EVENING

〈ライブレポート〉ロックバンド・a flood of circle『Tour 伝説の夜を君と』ファイナル公演が終了! 白熱したホールワンマンライブとは
0

〈ライブレポート〉ロックバンド・a flood of circle『Tour 伝説の夜を君と』ファイナル公演が終了! 白熱したホールワンマンライブとは

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社テイチクエンタテインメント

 

〈ライブレポート〉ロックバンド・a flood of circle『Tour 伝説の夜を君と』ファイナル公演が終了! 白熱したホールワンマンライブとは

 

「わからないことだらけの世の中で、みんな生きていくのを不安に思ってる。でも、あるはずなんだ、俺たちの生き方が。それをやってきたし。何が正しいかわからなくても、俺はこれが好きだっていうことを世界中に自慢したい。このバンドと友達とスタッフとここに来てくれる人のことを自慢したい。来てくれてありがとう」

 

ロックバンド・a floodof circleのフロントマン、佐々木亮介(Vo/G)は終盤のMCで、こんな風に語っていた。その言葉が胸に残った。7月8日、LINE CUBE SHIBUYA。今年2月から全国を回ってきたライブツアー「Tour 伝説の夜を君と」のツアーファイナル公演。バンドにとっては初のホールワンマンライブだ。

 

それは、未来の見えない中を“転がってきた”ロックンロール・バンドとして彼らが歩んできた足跡を示すと同時に、未踏の場所を目指し続けるその気概を見せる場でもあった。ステージとオーディエンスが一つになってロックンロールの熱狂と興奮の渦に身を投じる楽しいパーティーであると同時に、そこにあるマインドが決して“逃避”ではなく、今の時代に真っ向から対峙しているということも感じさせてくれる場...

 

 

 

coldrain、”Nonnegative”ONE MAN TOUR 2022 東京・LIQUIDROOM公演ライブレポート!
0

coldrain、”Nonnegative”ONE MAN TOUR 2022 東京・LIQUIDROOM公演ライブレポート!

 | , , ,  | 

 

 

撮影:ヤマダマサヒロ

 

coldrain、"Nonnegative"ONE MAN TOUR 2022 東京・LIQUIDROOM公演ライブレポート!

 

7月11日、coldrainが『Nonnegative』ツアーをスタートさせた。7月6日にリリースされたニューアルバム『Nonnegative』のリリースツアーとなり、その初日は恵比寿LIQUIDROOM。

 

ライブ後半、Masatoが「この夏からいろんなものが動き出すはず。もうルールなんて関係ねえと言うヤツもいるだろうけど、俺達はもっとデカいゴールを見据えてるし、みんなもそうだと思う。まだこのキャパシティの会場ではルールを敷かなければいけないけど、ちゃんと俺達は音楽を守ってきたんだと言えるように、そして溜め込んできたものを10月の横浜アリーナで発散できるように、この曲達を成長させたいと思っています」と語っていたが、彼らがツアーのキックオフとしてLIQUIDROOM(1,000人以下のキャパシティ)という場所を選んだ理由は極めてシンプルなものだったはずだ。

 

可能な限りゼロ距離で、可能な限りライヴ感溢れる空間を作り出したい。未だコロナウイルス感染症対策の規制が完全に取り払えない状況においてもcoldrainが思い描く理想のライヴを浮かび上がらせたいという気持ちがこの初日には満ちていたし、もっと言えば、それがこのツアーの最大の燃料なのだと思う。

 

 

実際、『Nonnegative』という作品の核にあるのも、アグレッシヴなライヴへの執念である。

 

たとえば今作の冒頭を飾る“Help Me Help You”のBメロ、ギターのループとシャウトの応酬と高速の四つ打ちが絡み合って強烈なトランス感を生み出すセクション。“PARADISE(Kill The Silence)”や“Cut Me”でドラムンベースのビートを導入し、モッシュやヘドバンとは異なる持続的なダンスへの接近。これらはコロナ禍を通過したからこその新たなフックとも言えるが、このライヴに一貫していたアッパーさとアグレッションは、これらのアレンジがあくまで「暴発的なテンションを生み出すこと」一点に向けて生まれてきたことを示していた。

 

特に、ブルータルなリフとドラムンベースが溶け合うことでフロア全体が揺れた“Cut Me”は...

