Business

ライブハウスは悪者?コロナウイルス拡大による”風評被害”について考える
0

ライブハウスは悪者?コロナウイルス拡大による”風評被害”について考える

昨今の新型コロナウイルスの世界的拡大を受けて、日本でもそれらに関する報道は相次いでいる。そんな中で先日、大阪のライブハウスでコロナウイルスの感染者が出たという。 そういった状況の中で巷では「ライブハウスは危険」、「ライブハウスは感染源」というような"風評被害のようなものがウイルスよろしく蔓延している。地上波のニュース番組でも「ライブハウスには立ち入らないでほしい」というような趣旨の報道がされているのを見つけた、まさに今、ライブハウスは世間から悪者あつかいされている。 今回の、その風評被害は決して全くのデマではない。事実として感染した方はライブハウスにいたことが確認されているわけで、それが感染の原因の1つだとして捉えるのは何も理不尽なことではないだろう。だがあくまでも、考えられる原因の1つではないだろうか?  感染した方はライブハウス以外にも、帰路に着くまでに様々な場所に訪れているということも考えられる。何かしらの交通機関を利用したとも十分に考えられる。その中で、ライブハウスだけに原因を特定している点では、少し理不尽さも感じる。 ◆世間から見て、もともとライブハウスはどういう存在だった? そもそも、ライブハウスってどういう存在だっただろうか? Zepp Tokyoや豊洲PITのような、アリーナクラスのアーティストが頻繁にライブを行うような大箱は比較的には世間からは”迎合”されているというか、オーバーグラウンドで認められているような印象はある。そもそもそう言った大箱は世間的にはライブハウスとして枠組みされていないような印象を持つ。 昨今、風評被害を受けているライブハウスはまさに感染者が出たような、キャパが狭い小箱であろう。 それらは上記のライブハウスと比較してかなりアンダーグラウンドなものであり、一般世間では、「治安が悪い」、「臭い」、「汚い」などと言った悪いイメージがなんとなく持たれがちであったというような印象を受ける。今回の風評被害が起こっているのは、そう言ったもともとあった悪いイメージが、感染者が出たという事実が起こったことによってより表面的になったことが原因と考える。 感染者が出たことによって、元からライブハウスに対して良いイメージを持っていなかった人たちは「やっぱりライブハウスって....」というように、イメージが悪いものであることを再認識したことであろう。だが実際に、上述したことのようにライブハウスは世間的に大衆に迎合されていたわけではなく、アンダーグラウンドなもので、言ってしまえば物好きが集まる場所である。 その事実がある中で、本当にライブハウスが好きな人ならば、今ある風評被害なんてある意味気に留めなくても良いのではないか?ライブハウスにいる人間というものは皆、好きでその場所にいるのである。それは自分の興味の赴くままに、他人の目なんて気にしないというような精神があった上でのことだろうと思う。 世間の風評被害に対して、多くのライブハウスは敵対的に見てしまっているような印象が、あくまで個人的ではあるものの、実際にその印象はある。もっと本当の自分を思い出して、強気でいてもいいのではないか?という気にもなるのだ。 ◆この状況を脱するのも、音楽の力が必要なはず。 ライブハウスに対する世間の風評被害の最中、その中で必死にもがいてイベントを敢行するライブハウス、アーティストは多く存在する。誰だって泥臭くやっていて、自分たちができることでこの状況を脱しようとしているのだ。 ライブハウスはこの先一生、全員に理解されるなんてことはないと思う。彼らの多くは決して認められたくて音楽をやっているわけでない、自分のためにやっているのだ。 そう言った野心を理解できる人だけが集まる。そう言ったライブハウスでこれからもあり続ければ良いのではないだろうか。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
ワーナーミュージックグループが米国証券取引委員会(SEC)へ新規株式公開の登録声明を提出…ビジネスパートナーとしてのレコード会社への方針へ
0

