米津玄師

米津玄師「感電」カバーに続き「Replica1」をリリース。期待の新人アーティスト「SUIREN」が注目を集める理由とは…
1

米津玄師「感電」カバーに続き「Replica1」をリリース。期待の新人アーティスト「SUIREN」が注目を集める理由とは…

 | , , , ,  | 
皆さんは「SUIREN」と言うアーティストをご存知だろうか...? ボーカルの "Sui" と、キーボーディスト兼アレンジャーの "Ren" による音楽ユニットで、2020年7月に最初のオリジナル楽曲「景白-kesiki-」を公開して以来、その透き通るようなハイトーンボイスと完成度の高い楽曲アレンジで、今、業界を中心に注目を集めている新人アーティストだ。 彼らの素性は全く明かされていないのだが、その音楽的センスは目を見張るものがあり、当編集部でもTwitterの投稿タイムラインで偶然発見した、米津玄師「感電」カバー動画の完成度の高さに部内がざわついたのは記憶に新しいところだ。SUIRENが投稿した「感電」のYouTube動画は、現在10万再生(2021年3月時点)される等、多数の視聴者からの反響を得ており、本家の米津玄師の原曲を "お洒落" と言う言葉を体現した様なアレンジと、高音域も "透き通る" 様な確かな歌唱力で表現してしまうボーカルで、全く新しい音楽的な良さを引き出したと言える。 ※ 関連記事: 米津玄師「感電」をカバーしたSUIRENってアーティストが気になる件 ※ 米津玄師「感電」カバー動画: https://youtu.be/FtsAU3lRNsw また、昨今のインターネットを活用した音楽業界のトレンドとでも言うのだろうか。その活動がWeb上に限定されており、アーティストの素性が明かされていない事が、逆に関心をそそられる事も重要なポイントだ。すでにその知名度は全国区となっている「ずっと真夜中でいいのに。」にも同じ事が言えるが、素性を隠した先にある音楽的才能に惹かれてしまうのは世の常なのだろうか、昨今の音楽業界では、圧倒的に露出の少ないメディア戦略でヒットを連発しているアーティストが数多く輩出されている。 「ずっと真夜中でいいのに。(以下、ずとまよ)」の場合は、作詞作曲を務めるボーカル ACAね が、顔出しはしないと言うスタンスを保ちながらも、音楽の暴力とも言える様なハイレベルで良質な音楽作品を多数リリースし続け、視聴者がそれに反応したと言う構図でヒット現象を巻き起こしてきた。そして、本記事で取り上げる「SUIREN」も相通ずる要素を持っていると考えており、その理由を考察していきたい。 ▼ 音楽的実力があるからこそ取れるマーケティング戦略 "SUIREN" と "ずとまよ" に共通点は、音楽的な実力をベースにしたマーケティング戦略と言える。 アーティストがWeb上の活動に焦点を当てて展開する事は、最近でこそ目にする事が多くなったが、実際には、リアルライブでのパフォーマンスに制限が掛かる事や、ファンとのコミュニケーションを100%の純度で取れない等、数々の活動の制約を強いられる事になる。それでも、この様な音楽活動の展開を取れるのは、ひとえに "実力" があるからと言える。いくら素性を隠したミステリアスさを売りにしたとしても、ファンとの接点は純粋な "音楽" なので、作品としての歌唱力やリリックセンス、アレンジ力等の要素で、リスナーからの共感を得るしか無いのだ。この様な戦略が取れるのは実力アーティストに限られる。 SUIRENの場合は、その音楽的な魅力に2つの特徴が挙げられる。 1つ目は 「歌唱力」だ。通常、歌の上手さは、的確に音程を捉え、タイミング良く発声できる事をベースに、多くの人が上手いボーカルなのかを判断する。ただ、それだけでは所謂アーティストとして全国的な知名度を得るには足りず、ヒット作を生み出すアーティストは必ず "引っ掛かる何か" を持っている。この "引っ掛かり" とは、そのアーティストしか持っていない心地よい癖とでも言えるだろうか。つまり、音楽的な理論だけでは語れない、アーティスト特有の歌い方等がこれに該当する。 SUIRENのボーカル Sui は、ベースとなる歌唱力は言うまでもないが、特に、高音域のメロディラインを歌う際の "淡さ" "心地よい切なさ" を感じる様な声質を持っており、リスナーが自然と聴き入ってしまう様な感覚に陥る。 2つ目は、「アレンジ力」だ。これは冒頭でも触れた米津玄師「感電」のカバー曲にも挙げられる様に、一般的なアレンジとは異なり、ボーカル Sui の歌の良さを引き出すアレンジを施していると言える。原曲と比べ高音域を調整し、サビ部分のリズミカルな中でもハイトーンなメロディが良い抜けを醸し出す様な工夫が入っている等、テクニカルな才能が感じられる。 SUIRENのキーボーディスト兼アレンジャーの Ren は、ボーカルの良さを引き出す編曲力や、原曲の良さを残しつつもSUIRENの良さを加えた作品を展開できる音楽的なバランス感覚に優れたアーティストと言えるだろう。 そして、3月5日に配信リリースが開始されたEP「Replica1」だが、その中に収録されている「喰う虚」と言う楽曲MVについて最後に触れていきたい。 ▼ SUIREN 新曲「喰う虚」のミュージックビデオも公開 3月5日(金)に 1st EP『Replica1』をリリースしたばかりのSUIRENだが、このEPに収録されている「喰う虚」のミュージックビデオが、リリース日である3月5日(金)18時から公開されている。Ren によるアップテンポで軽快な楽曲アレンジが施された中にも、ボーカル Sui の透明度が高く聴き心地の良いハイトーンボイスが堪らない新曲となっており、SUIRENの良さが凝縮された1曲となっている。 2021年度 ネクストブレイクアーティストとして期待の「SUIREN」が気になる方は、ぜひチェックして見て欲しい。 ※「喰う虚」MV動画: https://youtu.be/Pg04QzVUl4E [Music Video] Motion Direction and Edit : 渡辺花音 ​https://twitter.com/hananooto1014​ Illustrator : Ckira https://twitter.com/Ckira_7963​ Produce : yoru https://twitter.com/yorunoraita ◼︎ 2021.3.5(金)より1st Digital EP「Replica1」配信開始 https://ultravybe.lnk.to/replica1​ SUIREN 1st Digital EP「Replica1」 -収録内容- 01.Entrance 02.景白-kesiki- 03.re:Sign 04.喰う虚 05.彗彩 06.hana ▼ アーティスト情報はこちら SUIREN OFFICIAL SITE: https://suiren-official.com/ SUIREN OFFICIAL YOUTUBEチャンネル: https://www.youtube.com/c/SUIRENch/featured SUIREN Twitter OFFICIALアカウント: https://twitter.com/suiren_project SUIREN Instagram OFFICIALアカウント: https://www.instagram.com/suiren_project/ -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
米津玄師がClubhouseのアカウントを開設! ルームで個人的に会話ができるチャンスも…
0