 

 

 

FIVE NEW OLD、9月21日発売の新アルバムより、この夏を彩るサマーチューン「Perfect Vacation」を7月22日に先行配信!
0

FIVE NEW OLD、9月21日発売の新アルバムより、この夏を彩るサマーチューン「Perfect Vacation」を7月22日に先行配信!

 | , ,  | 
FIVE NEW OLDの9月に発売されるNEW ALBUM「Departure : My New Me」より、この夏を彩るサマーチューン「Perfect Vacation」を7月22日から先行配信することが決定した。 配信日に公開予定のMusic Videoは、SNS総フォロワー90万人を越える人気のクリエーター・池田ルイが書き下ろした、夏の不思議なラブストーリーを描いたアニメーション・ミュージックビデオになってる。 あわせてNEW ALBUM「Departure : My New Me」のジャケット写真と詳細も明らかになった。アートワークは配信ジャケットに引き続き、インディーズ時代から交友の深いPERIMETRON所属のMargtが担当した。 また、CDには「Perfect Vacation」、先日解禁になった初のアニメタイアップ曲「Trickster」(TVアニメ「HIGH CARD」主題歌)他、全13曲を収録予定。DVD付き初回限定盤には、5月27日に行われたZepp DiverCity(TOKYO)でのワンマンライブの映像が収録される。収録される映像からバンドの公式YouTubeチャンネルにて「Happy Sad」のライブ映像が公開されている。 なお、各販売サイトにて予約がスタートしており、8月14日までの早期予約特典として、前作の予約特典としても話題となったカレンダーの2022-2023verである「2022-2023FiNOカレンダー」がプレゼントされる。 是非とも期間内に予約して手に入れて欲しい。

●●

メンバーコメント うだるような暑さと街の息苦しさから抜け出すひと時。 そんな風景をイメージした曲です。 池田ルイさんが描いて下さった映像の世界観が、楽曲のイメージをグッとドラマチックにしてくれているので、是非堪能して欲しい! 聴く人の中にある「理想の夏」= 「Perfect Vacation」 スタイリングできたらと思っています。 HIROSHI(Vocal, Guitar)
-- 運営:Evening Music Records Inc.
湘南乃風のメンバーが音声で参加する、ラジオ配信ラウンジが開催!EP「2022 ~Time to Shine~」リリース記念
0

湘南乃風のメンバーが音声で参加する、ラジオ配信ラウンジが開催!EP「2022 ~Time to Shine~」リリース記念

 | , , ,  | 

 

 

提供:AWA株式会社

 

湘南乃風のメンバーが音声で参加する、ラジオ配信ラウンジが開催!EP「2022 ~Time to Shine~」リリース記念

 

音楽配信サービス「AWA(アワ)」は、2022年7月21日(木)20:00~21:00の1時間に渡り、無料で誰でも楽しめるオンライン空間「LOUNGE(ラウンジ)」で、湘南乃風のメンバーが参加するラジオ配信ラウンジを開催する。

 

今回のイベントは、EP「2022 〜Time to Shine〜」のリリースを記念して開催されるもので、湘南乃風の楽曲を一挙オンエア予定...

 

 

 

WANIMA主催音楽フェス 「1CHANCE FESTIVAL 2022」第二弾出演アーティスト & 日割りをついに発表!
0

WANIMA主催音楽フェス 「1CHANCE FESTIVAL 2022」第二弾出演アーティスト & 日割りをついに発表!

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

WANIMA主催音楽フェス 「1CHANCE FESTIVAL 2022」第二弾出演アーティスト & 日割りをついに発表!

 

9月3日(土)、4日(日)に開催される、WANIMA自身初となる主催音楽フェス「WANIMA presents 1CHANCE FESTIVAL 2022」(会場:熊本県農業公園 カントリーパーク)の第二弾出演アーティストが遂に発表となった。

 

この発表をもって、全アーティストが出揃い、豪華アーティストたちによるフェスの日割りも発表となった。今回新たに発表されたのは、AK-69、[Alexandros]、Def Tech、Saucy Dog、INI、マキシマム ザ ホルモン、MONGOL800の豪華7組...