ワーナーミュージックグループが米国証券取引委員会(SEC)へ新規株式公開の登録声明を提出…ビジネスパートナーとしてのレコード会社への方針へ

Warner Music Group Corp.は、2020年2月6日に新規株式公開(IPO)の登録声明を提出した。 Warner Music Groupは、米国証券取引委員会(以下、SEC)に対して登録声明を提出し、新規株式公開(IPO)の準備を進めている。発行株式数や公開価格は未定とのことだが、グローバルレベルでの音楽業界における大きな経済ニュースと言えるトピックスだ。 ワーナーミュージックグループは、世界的なビッグアーティストを多数抱えるグローバルメジャーレコード会社であり、エド・シーランやブルーノ・マーズ等、ビッグアーティストと契約を交わしている。その様なグローバルメジャーレコード会社の新規株式公開(IPO)であるため、音楽業界としての今後の動向を見据えた戦略的ビジネス展開が後ろに控えていることが予測できるだろう。 背景としては、グローバル・メジャーレコード会社3社の中でも業界最大のユニバーサルミュージック・グループが、2019年末に中国のテンセント社が率いる投資グループへ株式の10%を300億ユーロ(約3兆6600億円、約340億ドル)で売却したことが、今回ワーナーミュージックのIPOにも影響したのではないかと推測できる。 ◆音楽ストリーミングや新人育成戦略を見据えての動きか... 今回のワーナーミュージックグループのIPOの動きの背景にあるのは、音楽の消費行動自体の変遷も影響していると考えられる。 昨今では大手メジャーレコード会社の各社においても、音楽ストリーミングでの販売及びプロモーション戦略や、今後の業界を牽引していくメジャーアーティストの発掘育成が主な関心どころだ。つまりは、Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスでの音楽消費がメジャーストリーム(主流)となる中で、好んで聴かれるアーティスト像や楽曲の傾向が変わってきており、その流れに合ったアーティストのブランディングや楽曲制作が求められているのだ。 この様な世界的なテクノロジーの流れに音楽制作側がタイムリーに追いついていくためには、自社内でゼロからサービスや開発を手掛けるのでは到底対応することはできず、基本的には買収や企業提携を駆使しながら、新しいアーティストや作品を生み出していくアクションを取らざるを得なくなってくる。このため、世界的なメジャーレコード会社であるワーナーミュージックにおいてもタイムリーに業界のトレンドに追い付いて行くための戦略的なIPOであることは間違いない。 ◆世界における成長戦略とは... さらに、ワーナーミュージックグループが注力している事業領域としては、ストリーミング市場における成長戦略が挙げられる。この成長戦略の方針としては、音楽消費大国である米国と日本における戦略展開は勿論だが、音楽ストリーミングがまだ浸透していない国や地域におけるマーケット獲得戦略に特色があり、グローバル視点に立ったデジタル音楽事業からの収益化をさらに強化することに加え、音楽的なグローバル市場における振興ユーザーの獲得の双方を狙うものとなっている。 日本の音楽市場では、この様な今後成長するであろう世界的な音楽マーケットの獲得を目的とするビジネス展開は少しずつではあるが垣間見れる様になってきたが、同社の様に株式公開からの企業買収を視野に入れているであろうビジネス展開に踏み切れる様な対応が、今後日本の国内マーケットでも起こり得ることが予測できるだろう。 特に、ワーナーミュージックグループの成長戦略として以下の2点が挙げられている。 ・新しいデジタルサービス提供企業との連携によるビジネス革新を推進する ・長期成長を実現させるポートフォリオ企業を強化するための買収実行 これらはインターネット技術の進歩によって、世の中の音楽視聴方法が変わり、音楽としての価値も変わった世の中のトレンドの中で、世界的な大手メジャーレコード会社が模索しているビジネスの考え方を如実に表していると言えるだろう。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
個人やバンド用アーティストWebサイトを開設し、月収30万円を安定的に稼ぐ戦略的な方法とは…
0

