TikTok

TikTokでいきなりブレイク!SNSドリームを掴んだ謎のバンド「チョーキューメイ」とは?
0

TikTokでいきなりブレイク!SNSドリームを掴んだ謎のバンド「チョーキューメイ」とは?

TikTokユーザーの方なら「僕はいつか貴方の恋人になりたい あのね 今 恋に落ちている」という歌詞に聞き覚えがあるのではないでしょうか? 癖になるメロディとボーカルの魅力的な声色にワンフレーズで虜になった方も多いでしょう。この『貴方の恋人になりたい』を唄っているチョーキューメイというバンドは一体どんなバンドなのでしょうか? この記事では、突如TikTokでブレイクしたチョーキューメイの知られざる素顔に迫ります。

チョーキューメイとは

バンド名の由来

チョーキューメイというバンド名の由来はなんと「落語」です。 誰もが知っている『寿限無』という前座噺の最後に「ポンポコピーのポンポコナの 長久命の長助」という節がありますよね。チョーキューメイのネーミングは、この「長久命」から取っているそうで、長久命というのは "長久" と "長命" の2つの言葉をかけ合わせた言葉です。 「バンドが長く続きますように」と願いを込めて名付けられた名前で、音楽家としての純粋な願いが込められているようです。

メンバーの平均年齢が若い

チョーキューメイは、4人のメンバーで構成されるバンドです。 ドラムの空閑(くが)興一郎 以外のメンバー3人は、現在、20歳前後とメンバーの年齢はかなり若く、ボーカルの麗(うらら)も現在20歳と将来有望なことが窺えます。 なお、空閑は、自分の年齢が他のメンバーと離れていることを気にしているとのコメントが過去にあったようですが、それでもメンバー同士で仲の良さそうな写真がSNSに挙げられており、バンドでの絆の強さが見て取れます。

実はすぐ売れたわけではない

バンド結成は2020年

彼らの代表曲「貴方の恋人になりたい」が収録されているファーストアルバムを発表したのは2022年で、TikTokでバズったのは今年2023年のことですが、バンド自体は2020年に結成し活動開始しています。 アルバムリリースの前には、EPも2つリリースしており、地道なライブ活動と楽曲制作を続けてきたバンドと言えるでしょう。世の中に認知されるまでには、アーティストそれぞれの苦労や下積み期間があるものですが、チョーキューメイも同様に少しずつ実績を重ねてきたキャリアを持っています。 実際に、チョーキューメイとして最初に行ったライブには、お客さんが10人程しか集まらなかったそうで、今の活躍までに努力を続けてきたアーティストと言えるでしょう。

ドラマの主題歌もしていた

チョーキューメイは、2022年に放送されたMBSドラマ特区「あせとせっけん」の ドラマオープニング主題歌を担当していました。 主題歌となった『3月の花嫁』は、2023年8月時点でYouTube再生回数が30万回を超えており、いわゆる一発屋ではない実力派バンドであると言えるでしょう。 『3月の花嫁』 MV / チョーキューメイ:

「貴方の恋人になりたい」について

TikTokでブレイク

「貴方の恋人になりたい」は、今年に入りTikTokで音源として数多く投稿に使われるようになり、そのキャッチ―なメロディと可愛らしいボーカルで一躍人気の音源となりました。 一時期は、アジア各国のSpotifyバイラルトップ50にチャートインするなど、TikTokの影響を起点に、日本以外でも聴かれるようになりました。

YouTube再生回数 1,000万回超え

また、そのYouTubeの再生数は、公開から2か月で早くも1,000万回を超えており、その勢いは留まることを知りません。 これは同時期にTikTokでヒットしたConton Candyの『ファジーネーブル』を超える再生数の増加の速さであり、TikTokでヒットした楽曲の中でも頭一つ抜けた勢いがあると言えるでしょう。
@cho_q_may 『寂しさの数だけ愛してあげるからね。』#バンド #チョーキューメイ #coldsleep #インディーズバンド #邦ロック ♬ Cold Sleep - チョーキューメイ

