韓国

FTISLAND、デビュー17年目、韓国から始まったアジアツアー無事完走!
0

FTISLAND、デビュー17年目、韓国から始まったアジアツアー無事完走!

FTISLANDが4月25日の神戸からスタートした「2024 FTISLAND LIVE IN JAPAN "HEY DAY"」を6月9日の広島公演で完走した。 これは昨年8月のソウルを皮切りに、マカオ、バンコク、台北、クアラルンポール、ジャカルタ、シンガポールと回ったアジアツアーの日本公演。日本では、兵庫、愛知、東京、大阪、広島で5公演を行った。普段は日本でリリースした楽曲で日本ツアーを回るFTISLANDが、韓国のセットリストで日本ツアーを行うのは長いキャリアながら初の試みとなる。 また最終公演を行った広島は、前回ツアー時に日程調整の過程で急遽中止となった場所。「必ず戻ります」という約束を守り、この地でファイナルを迎えた。

5月6日東京ガーデンシアター公演の模様をレポート

FTISLANDは、イ・ホンギ(Main Vocal)、イ・ジェジン(Bass & Vocal)、チェ・ミンファン(Drums)からなる韓国出身のロックバンド。今回は海外公演のセットリストということで、韓国最新アルバム『Sage』全曲プレイが核になっていたが、なんと17年前の韓国デビュー曲「サランアリ」や、「Ft Island」、「Primadonna」など最近のライブで披露することのなかったデビューアルバムの懐かしの曲や、ミンファンのドラムソロコーナーが設けられた驚きの構成に。さらに日本のライブでは特別に、日本メジャーデビュー曲の「Flower Rock」と「Orange Days」が追加された。また、アンコールを行わない2部形式での公演というのも珍しい試みとなった。本稿では、5月6日の東京ガーデンシアター公演の模様をレポート。 オープニングの「シアワセオリー」からホンギはパワー全開で、会場はたちまち一体感に包まれる。「Falling Star」のサビから名曲「バレ」に続くメドレーから「Champagne ~ PUPPY」では、ファンも大きな声を上げて一緒に歌う。「そうそう、これこれ!」と思えるFTISLANDのライブ運びだ。「FREEDOM」では会場の全員と大ジャンプで盛り上がった。 「HEY DAYにようこそ!」と挨拶したホンギは、「今日は韓国から始まったアジアツアーを日本に持ってきました!これは初の試みです。今までは日本オリジナルのアルバムを引っ提げたツアー、セトリでやってきたんですけど、“韓国のライブが見たい!”というPrimadonna(FTISLANDファンの総称)要望も多かったのでもってきました。これからは、韓国のセトリをもってきたライブも、日本オリジナルのセトリでするライブも、どっちもやっていきたいですね。そして、去年の秋ツアーでも言ったけど、FTISLANDの第2ページを作っていきたいという意気込みをこのライブを通して伝えたくて、僕たちのデビュー曲から最新曲まで様々な曲を通して伝えていこうと思います。」と冒頭でこのツアーに込められたメッセージを伝えた。

今は、どんな曲を歌ってもFTISLANDになる

「サランフエ」、そして韓国デビュー曲「サランアリ~チョンドゥン」を続けたが、「韓国デビュー曲「サランアリ」を日本で歌うのは10年以上ぶり。昔の曲含めて、俺ら。35歳のホンギが歌う17年前の曲はこういう色だと見せたい」という意思からだという。今のロックとはスタイルの違う、歌謡曲寄りのロックバラードも今となっては新鮮だ。「17歳の僕は、こんな別れの愛の話が理解できなかったけれど、大ヒットしてロックバラードのイメージができた。ロックがやりたかった僕らは、ロックバラードのイメージがイヤだった。でも時間がたった今は、この曲があったから、僕らは今、音楽ができていると愛するようになった。今は、どんな曲を歌ってもFTISLANDになる」と自信に繋がっているそう。 17年前の曲の後は、韓国最新アルバム『Sage』の曲「Not Enough」、「All Of My Life」を続ける。ホンギとジェジンのボーカルの対比が楽曲に深みを与え、ファンとのシンガロングでステージと会場がひとつになる。そして現在形のロックバラード「Wind」では、ホンギがスマホで客席を撮影しながらファンと一緒に歌う姿を映像に収めていだが、ちゃんと韓国語の歌詞を歌えるPrimadonnaもさすがだ。 1部の後半は、ミンファンの「DRUM SOLO」でスタート。重く正確なミンファンのドラムが会場を沸かせると、そこから力強いドラムが映える「Take Me Now」へなだれ込み、ハードロックパートへ突入。「Time To」の一体感でロックのパッションは最高潮を迎えた。 1部のラストを飾った「Sage」をホンギは、「HEY DAYのメインの曲。去年アルバム『Sage』を出して、いろいろなフェスに出られるようになりました。皆さんのおかげです。FTISLANDは自分たちの音楽を紹介するために、一緒に遊ぶためにいろいろな所に会いに行く。遊びに来てください」と紹介し、「一緒に「Sage」歌うか?」と客席に呼びかける。ジェジンの「Whoa,whoa,whoa,whoa」というコーラスが響くと、それをファンがシンガロング。そのコーラスと、ホンギの伸びやかな声が会場を包み込み、多幸感を与えてくれた。