個人やバンド用アーティストWebサイトを開設し、月収30万円を安定的に稼ぐ戦略的な方法とは…

音楽活動で月収30万円を安定的に稼ぐことは可能でしょうか。答えは戦略的に正しい方法を取ってアクションすれば、可能です。 本記事では、個人やバンド形式で活動されているアーティストにおいて、インターネットを効果的に活用することで、安定的に月収30万円以上を稼ぐ方法を戦略的に考察していきます。当メディアを運営するEvening Music Records株式会社では、複数名のアーティストのWebプロモーションやブランディング等を通して、世の中に音楽を届けるサポートを提供しており、今回はその一部の情報をノウハウとしてご紹介いたします。 個人制作の楽曲を継続的にリリースしたり、バンドで月に3~4回もライブに出演しているのに上手くファンが増えない...新曲をリリースしたのにリスナーからの良い反応が得られない...と言ったことはありませんでしょうか。もしご自身の中で、この様なケースに該当する場合は、良い楽曲を適切なリスナーに適時にリーチするためのアクションが取れていない可能性があり、同様の活動を続けても鳴かず飛ばずの状態が続くと言えるでしょう。 その原因は、2点あります。 ◆良い楽曲の適切な判断が出来ているかどうか 1点目は、リリースした楽曲やライブ演奏に「リスナーが良い反応を示していない」という事実に気づいているのも関わらず、それを改善するアクションが取れていない為です。これは実際にアーティストの方とお話をさせていただく中でも多いケースなのですが、自分で丹精込めて制作した楽曲なので、「必ず誰かの心に届くはずだ...」という自主擁護的な気持ちが働く事が理由かと思います。しかし、商業的な観点から見ると、ファンの方に楽曲を購入して貰い、ライブに数万円単位のチケット単価と交通費を払って参加いただき、グッズを購入いただくと言った、それ相応の金額のいわば投資をいただく様なものと考える場合、自主擁護的な観点よりも客観的に自分を見てとるべき行動を判断できるアーティストの方が、ファンの方との建設的な関係を築きやすいと言えます。 中には、BIGBANGのG-DRAGONやJustin Bieberなど、1人の生き様や独創的なセンスで聴衆を魅了してしまう類まれなアーティストもいる事も事実ですが、その様なアーティストは1本の動画で魅了できるレベルの技量がある為、メジャーシーンの業界関係者にとっても喉から手が出るほど欲しい人材なので、例外と言える為、本記事の対象からは除きます。そう。彼らは、彼らの自由に生活すれば、それが作品になるのです。 ただ、自分を客観的に見る視点は、どの様なアーティストでも必要になる時が訪れると言え、音楽で安定的な収入を生み出そという点で悩んでいる、これから取り組もうという段階にあるアーティストの方は持っておいて損はない視点かと思います。 この視点を身に付けるには、具体的には以下の様なアクションを取るべきかと思います。例えば、自身の制作楽曲をリリースする前には必ず2~3名のフラットな意見を貰うことを習慣づける、外国人がその曲を聴いた時にノレる楽曲に仕上がっているか、と言ったアクションが挙げられます。つまり、フラットな初見の状態で魅了できるレベルの楽曲であるかどうかを冷静な目線で判断できるかどうかが重要となります。 現代では主流の音楽ストリーミングでは、世界の数千万曲以上にも及ぶ膨大な楽曲をいつでも視聴することができるなど、良い音楽を聴くという行為自体のハードルが圧倒的に下がってきている為、数秒(開始3~5秒)でリスナーは「自分の時間を30~60秒、この曲に費やして良い」と無意識の内に判断する様な環境になってきているかと推察できます。この為、フラットな目線で「この楽曲は良い」とクリアに判断できるレベルの仕上がりが聴いてもらえる楽曲になるには必要なのです。やや脱線しますが、有限の時間の中で、同じ10分を使うのであれば人は楽しく快適に過ごすことができる選択肢を選ぶ為、あなたの楽曲を2~3回リピート再生するのか、気になるYouTuberの動画を見るのか、という選択肢があった場合に選ばれる「楽曲の良さ」が必要なのです。 ◆適切なリスナーに適時にリーチ出来ているかどうか 2点目は、適切なリスナーに適時にリーチできているかどうかです。これはあなたの楽曲を良いと判断し、何度も聴いてもらえるリスナーに適切に出会う機会を持てているかどうかと言い換えることもできます。つまり、ファンとなるための入り口である「知ってもらう」機会をリスナーに提供できているかどうかです。 この解決策となるアクションとしては、王道かつ効果的なアプローチとしてSNSの活用が挙げられます。当たり前ですが、InstagramやTwitterなどが該当します。ただし、その使い方を適切に展開することがカギとなります。 具体的には、マネタイズポイントとなる出口が適切に設定された上で、SNSを活用できているかどうかという事を確認する必要があります。例えば、自身のアーティストサイトをWeb上で作成し、SNSでの情報発信についても最終的にはそのWebサイトへの誘導に繋げるという意識を持ちつつ活動するなどが挙げられます。もちろん、SNSではアーティストとしての日常的なトピックスを発信し、柔らかい話題としてあなたを知ってもらう機会をファンの方に与えるメディアとして活用することは重要です。ただ、より効果的にファンの方との接点を持つという観点では、あなたのライブ情報を閲覧し、チケット購入し、ライブに参加できる機能を持ったWebページのURLリンクを自己紹介欄に貼っておくなどの工夫はあった方が良いでしょう。 このレベルでしたらすでに取り組まれているアーティストの方も多いかと思いますが、もう一歩踏み込むのであれば、ご自身のWebサイトにおけるCVR(Conversion Rate:顧客転換率)を把握する方法が良いかと思います。例えば、あなたのアーティストWebサイトを訪問したリスナーの内、平均4~5回サイトを訪れたタイミングで、ライブのチケット購入率が高まることが分かれば、Google Ads(Google 広告)やFacebook広告でWebプロモーションを展開し、あなたのファン層として適切な年齢や趣向性を持つ潜在的なファン層にあなたというアーティストを知ってもらう機会を適切に設定することが可能となります。 定量的に見ると、例えばあなたのライブチケットを10,000円で販売し、その内5,000円が利益となる場合、上記のWebプロモーションではこのチケット購入者となる方に5,000円以内でリーチし、チケットを購入いただける様にプランニングすれば、ライブイベントで安定的に収益を挙げることが可能となります。また、ここではライブ会場でのグッズ販売などを加味していないので、実際にはグッズ販売収益などの付随的な収益機会も期待できます。 ◆音楽で月収30万円を実現するには... さて、本記事のタイトルでもある「月収30万円」のラインですが、上記で取り上げた方法を適切にアクションしていくことで達成することが可能と言えます。 分かりやすい例として、ライブ収益だけの場合でシミュレーションしてみましょう。規模的には中〜大規模に分類されるライブハウススタジオとなりますが、渋谷 CLUB QUATTRO(収容人数 750名)でライブを開催した場合を考えてみます。下図に想定売上・コスト・利益のシミュレーションを記載しておりますが、チケット販売単価 5,000円で想定した場合において、収容人数 750名のキャパシティを埋めるレベルの魅力を持ったアーティストである前提の試算です。 荒い部分もありますが、シミュレーション結果としては、利益額 約310万円(利益率 約66%)でした。奇譚のない言い方をすると、渋谷 CLUB QUATTROでの750名規模のライブイベントをWebプロモーションなどを駆使して適切に集客し、開催することで1回あたり300万円規模での儲けが発生する想定です。月収 30万円という基準で考えれば、10ヶ月に1回程の頻度でこの様なイベントを開催することで実現できる金額ですので、現実感があるかと思います。 ただ、上記のシミュレーションでは、Webプロモーションにかけるコストなどは織り込んでいないので、渋谷 CLUB QUATTROを満席にするための集客費用は追加的に発生するかも知れませんが、日常的にあなたの楽曲を聴いてくれるファンが1,000〜10,000名規模でいるのであれば、その固定ファン層への告知に加え、Web上で追加的に集客することで十分達成可能な範疇と言えるでしょう。 現在アーティストとして活動中の方においては、本記事を参考にさらに効果的にあなたの楽曲を聴いてもらえる活動にトライしてみてください。 最後に、音楽情報バイラルメディア「EVENING」を運営するEvening Music Records株式会社では、アーティスト活動のコンサルティングサポートを提供しております。お問い合わせはこちらにお願いいたします。(メール問合せ先: info@evening-mashup.com ) --- 運営:Evening Music Records株式会社
高まるナイトクラブへの偏見、一部から音楽が理解されない理由とは?
0

高まるナイトクラブへの偏見、一部から音楽が理解されない理由とは?