新曲にも注目が集まる

新曲『PRIDE』のMVが公開

さらに、早くも『貴方の恋人になりたい』に次ぐ新曲のMVが公開されています。 新曲『PRIDE』のMVも、ブレイク前のMVと比較すると速いペースで再生数が伸びており、この『PRIDE』も次なるヒットソングとなる可能性を秘めていると言えます。トレンド曲をいち早くキャッチしたい方は、このチョーキューメイの新曲をチェックしておいて損はないでしょう。 今は、TikTokでヒットした曲が、世の中の流行になる時代です。チョーキューメイの新曲もあっという間に『貴方の恋人になりたい』を超える代表曲になるかもしれません。今後の彼らの活動はしっかり押さえておきましょう。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インフルエンサー募集:https://evening-mashup.com/archives/217471
クボタカイ、夏の終わりの切なさを綴った新曲「バニラ」を8月9日にデジタルリリース!TikTokで先行配信
0

クボタカイ、夏の終わりの切なさを綴った新曲「バニラ」を8月9日にデジタルリリース!TikTokで先行配信

 | , ,  | 

 

 

©︎ クボタカイ

 

クボタカイ、夏の終わりの切なさを綴った新曲「バニラ」を8月9日にデジタルリリース!TikTokで先行配信

 

文学性の高い歌詞と儚く繊細な歌声、楽曲提供でも注目を集める新鋭シンガーソングライター・ラッパー、クボタカイが8月9日に新曲「バニラ」をデジタルリリースする。

 

「バニラアイスが溶けてしまう前に」という歌詞が印象的な、夏の終わりの切なさと誰もが感じたことのある胸の詰まるような想いが綴られた、ミドルテンポに乗せたこの季節にぴったりのサマーソングと...

 

 

 

 

 

TikTokでヒットする音楽の特徴とは?ティックトックを活用した効果的な音楽マーケティングの成功例を紹介
0

TikTokでヒットする音楽の特徴とは?ティックトックを活用した効果的な音楽マーケティングの成功例を紹介

 

 

Quote source:https://o-dan.net/ja/

 

TikTokでヒットする音楽の特徴とは?ティックトックを活用した効果的な音楽マーケティングの成功例を紹介

 

近年の音楽界ではTikTokを通じたヒットが広く見られるようになり、多くのアーティストが日々その効果的な活用を迫られています。TikTok上で起こるバズはアルゴリズムによる影響が大きく予測が困難であるとされていますが、一方でこれまでヒットした楽曲にはいくつかの共通要素が存在します。

 

本記事では近年TikTokでヒットした楽曲を複数取り上げ、何がヒットに繋がったのかを分析します。本記事を読むことで、TikTokを通じた効果的な音楽マーケティングの方法について学ぶことができます...

 

 

 

 

 

TikTokマーケティングで音楽アーティストが成功するための5つの方法とは
0

TikTokマーケティングで音楽アーティストが成功するための5つの方法とは

 

 

Quote source:https://o-dan.net/ja/

 

TikTokマーケティングで音楽アーティストが成功するための5つの方法とは

 

TikTokマーケティングは、音楽アーティストが成功するための鍵となる戦略です。

 

この記事では、TikTokの重要性やターゲットオーディエンスの特定方法、マーケティング戦略の立案と実施、コンテンツの作成と拡散、フォロワーの獲得とコミュニティの構築など、5つの方法を詳しく解説します。

 

この記事を読むことで、音楽アーティストはTikTokを有効に活用し、成功への一歩を踏み出すことができます。

 

 

 

 

 

TikTok音楽マーケティングの成功法とは? TikTokで有名になるためのポイントを解説!
0

TikTok音楽マーケティングの成功法とは? TikTokで有名になるためのポイントを解説!

 

 

Quote source:https://o-dan.net/ja/

 

TikTok音楽マーケティングの成功法とは? TikTokで有名になるためのポイントを解説!

 

この記事では、TikTokと音楽の相性の良さやTikTokで売れる人の条件、TikTokでバズるための音楽マーケティングについて詳しく解説します。

 

また、TikTokで有名になったアーティストや曲の事例もご紹介します。

 

TikTokの力を最大限に活用し、音楽業界で成功したい方やTikTokを活用したいマーケティング担当者にとって、この記事を読むことで具体的な手法や戦略を身につけることができます。

 

 

TikTokと音楽の相性は抜群!その理由とは?

 

TikTokは、短いビデオ形式でクリエイティブなコンテンツを発信できるプラットフォームです。音楽とビジュアルがシンクロすることで、視聴者に強い印象を与えることができます。

 

さらに、TikTokは音楽に合わせて踊るという特徴もあり...

