ティックトック

ジャスティン・ビーバーがついにTikTokを開設…!? 心配しながらも初動画を投稿
0

ジャスティン・ビーバーがついにTikTokを開設…!? 心配しながらも初動画を投稿

◆ ジャスティン・ビーバーがついにTikTokを開設...!? 心配しながらも初動画を投稿 現在、休養中であるジャスティン・ビーバーが、世界的にもショート動画配信SNSアプリとして流行しているTikTok(ティックトック)のアカウントを開設したと話題になっている。彼のSNSでの影響力は計り知れず、ピコ太郎がジャスティンのTwitterでの呟きを引き金に世界的に有名になったことは有名だろう。今回のTikTok(ティックトック)アカウントの開設で、芸能界への影響は少なからずありそうな予感だ... ◆ 2020年は新アルバムやシングルのリリース発表も... 2020年のジャスティン・ビーバーは精力的だ。先行シングル「Yummy」は本日2020年1月3日から配信開始となっており、彼のオフィシャルサイトでもSpotifyなどのリンクが掲載されている。 新曲の先行公開に先立て、公式TikTokアカウントを開設したというところだろうか。使い方を心配しているような投稿も垣間見えるなど、お茶目な様子もうかがえるジャスティンだが、2020年は新曲のリリース体制も万全となっている様子なので、今後の活動に期待だ。 --- 運営: Evening Music Records株式会社
今TikTok(ティックトック)で流行っている音楽を集めてみた…人気の歌や原曲の最新情報も…(2019年10〜12月版)
0

今TikTok(ティックトック)で流行っている音楽を集めてみた…人気の歌や原曲の最新情報も…(2019年10〜12月版)

世界的な爆発的ヒットで、10億ダウンロードを突破する勢いのショート投稿アプリ TikTok(ティックトック)。 同アプリは、中国法人 ByteDance社が運営するWebサービスですが、日本では主に中高生を中心に火が付き、一大ブームとなり2018〜2019年頃には幅広い年代層のTikTokerも増えてきている状況です。TikTokの面白さは、簡単に盛れる高性能かつ多機能な動画制作オプションがアプリ内に非常に充実している事に加え、わずか数秒で日常の動画を視聴した人が思わずシェアしたくなる様な加工を施し世界に発信できるという圧倒的な簡便さがウケていると言えるでしょう。 本記事では、そんなTikTokで今流行している楽曲や意外と知らないミックス前の原曲等の最新情報を紹介していきます。 ◆ 今流行ってるTikTokの音楽や歌の原曲とは... TikTokで流行している楽曲の一覧を紹介していきます。気になる楽曲は以下のYouTubeリンクから聴いてみてください。 ・Fitz and the Tantrums - HandClap(大流行した「ダイエットダンス」で使われている楽曲。ロサンゼルス発のポップバンド「Fitz and the Tantrums」が2016年にリリース) ・LITTLE BIG — I'M OK (2013年にロシアで結成されたレイブバンド「LITTLE BIG」が2019年6月にリリースした楽曲) ・Charli XCX - Boys(TikTokでも投稿数が多い動画に活用されている楽曲。チャーリー・エックス・シー・エックスはイギリス初の女性歌手) ・Baby Ariel - I Heart You(2000年生まれの新世代YouTuberであるBaby Arielベイビー・アリエルがリリースした楽曲) ・Marshmello - Here With Me Feat. CHVRCHES(EDM界のスター「Marshmello」とスコットランドのグラスゴー出身のエレクトロポップ・バンド「CHVRCHES」のコラボ楽曲) ・Shawn Mendes - If I Can't Have You(1998年生まれ、カナダはトロント出身のシンガーソングライター「Shawn Mendes」の楽曲) ・Taylor Swift - ME! (feat. Brendon Urie)(Taylor Swiftとロックバンド「パニック・アット・ザ・ディスコ」のブレンドン・ユーリーのコラボ楽曲) ・Ava Max - Not Your Barbie Girl(アメリカの新世代歌姫「Ava Max(エイバ・マックス)」の楽曲。2018年に発表した「Sweet but Psycho」が米ビルボードの Dance 100で1位獲得している) ・Ariana Grande - thank u, next(世界の歌姫「Ariana Grande」が自身の元カレたちについて歌っている楽曲) ・Nissy(西島隆弘) -トリコ(2018年9月末にリリースされた「Nissy(西島隆弘)」の楽曲。2018年10月公開された映画『あのコの、トリコ。』の主題歌) ◆ TikTokの人気楽曲の原曲を調べてみると… TikTokの動画に使用されている人気楽曲は、知らぬ間に口ずさんでいる程、自然な刷り込みが成立しているところに特徴があるかと思います。 日常的に面白いと感じるショート動画に付随して聴こえてくる楽曲は、知らない内に覚えてしまうのは想像に難くないかと思います。いわゆるテレビCMで流れる背景音楽に近い感覚でしょうか。その反面、聞き馴染みはあるのだが、原曲は知らないという楽曲も多いかと思いますので、本記事で気になる楽曲はチェックしてみてくださいね。 また、TikTokのおすすめ動画に載る様な動画投稿を工夫される際にも、使用する曲選びにお悩みの際は参考にしてみてくださいね。 運営会社: Evening Music Records株式会社
全世界で10億ダウンロードのTikTokアプリが、うざくても人気なワケとは…バズるおすすめ動画の作り方も
0