米津玄師がClubhouseのアカウントを開設! ルームで個人的に会話ができるチャンスも…

 | , , ,  | 
シンガーソングライター 米津玄師が、2021年に入り日本でも一気に注目を集めている音声SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」 のアカウントを開設したことが話題になっている。 2月6日21時から米津玄師が最初のルーム「test」でトークを配信開始し、午後9時過ぎに公式ツイッターで告知が行われると、僅か1時間でフォロワーが50,000人を突破するという反響を呼びファンの方だけでなく注目を集めた。ただこの話題のアプリ「Clubhouse」は、招待制をとっており、既存ユーザーからの招待を受けないと利用できない為、米津玄師の声を聞けないファンらからの悲しみにも似たコメントが相次義、Twitterでも「米津さん」がトレンド入りしていた。 また、Clubhouseは米国発の音声ライブ配信アプリで、2021年1月に日本に上陸すると著名人らが次々とアカウントを開設し、テレビ番組でも多数取り上げられるなど話題となっている。アプリ内の複数名で会話ができるルーム内で行われる発言内容は、録音や記録が禁じられており、著名人らが発信するリアルタイムのみの情報に希少価値が高まり、世間の期待が高まっている状況だ。 現在、同アプリの利用可能なOSが iOSのみに限定されているため、Androidユーザーのファンからは「Androidであることをこんなに悲しく思ったことはない」「iPhoneに買い替える」といった声も挙がっている。音声SNSとして話題のアプリだが、音楽業界での動きにも注目だ。 -- 運営:Evening Music Records Inc.
米津玄師が史上初ダブルミリオンに。ソロアーティストでは初の快挙。
0

