どうしたらTikTokでバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは…

Evening Music Records株式会社

※ 音楽クリエイター事務所「BOOOM」所属により、クリエイター同士の楽曲制作機会を提供します。

 

 

いま10~20代の若者を中心にがショート動画の投稿が加熱しているTikTok(ティックトック)。

 

 

そんなTikTok(ティックトック)の中でも、今どんな動画がバズっているのでしょうか。そこには一定の法則や、バズるトレンド(流行)を作り出す幾つかの法則がありますが、コンスタントに皆から反響のある動画を創り続けることは、芸能人や才能のある一部の人以外には難しいものです。

 

そこで、今人気のある動画はどんなものなのかを分析していくことで、どんな方でもおすすめに表示されやすくなる動画を創り出せる法則がないかを検証しながら、バズりやすい法則を考えてみました。本記事では、そのノウハウやバズるTikiTok(ティックトック)動画の投稿方法に関する情報をお届けいたします。

 

 

 

 

まずはTikTokのおすすめ動画に選ばれる事が重要...

 

 

まずTikTok(ティックトック)で再生回数を最も多くさせる方法は、「おすすめ」に選ばれることです。

 

 

この「おすすめ」動画になるには、TikTok(ティックトック)の運営側に選ばれなければなりません。では、どうしたら選ばれるのでしょうか。

 

おすすめ動画のライクの数を見ていくと、1k程度から300kを超えるものもあり、ただライクの数が多いだけでは選ばれる理由にはならなそうです。どうやらこのライク数は、単純に数が重要なのではなく、その動画を投稿してから、いかに短期間で沢山のライクがついたかが重要であるようです。

 

 

つまり、フォロワーも少ない初心者がバズろうとおもってバズる投稿はできないということですね。まずバズるには、もともとフォロワーが多く最初にライクをつけてくれる人がいなければならないということです。または、ほかのSNSなどで宣伝するのも良い方法かもしれません。

 

いずれにせよ、投稿初期にあなたのTikTok(ティックトック)動画をはじめに拡散してくれる人がいることがポイントとなってくると言えるでしょう。または、その瞬間で話題性のある投稿動画の内容であるなどがおすすめ動画に選ばれる重要な要素となる可能性が高いと言えます。

 

 

 

 

TikTok(ティックトック)でもハッシュタグのセンスは必要...

 

 

しかし、TikTok(ティックトック)はフォロワーが誰もいないからといって、誰にも見られないまま終わるサービスじゃありません。

 

新着動画として表示されたり、ハッシュタグ検索から動画がヒットすることもあります。特に、ハッシュタグは積極的に沢山つけたほうがよさそうです。ハッシュタグの選び方も重要で、みんなが見ているタグも必須ですが、それ以外にも、ほかの動画と自分の動画を差別化するようなハッシュタグをつけられると、一気にそのハッシュタグの中でのライバルが減ります。

 

人気のないハッシュタグではあまり効果がないかもしれませんが、この辺りを選ぶのは個人のセンス次第と言えるのではないでしょうか。

 

 

もちろん、ライクの数が多く取れても時間がたってしまうとおすすめにはどんどん選ばれ辛くなっていくので、最初が肝心なようです。

 

また、投稿の数を増やすことで、運営側から優良ユーザーとして認識されやすくなるというのもあるそうです。動画の投稿数が多ければ、だれかが自分の動画を見てくれて気に入ってくれた時に、自分のページに来てくれて、沢山動画を再生してくれるので、より再生数を増やしやすくなると言えます。

 

 

 

 

明日からTikTok(ティックトック)でバズる第一歩とは...?

 

 

いかがでしょうか。ほかにもまだまだたくさんの方法があると思いますが、これさえ認識していれば、TikTokでバズる第一歩を踏み出せたと言っていいでしょう。投稿動画を効果的に作ることにより、さらに多くのTIkTokerの方に見てもらえるので、相乗的にフォロワー数も高まってくることでしょう。

 

賢くTikTok(ティックトック)を利用して、みんなから一目置かれる人気者になりましょう。

 

 

編集: Evening Music Records株式会社

 

 

※ 音楽クリエイターMCN事務所はこちらから

※ 音楽ベンチャーでの有給インターンはこちらから

※ EVENINGプレミアム会員登録はこちらから

※ Webサイト制作やタイアップ記事掲載はこちらから

 

↓ EVENINGプレミアム会員登録は、下図のClickから可能です

(※ 会員限定記事や限定イベントをご優待)

  

 

新着記事はこちら

 

▼Evening Music Records代表のブログ記事はこちらから

▼ブログランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

広告
広告
広告
広告
広告
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

WAHT'S NEW

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO 兼 楽曲制作部門
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments

この記事の評価をお選びください。(回答 10ポイント進呈)

12345678910
読み込み中...