 

 

 

iKON ライブレポート、2年半ぶりの日本ライブツアー「iKON JAPAN TOUR 2022〜FLASHBACK〜」初日を完走!
0

iKON ライブレポート、2年半ぶりの日本ライブツアー「iKON JAPAN TOUR 2022〜FLASHBACK〜」初日を完走!

 | , ,  | 
2022年7月、iKONが2年半ぶりに日本ライブツアーを開催した。 本ツアーは7月2日(土)の兵庫・神戸ワールド記念ホールを皮切りに、東京・国立代々木競技場第一体育館へ続く形で開催された。本記事では、7月9日(土)18:00に開催された東京公演の様子をライブレポートとしてお届けしたい。 2019年に開催された「iKON YEAR END LIVE 2019」以来、日本のiKONファンへはパフォーマンスを披露する機会をなかなか持つことが難しかったこともあり、ライブ会場は開演前から熱気に包まれた様子を見せていた。iKONIC(iKONファンの総称)としての想いを彼らのステージに届けようとするかの様に、開場前から多数のファンが駆けつけ、公演開始ギリギリまで、会場内での記念撮影や物販エリアも長蛇の列となる程、かなりの熱量で会場が包まれていた。 本ツアーが一種の特別感を帯びているのには幾つか理由があるが、やはり大きいのは『iKON JAPAN TOUR 2022〜FLASHBACK〜』の開催を記念した3年4ヶ月ぶりの日本作品となるニューアルバム『FLASHBACK [+ i DECIDE]』がリリースされた事が大きいだろう。今回のツアーでも披露された、タイトル曲となっている「BUT YOU」は YouTubeのMV動画でも約1,600万の再生を記録する(2022年7月時点)など、世界的にも反響を呼んでいた。今回、同曲を含む、久しぶりの日本ツアーで彼らのパフォーマンスを直接見ることができる機会とあってか、注目が集まるのも無理はないと言えるだろう。 収容人数 約1.2万名にもなるライブ会場は、iKONのファンが押し寄せ満席状態となっていた。また、開演前にはスモークがうっすらとステージ上空に立ち込め、今かいまかと彼らのステージの開始を待つ一種の緊張感が漂っていた。ただ、その空気感も突然切り替わることとなった。 ステージの照明が1段暗くなると同時に、LEDモニターに今回のツアーロゴが映し出された次の瞬間、オープニング映像が流し出され、会場に駆けつけたファン(iKONIC)は総立ちとなるとともに歓声で埋め尽くされた。最初のパフォーマンスとなった「KILLNG ME」から本ライブの幕が開けた。照明はさらに暗くなる一方、iKONICが手にした赤いKONBAT(iKONスティックライト)で会場は赤一色に染まり、一体感をさらに増していった。

MCと新アルバム曲で会場の熱もピークに...

開演から「KILLING ME」「BLING BLING」「SINOSIJAK」と立て続けに3曲を披露し、会場のボルテージも上がってきたところで、最初のMCに差しかかった。彼らは「2年半の日本公演を開催することができて嬉しい」「日本のファンに会える日を待っていた」と、iKONメンバー自身も、今回のツアーの機会を待ち侘びていたことを語り、ファンと心を通わせる瞬間が訪れた。 オープニングの瞬間は、会場全体が緊張感と期待感を半々で持つ様な空気感だったが、MCでiKONメンバーの口から「会いたかった」という言葉を聞くことができ、ファンとの間の距離感が一気に縮まり、再びこの場所に帰ってきたという様な安心感で会場は包まれた。 最初のMCが終わると、「Ah Yeah」を披露し、冒頭曲からはややスローペースながらも会場との一体感をさらに増していく様なパフォーマンスが続いた。そして、同曲が終わるとともに、ステージ上には今回のライブツアー用に収録されたiKONメンバーのVCR映像が映し出され、会場のオーディエンスはその映像に釘づけとなった。