 

 

 

 

しまも、新曲「甘恋」が ABEMA恋愛番組「恋する♥週末ホームステイ」7話の挿入歌に決定!
0

しまも、新曲「甘恋」が ABEMA恋愛番組「恋する♥週末ホームステイ」7話の挿入歌に決定!

 | , ,  | 
弾き語りアーティストでTikTokのフォロワー数が日本1位(※自社調べ)のシンガーソングライターしまもの新曲「甘恋」が、ABEMAで放送中のオリジナル恋愛番組「恋する週末ホームステイ 2023春~Sweet Orange Memory~」の第7話の挿入歌に決定した。 「恋する週末ホームステイ 2023春~Sweet Orange Memory~」は、地方に住む高校生の男女が週末だけ集まり、2週間の中で恋に落ちていく様子を追う恋愛番組だ。 しまもが提供した「甘恋」は、どんなスイーツよりも、大好きな人からの甘い言葉がほしい。というまっすぐな女の子の気持ちを歌った、甘くてハッピーな青春ラブソングとなっている。 なお、「恋する週末ホームステイ 2023春~Sweet Orange Memory~」の挿入歌は毎回別のアーティストの楽曲が使用されており、「甘恋」が流れる第7話は4月18日(火)22:00に放送される。

番組情報

『恋する週末ホームステイ 2023春~Sweet Orange Memory~』#7 放送日時:4月18日(火)夜10時~ 放送チャンネル:ABEMA SPECIAL 放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/AkR4qXUunSxq7V 「空が夕日でオレンジに染まる頃、君を思い出す」 出会うはずのなかった高校生たちが 同じ空の下、淡くて甘い恋に落ちる。 限られた時間、一瞬一瞬がかけがえのない宝物。 関東男子と関西女子、特別な2週間の週末ホームステイ
@shimamonx 新曲「甘恋 Kankoi」リリースしました!! #振り付け募集中 #NewMusic #オリジナル曲 #甘恋 #音源使ってね ♬ Kankoi - shimamo
-- 運営:Evening Music Records Inc.
優里、もさを。りりあ。に続け…. TikTokを効果的に活用するための音楽マーケティングとは…
0

優里、もさを。りりあ。に続け…. TikTokを効果的に活用するための音楽マーケティングとは…

 | , , ,  | 
皆さんは、昨今話題となっているTikTok発アーティストをご存知でしょうか。 TikTok発アーティストとは、TikTokで楽曲が人気になり、それが火種となって各種音楽プラットフォームで楽曲がチャートインするなど、TikTokの外でも活躍を見せているアーティストを指します。 彼らと同様に世の中の人気を獲得する為には、TikTokにおいてどのような音楽マーケティングが効果的なのでしょうか...。

TikTok独自のアルゴリズムとは…

当初、TikTokでの楽曲の "バズり" は、一時的なものに留まると思われていましたが、今やTikTokは新しい才能あるミュージシャンと出会う場として受け止められており、大手レコード会社でさえも、新人アーティスト発掘の場として注目しています。 では、この様にミュージシャンにとって、大きな可能性の場となったTikTokで注目されるためには、どのようにTikTokを活用すれば良いのでしょうか...。 まず、TikTokを活用して自らプロモーションを行う為には、TikTokの特性(アルゴリズム)を理解して運用することが大切だと思われます。 TikTokは機械学習アルゴリズムを用い、ユーザーの好みに応じて動画をオススメしています。 このレコメンド機能は他のSNSでも使われていますが、レコメンドが起こる仕組みが他のSNSとは少し異なります。基本的に、TwitterやInstagramの様なSNSのフィード画面(アプリを開いたときにまず表示され、新規の投稿を見ることができる画面)には、自分がフォローしているユーザーの投稿が表示されます。 しかし、TikTokではフォローしているかどうかに関係なく、AIがユーザーの好みに最も合っていると判断した動画が流れます。また、時系列に沿ってタイムライン形式で流れてくるTwitterやInstagramとは異なり、 TikTokでは投稿がユーザーの好みに合えば、3か月前の投稿でもおすすめに表示されることがあります。 この様に、TikTokではフォロワー数に関係なく動画を見てもらえる為、どの様なクリエイターでも大きな拡散力を持ち得るという事が特徴として挙げられます。

人気が急上昇している楽曲カバーも有効...