アンコール代わりの2部は、「Rising Star」からスタート

しばしのインターバルをおいて、アンコール代わりの2部は、ジェジンとホンギがファンの手拍子に乗って歌う「Rising Star」からスタート。 「昨年末に韓国で開催したバラードコンサート『FTSODE』の曲や、日本では日本の曲を入れようと思ったら曲が増えちゃって……」と2部制の理由を語るホンギ。「最近、毎日音楽していて、本当に幸せ。去年、みんなに“音楽ばかりやる”、“僕らの音楽を見せる”と約束したけれど、その想いがフェス出演に繋がった。今年はそれが海外にまで拡がって、やればできると思えた。だから今年も、ライブばかりです。でも本当にそれが幸せ。この後はFNC BANDKINGDOMもあるし、日本のツアーもあるし、年末にアレ(FNC KINGDOM)も絶対あるでしょ(笑)。FNC BANDKINGDOMでは、ここでしか見られないもの見せる。FNCがバンドをやる意義を見せたい」と意気込んだ。 そして「最近は、韓国のアルバムを作っています。去年約束したことを守るためには、最近の僕らの色を出すのがいいんじゃないかと思っているので、ハードなエモコアっぽい曲になりそう。僕とジェジンは、『4月は君の嘘』という日本原作のミュージカルにも出ます。ぜんぜんピアノが弾けないのに、ピアノの天才の役(笑)」と近況を語るホンギから、「ドラムのミンファンが、一人でドラムのコンサートをやります」という衝撃の発表も! 当のミンファンは「ドラムを20年くらいたたいていますが、ドラマ―としてもっとFTISLANDの力になりたくて。一人でもできるって兄さんたちにも皆さんにも見せたい。バンドのドラマーが一人でライブするってあまりないけれど、自信がある。楽しみにしてください!」と抱負を語った。

FTISLANDが海外で闘う様を日本でも見せてくれた「HEY DAY」

2部の後半は、「韓国のデビュー曲をやったから、日本のメジャーデビュー曲も!」と、再びFTISLANDの歴史を振り返る。新しいイントロが加えられた日本メジャーデビュー曲「Flower Rock」から、ライブ定番曲「Orange Days」と、日本公演にだけ追加された曲をプレイして会場のテンションを上げる。歌い終わるとホンギは「久々に「Flower Rock」やったけれど、14年前を思い出すね。匂いがするというか……。それが音楽が持っている強いところ。だから皆さんに会うときは、記憶に残るものを作りたい。今日、僕らと一緒に遊んでくれて、ありがとうございます!」と改めてファンに感謝を伝えた。 最後はミンファンが「去年メンバーたちと、もっとライブをやって、今までの僕らを守りながら頑張ろうと約束したんです。今年、その約束がどんどん叶っています。ライブをしてきた中で、今年が一番幸せ。ありがとうと伝えたい。FTISLANDは、これから。30代は、実力も高まって花開く時期。これからも頑張っていくので、応援お願いします」と饒舌に語ると、ジェジンが「日本でのライブは、安心感がある。いろいろな国でライブをして忙しいけれど、FTISLANDとして、もっといい音楽、いい姿を見せると約束したから、その約束を守りたい。これからも僕らのいいところをいっぱい見せます。楽しみにしていてください」と熱い想いを伝える。そしてホンギが「やっと本来のFTISLANDに戻った気がする。去年はライブをしても“上手くやらなきゃ”と思って心が重かった。今年は、やんちゃに戻った気がする。今日はスッキリ遊んだ! ありがとうございました!」と最高の笑顔を見せた。 2曲を残し、「トリハダが立つ曲がまだ残ってる。最初のアルバムの僕らの曲と皆さんの曲。高校生の気持ちで歌うから、みんなも昔に戻ってこの2曲を一緒に歌ってください。そして、今日も無事に家にかえって、ビール1本飲んで、いい夢見よう!」と言うと、懐かしの「Ft Island」と「Primadonna」で会場中がハジけきった。 キャリア17年。彼らにマンネリなどという言葉はない。ライブを重ねるたびに、まだまだ成長している。そして夢を見て、前進を続けている。FTISLANDが海外で闘う様を日本でも見せてくれた「HEY DAY」。どこで何を演奏しても、FTISLANDはFTISLANDだと証明してくれたライブだった。 FTISLANDはこの後、7月13日・14日に幕張イベントホールで開催される所属事務所の夏バンドフェス「FNC BAND KINGDOM 2024」に、CNBLUE、N.Flying、Hi-Fi Un!cornと共に出演する。
注目の韓国発サバイバルオーディション番組「GIRLS ON FIRE」無料配信
0