◆高まるナイトクラブへの偏見、一部から音楽が理解されない理由とは? ナイトクラブっていうと、なんだかパリピのための遊び場で...ナンパ目的の人が集まってて....治安が悪くて.....といったような、それらをとても「音楽を楽しむ場所」としてイメージできない人は多くいるであろう。 上述したことも多少は事実であり、平日では比較的にはさほど見られないものの、週末ともなれば多くのパリピが続出し、ナンパ目的で訪れている人も少なくともいるし、治安が多少は悪くなっているケースもある。だが、ナイトクラブはそればかりではないというのが本当のところだ。 ただ上に書いたような、一般的に想起される悪いイメージばかりが募られて、ナイトクラブという存在を自己から遠ざけてしまっている人がとても多く見られる。それはとてももったいないことであると思う。何よりナイトクラブとはそもそも、「音楽を楽しむための場所」なのだから... ◆クラブミュージックの世間的な浸透、原点はナイトクラブにあり! ナイトクラブは一番盛況を見せるのが深夜ということもあって、お酒も入って多くの人がテンションが上がっていることから何かとガヤガヤしている。ナイトクラブで流れる音楽も今主流のEDMだったりヒップホップだったり、ダンスミュージックといったものが基本的には流れている。そういった音楽を普段耳にするのはやはりナイトクラブであり、アンダーグラウンドな印象がある音楽ジャンルである。 しかし最近では、昨年のSUMMER SONICにも出演したThe ChainsmokersやZEDDのようなアーティストは今や世界的DJであり、クラブミュージックのアーティストである。そんな彼らは日本でも大きい会場で来日公演を果たしたし、サマソニでもメインステージで何万人という人を魅了した。クラブミュージック自体は実はもうアンダーグラウンドなものではない、実にメジャーな音楽ジャンルとなっているのだ。 そういった今やメジャーとなったクラブミュージックの原点がまさにナイトクラブであり、実際にフロアに赴けば大迫力のサウンドを楽しめる。どうか妙なバイアスに囚われて遠慮してばかりでなく、ふらっとカジュアルな気持ちでナイトクラブに足を運んで見てほしい。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
4月からライブハウスは禁煙になる!?東京都新条例がもたらす影響とは…
0

4月からライブハウスは禁煙になる!?東京都新条例がもたらす影響とは…

◆4月からライブハウスは禁煙になる!?東京都新条例がもたらす影響 東京オリンピックを控えた2020年、それに向けて日本は様々な取り組みを行なっていることを、日々のニュースで見かけることは多いであろう。 本記事で取り上げる東京における新条例は、実は我々音楽好きにとって他人事ではないのだ。それは2020年4月1日から適用される、受動喫煙による健康への悪影響を未然に防止するため、改正健康増進法&東京都受動喫煙防止条例である。いわゆるタバコに関する条例だ。 タバコの悪影響については長年議論されてきており、筆者の世代では小・中学生の時には学校の授業でタバコの危険性について学ぶ機会があったほどである。そういったタバコの悪影響を可能なかぎり防ぐことを意図した、今回の条例の適用である。 この条例は多数の人が利用する全ての場所において適用されるものであり、飲食店やアミューズメント施設など、そしてもちろんライブハウスにも適用されるのだ。ライブハウスといえばタバコが連想されるほど、音楽好きやバンドマンの喫煙率も高く、ライブハウスで喫煙ができるのは今まで当たり前のことであり、それを疑ったこともないという人がほとんどであろう。 ◆条例適用によるライブハウスへの影響とは? この条例が適用されることによる、ライブハウスへの影響とはなんであろうか? まず良い影響について考えるとすれば、現在の喫煙者と非喫煙者の割合からざっくり見ても、非喫煙者の方が圧倒的に多いことから、より多くの人が心地よく快適に過ごせる空間を作れるであろうということだ。イベントによっては子連れの家族客だったり、カップルだったりと、これまでなかったお客さんの層が生まれる可能性がある。非喫煙者の総人口的に見てライブハウスが禁煙になることのメリットはあるであろう。 音楽が好きでライブにも足を運びたいけど、タバコが嫌でライブハウスに行けなかったという人にとって、この条例の適用は朗報であり、これがきっかけとなって結果的にライブハウスに行く人が増えたのであれば音楽業界全体にとっても素晴らしいことであると考える。 今回の条例適用に関しては賛否両論があると思うが、筆者自身はライブハウスがこれからも存在し続けて行くことを考えれば、形を変えつつ適応して行くことも必要なのではないかと、まさに今そのタイミングなのではないかというように考える。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
学生必見。どうしたら音楽業界の就活を成功できるか?あまり知られていないレコード会社の仕事とは…
0