米津玄師が史上初ダブルミリオンに。ソロアーティストでは初の快挙。

 | , , ,  | 
シンガー・ソングライターの米津玄師(29)のアルバム「STRAY SHEEP」が、1月4日付の「オリコン週間合算アルバムランキング」で累積売上ポイントが200万ポイント(オリコン調べ)を突破した。ソロアーティストでは史上初となるダブルミリオンを達成した事になる。 オリコンによる同ランキングは、CDの売り上げに加えて、デジタルダウンロード数やストリーミング再生数を合計したものである。昨年8月に発売した「STRAY SHEEP」は、CDで158.6万ポイント、デジタルアルバムで20,3万ポイント、ストリーミング再生数で22.9万ポイントを記録しており、合計が201.8万ポイントという結果であった。 同ランキングでは、これまで嵐の「5×20 All the BEST!!1999-2019」(直近で累計216.9万ポイント)以来2作目のダブルミリオンであり、ソロアーティスト作品としては史上初の快挙となった。 -- 運営:Evening Music Records Inc.
米津玄師、「news zero」新テーマ曲で語る社会と向き合う姿勢とは…
0

米津玄師、「news zero」新テーマ曲で語る社会と向き合う姿勢とは…

 | , , ,  | 
米津玄師(29)が、日本テレビの報道番組「news zero」の新テーマ曲を手掛けることが公表された。楽曲は2021年1月4日の番組内で初披露されるとのことだ。 今回のテーマ曲の制作に当たり、米津玄師は「(現代社会は)白と黒、善と悪と言う、そう言う単純な二項に分けるのではなくて、グラデーションがあったりする」「そう言う部分を一度解きほぐして、言葉にしたり音楽に還元したりすることが一番やるべきことなのかな」と言う想いをベースに取り組んだことを語っており、社会的な情勢を一種憂う様な気持ちや、世の中をより良いものにしていこうとする気持ちが窺える。 さらに、「夜のニュースを見て、その後眠りにつく。どういう風に眠りにつくかは人によって違うと思いますけど、少なくとも自分は安らかな空間が生きていく上で必要不可欠だった人間なので、自分と同じ様な人間もいくらかいるだろうと。共感してもらえたら有難い」とコメントしている。日常の一コマに、米津玄師の楽曲が入ってくると言えるだろうか。今から楽しみで仕方ないところだ。 また、新型コロナウイルス感染症が流行して久しいが、音楽業界においてもその影響は計り知れず、メジャー音楽シーンでも同様にリアルライブ活動を展開できず、今後の業界の在り方について思い悩む日々が続いていたが、その最前線で新たな取り組みをしてきたと言えるのが、米津玄師だろう。 コロナ禍にありながらも、2020年8月にリリースしたアルバム「STRAY SHEEP」は150万枚のヒットを記録するなど、昨今の音楽業界では考えられないセールスを誇る彼だが、その音楽に対する姿勢には一目が置かれている。度々メディアにおいてインタビューを受けた際に垣間見えるが、米津玄師の音楽に対する姿勢は、"真摯" で "現実的" なのだ。 他のアーティストと異なる影響力を持てる理由がここに隠されていそうな気がするが、それは一体何だろうか...? ▼ 社会性を持った稀有なアーティスト 米津玄師が他のアーティストと一線を画す理由は、その社会に対する真摯な姿勢と、現実感のある音楽活動ではないだろうか。 今回のnews zeroの新テーマ曲の制作に当たっても、彼は世の中がどの様な情勢にあって、どの様な人がその中で暮らしていて、どの様なことが音楽で出来るかを常に考えている。その姿勢は、ただ良い曲を作りたいと言う気持ちではなくて、音楽を通して世の中を良いものにしたいと言う気持ちと言えるだろう。 勿論、彼の楽曲制作レベルは、世間が認めるところであり、世界各国からの反響もあり、もはや言うことがないのだが、プロのアーティストとしてさらに高みを目指すのであれば、自分の楽曲の良さだけでなく、世の中に向けてその楽曲がどの様に役立って欲しいかを考える必要がある。その視点に強く根付いた創作活動を展開している点に、彼の "良さ" があり共感を呼ぶのではないだろうか。 物理的に音楽が出来ることは少ない。が、音楽の影響力は計り知れない。ある音楽を聞いてその人の気持ちが変わり、行動が変わり、多くの人に波及すれば、それは社会的な意義に繋がる可能性がある。音楽にはその様な可能性が秘められている。 その重要性や自身が果たすべき役割を理解しているアーティストであるのではないだろうか。 -- 運営:Evening Music Records Inc.
ソロアーティストとして”令和初”のミリオンセールスを記録した米津玄師。CDが売れない時代、彼なら時代に逆らえる。
0