注目の韓国発サバイバルオーディション番組「GIRLS ON FIRE」無料配信

韓国発サバイバルオーディション番組「GIRLS ON FIRE」が2024年4月からLeminoで無料配信をスタートしている。 昨年のガールズグループオーディション『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』にて、日本中に「日プ」ブームが巻き起こった。 韓国発のサバイバルオーディション番組は、今や韓国国内に留まらず、日本中から多くの投票が集まるほどの盛り上がりをみせている。 数多くの才能あふれる応募者たちが集まり、デビューをかけて熾烈な戦いを繰り広げる様子は、視聴者の心を揺さぶり、大きな感動を与え続けてきた。 今回は、メンバー全員がメインボーカルの実力派女性ボーカルグループ結成プロジェクト「GIRLS ON FIRE」をはじめ、2024年も目が離せない注目のサバイバルオーディション番組を紹介する。 アイドル飽和時代の今、「可愛い」だけでは選ばれない、進化し続ける原石アイドルのたちの戦場を伝える。

全員メインボーカルの圧倒的な実力至上主義「GIRLS ON FIRE」とは

毎年、大規模なサバイバルオーディション番組が実施され、審査内容や審査基準の難易度は年々上っている。 その一方で、アイドルグループに対する「歌唱力論争」は幾度となく勃発していることから、アイドルにはビジュアルやダンスだけでなく「歌唱力」といった素質についても強く求められている。 そこで、ジャンルや専攻、年齢、国籍と関係なく、「歌唱力」の高い女の子だけを集めたオーディション番組「GIRLS ON FIRE」が世間の注目を浴びている。 シンガーソングライターやミュージカル俳優、AIアイドルシンガー、元アイドルなど様々な経歴と個性を持った出演者が集まる中、唯一必要なのは実力のみ。 才能とスター性を兼ね備えた彼女たちのプライドを懸けた負けられないサバイバルドキュメントだ。 「GIRLS ON FIRE」は、Leminoで韓国同時・日本独占無料配信中。 ■ 配信概要 配信日:毎週火曜日22:30最新話更新、 Leminoにて日本独占・韓国同時配信開始、全11話予定 出演者:オーディションメンバー50名、チャン・ドヨン、ユン・ジョンシン、ソヌジョンア、Young K(DAY6)、ゲコ(Dynamic Duo)、チョン・ウンジ(Apink)、キンキー 投票概要:アプリ「MAKESTAR」から投票可能(韓国の外部アプリ) 1つのIDにつき、1日1回投票可能(重複投票不可)MAKESTARアプリ会員登録後、投票可能。 特設ページ: https://lemino.docomo.ne.jp/ft/0000054/

番組の醍醐味、個性豊かな審査員による厳しくも温かい名言

NiziUが誕生した人気オーディション番組「Nizi Project」では、練習生もさることながら、審査員のパク・ジニョン氏の発言が度々話題になった。 オーディション番組は、ファンによる投票だけでなく、プロの審査員の評価も重要だ。芸能界の“先輩”にもあたり、様々な経験をしてきた審査員から生まれる名言・名シーンは、芸能人でなくても頷ける部分も多い。 「GIRLS ON FIRE」でも、候補者の「歌唱力」を厳選するプロデューサー陣が審査を行なっている。

2024年も注目のサバイバルオーディション番組が続々配信!

「GIRLS ON FIRE」のみならず、毎年クオリティが上がり続けるサバイバルオーディション番組市場。 アイドル飽和時代の今、「ビジュアル」だけでは選ばれない、「ダンス」「歌唱力」「人柄」などが様々なプログラムによって、審査されている。 2024年も盛り上がること間違いなしのハイレベルなサバイバルオーディション番組を紹介する。

I-LAND2:N/a

「I-LAND2 : N/a」は、「ENHYPEN」が誕生したMnetの大規模プロジェクト「I-LAND」の最新シリーズで、「ILAND(アイランド)」と「GROUND(グラウンド)」に分かれた空間を行き来し、「I(N/a)」を探す参加者たちの競争と成長の物語を描くグローバルガールズグループ誕生プロジェクト。デビューの夢を掴むために集まる参加者たちは、合計10か国13都市で行われた大規模なグローバルオーディションを経て抜擢された24名が揃った。 BLACKPINKや2NE1の生みの親でYG全盛期の立役者でもあるTEDDYがデビューグループのプロデュースを手がける今期注目のサバイバルオーディション番組がABEMAで配信中。