学生必見。どうしたら音楽業界の就活を成功できるか?あまり知られていないレコード会社の仕事とは…

毎年、就職活動の人気企業の中でも根強い人気を誇るレコード会社をはじめとする音楽業界。 本記事では、そんな音楽業界での就活をどの様にしたら成功させられるのかについて、実はあまり知られていないレコード会社の仕事内容に触れながら、ご紹介していきたいと思います。 まず、「音楽業界」と言う言葉を聞いてどの様なイメージや仕事内容を連想するでしょうか。多くの方は、華やかな芸能関連の世界や、音楽スタジオでの制作業務などのクリエイティブなイメージを想像するかと思います。実際、音楽業界ではその様な仕事も大きなウェイト占めていますが、他にも非常に重要な仕事が多く存在しているのも事実です。 また、最近では普通になっていますが、Apple Music や Spotify などの音楽ストリーミングサービスも登場し、音楽を作り届けると言う過程においてもレコード会社などの様な制作側での変化も起きてきています。 その様な最近の音楽業界における仕事内容や求められる人材像について、実はあまり知られていない情報をご紹介していきます。 ◆レコード会社のお仕事とは...? 一言でレコード会社の業務と言っても、いくつかの種類があります。 ◆ 営業職(宣伝プロモーター等) まず、皆さんもイメージが湧きやすいかと思うのが「営業職」です。 いわゆる「宣伝プロモーター」や「法人営業」と呼ばれることもあるかと思う仕事で、新しく発売される新曲(CD, ストリーミング楽曲等)をテレビ局やラジオ、各種雑誌社などのメディア媒体へプロモーションするポジションを指します。この職種の本質は、他の業界でも同様に言えることですが、取引先となる企業(本ケースで言うと例えば、電通や博報堂、Tokyo FMなど...)に対して、芸能事務所のアーティストや自社で育成したアーティストの良さを提案し、取引先の企業のメディア媒体において取り上げて貰う事や、その企業の業務課題の解決や広告起用において、アーティストの楽曲を活用して貰い、その見返りとして報酬を貰うと言うビジネスモデルを担う法人営業のポジションです。 さらに、この営業業務の中には、CDショップ等で毎週末に開催されるインストアライブの企画運営も含まれており、その業務も大きなウェイトを占めてきます。具体的には、例えば、タワーレコードで週末に開催されるインストアライブを企画立案し、自身が担当するアーティストにとって最も良い販促活動に結びつきそうなイベント内容を運営実現サポートする業務とも言えます。それには、当日の前説やイベント会場を盛り上げる役割も仕事内容に含まれてきますので、この面では世間一般に言う営業職とは異なる華やかさがあるかも知れません。 ◆ A&R: Artists and Repertoire(アーティスト・アンド・レパートリー) 次に、A&R(エーアンドアール)です。この職種はアーティスト最も身近な位置で、どの様な音楽がより多くのリスナーの方に聴いてもらえるかをシンプルに追求する業種と言えます。職種内容としては、主に音楽面におけるブランディングや楽曲制作(レコーディング等)に加え、Music Videoやストリーミング媒体での露出に向けた戦略策定など、どちらか言うとクリエイティブ要素も強くなってくるいわゆるレコード会社の業務イメージに近いポジションです。 アーティストと共同で考えるケースもあれば、A&R起点でむしろアーティストに提案する様なケースから楽曲制作が動く様なことも想定され、作品に与える影響度も高い職種と言えるでしょう。その反面、世の中の動きやトレンド、求められる要素を敏感に感じ取り、それを担当アーティストがどの様に表現すれば、最も良い音楽が生まれるかを考え実行することが必要になり、音楽業界での専門的な職能業務(作編曲やプロデュース業務等)においても必要なスキルも求められる重要なポジションです。 具体的には、担当アーティストの次の新譜をどの時期に販売開始するか、その発売時期に間に合わせるためのレコーディングはいつ頃までに必要か、ジャケットやMusic Videoはいつまでに撮影編集するか、営業部門との連携はどの様にするか、と言った内容をマネジメントする事に従事することになります。 ◆一般的には公開されない業種も存在する...? さらに、音楽業界として真っ先に思い浮かぶであろう業種は、「音楽制作ディレクター」や「音楽プロデューサー」が挙げられるかと思います。 音楽制作ディレクターは、楽曲制作に関するプロジェクトの制作意図を考慮し、具体的に音楽を制作する過程の指揮をするポジションです。音楽の制作に関わるアーティストや作曲家、編曲家などともコミュニケーションを取りながらも、全体の楽曲制作のクオリティを上げるディレクションを実行する能力が求められます。 また、音楽プロデューサーは、アーティストの資質や能力を見極め、世の中が求める形がどの様なものかを考えながらもアーティストの良さを最大限引き出すための総合プランニングを実行するポジションです。主に、世間一般に言う商業的な成功も担うポジションとなるため、予算設定からMusic Video等に関する細かいブランディングについても意思決定する必要があります。 音楽業界の花形と呼ばれる様なポジションである一方、非常にハイセンスな能力が求められるため、一般的に公開されている求人ポジションは少ないのが実情です。この様な求人は業界的なコネクションが必要な場合が多く、通常ルートでメジャーアーティストのプロデュースを担当する様なポストに就くことは大変難しいのが現実かと思います。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
アーティスト必見…!? ギターが上手くなるために必要な、毎日の練習で欠かせない3つの習慣とは…
0