ここで意識したいのは、TikTokのアルゴリズムが分析する動画の情報には、キャプションやハッシュタグだけではなく、使用されている音楽の情報も含まれているという点です。この為、TikTok上の多くのクリエイターは自分の投稿がおすすめに載るよう、人気急上昇中のハッシュタグを使うだけでなく、その時に人気の楽曲を用いて動画を作成する事が多くなります。このアルゴリズムこそが、TikTokで特定の楽曲がバズりやすい要因の一つとなっていると言えるでしょう。 この様なTikTokの特徴を踏まえると、アーティストは自身のアカウントで楽曲を発信するだけではなく、他のユーザーに自分の楽曲を使用して動画を作ってもらうという事が重要になるという事が分かるかと思います。この為、自身のコンテンツで取り入れるべき要素としては、弾き語り動画や、楽曲にダンスの振付を付けた動画など、他のクリエイターが真似したりアレンジしやすい動画や音楽を作成する事が効果的であると考えられます。 また、自身の楽曲を発信する以外に、人気が急上昇している楽曲のカバーをするなど、話題のコンテンツに自分も参加することで注目度を高めるという方法もあります。 レコメンド機能の精度が高いTikTokでは、TikTok上の流行に乗る事で、より多くのユーザーのおすすめに表示される可能性が高まる為、TikTokを活用するアーティストは、どの様なハッシュタグやコンテンツが流行っているのかを常にチェックしておく事も重要です。 -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
BTS(防弾少年団)や嵐も参入するTikTok。その効果的なバズり方とは…
0

BTS(防弾少年団)や嵐も参入するTikTok。その効果的なバズり方とは…

 | , , , ,  | 
誰でも気軽に動画コンテンツを発信できるアプリ、TikTok。近年、TikTokから生まれた音楽が流行し、全国区になったり、TikTokで頻繁に使用される曲がテレビ番組で披露されたりと、その影響力を増している。TikTokは若者が曲に合わせて踊るだけ、だとは思っていないだろうか。いまやTikTokは音楽マーケティングをする上で見逃せないコンテンツへと成長している。 では、TikTokを通して効果的にマーケティングを行うことはできるのか。実例を挙げてその可能性について検討する。 TikTokの影響で流行となった曲は複数あるが、「め組のひと」、「CHIL DAYS」を例に挙げる。「め組の人」は1983年に発売された曲であり、2010年に倖田來未によってカバーされた。この曲は2018年頃にTikTokの音源として使用されるようになり、それ以降若者の間で瞬く間に広まった。その結果、発表から数十年だったにも関わらず、テレビで歌唱されるほど注目を集めた。 「CHILDAYS」はあまり聞きなじみがないかもしれないが、「Forever Children ガキのまんま くだらないことでわらっていたいんだ」という歌詞はTikTokユーザーにとってはおなじみなのではないだろうか。この曲は簡単な振り付けがついており、振り動画などを含め約4万本もの動画が投稿されている。「CHILDAYS」を歌うBLOOM BASEはこの曲を引っ提げてミュージックステーションへの出演を果たすほど注目を集めた。
▼ マネできる振付がつけられていること この2曲に共通することは「マネできる振付がつけられていること」である。ダンス未経験の視聴者でも簡単に真似をすることができるレベルの振り付けがあることで、その曲への親しみが増す。また、友人同士で一緒の振り付けを共有できることで共感経験を得るため、曲への肯定的な感情を抱くことができる。そして、その振り付けを真似てその音源で投稿するユーザーが増えることで、投稿動画数が増え、話題性が上がる。このことから、簡単に真似できる振り付けがあることが、その曲をTikTokで流行させ、TikTok外へも影響力を持つ上で必要な条件なのだ。 しかし、真似できる振り付けであったとしてもそれがバズるとは限らない。先に上げた「マネができること」以外に、バズる振り付けの法則はないのだろうか。「CHILDAYS」や「虹色の戦争」を振り付けたローカルカンピオーネと、「同担拒否」や「17歳」を振り付けたもかに注目した。 ▼ 「歌詞に合わせた動き」と「上半身のみで完結すること」 バズる振り付けには、「マネができること」の他に2つの法則がある。 それは「歌詞に合わせた動き」と「上半身のみで完結すること」である。「虹色の戦争」では、「戦争」という歌詞に合わせて銃を構える動きをしたり、「頭に響く」という歌詞で頭を抑える動きをしたりと歌詞を聞くと振り付けが思い浮かぶつくりとなっている。 「17歳」も同じように、「手料理とかお掃除とか」という歌詞に合わせた動きが取り入れられている。そして、これらの曲は全て足の動きがほとんどないため、バストアップのアングルですべてが収まる。これによってダンスの難易度が下がるだけではなく、一人でも動画を撮影しやすく、撮影が気軽になる。真似しやすいうえに、これらの2点が抑えられている振り付けの動画はバズりやすい。 これらのことから、TikTokで音楽マーケティングを効果的に行うには、その音源でたくさんの人がダンス動画をアップしたくなるような振り付けをつけることが重要であり、振り付けがバズると瞬く間にその曲はTikTokだけではなく、広い範囲で取り上げられ、TikTokを知らない世代にも曲を届けることができる。
TikTokで再認識か? 音楽の才能を補うアーティストのSNS攻略法とは…
1