MAKE MATE 1 (MA1)

「夢見て来たステージを作るために(MAKE)、友人(MATE)とひとつ(ONE)になる時間」という意味を込めたプログラムで、36人の多国籍参加者たちがアイドルという夢を目標に走って行く過程を描く。事務所に所属する練習生たちが参加するその他アイドルサバイバルとは違い、「MA1」参加者たちは皆所属事務所が無い平凡な「一般少年」たちだ。 自分たちの周辺にいた平凡な少年たちが果たしてどのような無限の可能性を見せるのか期待が高まるサバイバルオーディション番組が5月から始まる。

No No Girls

SKY-HIが代表を務めBE:FIRSTやMAZZELなどが所属するBMSGが、ちゃんみなをプロデューサーに迎え新たなガールズグループのメンバーを発掘するオーディションプロジェクト「No No Girls」がこの夏に始動。 BMSG起業時からのスローガンである「才能を殺さないために。」そしてそれに共鳴したちゃんみなの「ただ、あなたの声と人生を見せてください。」という真っ直ぐなメッセージで新時代のアーティストとなりうる存在を募集するオーディション番組。

人気を誇るK-POPアイドルもオーディション番組から誕生

現在、絶大な人気を誇るTWICEも、2015年5月より新人ガールズグループの候補生7人と、その座を狙う練習生9人の激しい戦いを描くサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』から始まった。 オーディション番組では、アイドルになるための努力や苦労、葛藤を見ることができる。ときには、練習生同士のぶつかり合いが配信されることも。 「完璧な存在」ではなく、同じ人間として、アイドルを本気で目指す姿に、心を揺さぶられ、熱狂する。韓国発オーディション番組から目が離せない。
IVE対IVE ダブルタイトル曲「Accendio」のコンセプトは魔法少女!?
0

IVE対IVE ダブルタイトル曲「Accendio」のコンセプトは魔法少女!?

 | , , , , , ,  | 
先月、IVE(アイブ)の2本目のEP『IVE SWITCH』のタイトル曲の一つ「해야 (HEYA)」を掲げてカムバックしたIVEが、5月15日にもう一つのタイトル曲「Accendio」のMVをYouTube上に公開し、また新たに活動を本格化させた。 今回のコンセプトは魔法少女になったIVEのメンバーたちがテーマになっており、それを光とするならば、対して闇IVEといったような2種類のIVEがMVに登場する。 ストーリー性のあるMVはいろんな考察要素が盛りだくさんとなっていることからも、ファンたちからは「面白い」「こんなIVEを求めていた!」と絶賛の声が上がっている。 「해야 (HEYA)」でかなりの盛り上がりを見せたIVEだが、その歩みはまだ留まるところを知らなさそうだ。 今回はそんなIVEの新曲「Accendio」についてご紹介していこう。

映画のような仕上がりのMVに

IVE「Accendio」MV: プールに入っているメンバー達と、1人だけプールサイドに立ち尽くしているガウルのシーンから始まるミュージック・ビデオ。 どこか不安げなガウルの表情から、何が起こるのだろうと一瞬でMVに引き込まれる。 プールサイドから姿を消した後戻ってきたガウルが手にしていたのは、なんと魔法のステッキ。 ステッキの力によって変身を遂げ、魔法少女の姿になったIVEのメンバーたち。その完璧とも言える魅力的なビジュアルと、変身というどこか幼心くすぐられるコンセプトに心を奪われる人も多いのではないだろうか。 その後、元のステッキの持ち主であるダークな衣装に身を包んだIVEが、奪われたステッキを取り返しに訪れる。 光と闇のIVEらが繰り広げるダイナミックな戦闘シーンなど、まるで映画のようなストーリーが展開されていく、ユニークかつクオリティの高いミュージック・ビデオに仕上がっている。 今回演出を務めたのは韓国で最高のCM監督と言われているユ・グァングェンで、昨年発表された「Either Way」のMVも手掛けている。 幻想的な世界観の映像美で、IVEの魅力を最大限に引き出している。 IVE「Either Way」MV: 本作の「Accendio」では魔法少女という目新しいコンセプトもあって、まだ誰も見たことのない新たなIVEがお披露目されたのではないだろうか。