楽曲「DRAGON」で会場の熱量もピークに

また、本公演で終始会場の熱量は高かったが、特に際立った楽曲は「DRAGON」だった。同曲は、全25 曲で構成されたセットリストの8曲目に披露されたが、会場の一体感と熱量がピークに達した瞬間だった。BOBBYがフロアへ呼びかける様に手振りで呼びかけると、iKONICは応える様に手にしたKONBATを振り応え、ステージとフロアの垣根を超え、一緒にステージを創り上げる様な感覚に近い状態となった。 さらに、JAYやJU-NEのボーカルラインも力強いながらも、美しく会場に響き、パフォーマンスのキレも加速度的に増していく様なステージングだった。 本ツアーの開催記念作ともなっているニューアルバム『FLASHBACK [+ i DECIDE]』は、ぜひチェックしてみて欲しい。iKONの楽曲とパフォーマンスにハマること間違い無いだろう。 -- Amazon / FLASHBACK [+ i DECIDE] (CD) 購入リンク: https://amzn.to/3NPIfPS 【CD】 (曲順未定/日本語バージョン12曲) 01. BUT YOU -JP Ver.- 02. DRAGON -JP Ver.- 03. FOR REAL? -JP Ver.- 04. GOLD -JP Ver.- 05. NAME -JP Ver.- 06. AT EASE -JP Ver.- 07. Ah Yeah -JP Ver.- 08. Dive -JP Ver.- 09. All The World -JP Ver.- 10. Holding On -JP Ver.- 11. Flower -JP Ver.- 12. Why Why Why -JP Ver.- (収録予定) ■ iKON OFFICIAL WEBSITE http://ygex.jp/ikon/ ■ iKON GLOBAL OFFICIAL FANCLUB iKONIC MEMBERSHIP (JP) https://ikon-official.jp -- 運営:Evening Music Records Inc.
TWICE、JAPAN 4th ALBUM『Celebrate』ミュージックビデオ解禁!
0

TWICE、JAPAN 4th ALBUM『Celebrate』ミュージックビデオ解禁!

 | , ,  | 
Asia No.1最強ガールズグループTWICEが、自身4枚目の日本オリジナルアルバム『Celebrate』(読み:セレブレイト)のミュージックビデオを公開した。 公開されたミュージックビデオでは、TWICEらしい、キュートな魅力や個性が最大限に盛り込まれている。 MVセットの中には、TWICEの日本オフィシャルキャラクター「ラブリー」や、2017年6月28日リリースのデビューベストアルバム、TWICE JAPAN BEST ALBUM『#TWICE』(読み:ハッシュタグトゥワイス)シリーズにちなんだ「#」が至るところに登場したり、日本オリジナル曲にちなんだモチーフ等が沢山出てくるので、是非注目して見ていただきたい。 「Celebrate」は、TWICEの日本デビュー5周年を盛大に祝う楽曲で、TWICEのプロデューサーJ.Y. Park氏が作詞を担当し、メンバー全員が作詞にアイディアを出した作品となっている。「どんな時でもちゃんと声は届いているよ」「そう気づけばいつしかLike a family 誰より支えあう存在に」など、TWICEからONCE(読み方:ワンス)へ向けた感謝の気持ちが込められた歌詞が魅力だ。 TWICEが贈るお祝いソングで、日本デビュー5周年イヤーは更に盛り上がっていくこと間違いないだろう。 この夏は、TWICEと一緒にLet’s Celebrate。 TWICE 「Celebrate」ミュージックビデオ: https://youtu.be/fMIn43MiwG8
-- 運営:Evening Music Records Inc.
ReN、今秋10月より全国ツアー『ReN THE BAND TOUR』開催決定!
0

ReN、今秋10月より全国ツアー『ReN THE BAND TOUR』開催決定!

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

ReN、今秋10月より全国ツアー『ReN THE BAND TOUR』開催決定!

 

ギター1本でステージに立ち、研ぎ澄ますように奏でるアコースティックギターの1音1音をループステーションやエフェクターを駆使して重ね合わせ、オリジナルのバンドサウンドを紡ぎ出す演奏スタイルが話題のシンガーソングライター ”ReN(レン)”。

 

7月15日(金)デジタルリリースの新曲「Decision」(ディシジョン)が、テレビ東京系 金曜8時のドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕Season2」の主題歌に決定したばかりのReNが今秋10月より全国ツアー開催を発表した。本ツアーは「ReN THE BAND TOUR」(レン・ザ・バンド・ツアー)というタイトル通り、ReN自身初となるバンド編成で臨む全国ツアー。初日の10月28日(金)札幌cube gardenを皮切りに、全国7ヶ所8公演を巡るツアーとなる。

 

バンドメンバーには、SANABAGUN.より澤村一平(Dr)、磯貝一樹(Gt)、大樋祐大(Key)。そして、The2より森夏彦(Ba)を迎えての同年代のメンバーを集めた強力な布陣となっている。ReNのループステーションを使ったプレイスタイルに、生のバンドサウンドが重なり合う新たなチャレンジを...