TikTokで再認識か? 音楽の才能を補うアーティストのSNS攻略法とは…

 | , , ,  | 

 

 

Quote source:https://o-dan.net/ja/

 

TikTokで再認識か? 音楽の才能を補うアーティストのSNS攻略法とは...

 

昨今のTikTokブームなどで今一度再確認されたが、アーティストのSNS活用の重要性は最早語り尽くされている。その方法もある程度はパターンがはっきりしてきており、ざっくりとした説明では次のような4段階に分かれていると認識している。

 

 

・バズリ期: バズって認知を獲得する ・加速期: クオリティの高いオリジナル曲で一気に加速する ・ブレイク前期: その加速を維持できるよう、定期的に代表曲の発表まで話題を作る ・ブレイク期: 代表曲でチャートを席巻する

 

 

バズって売れたアーティストはだいたいこのパターンに思えるが、各フェーズの完成度で同じ程度のバズりでもその後の活躍には当然差が出てくる。

 

「バズリ期」は、認知が0の状態からの挑戦なのでもっとも苦しい時期で、忍耐力、アイデア、流行をみるアンテナが必要になる。

 

「加速期」は、クオリティの高いオリジナル曲ができているかというポイント。ここには私個人の音楽の趣味嗜好なども関わってくるため断定しづらいが、要点としてはKingGnu常田大希の「自分の価値観と大衆のそれをすり合わせるのには時間をかけた」というのと同じで、シンプルに売れる曲を作っているかということになる。音楽は必ず1人で完成せるものではないので、誰かと一緒につくることの難しさもこの段階で慣れられるかという課題がでてくる。

 

「ブレイク前期」ではバズリ期と同じかそれ以上に時間がかかることもあるため引き出しやできるだけ多くの手札が必要になる。
ジェニーハイ、#TikTok夏祭りに合わせ新曲「夏嵐」限定先行公開!メンバーの子供時代・青春時代の写真を使用した、夏休み動画も公開。
0