タイトル曲の製作陣も豪華すぎる

豪華なのはMVだけではなく、今回の楽曲の製作陣も同様だという。 「Accendio」は、なんとソングキャンプに参加した様々な作曲者のコラボレーションから生み出された楽曲であるとか。 中でも作詞家には、韓国で超絶な人気を誇る大物ラッパーGaeko(ゲコ)とこれまでのIVEの名曲を数多く誕生させたソ・ジウムが名を連ねている。彼らのプロフェッショナルが合わさった事で、IVEの個性が上手く活かされた一曲となった。 一方ダンスはダンスクルー「La China」と、BTS・Vとコラボしたとしても知られる「BEBE」のダンサー、パダが共作で手掛けた。 IVEらしさの一つでもある、優雅さを含んだコレオグラフィーがポイントとなっており、一糸乱れぬIVEの息の合ったパフォーマンスに目が釘付けになってしまう。 1the KILLPO IVE「Accendio」 Performance動画: 先日M COUNTDOWNで披露された「Accendio」のパフォーマンスも早速YouTube上にあがっているので、要チェックだ。 IVE「Accendio」 M COUNTDOWNでのPerformance動画: これからもっとたくさんのショーケースが披露されるのが楽しみだ。

リリース情報

IVE THE 2nd EP『IVE SWITCH』 2024年4月29日 リリース 収録曲: 해야 (HEYA) *タイトル曲 Accendio *タイトル曲 Blue Heart Ice Queen WOW RESET

ライブ情報

IVE THE 1ST WORLD TOUR 'SHOW WHAT I HAVE' IN JAPAN 開催日時: 2024年9月4日(水)開場16:00 / 開演18:00 東京ドーム 2024年9月5日(木)開場16:00 / 開演18:00 東京ドーム 詳しくはこちら:https://ive-official.jp/mob/index.php?site=DIVE&ima=2756
韓国 ITZY、日本シングル『Algorhythm』から収録曲「No Biggie」配信開始
0

韓国 ITZY、日本シングル『Algorhythm』から収録曲「No Biggie」配信開始

『2PM』『TWICE』『Stray Kids』『NiziU』など数々の有名アーティストを輩出させたJYPエンターテインメントより2019年2月に韓国からデビューした、5人組グローバルグループ『ITZY』(イッチ)。 5月15日にリリースするJAPAN 3rd Single『Algorhythm』から、収録曲「No Biggie」が先行配信スタートした。 リリックビデオも公開されたので、あわせて歌詞も堪能してほしい。 清涼感を感じるような爽やかな雰囲気をもった楽曲。逃げ出したい時や見失ってしまいそうな時には“No Biggie=たいしたことないわ”と言い聞かせて、乗り越えられるよう背中を押してくれる曲となっている。 ITZY 「No Biggie」 Lyric Video: https://youtu.be/-9ES0dKCqdU 配信URL: https://itzyjapan.lnk.to/Algorhythm

JAPAN 3rd Single『Algorhythm』への期待も

約6か月間で世界28都市・32公演のITZY 2ND WORLD TOUR 開催中で、世界を駆け巡っているITZY。 5月17日より始まる国立代々木第一体育館公演3days・大阪城ホール公演への期待、そして、JAPAN 3rd Single『Algorhythm』への期待が高まる。 『Algorhythm』CD購入者対象イベントは、サイン会や2ショット会など豪華イベントの内容なっている。

リリース情報

2024 年5月15日(水) ITZY JAPAN 3rd Single 『Algorhythm』 https://www.itzyjapan.com/feature/Algorhythm CD収録内容 ※全形態共通 Algorhythm No Biggie Algorhythm (Instrumental) No Biggie (Instrumental)
SHAUN、「Way back Home」等を収録したEP『For a While』がリリース
0

SHAUN、「Way back Home」等を収録したEP『For a While』がリリース

 | , , , ,  | 
シンガーソングライター、プロデューサー、DJとマルチな才能に溢れたアーティスト、SHAUNが4月26日、彼には日本初となるEP『For a While』をリリースした。 今回のEPは、2023年にリリースされた「Way back Home (Japanese Ver.)」をはじめ、SHAUNの代表曲「Bad Habits」、「Terminal」の日本語バージョン、そしてSHAUNが日本のファンのために作ったという日本オリジナル曲「For a While」を含む全4曲を収録したデジタルEPとなっている。 SHAUNは、自身としては初となる日本でのショーケースを3月に開催。先行配信シングル「Terminal (Japanese Ver.)」をはじめ、『For a While』の全収録曲をショーケースに来てくれたファンのために一足早く披露し、ファンの期待を高めた。 そんな『For a While』が本日リリースされることに伴い、SHAUN本人からEPについて以下のようなコメントが届いている。

SHAUN 本人コメント

昨年(2023年)、「Way Back Home (Japanese Ver.)」のリリース以降、多くの方々から応援と関心をいただきました。 そちらに応えたいという気持ちで、今後の日本活動に繋がるような企画を構想し、これまでにリリースした3曲と、新曲1曲を併せ、合計4曲のEPをリリースすることになりました。 「Way Back Home (Japanese Ver.)」以外に、私が過去リリースしたトラックの中、多くの日本の方々にも聞いていただいた「Bad Habits」と、個人的にずっと日本語バージョンを作りたかった「Terminal」を収録しました。 これまでの旅をリスナーの皆さんに聞かせたいという気持ち、そして今後の旅にリスナーの皆さんを招待するような気持ちで今回のEPを準備しました。そして、今回EPのリード曲「For a While」は、僕の2024年の第1四半期を忠実に記録していると思います。その記録は歌詞の内容だけに限定されず、楽器の音一つ一つと音楽的表現に溶け込んでいると思いますので、皆さんそれぞれの捉え方で、ある時は軽く、ある時は深く鑑賞していただきたいと思います。