ソロアーティストとして”令和初”のミリオンセールスを記録した米津玄師。CDが売れない時代、彼なら時代に逆らえる。

時代は今、令和という新しい年号を迎えている。 平成の終わりから今日までに続く時代の流れとして、CDは全体的なセールスとしてかなり落ち込んでいる。世界の中でも比較的、日本では最後までCDのセールスでは踏ん張りを見せていた国であった。むしろ今でも、まだまだ世界の中では日本はCDが売れる国に値する。 とはいえ周りを見渡せば、ほとんどの人がサブスクリプションサービスを利用して音楽を聴いているのではないか?筆者自身もすっかりApple Musicのユーザーであり、気づいてみればCDを買う機会はかなり減っている。 音楽を楽しむ上での価値観が時代とともに変化した、とでも言おうか。今より前の時代において、CDなどのフィジカル音源を買うことによって、一つ一つの音楽を濃厚に楽しむというものが比較的主流であった。  しかし、今では月額 1,000円程で世界中の音楽を広く楽しむことができる。そして、音楽を聴くことにお金をかけない分、ライブなどのイベントの参加にお金をかけている人が多くなっている。”夏フェスブーム”というものが日本で起こっているのも、その要因の一つであろうか。 そんなCDが売れない今の時代。それでも時代に逆行して、CDでもビッグセールスを記録する一人のアーティストがいる。そんなビッグアーティスト、本稿で取り上げるのは、米津玄師である。 ◆ 米津玄師の最新アルバム『STRAY SHEEP』。令和初期における、音楽セールスの金字塔となるか・・。 令和という、CDが売れない時代。 今後も時が経つにつれて、CDという存在感は変わってくることであろう。今となってはレコードという媒体が、アンティークなものとして逆に現代の人々に関心を持たれ、セールスを伸ばすというニュースが海外でもあった。こういったレコードのように、CDもまた一時代の産物として、違う存在意義を持つようになるのかも知れない。 しかし、まだまだCDセールスでも力を発揮しているのが、日本のシンガーソングライター・米津玄師である。 通称 ”ミリオン” とも言われる、100万枚のセールスを果たすという金字塔的偉業を、米津玄師は2020年に達成している。彼がリリースした最新アルバム『STARY SHEEP』は、見事 100万枚のセールスを記録し、ミリオンセラーとなった。 不思議といえば不思議なものである。『STRAY SHEEP』というアルバム自体は、曲自体はサブスクリプションサービスでいくらでも聴くことができる。極端な話、CDを買う必要はないのである。 そういったことを理解した上で、CDというフィジカル音源をお金をかけて購入している人がいるのだ。それは、いかに米津玄師というアーティストが必要とされているかを表している。 『Lemon』をはじめとして、日本の誰もが知るようなビッグタイトルを生み出し続けている米津玄師。今後の活躍は間違い無い様だろうことに加え、音楽史における偉人的存在になってしまうのではないか。 そんな可能性すらも感じさせる、天才アーティストだ。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
新曲を出すたびに注目を集める米津玄師。新アルバム「STRAY SHEEP」収録の”感電”は彼の新たな代表曲に。
0