アーティスト必見…!? ギターが上手くなるために必要な、毎日の練習で欠かせない3つの習慣とは…

◆アーティスト必見...!? ギターが上手くなるために必要な、毎日の練習に欠かせない3つの習慣とは... 皆さんはギターを弾いた事があるだろうか? 当サイトの読者の方であれば、恐らく確実に50%は確実に超えてくるであろう、大半の方が「Yes」と回答するであろう。それほど市民権を得ているメジャーな楽器「ギター」だが、こと演奏が上手いかどうかの面で言うと、同じ様に自信を持って「Yes」と言える人は多くはないのではないかと思う。 そう。誰しも一度は弾いた事があるが、誰しも一度は挫折した事のある楽器No.1でもある様な楽器が「ギター」なのだ。実際に、高校時代に1人はいたであろう、ギター好きな同級生を思い浮かべてみて欲しい。その人は今、ギターだけでご飯を食べていけているだろうか。仕事としてプロとして生活が成り立っているだろうか。恐らく大半の人は「No」と答えるだろう。それだけ、ギター等の演奏家やアーティストの世界は狭き門なのである。 この様に、ギターを始める人は多いのだが、道半ばでギター演奏の技術を向上させる事を何かしらの理由で諦める人が多い楽器なのだ。その理由は様々なのだが、ギターが継続的に上手くなるために必要な欠かせない3つの習慣について、本記事ではお届けしていきたい。 ◆1つ目: 継続するという心構え ギターにだけ言う事でもないのだが、楽器演奏の技術向上には時間を要するのが常であり、その上達にはそもそも「継続する」という心構えが非常に重要となる。 どういう事かというと楽器など、特にギターは世の中に上手いギタリストのプレイ動画が出回っていたり、友人にある程度弾ける人がい易い楽器のため、それを見たあなたは「私でのすぐに上手く弾ける様になるものだ !!」と思ってしまいがちである。現実は、その上手く弾いている彼ら彼女らも、ギターの演奏が十二分にできる様になるまでに、相当の演奏時間を費やしているケースが多い。 特に、音楽大学などへの進学を当初から見据える家庭では、幼稚園などに通い始める幼少期より前からピアノのレッスンや練習を毎日の様に続け、音楽の基礎を身につけさせるといった人もいるほどだ。このレベルでギターなどの楽器の練習に取り組むと考えると、凄まじい差が出てくるため、一朝一夕ではギターは弾けない事になる。 例えば、5歳から15歳まで、音楽を愛する両親の後押しの基、毎日3時間のギターの練習に励んできた子がいた場合、3時間/日 × 365日 × 10年間 ÷ 24時間 = 456.25日となる。これは極端な例だが、言うなれば、ギターのみをぶっ通しで1年と2ヶ月半の間ずっと弾き続ける価値と同等の意味合いがある。高校に1人か2人はいる音楽一家に育ったギターやピアノが上手い人を初めて見た段階では、表面上は見えないが、実際には積み重ねてきた差としてこの様な実力差がある事になる。 このため、ギターが上手くなるにはまずは「続ける」という意識を持ち続ける事が重要になるのだ。ギターなどの楽器は、特に継続できないと成果として現れにくい意外と参入障壁の高い分野なのだ。 ◆2つ目: 毎日15~30分のアウトプット 次に、ギターの演奏技術向上に大切なのは、毎日15~30分程のアウトプットだ。これはつまり、自分で評価できるものでも、他人に評価し貰えるものでも、なんでも良いが「アウトプット」できているかどうか、が重要になってくる。 ここで言う「アウトプット」とは、個人での練習ではなく、他の人に自分の演奏を見てもらったり、ビデオなどで自分の演奏を撮影し客観的にその出来を確認するなどの第3者的な目線を持つ様な機会のことを指す。ギターなどの一人でも完結できる楽器においては、特に気をつけなければならないのだが、音楽は人を感動させる事で世の中における価値を持つと言う側面を持つ事と同様に、人から評価される様なレベルでの演奏技術を身に付ける場合においては、一人のみで成立する事が難しく、他人の耳に音が届いてこそ、音楽的価値がくだせる様になる。 このため、ギターが上手く(= 人を魅了する)様になるには、人に自分が弾くギターの音色を聴いてもらうというプロセスが必要なのだ。この視点で、毎日わずかな時間でも良いので、他の人に自分の弾く楽器の音を聴いて感想を貰うというステップを踏んでいるか否かで、聴き手を意識したプレイができるかどうかの違いが如実に現れる。 ◆3つ目: 細部にこだわる アマチュアとプロのギタリストの境界線は何かと言うと、細部まで1音1音にこだわり(注意)を持って演奏できるかどうかである。 ある程度のギター演奏レベルになると、楽曲のコピーレベルであればどの様な人でも実際に弾ける様にはなるが、ライブ演奏のステージ上でのプレイやソロギターで楽曲を再現する様なレベルになると、細かい点にまで気を配れて演奏できているかで、楽曲の完成度に雲泥の差が生まれる。 例えば、ギターのストロークを見ても、普通に原曲の楽曲を流しながら一緒にギターを弾いているレベルでは気にならないが、ギター1本だけで演奏してみると、原曲と何か違う...?と言う様なケースが挙げられるだろう。ギターのストークのタイミングや強弱、どの音域を適度に鳴らすかなどは、ギタリストのストロークの手癖的な面も影響しているケースが多く、コードやメロディラインだけでなく、この手癖の細かさまで気を配れているかどうかが、完成度の高さに直結する。 ただ、この様な細かい演奏の違いは、実際にお持ちのギターがどの様なタイプのものかであったり、エフェクターの有無や種類であったりと、機材的な条件次第でしか表現し得ないものもあるため、予め留意しておく事が大切だ。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
下北沢に新ライブハウス「Flowers Loft」オープン!今後、ライブハウスは増えるのか?
0

下北沢に新ライブハウス「Flowers Loft」オープン!今後、ライブハウスは増えるのか?