リリース情報

SHAUN First Japan Digital EP 『For a While』 読み:フォー・ア・ワイル <トラックリスト> For a While Terminal(Japanese Ver.) Bad Habits(Japanese Ver.) Way Back Home (Japanese Ver.) ストリーミング、ダウンロードはこちら: https://lnk.to/forawhile_SHAUN 「For a While」 リリックビデオ:
BABYMONSTERなど4月のカムバも豊作!今注目のK-POPヨジャドル
0

BABYMONSTERなど4月のカムバも豊作!今注目のK-POPヨジャドル

今、絶賛賑わっているK-POP界では、ILLITの大々的なデビューが話題となったが、他にも注目のアーティストたちが新しい楽曲を提げて次々にカムバックしている。 どのグループも気になるところだが、今回はその中でも今絶対に知っておくべき女性アーティストたちを紹介したい。

BABYMONSTER 「SHEESH」

つい先日4月2日にリリースされ、YouTubeでは既に1億回の再生数を突破した今回の楽曲。 「SHEESH」は、1stミニアルバム「BABYMONS7ER」のタイトル曲であり、前回までの活動では不参加となっていたメンバーのアヒョンが参加し、正式に7人体制で臨むカムバックした楽曲だ。 Music Video: 韓国三代大型事務所の一つ、YGエンターテインメントに所属しており、BLACKPINKの妹分グループとして知られているBABYMONSTER(ベイビーモンスター)。 本楽曲では、そのYGならではの強気なヒップホップサウンドが最大限に生かされ、”完全体のBABYMONSTER、ここに現る。” といった攻めの姿勢が表されている。 タイトルに用いられている”Sheesh”という英語は、何かに驚いた時や感心した時に使われる感嘆詞であり、世界が今BABYMONSTERに”sheesh”と驚かされるときだ、という思いが込められているらしい。

BABYMONSTER プロフィール

韓国人3人(アヒョン、ラミ、ロラ)、タイ人2人(パリタ、チキタ)、日本人2人(ルカ、アサ)の計7人の多国籍ガールズグループ。 4年間の専門的なトレーニングを受けた後、YouTubeにて配信していたドキュメンタリーシリーズ「Last Evaluation」を経て最終的に7人構成でグループを結成。 ボーカル、ダンス、ラップ、ビジュアル、どこを取ってもレベルが非常に高く、BLACKPINKの後釜として、世界からも大きな注目を集めている。 Official site: https://yg-babymonster-official.jp/

KISS OF LIFE 「Midas Touch」

今までのKISS OF LIFEとはまた一味違った姿を披露した今回の楽曲。先日4月3日に発表され、YouTube上にもミュージックビデオを公開している。 Music Video: 4人のメンバーそれぞれが楽曲の雰囲気に合わせた衣装に身を包み、エレガントでセクシーキュートなビジュアルを魅せている。 2000年代を今風にオマージュした”Y2K”が流行っている昨今だが、この曲にはその頃を彷彿とさせるテイストが多く含まれているように感じる。まさに今のヒットを上手く狙いに行った一曲。 Midas touchとはギリシャ神話のミダス王が触れたものを全て黄金にしてしまう力を持っていたとされることからできた言葉。MVの中でもKISS OF LIFEのメンバーが触れたことで黄金に変わってしまう人が登場する。 MVのセットや衣装からは、2009年にリリースされたLady Marmalade(クリスティーナ・アギレラ、マイア、リル・キム、ピンク)の雰囲気がどこか感じられ、曲とMVどちらも2000年代を意識したのではないかと思われる。

KISS OF LIFE プロフィール

昨年、2023年にデビューしたS2エンターテインメント事務所所属の4人組韓国ガールズグループ。 メンバーは画像左から順にナッティ、ハヌル、ジュリー、ベル。 一作目のミニアルバム『KISS OF LIFE』では、それぞれの個人スキルが高過ぎる新人アーティストとして一躍話題になった。二作目の『Born to be XX』ではパワフルなステージパフォーマンスが注目を集め、年末の多様なアーティストが集う場でも圧巻のステージを披露した。 個人の個性が存分に生かされたソロ曲も人気を誇っており、今後は彼女たちの強みでもあるライブパフォーマンスがより期待されている。 KISS OF LIFE Official site: https://kissoflife-official.com/
K-POP界に新たな新星現る!超大型新人ガールズグループ「ILLIT」の魅力とは
0