全世界で10億ダウンロードのTikTokアプリが、うざくても人気なワケとは…バズるおすすめ動画の作り方も

全世界で10億ダウンロードを記録するメガヒットアプリ「TikTok」。 読者の皆さんのTikTokに対するイメージはどの様なものだろうか。日本においては、女子高生の間でバズる現象が起き、流行し始めた事をきっかけに市民権を得たアプリと言っても良いだろうか。一方で、最近では、TikTokおじさんと言われるいわゆる中年層のTikTokerも現れる等、そのユーザー層も拡大してきている。 TikTokを知らない読者の方向けに説明すると、TikTok(ティックトック)とは、中国のByteDance社が運営するショート動画の投稿アプリケーションだ。このアプリが世界のティーンネイジャーを中心に受けている理由は、運営企業がAI(人工知能)を中心にサービス展開をしている世界企業であり、TikTokのユーザーが興味のある動画を自動的におすすめしてくれる為、見入ってしまう様な没入感を演出している事に挙げられるだろう。 一方で、世界的な視点からは、中国企業による動画データの利用用途や、若年層への危険性などが語られるなど、ByteDance社としても多々苦労している点がありそうな事も事実であり、TikTokアプリのCM広告やWeb広告への巨額な投資により、スマホ広告に頻繁にTikTok広告が掲載される為、「うざい」と言った声も聞こえてきている様だ。 本記事では、そんな世界的な流行を生み出しているTikTokアプリが、なぜ人気になったのかについて記載していきたい。 ◆ 中高生を中心にTikTokがバズった理由とは... TikTokがここまで流行した理由は、その拡散力が一つの要因だ。 いわゆる個人が主役になれるWebプラットフォームとしては、YouTubeやInstagram等が挙げられると思うが、TikTokとこれらには大きな違いがある。その違いとは、拡散力とそのロジックの違いだ。 YouTubeやInstagramの基本的な概念としては、いわば弱肉強食の世界であり、多くの登録者やフォロワーを抱えるインフルエンサーが投稿するコンテンツである程、多くのユーザーにシェアされ、おすすめコンテンツに掲載される確率が高い仕様になっている。 一方で、TikTokの場合は、純粋なコンテンツの面白さや注目度に応じて、AI(人工知能)が各ユーザーの興味や視聴傾向に合わせて、おすすめ動画を選定する為、フォロワーの多さだけで拡散される結果が決まるわけではない。いわば初心者でも、面白いコンテンツさえあれば、次の瞬間から数万人からのいいねを貰えると言ったバズる現象を体験できる可能性がある点に違いがある。 また、投稿される動画も短いもので15秒程と言ったショート動画の領域の為、投稿するユーザー視点から見ても、その投稿自体のハードルが非常に低い事も利用が一気に広まった理由の一つに挙げられるだろう。 ◆ TikTokではどんな動画がおすすめに載りやすいのか… TikTokでおすすめに乗りやすい動画の作り方は、必勝法はないものの、一定の法則はあると言えるだろう。 まず一つ目は、ツッコミどころのある動画である事だ。 このツッコミどころというのは、動画の視聴者が指摘したくなる様な内容である意味合いであり、もっと言うと、コメント欄に何かしら投稿をしたくなる余白のある動画コンテンツだ。その理由としては、ByteDance社の構築しているおすすめロジック(AIによる動画レコメンド方法)の一つに、コメント欄の投稿数が教師データとして反映されている可能性が高く、コメント数が多い動画は必然的におすすめに掲載されやすいと想定されるのだ。 つまり単純に見るだけで面白い動画という事も重要なのだが、その動画を見て何か感想や意見を言いたくなる要素を持っているかどうかが、重要な観点であると言えるだろう。 例えば、おすすめに載りやすい動画ジャンルの一つに純粋に可愛い又はカッコいいモデル(読者モデル等)の投稿があるが、これはコンテンツ的な視点で言えば、いわゆるその人が持つ外見的な美しさに価値がある為、注目を集めていると言える。しかし、そのおすすめに掲載するかどうかの判断もAI(人工知能)としては、データから判断する為、基本的にはイイねの数やコメント数をベースとした分析が入っている事が想定される為、裏を返せば、ポイントはイイねやコメント数にあると言って良いだろう。 この為、動画を投稿する際には、見た人がコメントを投稿したくなる様な要素(何か反応をしたくなる様な要素)である「ツッコミどころ」を入れるという視点は重要になってくるのだ。 ◆ 戦略的なTikTok動画の作り方とは… TikTokでおすすめに乗りたいと思う読者の方は、多いと思うが、その目的は多岐にわたるのではないかと思う。 純粋に、友達に見てもらいたい、自慢したいという方もいれば、マーケティングやインフルエンサーとして影響力を向上させる為に活用したいと考えている方もいるだろう。何れにせよ、TikTokはコンテンツとしての面白さや反応に応じた拡散が成される構築がされている可能性が高い*為、特定のインフルエンサーが一人勝ちをするだけの構造にはならず、新規参入のユーザーにもチャンスを得やすい可能性があるWebアプリと言えるだろう。 本記事は、これからTikTokを始めようと考えている方や、すでにTikTokを使っていておすすめに掲載される動画を一つでも多く作りたいと考えている方に参考になれば良いと思う。 運営会社: Evening Music Records株式会社
どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは…
0