◆ 下北沢に新ライブハウス「Flowers Loft」オープン!今後、ライブハウスは増えるのか? 近日、昨年11月にオープンした、下北沢の新ランドマークビル「SHIMOKITA FRONT」の地下1階にて、新ライブハウス「Flowers Loft」がオープンすることが発表された。 これは新宿・歌舞伎町に在する老舗ライブハウス「新宿LOFT」や「下北沢SHELTER」、「ロフトプラスワン」などを運営するロフトプロジェクトによるライブハウスである。 こけら落とし公演は2月2日、いとうせいこう is the poet ( ITP)、Mars89が担う。その他続々と注目のイベントが決まっている。2月11日にはKEUMURI、 POTSHOT、 DUCK MISSILEによるスリーマン公演。2月25のNewspeak、ravenkneeのツーマン公演。3月14日のRadio Carolineなど、注目イベントが目白押しである。 ◆ 今後のライブハウス業界、増える?減る? 最近、急激とは言わないものの、ライブハウスというのは増えている。昨年も8月23日に「Veats Shibuya」がオープンしている。これは渋谷センター街の中の、商業施設「グランド東京渋谷」の地下1階と2階に在するものであり、いわゆる一等地である。それも音楽という文化が常に伴ってきて、ライブハウスも多く存在する渋谷という街の中である。 だが実際、ライブハウスが増えているのに対し、減っている数の方が多いのではないだろうか。 確かに、ライブハウスの数はちょっと多くなりすぎていた感がある。それも1極集中という感がある。例えば上述した下北沢、渋谷といった音楽が歴史的に盛んな街には多くライブハウスが存在するのだが、そうでもない街には、からっきしライブハウスなんて存在しない。地方をのぞいてみれば、その状況をもっと理解することができる。動員力があって、全国ツアーを回れるほどの力があるアーティストがツアーで地方を回るとき、だいたい「この地域ならこのライブハウス」といったおきまりのような場所が存在する。それであっても、地方では動員がなり難しかったりする。 上述した「Veats Shibuya」も、レコード会社「ビクターエンタテイメント」が運営するライブハウスであり、下北沢に新オープンする「Flowers Loft」も長年ライブハウス経営を行ってきたロフトワンプロジェクトが運営するものである。 こういったようにこれから新しくライブハウスを経営するには、すでにキャリアとある程度の資金力がある法人ではないと難しいのであろうか。現実的に、ライブハウスも「遊び場」としてカルチャーを形成してきた歴史を持つが、運営がうまくいかないと閉店になってしまう。 だが、今後の日本において音楽という文化が創造され続けるには、やはりライブハウスという「遊び場」があり続けて欲しいと考える。そして上記においても触れたように、地方など、これまでライブハウスがなかった地域にももっとライブハウスが増えてきたら面白いのではないか。そうなってくれば、「音楽のために上京」といった概念から、各地方で実力を持ったアーティストが溢れている、なんて未来も見えてくる。そうなってくれば、日本の今後の音楽の文化、音楽業界も盛り上がるのではないか。 --- 運営: Evening Music Records株式会社
CDからサブスクリプションへ、日本の音楽は変化の時か。
0

CDからサブスクリプションへ、日本の音楽は変化の時か。

◆ CDからサブスクリプションへ、日本の音楽は変化の時か。 Apple Music、Spotify。 これらはいわゆるサブスクリプションという、月額制で音楽が聴き放題という新しい現代の音楽の聴き方のスタンダードとなりつつある概念である。これは実に画期的なことではないだろうか。 通常、CDでアルバムとなろうものならば一枚あたり3000円は基本的にかかるものが、今や1000円前後で音楽が聴き放題という時代が訪れているのだ。 このサブスプリクションがスタンダードとなることによるメリットは数多くあるが、私自身が思う一番大きなメリットというものがある。それは新しい音楽に出会いやすくなったことである。まずリスナーにとって、これまではお金を出してまで聴くのは億劫であったアーティストの楽曲をスクリーンを少しタッチするだけで聴ける。これは大きなメリットであろう。アーティスト側にとっても、これまでより多くの人に自分たちの楽曲を聴いてもらいやすくなったのだ。サブスクリプションの定着による恩恵は相当なものがある。 ◆ いつの日か、日本からCDは無くなるのか? 日本は世界各国の音楽市場の中で見ても、特にCDがよく売れる国である。 そして、日本と似た市場の構造を持っているとされているのがドイツである。日本同様、CDがよく売れる国であったドイツだが、ついにCDの売り上げよりサブスクリプションでの売り上げが上回ったというのだ。それは2017年の話である。 今や2020年。MDやレコードを知らない世代が誕生してきている今、いつしかCDを知らない世代というのものやって来るのだろうか。 想像すると末恐ろしいものがある。サブスクリプションは時代が生んだ産物であることは間違いない。しかし、それは音楽の売り上げを独占するものとなるのか、それともCDなど、いわゆるフィジカルと言われる存在が需要を帯び続けるのであろうか。日本の音楽市場のみならず、世界の音楽市場においても注目したいトピックである。 --- 運営: Evening Music Records株式会社
レバノンに出国したカルロス・ゴーン被告。レバノン検察が事情聴取か…
0