K-POP界に新たな新星現る!超大型新人ガールズグループ「ILLIT」の魅力とは

昨今、各SNSで話題となっている新生K-POPガールズアイドルグループ「ILLIT(アイリット)」の魅力がスゴいと噂になっている。 2024年3月25日に1枚目のミニアルバム「SUPER REAL ME」のリリースと共にデビューを果たしたILLITは5人組の韓国アイドルグループである。 メンバーは韓国人メンバーのユナ(윤아)、ミンジュ(민주)、ウォンヒ(원희)と日本人メンバーのモカ(모카)、イロハ(이로하)で構成されている。2023年に放送されていたガールズグループサバイバル番組「R U Next?」を経て形成された本グループは、現在HYBE LABELSの傘下であるBELIFT LABに所属しており、今の韓国音楽シーンを彩る「SEVENTEEN」や「LE SSERAFIM」、他にもたくさんの有名アーティストやグループを手掛けるHYBE LABESの末妹グループとして、ILLITは今絶賛注目の的となっている。 今回のアルバムに収録されている楽曲の一つ「Magnetic」のパフォーマンス映像が公開されると、各メディアで「全員完璧な新人グループの誕生」「新曲なのに完成度が高すぎる」とたちまち話題になった。 パフォーマンス動画: 公式ミュージックビデオ:

「Magnetic」がデビュー曲として完璧すぎる理由

今回のデビュー曲「Magnetic」では、クールに振る舞いたくても好きな人の前では気持ちを隠せず、磁石がくっ付き合うように心が吸い寄せられてしまう女の子の恋心が描かれている。 淡い紫や白を基調としたセットや衣装が用いられ、「かわいい」コンセプトを強調しつつ、いき過ぎていないメンバーのヘアセットや、疾走感がありつつ軽くてポップなサウンドが施された楽曲が「クール」な部分を表しており、また新しいガールズコンセプトが登場したように思われる。 特にリズミカルで中毒性のあるサビ部分でのダンスが良すぎるとダンスカバー動画を投稿する人が続出している。 YouTube Short動画:https://youtube.com/shorts/WXmyVjUY1uA?si=a3IoRVAbXDRVbHD3 新人のデビュー曲として、楽曲、コンセプト、ダンスコレオグラフィーがそれぞれここまで上手く合わされば、完璧という二文字が浮かび上がってくるのも納得だろう。 それだけにとどまらず、個人のビジュアルそしてダンスや歌唱スキルを合わせてもやはり総合的にレベルが高く、その芸術点の高さに魅了されるファンも多いのではないだろうか。 Spotifyリンク:

気になる彼女たちの「これから」

そんな華々しいデビューを果たした彼女らだが、その直前にはなんとフランスのパリで開催されたファッションウィークに招待され、『Acne Studios FW24 Show』にて正式デビュー前の初お披露目を果たしている。 韓国国内に限らず、日本を超えて世界をマーケットに売り出していくHYBEの強気な姿勢が伺える。 既に海外ファン層も多く付いており、TikTokでは「#illit」というハッシュタグがとても多く使用され再生回数は2億回を突破。ILLITの時代が今、キテいる!と誰しもが感じているに違いない。 彼女たちを一目見てみたい!そんな方々へ日本での最新活動情報をいち早くシェアしていこう。 『Rakuten GirlsAward 2024 SPRING/SUMMER』へ出演決定 開催日時:2024年5月3日(金・祝) 開場13:00/開演14:30(予定) 開催場所:国立代々木競技場第一体育館 イベント公式HP:https://girls-award.com/ イベント公式SNS:https://twitter.com/GirlsAward ILLITが今後音楽業界にどんな風を巻き起こしてくれるのか、ますます期待は高まるばかりである。彼女たちのこれからの活躍に世界は目が離せない
aespa(エスパ)、初旅行に密着リアルバラエティがDVDリリース決定
0

aespa(エスパ)、初旅行に密着リアルバラエティがDVDリリース決定

グローバルに活躍している4人組グループaespa。 記念すべきの初旅行に密着し、キュートで初々しい4人の魅力が満載の韓国制作のリアルバラエティDVD「aespaのSynk Road」 の発売が決定した。 旅行の舞台は美しい自然と青い海が綺麗な韓国・カンウォンド<東海&平昌> オーシャンビューなキャンピングや、神秘的な自然と共にするアクティビティにもチャレンジし、彼女たちの全てが詰まったリアルで愉快な2泊3日の旅行記となっている。 ティザー映像も公開となったので、素の彼女たちの魅力が詰まった映像をぜひチェックしてみよう。

関連情報

2024年6月19日(水)Release 「aespaのSynk Road」 ご予約はこちらから:https://aespa.lnk.to/aespa_Synkroad
SMTOWNライブ、aespa・RIIZEなど出演!NCT WISH日韓同時デビュー
0