新曲を出すたびに注目を集める米津玄師。新アルバム「STRAY SHEEP」収録の”感電”は彼の新たな代表曲に。

 | , , ,  | 
今や日本の音楽シーンでは絶対的立ち位置を占める米津玄師。 最近ではついに、米津玄師もサブスクリプションサービス解禁を行なったことで大変話題となった。その日から国内のサブスク視聴ランキングでは、前名義であるハチ時代の楽曲を含め、ほとんどが米津玄師の楽曲が占めていた。 彼の代表曲「Lemon」も、今や国民誰もが一度は耳にしたことがあるような曲になっている。複数人でカラオケボックスなどに行けば、誰かしらは米津玄師の「Lemon」を歌うというのもあるあるなのではないだろうか。 それ程までに、米津玄師という存在は日本の音楽シーンにおいては欠かせない存在なのである。 何か米津玄師に関してのニュースがあれば、それは瞬く間に世間に浸透し”バズる”。  彼の最新作であるアルバム「STRAY SHEEP」も言うまでもなく、大変な注目を集めている。サブスク解禁と同じタイミングでそのアルバムも配信されているために、それまでに米津玄師の音楽をあまり聴いたことがなかった人にとって、米津玄師を知る機会が与えられたと言える。 ◆ 新曲「感電」はまさに「 Lemon」に筆頭する代表ソング。またもカラオケの定番となるか 新アルバム「STRAY SHEEP」の中でも最も人気を集めているのが、「感電」という楽曲であろう。 音楽専門ラジオJ-WAVEではこの曲が毎日のように流れている。この曲は国内のみならず、世界に向けても聴かれることをイメージしたものであるとも言われている。  特に、米津玄師は、最近人気ゲームタイトル「FORTNITE」におけるオンランライブでも成功を収めた。 同タイトルは日本ではもちろん、世界規模で多大なユーザーを抱えるゲームであり、そこでのライブを成功させたことは世界でも受け入れられつつあることを証明する。 今後の活躍は、世界規模になることは間違いないだろう。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
『感電』『パプリカ』振付師・辻本知彦と対談!米津玄師のダンスの魅力とは?
0

『感電』『パプリカ』振付師・辻本知彦と対談!米津玄師のダンスの魅力とは?

 | , , ,  | 
TOKYO FMで放送中の、月替りでアーティストがパーソナリティをつとめるレギュラー番組『Monthly Artist File-THE VOICE-』(毎週土曜17:00-17:55 TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国37局ネット)では、2020年8月のパーソナリティは米津玄師がつとめている。 第4回の8月22日(土)放送では、ゲストに辻本知彦を迎えた対談をお届けする予定だ。 『感電』や『パプリカ』をはじめ、米津が制作した数々楽曲の振付を担当する辻本が米津の楽曲から受けるインスピレーションや、米津玄師自身のダンスについても語る予定とのこと。 今話題のヒット曲の裏側エピソードが気になる方は要チェックだ。 米津玄師の新アルバム『STRAY SHEEP』に収録されている『感電』、『Flamingo』をはじめ、MVでの米津自身のダンスパフォーマンスが話題を呼んだ2016年発売の『LOSER』、米津の書き下ろし楽曲『パプリカ』など、数々の米津の名曲に振付を入れてきた辻本(『パプリカ』は菅原小春との共作)。 ラジオ対談では、2人の出会いの話や、楽曲から受ける振付へのインスピレーションについて話されます。また、米津玄師が思う「自分自身の音楽とダンスとの関わり」についても、対談を通して明らかになります。 放送は8月22日(土)17時から予定されています。 そして、米津玄師がパーソナリティを担当する最終回の8月29日(土)放送回では、リスナーからの悩み相談に、米津玄師が答えていきます。 ◆ 番組概要と新譜情報はこちら ◇ タイトル: 『Monthly Artist File-THE VOICE-』 ◇ 放送時間: 毎週土曜日 17:00-17:55 (FM愛媛18:00~18:55、エフエム青森19:00~19:55) ◇ 放送局 : TOKYO FMをはじめとするJFN全国37局ネット ◇ 2020年8月度パーソナリティ: 米津玄師 ◇ 番組ホームページ: https://www.tfm.co.jp/maf/ 5th Album『STRAY SHEEP』 (現在発売中) <商品形態> おまもり盤(初回限定) :CD+ボックス+キーホルダー ¥4,500+税 / SECL-2590~91 アートブック盤(初回限定) :CD+Blu-ray+アートブック ¥6,800+税 / SECL-2592~94 アートブック盤(初回限定) :CD+DVD+アートブック ¥6,800+税 / SECL-2595~97 通常盤:CD only ¥3,000+税 / SECL-2598 <収録内容> -CD-(全形態共通) 01. カムパネルラ 02. Flamingo (ソニーワイヤレスヘッドホンCM) 03. 感電 (TBS系金曜ドラマ「MIU404」主題歌) 04. PLACEBO + 野田洋次郎 (野田洋次郎とのコラボ楽曲) 05. パプリカ (Foorin「パプリカ」のセルフカバー) 06. 馬と鹿 (TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌) 07. 優しい人 08. Lemon (TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌) 09. まちがいさがし (菅田将暉「まちがいさがし」のセルフカバー) 10. ひまわり 11. 迷える羊 (大塚製薬「カロリーメイト」CMソング) 12. Décolleté 13. TEENAGE RIOT (ギャツビーCM) 14. 海の幽霊 (映画「海獣の子供」主題歌) 15. カナリヤ -Blu-ray・DVD-(「アートブック盤(初回限定)」のみに収録) LIVE VIDEO 米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 2019/3/11 幕張メッセ展示ホール 01. Flamingo 02. LOSER 03. 砂の惑星   04. 飛燕    05. かいじゅうのマーチ  06. アイネクライネ    07. 春雷  08. Moonlight      09. fogbound   10. amen      11. Paper Flower 12. Undercover 13. 爱丽丝 14. ピースサイン 15. TEENAGE RIOT 16. Nighthawks 17. orion 18. Lemon EN1. ごめんね EN2. クランベリーとパンケーキ EN3. 灰色と青 MUSIC VIDEO 01. Lemon 02. Flamingo    03. TEENAGE RIOT 04. 海の幽霊 05. パプリカ 06. 馬と鹿 ◇ 米津玄師OFFICIAL HP : https://reissuerecords.net/ -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
米津玄師「感電」をカバーしたSUIRENってアーティストが気になる件
1