ジェニーハイ、#TikTok夏祭りに合わせ新曲「夏嵐」限定先行公開!メンバーの子供時代・青春時代の写真を使用した、夏休み動画も公開。

 | , , ,  | 
ドラム:小籔千豊、ベース:くっきー! ( 野性爆弾 )、ギター&プロデュース:川谷絵音、キーボード:新垣隆、ボーカル:中嶋イッキュウ (tricot)の豪華メンバーからなる5人組バンド、「ジェニーハイ」が、TikTokで7月19日にスタートする#TikTok夏祭りに合わせて、9月1日リリースのNew Album『ジェニースター』に収録される新曲「夏嵐」の一部をTikTokで先行公開する。 この楽曲は「夏休み 心は休めない だってまだ何も残せてないから」とサビで歌われており、まさに夏休みに聞きたいアップテンポながら哀愁が感じられる曲となっている。 楽曲の選考会に合わせ、ジェニーハイのTikTokアカウントにはメンバーの子供時代、青春時代の夏休みの写真を使った動画がアップされた。幼い頃から学生時代、現在に至る個性溢れるメンバー達の変遷が見られる秘蔵写真たちが話題を呼びそうだ。 ジェニーハイのNew Album『ジェニースター』は9月1日に発売。今月25日までに予約をすると早期予約特典としてショッパー袋が付いてくるとのことなので早めにチェックして欲しい。 【リリース情報】 ジェニーハイ2ndフルアルバム『ジェニースター』 2021年9月1日発売  予約受付中:https://geniehigh.lnk.to/geniestar 全12曲収録 通常盤(CD) ¥3,300(税込)  WPCL-13323 初回限定盤(CD+DVD):4,500(+税) WPZL-31892/3 初回限定盤(CD+Blu-ray):5,000(+税) WPZL-31894/5 初回限定盤:トールサイズデジパック仕様、オリジナル漫画掲載「ジェニースター」ZINEを封入 初回限定盤特典映像(DVD / Blu-ray) 収録内容 ジェニーハイ名演習 全21曲+バックステージの模様をたっぷりと収録 ・ジェニーハイ ONEMAN TOUR 2020「みんなのジェニー」2020.2.18@Zepp Divercity Tokyo 「ジェニーハイのテーマ」「愛しのジェニー」「ヘチマラップ」「バレンタイン泥棒」「グータラ節」「シャミナミ」「良いんだって」「ジェニーハイラプソディー」「不便な可愛げ(feat. アイナ・ジ・エンド)」「片目で異常に恋してる」「ジェニーハイボックス」「即興ソングコーナー」 ・ジェニーハイ無観客ワンマンライブ「ベイビージェニー」 2020.10.27@Zepp Tokyo 「ジェニーハイのテーマ」「ダイエッター典子」「強がりと弱虫」「プリマドンナ」「東京は雨」「コクーンさん」「まるで幸せ」 ・ジェニーハイ1stフルアルバム『ジェニーハイストーリー』リリース記念フリーライブ2019.11.27@六本木ヒルズアリーナ 「ジェニーハイのテーマ」「ランデブーに逃避行」 ・ジェニーハイ ONEMAN TOUR 2020「みんなのジェニー」Behind the scenes フィジカル商品予約特典 早期予約特典(7/5 17:00~7/25 23:59まで):ジェニースター・ショッパー袋 先着購入者特典: メンバーによる ジェニースター・オーディオコメンタリーCD 【ライブ情報】 初のアリーナ単独公演『アリーナジェニー』 開催日 2021/9/25(土) 開場 15:30 開演 17:00 会場 ぴあアリーナMM 全席指定7,000(税込) チケットリンク: https://geniehigh.lnk.to/xiE6xw 【関連リンク】 ジェニーハイTikTok: https://vt.tiktok.com/ZSJpRKJ5d/ オフィシャルサイト: http://genie-high.com/ ジェニーハイTwitter: @genie_high ジェニーハイ Instagram: @geniehigh -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
音楽マーケティングにおけるSNS活用の重要性とは… TikTokとTwitterの重要性を考察してみた。
0

