、パワフルな歌唱力とダイナミックなダンスパフォーマンスで知られ、多くのファンから支持されています。 2020年には、シングル「Imitation Rain」でデビューし、以来数々のヒット曲をリリースしています。 彼らの音楽スタイルは、ロック、ポップ、R&Bなど多岐にわたり、独自の存在感を放っています。

新曲「GONG/ここに帰ってきて」

SixTONESの最新シングル「GONG/ここに帰ってきて」は、2024年7月10日にリリースされました。 このシングルには、タイトル曲の「GONG」と「ここに帰ってきて」に加えて、「Are You Mine?」「SPICY」、そして「音色 -Memorial Orchestra Rearrange-」が収録されています。 初回盤A、初回盤B、通常盤の3形態でリリースされ、それぞれに異なる特典が付いています。 初回盤Aには「GONG」のMusic Videoとそのメイキング映像、初回盤Bには「ここに帰ってきて」のMusic Videoとメイキング映像が収録されています。

ドラマと映画に起用!

ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」

「ACMA:GAME アクマゲーム」は、2024年4月から放送が開始された日本テレビ系のドラマで、田中樹が出演しています。 このドラマは、人間を使ったデスゲームをテーマにしており、間宮祥太朗が主演を務めています。 田中樹は、生成AIビジネスを扱うベンチャー企業を立ち上げた経営者・斉藤初役を演じています。 ドラマの挿入歌として使用されている「GONG」は、ドラマの緊張感あふれるストーリーとマッチした力強い楽曲です。

映画「言えない秘密」

「言えない秘密」は、2024年6月28日に公開された映画で、SixTONESの京本大我が主演を務めています。 この映画は、台湾映画「不能說的秘密」のリメイク作品で、初恋をテーマにした感動的なラブストーリーです。 映画の主題歌「ここに帰ってきて」は、愛する人との別れや過ごした時間を惜しみながらも、大きな愛情と感謝の気持ちを持って前に進もうとするラブソングです。 映画とともに、この楽曲も多くの視聴者の心を捉えています。

関連情報

新曲「GONG/ここに帰ってきて」のリリースを記念して、各メンバーのソロアー写を使用したポスター展示が全国のタワーレコード店舗で行われています。 また、SixTONESは今後もライブツアーや新たなリリースを予定しており、ファンとの交流の機会が増えることが期待されています。 詳細な情報は、SixTONESの公式サイトや各メンバーのSNSで随時更新されています。 SixTONESの新曲「GONG/ここに帰ってきて」と関連情報について、詳しくはSixTONES公式サイトやタワーレコードの特集ページをご覧ください。 SixTONES公式サイト https://www.sixtones.jp
キタニタツヤ × 中島健人の新ユニットGEMNがアニメ『推しの子』第2期を彩る
0

キタニタツヤ × 中島健人の新ユニットGEMNがアニメ『推しの子』第2期を彩る

先日7月3日から放送がスタートしたTVアニメ『【推しの子】』の第2期。 第1期では、YOASOBIが手掛けたOPテーマソング「アイドル」が一躍大ブームとなり、国境を超えて社会現象を起こした。 そんな大人気アニメの第2期OP主題歌を担当するアーティストとして今回選ばれたのは、キタニタツヤと中島健人によって新たに結成された新ユニット・GEMN(読み:ジェム)である。 前回の「アイドル」が繰り広げるキラキラで完璧なアイドル像とは打って変わって、ダークな雰囲気を纏いながら展開されていくのが、今回GEMNの二人が歌う「ファタール」である。 アニメ本編でも、第2期ではまたガラッと変わった世界観の中でストーリーが進んでいくため、本楽曲とストーリー本編の親和性は言うまでもなく最高のものになっている。 【推しの子】第2期ノンクレジットオープニング|GEMN「ファタール」: https://youtu.be/PAcf55v6zqQ?si=4Giu83SMyyL_MMIr 公式からのノンクレジットオープニング映像も公開されているので、曲と映像が魅せるその完成度の高さを、ぜひその目で一度確かめてみて欲しい。 今回はGEMNの新曲「ファタール」、TVアニメ『推しの子』についてご紹介していこう。

この為に生まれたユニット・GEMNとは

新星の如く現れた新ユニット・GEMNの正体が明らかになったのは6月30日に開催されたTVアニメ『【推しの子】』の第2期第1話先行上映会。 それまでずっとベールに包まれていたGEMNは、キタニタツヤと中島健人の二人であった。 異色のタッグとも言える二人だが、彼らの紡いだ音と歌詞は世間の目を覚ますようなものに仕上がっていた。 GEMN「Fatal」MV: https://youtu.be/8tQiWHXSGN0?si=pNIGp-7YWLR3z0l3 スピード感のあるスタートを切ってすぐに、中毒性のあるメロディーが展開されていく。どこを切り取ってもサビ部分に聞こえるようで、一度聞いたらなかなか忘れることのできない楽曲。 この2人がタッグを組むなんて、おそらく誰も想像していなかったであろう。 しかし、この二人だからこそ醸し出せる唯一無二の世界観があり、一度見た者を魅了して離してくれない。 第1期のOP主題歌「アイドル」とは真反対の雰囲気を出す楽曲に衝撃を受けた人も少なくないと思うが、本楽曲「ファタール」は『推しの子』で描かれる真髄の部分を上手く導入しているようにも感じられ、原作を読むファンも心が湧き踊ったのではないだろうか。 本MVを手掛けた監督は、NCTやSHINeeのMVを担当したとして知られる映像作家・ETUI COLLECTIVEのキム・ウジェであり、撮影場所は何と韓国。楽曲の表すドロドロした愛を迫力のある映像美で織りなす。 中島健人は「ファタール」を”光に憧れてしまった影の物語”であると語り、キタニタツヤは”人生を狂わせてくれたものへのラブソングとして作曲した、とコメントしている。 2人の「【推しの子】」への”アイ”とリスペクトを最大限に込めた楽曲が歌う物語とは、一体何なのか。 TVアニメ『【推しの子】』の本編を見れば、あなたも「ファタール」をより知れるはずだ。

GEMNのユニット名の由来ってまさか...?

今大きく注目を集めているGEMNだが、その中でもこのユニット名について考察された内容が話題となっている。 「【推しの子】」の主人公として登場するのは、双子の兄・アクアと妹のルビー。そしてその2人の母は、誰もが知る完璧で最強のアイドル・星野アイ。 ラテン語で双子座は「GEMINI(ジェミナイ)」であり、よく見てみると今回のユニット名で起用されたGEMNにとても似ている。 そこでGEMINIから”I(アイ)”を抜き取ってみると、、、キタニタツヤと中島健人が結成したユニット・GEMNの完成である。 あくまで考察であるが、SNSではこれに気づいたファン達がキャラクターの要素を反映させた粋な計らいなのでは?と多くの反応を見せた。 ここまで考えて作られていたとしたら衝撃的すぎる!と考察トークに花を咲かせており、GEMNの話題性はバッチリ。 TVアニメ『【推しの子】』とGEMNの注目度はますます上がりそうだ。