米津玄師「感電」をカバーしたSUIRENってアーティストが気になる件

 | , , ,  | 
今や世間は米津玄師ブーム。 そんな最中、最新リリースの「感電」をカバーした新人アーティストが気になるので調べてみた。 そのアーティストの名前は「SUIREN」だ。彼らは2人組のユニットグループで、最近トレンドでもあるWeb上で作品を展開する音楽ユニット。YouTubeチャンネル登録数は、まだ200名ちょっと(2020年8月15日時点)という新人アーティストだが、これから伸びそうな気配がしてやまない感じだ。 その理由は、原曲の素晴らしさは勿論だが、そのボーカルとアレンジによる完成度の高さだ。 登録数200名ちょっと、投稿動画数は4本だが、「感電」のカバー動画は8月7日公開から約1週間で3万再生とバズっている様子だ。 ◆ YouTube動画情報 SUIRENの「感電」カバー動画が気になる方は以下URLより見てみて欲しい。今後の活動も要チェックだ。 ※ SUIREN - YouTubeサイト: https://youtu.be/FtsAU3lRNsw 本気で遊ぼう。音楽で。 音楽情報バイラルメディア - EVENING - Created by Evening Music Records -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
米津玄師が「FORTNITE」で世界同時公開バーチャルイベントを開催!独自の世界観で世界中の観客を魅了…
0