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは…

◆ どうしたらTikTokでバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… いま10~20代の若者を中心にがショート動画の投稿が加熱しているTikTok(ティックトック)。 そんなTikTok(ティックトック)の中でも、今どんな動画がバズっているのでしょうか。そこには一定の法則や、バズるトレンド(流行)を作り出す幾つかの法則がありますが、コンスタントに皆から反響のある動画を創り続けることは、芸能人や才能のある一部の人以外には難しいものです。 そこで、今人気のある動画はどんなものなのかを分析していくことで、どんな方でもおすすめに表示されやすくなる動画を創り出せる法則がないかを検証しながら、バズりやすい法則を考えてみました。本記事では、そのノウハウやバズるTikiTok(ティックトック)動画の投稿方法に関する情報をお届けいたします。 ◆ まずはTikTokのおすすめ動画に選ばれる事が重要... まずTikTok(ティックトック)で再生回数を最も多くさせる方法は、「おすすめ」に選ばれることです。 この「おすすめ」動画になるには、TikTok(ティックトック)の運営側に選ばれなければなりません。では、どうしたら選ばれるのでしょうか。 おすすめ動画のライクの数を見ていくと、1k程度から300kを超えるものもあり、ただライクの数が多いだけでは選ばれる理由にはならなそうです。どうやらこのライク数は、単純に数が重要なのではなく、その動画を投稿してから、いかに短期間で沢山のライクがついたかが重要であるようです。 ◆ TikTok(ティックトック)でもハッシュタグのセンスは必要... しかし、TikTok(ティックトック)はフォロワーが誰もいないからといって、誰にも見られないまま終わるサービスじゃありません。 新着動画として表示されたり、ハッシュタグ検索から動画がヒットすることもあります。特に、ハッシュタグは積極的に沢山つけたほうがよさそうです。ハッシュタグの選び方も重要で、みんなが見ているタグも必須ですが、それ以外にも、ほかの動画と自分の動画を差別化するようなハッシュタグをつけられると、一気にそのハッシュタグの中でのライバルが減ります。 人気のないハッシュタグではあまり効果がないかもしれませんが、この辺りを選ぶのは個人のセンス次第と言えるのではないでしょうか。 もちろん、ライクの数が多く取れても時間がたってしまうとおすすめにはどんどん選ばれ辛くなっていくので、最初が肝心なようです。 また、投稿の数を増やすことで、運営側から優良ユーザーとして認識されやすくなるというのもあるそうです。動画の投稿数が多ければ、だれかが自分の動画を見てくれて気に入ってくれた時に、自分のページに来てくれて、沢山動画を再生してくれるので、より再生数を増やしやすくなると言えます。 つまり、フォロワーも少ない初心者がバズろうとおもってバズる投稿はできないということですね。まずバズるには、もともとフォロワーが多く最初にライクをつけてくれる人がいなければならないということです。