レバノンに出国したカルロス・ゴーン被告。レバノン検察が事情聴取か…

◆ レバノンに出国したカルロス・ゴーン被告。レバノン検察が事情聴取か... 2019年末の保釈中に、日本からレバノンに逃亡した日産自動車(Nissan Motor)元会長のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告が、来週中にレバノン検察に出頭を求められる見通しのようだ。(AFP BB News参照) 他メディアでも報道されているが、レバノン政府側の見解としては、ゴーン被告は合法的にレバノンへ入国し、さらに同国と日本が犯罪人引き渡し協定を結んでいないことを強調していた。 AFPによると、国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)がゴーン被告に対し「赤手配書」を出したことにより、ゴーン被告に事情聴取の必要性が浮上してきたようだ。(但し、この赤手配書は、送還や身柄引き渡しなどの法的措置が取られる可能性のある人物について、暫定的に身柄を拘束するよう各国警察に求める文書のようで、逮捕令状ではない。) 事情聴取が来週早々に実施される予定であることを考慮すると、ゴーン被告としても今後の動向における重要な局面であることは間違いない。 --- 運営: Evening Music Records株式会社
カルロス・ゴーンの逃亡劇はどのようにして起こったのか…国際手配書をレバノン当局が受領した今後の動きとは…(動画有り)
0

カルロス・ゴーンの逃亡劇はどのようにして起こったのか…国際手配書をレバノン当局が受領した今後の動きとは…(動画有り)

◆ カルロス・ゴーンの逃亡劇はどのようにして起こったのか...国際手配書をレバノン当局が受領した今後の動きとは...(動画有り) 億万長者かつ日産自動車の元会長で、金融商品取引法違反などの罪で起訴され保釈中だったゴーン被告(65)は、2019年の年末に日本からレバノンへ違法出国を果たした。今回の一連の騒動は、国家間レベルで解決せねばならない多様な問題を孕んでいる。 本事件について、実業家でもありYouTuberでもある堀江貴文氏は以下のように動画で配信をしている。 ◆ 保釈中の監視体制が付く中での国外逃亡... ゴーン被告は2019年3月、保釈保証金10億円を納付し、逮捕から108目に一度保釈されたものの、2019年4月に新たに会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕され、再び勾留されていた。そして同月下旬、保釈保証金5億円を納付し保釈された。 この時の保釈の条件には、 ゴーン被告の住宅の入り口を、カメラで24時間監視することが含まれるており、さらに、使用できるパソコンは弁護士事務所の1台に限定され、携帯電話も1機に制限されるなど、通信面で厳しい制限も課されていた。勿論だが、海外への渡航も禁止されていた。そんな中でのレバノンへの出国だったため、弁護団も全く気づかない、まさに寝耳に水という状態の中での報道だった。 また、すでに各種メディアによる報道で話題となっている「楽器ケースに隠れ出国」したという事実にも驚きを隠せないところだ。ゴーン被告の妻であるキャロル氏は、夫がどのように日本から逃れたのかについて詳細を明かすことは拒否しているが、ゴーン被告がまさにスパイ映画さながらの変装をするのは、あり得ない話ではない。2019年3月の保釈時には、報道陣を撒くためにマスクをつけ、作業員姿に変装して東京拘置所を後にしているなど、まさに伏木とも言えるような動きが垣間見えていた。この時すぐにゴーン被告だとバレてしまったが、今回の出国時には誰にも気付かれることなく、ひっそりと日本を後にしたのだ。 ◆ 今後予期される国際的な司法取引とは... 日本からは国際司法取引としてのゴーン被告の引き渡しが、レバノン当局へも行われており、まさに現在進行形でゴーン被告に関する調査や各国への引き渡し要請を実施中だが、レバノンやフランスから身柄引き渡しがなされる可能性は極めて低いだろう。日本的な感覚からは想像しにくいかも知れないが、フランスは自国民を他国へ引き渡しようなことは行わない方針を国家レベルで提示しているし(ゴーン被告はフランス国籍も所有しており、一フランス国民に当たるため)、レバノンではゴーン被告は英雄であり経済的な成功者であることは事実であり、そのような人材を他国へ引き渡すような方向には動きづらいことが想定される。 寧ろ今後予期されるのは、日本の司法制度に関する国際的な追求であったり、人質司法という旧態然とした日本の司法制度に矛先が向けられる可能性も高い。勿論、ゴーン被告が行った保釈期間中の海外逃亡は法的にも許されることではないが、勝ち目のない勝負を挑むほど、元ルノーと日産自動車のCEOの目算は甘くはないだろう。 国際問題にも発展しかねない事案なだけにあり、慎重かつ適切な対応が求められるのはいうまでもない。 --- 運営: Evening Music Records株式会社