米津玄師が「FORTNITE」で世界同時公開バーチャルイベントを開催!独自の世界観で世界中の観客を魅了…

 | , , ,  | 
先日、8月5日に5thアルバム『STRAY SHEEP』を発売した米津玄師。 8月7日、バトルロイヤルゲーム「FORTNITE」(フォートナイト)内で、バーチャルイベント『米津玄師2020 Event / STRAY SHEEP in FORTNITE』が開催された。 日本人アーティストでは初めてのイベントで、新作アルバム『STRAY SHEEP』が発売されたタイミングということもあり世界中からプレーヤーが集まった。卓越したCG映像と音楽が融合した最先端のバーチャルライブであった。アルバム『STRAY SHEEP』(迷える羊)のタイトルにちなんで米津玄師は“羊”の被り物を身に纏って楽曲を披露した。 また、MCで米津はこう語った... 「変わっていく時代の中でより新しく、それでいて美しい一瞬をみんなと過ごしていたい」 新型コロナウイルス感染拡大を受け最新ツアー「米津玄師 2020TOUR / HYPE」は中断を余儀なくされたが、今回の「FORTNITE」でのイベントはこの状況下でファンと時間を共有できる場となった。楽曲の展開に合わせて映像がリンクした不思議な空間であり、プレーヤーたちを魅了させ約30分のイベントが幕を閉じた。 これまでにない新しいパフォーマンスの形で圧巻であり、プレーヤー(視聴者)はライブ会場を擬似体験できるような感覚だと絶賛であった。まさに、エンターテインメントの新時代の幕開けを感じるステージと言えるものだった。 ◇ 米津玄師2020 Event / STRAY SHEEP in FORTNITE セットリスト 01.迷える羊 02.感電 M.C. 03.砂の惑星 04.パプリカ 05.Lemon ▼ リリース情報はこちら ◇ 米津玄師 5th ALBUM 「STRAY SHEEP」 発売日:8月5日(水) 特設サイト: https://reissuerecords.net/straysheep/ 商品形態:  おまもり盤(初回限定):CD+ボックス+キーホルダー ¥4500+税 / SECL-2590~91  アートブック盤(初回限定):CD+Blu-ray+アートブック ¥6800+税 / SECL-2592~94  アートブック盤(初回限定):CD+DVD+アートブック ¥6800+税 / SECL-2595~97  通常盤:CD only ¥3000+税 / SECL-2598  収録内容: -CD-(全形態共通) 01. カムパネルラ 02. Flamingo (ソニーワイヤレスヘッドホンCM) 03. 感電 (TBS系金曜ドラマ「MIU404」主題歌) 04. PLACEBO + 野田洋次郎 (野田洋次郎とのコラボ楽曲) 05. パプリカ (Foorin「パプリカ」のセルフカバー) 06. 馬と鹿 (TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌) 07. 優しい人 08. Lemon (TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌) 09. まちがいさがし (菅田将暉「まちがいさがし」のセルフカバー) 10. ひまわり 11. 迷える羊 12. Décolleté 13. TEENAGE RIOT (ギャツビーCM) 14. 海の幽霊 (映画「海獣の子供」主題歌) 15. カナリヤ -Blu-ray・DVD-(「アートブック盤(初回限定)」のみに収録) LIVE VIDEO 米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 2019/3/11 幕張メッセ展示ホール 01. Flamingo 02. LOSER 03. 砂の惑星 04. 飛燕 05. かいじゅうのマーチ 06. アイネクライネ 07. 春雷 08. Moonlight 09. fogbound 10. amen 11. Paper Flower 12. Undercover 13. 爱丽丝 14. ピースサイン 15. TEENAGE RIOT 16. Nighthawks 17. orion 18. Lemon EN1. ごめんね EN2. クランベリーとパンケーキ EN3. 灰色と青 MUSIC VIDEO 01. Lemon 02. Flamingo 03. TEENAGE RIOT 04. 海の幽霊 05. パプリカ 06. 馬と鹿 -- メディア運営: Evening Music Records株式会社
米津玄師の新アルバム「STRAY SHEEP」。サブスク解禁とともに世に放った彼の集大成であり傑作盤。
0

米津玄師の新アルバム「STRAY SHEEP」。サブスク解禁とともに世に放った彼の集大成であり傑作盤。

米津玄師が今、飛ぶように注目を寄せ集めている。 まずは先日のサブスク解禁、近年の日本でも見られるようになった各アーティストの音源をサブスクリプションサービスに配信する流れ、それについに米津玄師も乗ったのである。 これによってもちろん多くのファンは喜んでいた様子である。 サブスク解禁は、そのアーティストのファンではない人にとってもアプローチの機会をもたらす意義がある。特に、米津玄師は国民的ヒットソングもリリースしているために、今回のサブスク解禁は多くの人にとって重要なニュースであっただろう。 そしてもう一つ、米津玄師は新アルバム「STRAY SHEEP」をリリースした。 本作は「パプリカ」、「Lemon」などそれこそ超ヒットナンバーを収録した内容となっており、かなり多くの人が聴いている印象だ。 後世に語り継がれていくだろう伝説的なアーティストである米津玄師。2020年もすごい勢いである。 ▼ 前身である「ハチ」時代の音源も同時にサブスク解禁、ボカロ界からスターダムへの道のりを辿ろう。 米津玄師の今回のサブスク解禁においては、彼の前身のアーティスト名義・ハチ時代の楽曲も同時に解禁されている。 もともと米津玄師はボカロ界からアーティストとしての道のりをスタートさせており、その界隈での支持も厚かったという。 大まかなイメージとしても、ボカロは世間大衆の音楽とは一線を画して、アンダーグラウンドな印象がある。ヒットチャートを席巻するということは滅多にない。 ボカロ音楽のファン層もなかなか偏っており、ディープなファン層が特徴的である。 そう考えると、そんなボカロ界からスタートした米津玄師が今のような立ち位置を獲得したのは本当にすごいことであろう。彼はそれまでの常識を変えたと言っても良いだろう。 男女、世代と問わずに支持を集める米津玄師、今後もますます活躍が期待される。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
米津玄師×Foorin対談が実現!楽曲『パプリカ』を通じて出会った2組とは…
0