または、ほかのSNSなどで宣伝するのも良い方法かもしれません。 いずれにせよ、投稿初期にあなたのTikTok(ティックトック)動画をはじめに拡散してくれる人がいることがポイントとなってくると言えるでしょう。または、その瞬間で話題性のある投稿動画の内容であるなどがおすすめ動画に選ばれる重要な要素となる可能性が高いと言えます。 ◆ 明日からTikTok(ティックトック)でバズる第一歩とは...? いかがでしょうか。ほかにもまだまだたくさんの方法があると思いますが、これさえ認識していれば、TikTokでバズる第一歩を踏み出せたと言っていいでしょう。投稿動画を効果的に作ることにより、さらに多くのTIkTokerの方に見てもらえるので、相乗的にフォロワー数も高まってくることでしょう。 賢くTikTok(ティックトック)を利用して、みんなから一目置かれる人気者になりましょう。 --- 運営会社: Evening Music Records株式会社
TikTok(ティックトック)で何が流行ってる? 今人気のバズってるダンス動画と原曲音楽を調べてみた….
0

TikTok(ティックトック)で何が流行ってる? 今人気のバズってるダンス動画と原曲音楽を調べてみた….

今、若者に人気のショート動画投稿アプリTikTokと言えば、皆さんご存知の所かと思いますが、どんなダンスや音楽が流行っているかはご存知でしょうか。 TikTokでトレンドに乗っている(= バズっている)楽曲は、意外と古い曲やアレンジ楽曲ということも多く、詳しく調べてみると結構面白かったりするのですが、今回は2019年4月時点までで流行っていた / 流行っている楽曲を紹介しようと思います。 早速ですが、TikTokはただ眺めているだけでも、今どんなダンスが流行っているのか知ることができるアプリと言っても良いでしょう。本記事では、そんなTikTokで流行っているダンスや曲をまとめました。
私たちにとってTikTok(ティックトック)とは何なのか… バズった理由を考察するとすごかった
0

私たちにとってTikTok(ティックトック)とは何なのか… バズった理由を考察するとすごかった

AdvertisementMUSICPhotograph by http://marketeen.net/archives/858私たちにとってTikTok(ティックトック)とは何なのか… バズった理由を考察 ...
TikTok(ティックトック)の「パンプダンス」の元ネタとなる曲は…!? 原曲音楽とベルギーのアーティストを紹介…
0

TikTok(ティックトック)の「パンプダンス」の元ネタとなる曲は…!? 原曲音楽とベルギーのアーティストを紹介…

2019年春に、人気急上昇中のパンプダンスですが、その元ネタとなる音楽は意外と知られていないもの。 今回はTikTokで人気のパンプダンスの元曲とアーティストを紹介したいと思います。早速調べてみると、このBGMは「Danzel」というアーティストが2008年にリリースした「Pump It Up」という楽曲の様でした。10年以上前の楽曲をTikTokでダンスしやすいアレンジし、新たに公開されています。