 

 

 

ドラマストア、先行配信曲『ピクトグラム』MVを公開!
0

ドラマストア、先行配信曲『ピクトグラム』MVを公開!

 | , ,  | 
関西発正統派ポップバンドのドラマストアが、7月27日にリリースするニューアルバム『LAST DAY(S) LAST』のリリースに先駆けて、配信シングル「ピクトグラム」を7月13日にリリースした。また、Music Videoも、YouTubeで同日にリリースプレミア公開された。 「ピクトグラム」は、YouTubeやTikTokなどで今、カップル系動画などが多く投稿されているが、今の時代を反映したそんなカップル達の恋愛の一つの形を「情報や指示、案内などを単純化された絵や図形で表したもの」である”ピクトグラム”として表現した楽曲だ。 作詞・作曲を手掛けたVo.の長谷川海は「ピクトグラム」について以下のようにコメントしている。

コメント情報

【建前】「はいチーズ」なんてもう私語かもしれないけれど、画面の中には、お気に入りばかりを詰め込んだ宝箱みたいな世界が。スマホを通して表現される恋の形は無限大で、SNSをひとたびひらけば触り放題見放題。みんなが知ってる君も、僕しか知らない君も、全部欲しいと思っちゃうものですよね。君と僕で作ったそのポーズは、多くを語らずとも通じ合える、二人だけのピクトグラム。 【本音】僕らの生活のほとんどが携帯電話に収まってしまった昨今では、「動画、写真を撮る」といった行為が、「思い出に残す」以上の意味を持つようになりました。SNSにひとたびあげれば反応があり、注目度の指数として可視化された「情」は、僕らの承認欲求をチクチク刺激します。可愛いは作れる!が本物になった世界で、形骸化した恋の裏側が、実はこんなだったら…。カメラを構えるそのポーズは、多くを語らずとも通じ合える、二人だけのピクトグラム。 -- なお、ドラマストアは9月13日(火)東京 渋谷WWW Xを皮切りに、12月3日(土)神奈川KT Zepp YOKOHAMAまで、全国13ヶ所に渡って開催される2nd Full Album Releaseワンマンツアー「LAST DAY(S) LAST TOUR」も決定している。 また、そのワンマンツアーと並行してインストアライブ&サイン会も全国7ヶ所にて行われる予定だ。
-- 運営:Evening Music Records Inc.
宮川大聖、Zepp DiverCity TOKYOにてワンマンライブ secret blue presents 「Salvia Party 6」を開催!
0

宮川大聖、Zepp DiverCity TOKYOにてワンマンライブ secret blue presents 「Salvia Party 6」を開催!

 | , ,  | 
東京都の離島・式根島出身のシンガーソングライター、宮川大聖。SNSの総フォロワー数が286万人を超え、Z世代の若者を中心に幅広く支持されている。今年6月に行われたアイスショー『Fantasy On Ice 2022』では、自身の楽曲「レゾン」をフィギュアスケーターの羽生結弦選手とのコラボレーションで披露し、Twitterで度々トレンド入りするなど話題を席巻した。 そんな多方面から注目を集める宮川大聖が、自身の26歳の誕生日である本日7月11日(月)にワンマンライブsecret blue presents 「Salvia Party 6」をZepp DiverCity TOKYOにて開催。宮川の生誕を祝おうと多くのファンが会場に足を運んだ。そのライブのアンコールにて、今年11月に全国6都市を回るワンマンライブツアーを開催することが発表された。 ツアーの詳細情報は7月29日(金)18:00に宮川大聖のオフィシャルHPにて公開予定となっている。ぜひ今後の発表を楽しみにお待ちいただきたい。 なお、現在オフィシャルファンクラブ「secret blue」では、新規会員募集中だ。詳しくは、公式サイトをチャックしてみよう。 公式サイト: https://fannect.jp/secretblue/