米津玄師×Foorin対談が実現!楽曲『パプリカ』を通じて出会った2組とは…

 | , , ,  | 
TOKYO FMで放送中の、月替りでアーティストがパーソナリティをつとめるレギュラー番組『Monthly Artist File-THE VOICE-』(毎週土曜17:00-17:55 TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国37局ネット)では、2020年8月のパーソナリティは米津玄師がつとめています。 この度、8月15日(土)の放送では、ゲストにFoorinが登場することが決定しました。 米津が制作した楽曲『パプリカ』を通じて出会った2組ですが、今回のラジオ収録が久しぶりの対面。Foorinのメンバーたちが今思っていることなどに米津自ら迫ります。どうぞご期待ください。 米津玄師が8月5日(土)にリリースした新アルバム『STRAY SHEEP』には、Foorinが歌い大きな話題となった楽曲『パプリカ』のセルフカバーも収録。この曲を通して出会い交流を重ねた2組が今回久々の対面を果たします。ここだけでしか聴けない、米津玄師×Foorinのラジオ来談、放送は8月15日(土)17時から。どうぞ楽しみに! 番組概要 ◇ タイトル: 『Monthly Artist File-THE VOICE-』 ◇ 放送時間: 毎週土曜日 17:00-17:55 (FM愛媛18:00~18:55、エフエム青森19:00~19:55) ◇ 放送局 : TOKYO FMをはじめとするJFN全国37局ネット ◇ 2020年8月度パーソナリティ: 米津玄師 ◇ 番組ホームページ: https://www.tfm.co.jp/maf/ -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
米津玄師がついにサブスク解禁!「Lemon」「パプリカ」など国民的ヒットソングを発信した彼のプレイリストを聴こう。
0

米津玄師がついにサブスク解禁!「Lemon」「パプリカ」など国民的ヒットソングを発信した彼のプレイリストを聴こう。

 | , , ,  | 
ついに全国民が待ちわびていた、待望の夢が現実となった。 シンガーソングライター・米津玄師は、自身の楽曲を遂に各サブスクリプションサービスへの配信を解禁した。 近年一気に高まるサブスク解禁への流れに、遂に米津玄師も乗ってきた。 これまで「Lemon」「パプリカ」など国民的ヒットソングを誕生させてきた天才シンガーソングライターである彼の楽曲が配信されたことは、やはり大きな注目を呼んでいる。 これまで代表的な曲しか知らなかった人にとっても、今回はより深く米津玄師を知る上での絶好な機会となった。 米津玄師の前身であるハチの時代の楽曲も同時に配信しており、コアなファンも大喜びである。 ▼ 遂に、日本でもサブスクリプションサービスが代表的なプラットフォームへ 世界に比べて、日本ではサブスクリプションサービスの定着に遅れをとっていた。 今でも日本はまだまだCDが売れている国で、世界ではかなり珍しい。他にCDが売れている国はドイツなどが代表的であろうか、それでも今や数える程しかないと考えられる。 しかし最近になっては日本でも、音楽を聴くプラットフォームはサブスクリプションサービスが定着してきており、スタンダードともなりつつある。 というのも最初こそは邦楽アーティストで聴ける種類が少なかったこともあろう。日本は特に音楽産業では国内の音楽が盛り上がっており、ヒットチャートの中心である邦楽アーティストの楽曲が聴けないことは、サブスクリプションサービスが普及する上で大きな障壁となっていた。 それが今では米津玄師までもが、サブスク解禁の流れに乗り、今やサブスクで聴けない邦楽の音楽も少なくなってきた。 まさに時代の転換期、今はそこにあるのだ。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社