音楽マーケティングにおけるSNS活用の重要性とは… TikTokとTwitterの重要性を考察してみた。

 | , ,  | 
今や私たちの生活に欠かせないものとなったソーシャルネットワークサービス(SNS)。 2020年時点で、人口1億2,000万人に対し、Twitterの国内月間アクティブユーザー数は4,500万人以上、インスタグラムは3,300万人以上と大きな広がりを見せている。 そんなSNSは今や音楽を広める手段としても欠かせないものとなっている。 マーケティングの「商品(音楽)が愛される仕組みをつくる」という目標を叶えるためにSNSができることは何だろう。今回は、音楽プロモーションにおいてとくに強い影響力があると思われるtiktokとTwitterの2つのメディアに焦点を当て、その音楽とのかかわりについて見ていきたいと思う。 ▼ TikTokとTwitter ▼ TikTok: いまやtiktokはヒット曲が生まれる場になったといえる。見ているだけで自動的に音楽が流れるため、まるでCMのように音楽そのものをダイレクトに届けられるということがメディアとしての特徴である。 では、TikTokの音楽マーケティングにおける役割とは何だろうか。 ① 音楽の無関心層へのアプローチ Tiktokは基本的に動画視聴アプリであるため、tiktokを見ている人は音楽を聴くことを目的としているわけではない。動画の背景に勝手に音楽が流れるため、動画を見れば自然と音楽を取り込むことになる。流行りの音楽に関心がない人、サブスクリプションサービスに登録していないため音楽を聴く手段を持たない人等にも動画視聴を通じて楽曲を広めることができるのだ。 ② 特定の世代に向けたアプローチ SNSの中でもTikTokは特に利用者の年齢の偏りが大きいプラットフォームである。TikTokの利用者の約7割は10代20代の若者であるというデータがある。若い世代をターゲットにした音楽は、TikTokというプラットフォームを使用する事で効果的に売り出す事ができる。年齢という観点から、音楽を届けたい層に届ける事ができるのだ。 ▼ Twitter: Twitterも、メディアの性質上tiktokほど音楽と密接にかかわっているわけではないが音楽プロモーションにおいて重要な役割を果たしている。 では、Twitterが果たす役割とはどのようなものなのだろう。 ① ファンの力を使った宣伝 音楽に限った話ではないが、公式Twitterが「新曲に関する情報は#●●でツイートしてね」等と#を指定して呼びかけることがある。ファンはその#を通じて自分の意見を発信するのだが、これがらアーティストや楽曲の宣伝につながるのだ。 ファンとSNSを使って双方向のやりとりをすることが大切だと言える。またファンは、他の人の感想を読んだりすることを通じて同じアーティストを応援することで大勢の人と繋がっている感覚を得ることができる。これがファン同士の結束を高め、応援するモチベーションを高めるためにも大きな役割を果たすといえる。 ② アーティストの音楽以外の魅力発信 アーティストの公式Twitterが発信する情報はおおきく分けて二つある。一つはCDリリースやライブ開催等の音楽活動に関する情報、もう一つはアーティスト自身のプライベートな思いや呟きである。このプライベートな呟きが、ファンにアーティストの音楽だけでなくその人となりを好きになってもらうために重要だと言える。アーティストを人として好きになることで、今まで音楽をダウンロードして聴くだけだったファンがライブに足を運んだり、グッズや書籍を購入するようになる、という可能性は充分あるだろう。Twitterを通じて音楽以外の発信をしていくことは熱心なファンを獲得するための重要な手段である。 ▼ まとめ 今回は、SNSを活用した音楽マーケティングについて、2つのメディアの果たす役割を見てきた。 これから益々SNSでの音楽プロモーションは激化していくと考えられる。 楽曲を効果的に広める方法を見極める一方、楽曲そのもの以外の面からも効果的な手段を模索していくことがSNSを通じた音楽マーケティングにおいて需要になっていくだろう。 -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
TikTok、Youtube、Twitter…SNSは数秒単位での勝負?SNSは使っても使われるな!SNSマーケティングで音楽をバズらせる方法とは…
1