「レゾン」リリック・ビデオURL

https://youtu.be/Bi1uBNjIO0I 「レゾン」作詞:たなか/作曲:ササノマリイ・たなか/編曲:ササノマリイ -- 運営:Evening Music Records Inc.
恋愛ソングのカリスマ・CHIHIROが早くもニューデジタルシングルをリリース!
0

恋愛ソングのカリスマ・CHIHIROが早くもニューデジタルシングルをリリース!

 | , ,  | 
今年3月にフルアルバム『私きっとこの恋を永遠にね忘れない』をリリース後、自身が作詞・作曲を手掛けた有華の「Partner」がTikTokなどで話題を呼び、SNS総再生回数10億回を突破するなど、ソングライターとしての地位も確立したCHIHIROが、デジタルシングル『大恋愛』を7月20日(水)にリリースする。 今回の楽曲は、一生懸命恋をした、一生の愛を知った。この人以上の人なんてきっといない…そんな誰にでもおそらく起こりうる「大恋愛」を歌った楽曲。 アレンジャーにShu Inuiを迎え、印象的なピアノとストリングスの音色を生かし、「別々の道を歩くけど 心の奥にいるって届いてね」と優しく前向きに生きようとする歌詞の世界観を最大限に魅せるアレンジを表現した。

コメント情報

CHIHIROは『大恋愛』について以下のようにコメントしている。 「人生の中で大恋愛と言えるほどの恋は人それぞれあると思います。結婚すると思って長く付き合う恋もあれば、期間が短くても濃かった恋、片想いも。 大好きだった分忘れるのが辛いですよね。葛藤する思いをもう会えない相手に手紙のように送れる曲があったら心が楽になれるかなという思いで書きました。」 そして『大恋愛』は、歌詞検索サイト「歌ネット」、「UtaTen」にて歌詞が先行公開されている。
-- 運営:Evening Music Records Inc.
a flood of circle 代々木公園野外音楽堂フリーライブ決定!アルバム再現ライブや、LINE CUBE公演映像化も続々発表。
0

a flood of circle 代々木公園野外音楽堂フリーライブ決定!アルバム再現ライブや、LINE CUBE公演映像化も続々発表。

 | , ,  | 
「Tour 伝説の夜を君と」LINE CUBE SHIBUYA公演を終えたばかりのa flood of circleが、代々木公園内『代々木公園野外音楽堂』にて入場無料ワンマンライブ「I’M FREE 2022」を2022年10月20日(木)に開催することを発表した。 当イベントは今のa flood of circleのライブをより多くの人に観てもらうことを目的に入場無料とし、さらにそのライブを制作&映像化を目指すためのクラウドファンディング“I’M FREE 基金”の実施をする。 リターンには映像作品と共に、インディーズ時代の2枚の作品「a flood of circle」「泥水のメロディー」の録音&ライブで使っていたという佐々木亮介のYAMAHAエレキギターや、リターン限定ライブ参加権、佐々木亮介が描いた「花火を見に行こう」のジャケット原画など、多くのメンバー私物や限定企画を展開するとのこと。

佐々木亮介のコメント

「おれ代々木公園がすごく好きなんでどうしてもここでライブしたいなって思い立って。無料のパーティをやることにしました。10月の野外ライブってとっても気持ちいいと思う。a flood of circleが好きな人はもちろん、これ読んでるみなさんぜひ気軽に遊びに来てください。特別な夜になると思うから、この日のことを映像作品として残しておきたいと思って。そのためにクラウドファウンディングをやりますんで、御協力よろしくどうぞお願い致します」 佐々木亮介 そして、今日のライブでも披露した新曲「花火を見に行こう」を今夜24時から急遽配信、さらに本日のライブを収録した映像作品『伝説の夜を君と THE MOVIE -2022.07.08 Live at LINE CUBE SHIBUYA-』のリリースもアナウンスされた。 さらに、リリースから約10年、現在でも根強い人気のある2枚のアルバム「FUCK FOREVER」「I'M FREE」の全曲を演奏するツアー、Tour "FUCK FOREVER & I'M FREE"を9月に名古屋、大阪、東京、札幌の4都市5公演にて開催をすることも発表。ファンクラブ先行は今夜からスタートのことで是非チェックしてほしい。
-- 運営:Evening Music Records Inc.