TikTok、Youtube、Twitter…SNSは数秒単位での勝負?SNSは使っても使われるな!SNSマーケティングで音楽をバズらせる方法とは…

 | , ,  | 
SNSを活用してアーティスト活動を行う人が最近ではほとんどである。 しかし、ただ闇雲にSNSを使っているだけでは、ファンがつくどころかSNS自体に囚われてしまうことさえあるかもしれない。そこで、本記事では「SNSは使っても使われるな!」をテーマにSNSマーケティングについて考察してくこととする。 そもそも、SNSを利用する目的はなんだろうか? LINE株式会社 エンターテイメントカンパニーに所属している宮本浩志氏は、音楽マーケティングの定義として、「ファンや世の中が欲しいものをつくる、届ける、愛される仕組みを作ってファンを増やす」ことをあげている。この中の「届ける、愛される」部分にSNSは有効ではないかと思う。SNSは世界に広く情報を発信することができる。また、アーティストのパーソナルな部分を出すことでそのアーティストが長く愛される一助ともなると思うのだ。 以上より、ここでは、SNSを利用する目的を「音楽を届ける、ファンに愛してもらう」こととする。 ここからは、SNSの活用方法について議論していきたい。まずは、「音楽を届ける」という観点からお話ししていこう。 音楽を届けるためには「1. わかりやすいコンテンツづくり』「2. 注目される機会を活用する」「3. 各種SNSを使い分ける/使うSNSを限定する」の3点が重要だと考える。以下、この3点について具体的に述べていく。 ▼ 「ファンに愛してもらえるコンテンツ」とは... 1. わかりやすいコンテンツづくり あるアーティストにひょんな機会で興味を持ったが、ネット検索して出てきたのは雑多な情報ばかりで何を見ていいかわからない…ということに出会ったことはないだろうか? わかりやすいコンテンツが作られていないとせっかくの新規ファン獲得機会を逃してしまうことになる。よって、新規ファンのための導線を作っておくことは重要である。 うまくわかりやすいコンテンツを作っているアーティストとして挙げられるのがK-POPアイドルである。世界を相手にしたコンテンツづくりとあって、新規向けのコンテンツは英語で補足がついていたり、非言語で伝わるように工夫されている。例えば、YouTubeであれば、リストが作成されており、「自身が見て欲しい動画に誘導する」ということに成功しているのである。 2. 注目される機会を活用する オンラインコンテンツをオンラインのみの活用で終わらせてしまうのは非常にもったいない。テレビで見て興味を持ったけど/フェスで見て興味を持ったけど、Twitterで調べても誰も呟いていないからまあいいか、と調べるのを諦められてしまう、ということが起こりかねないのである。注目度が上がる機会が事前にわかっているのであれば、それに合わせてオンラインコンテンツもしっかりリマインドしておくことで新規ファンの獲得につながる。 これを上手く行っているのが、JO1である。JO1はオーディション番組を経て結成された日本の男性アイドルグループであるが、バラエティにでる際に公式Twitterがその告知を行うだけでなく、YouTubeに新規動画を投稿して、新たに興味を持った人向けの導線をきちんと設定している。 このように、注目される機会をSNSの活用によって逃さないことは重要である。 3. SNSを使い分ける / 使用SNSを厳選する 一言でSNSといっても、様々なSNSが存在し、各々に特徴がある。例えば、Twitterは文字データが主流であり、動画は2分20秒しか掲載できないのに対し、Instagramは写真・映像が主流であり、ライブ配信が比較的気軽にできる、などである。したがって、闇雲にSNSをはじめ、全て同じ素材を投稿するのであれば、複数個のSNSを利用する効果が薄れてしまう。SNSを複数個使用するのであれば、各々のユーザー層にとって魅力的なコンテンツの作成が必須である。 続いて、「ファンに愛してもらう」という観点からお話ししていく。 ファンに愛してもらうコンテンツを作るためには「マーケティングの意識をなくす」ことが重要ではないかと考える。SNSマーケティングに関する記事なのに、矛盾しているのではないか?というご指摘はもっともであるのだが、これは「マーケティングするな」ということではない。 読者の皆さんは今までにSNS広告を見て、興味もないのに迷惑だ、と思ったことはないだろうか?接触機会の向上はもちろん重要であるのだが、この法則には落とし穴がある。それは「第一印象が悪ければ、その印象は接触機会を増やすことで悪化する」ということである。つまり、いくら広告を打ったとしても逆効果にしかならないのだ。これではせっかくマーケティングしたのに…と自身のモチベーションを削いでしまうことにもなりかねない。 そこで、「マーケティングの意識をなくす」ことが鍵となってくる。SNSを有効活用しようとするあまり、投稿内容まできれいにしようとしてしまうと、逆にファンの気持ちを削ぎかねない。そのため、コンテンツの完成度、投稿のタイミング、使用するSNSへの配慮には十分気を配った上で、自身の素直なメッセージを投稿することが大事である。 何か新しいコンテンツを出すならば、きっとそこには様々なメッセージが込められている。それを告知的に出してしまうのではなく、メッセージとしてSNSに書き込むことで「ファンに愛してもらえるコンテンツ」になるのではないかと思うのだ。 ▼ SNSは、使っても使われるな... 以上、大きく「届ける」「愛してもらう」を目的にSNSを活用して行う音楽マーケティングを述べてきた。SNSに限らず現代は大きく環境が変化することが多くある。そのため、マーケティングの方法も刻一刻と変化していくだろう。しかし、手法や道具は変われど、「伝えたい相手にメッセージを伝える」という軸は変化しない。その軸をSNSによって無くさないようマーケティングを行っていけば良いのではないだろうか。 「SNS、使っても使われるな!」である。 -- メディア運営:Evening Music Records Inc.