SMTOWNライブ、aespa・RIIZEなど出演!NCT WISH日韓同時デビュー

 | , , , , , , ,  | 

 

 

撮影:髙村祐介, 釘野孝宏

 

SMTOWNライブ、aespa・RIIZEなど出演!NCT WISH日韓同時デビュー

 

SM ENTERTAINMENTのアーティストが一同に会するSMTOWN LIVE。今回で通算20回目となる公演「SMTOWN LIVE 2024 SMCU PALACE@TOKYO」が、2月21日と22日の2日間、東京ドームで開催された。

 

そのオープニングを飾ったのは、日本で2月28日に「WISH」をリリースする、NCT最後の個別グループ・NCT WISH。昨年7月から9月にかけて放送されたプレデビューリアリティ番組「NCT Universe:LASTART」を通して結成されたグループだけに、既に日本でも人気沸騰中。メンバーの顔がモニターに映し出された瞬間に客席から大きな歓声が上がっていた。

 

そしてビートの効いた「NASA」とプレデビュー曲「Hands Up」をパフォーマンスすると、その歓声は高まるばかり。とても鮮烈な日本初ステージを果たしたのだ。

 

さらに日本開催のSMTOWN LIVEに初登場となったのが、昨年9月4日に正式デビューしたRIIZE。デビュー曲「Get A Guitar」はもちろん、1月に配信がスタートしたメロディアスな楽曲「Love119 (Japanese Ver.)」も観客が大合唱。彼らの人気の高さを証明してみせた。

 

 

著名アーティストも次々と登場

 

そんなフレッシュな魅力を炸裂させたグループがいる一方、長いキャリアを持つアーティストも次々と登場。

 

SMTOWN LIVEへの出演は8年ぶりだというチョウミはウニョク(SUPER JUNIOR)と「Mañana (Our Drama) (Feat. EUNHYUK)」を、さらにリョウク(SUPER JUNIOR)と「Starry Night (With RYEOWOOK)」をコラボレーション。久しぶりのステージで変わらぬ歌唱力を披露した...

 

 

 

 

韓国 ITZY、2nd ワールドツアー「BORN TO BE」の開催を発表!
0

韓国 ITZY、2nd ワールドツアー「BORN TO BE」の開催を発表!

 | , , , , ,  | 
『2PM』『TWICE』『Stray Kids』『NiziU』など数々の有名アーティストを輩出させたJYPエンターテインメントより2019年2月に韓国からデビューした、5人組グローバルグループ『ITZY』(読み方:イッチ)。 日本では昨年10月にITZY JAPAN 1st Album 『RINGO』を発売、2024年1月8日には韓国にてでカムバックをした。 そして、本日待望の2ND WORLD TOUR が発表された。2月24日ソウル公演を皮切りに、8月まで約6か月間で世界27都市をまわる最大級のコンサートが展開される。日本公演は5月18日(土)、19日(日)東京・国立代々木第一体育館にて公演決定だ。 昨年2月に日本で開催されたITZY THE 1ST WORLD TOUR以来、約1年3か月振りの公演におおきく成長したITZYへの期待が高まっている。

ライブ情報

《公演概要》 2024年5月18日(土) 東京・国立代々木第一体育館  開場17:00 開演18:00 2024年5月19日(日) 東京・国立代々木第一体育館  開場15:30 開演16:30 《チケット販売情報》 ■ 最速先行(MIDZY JAPAN W会員先行)2024年1月31日(水)10:00~2月8日(木)23:59    ■ 2次先行(MIDZY JAPAN会員先行)2024年2月9日(金)10:00~2月13日(火)23:59 ■ 3次先行(MIDZY JAPAN MOBILE会員先行)2024年2月14日(水)10:00~2月18日(日)23:59 チケット受付詳細はITZY 2ND WORLD TOUR in JAPAN特設サイトをご覧ください。 https://www.itzyjapan.com/feature/2nd_worldtour_BORNTOBE -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
TuneCore、韓国の音楽ストリーミングサービス Melonへ楽曲提供を開始
0

TuneCore、韓国の音楽ストリーミングサービス Melonへ楽曲提供を開始

音楽デジタルディストリビューションサービス TuneCore Japanが、韓国カカオエンターテインメントの音楽ストリーミング配信サービス「Melon」へ楽曲の提供を開始した。 「Melon」は韓国においてトップシェアを誇る韓国最大級の音楽ストリーミング配信サービスで、韓国の音楽マーケットにおいて非常に多くのリスナーへ音楽を届けている。 TuneCore Japanの韓国発音楽ストリーミング配信サービスの追加は、今年3月の「FLO」に続くものとなっており、近年さらなる盛り上がりを見せるアジア圏の音楽シーンに対して、今回の「Melon」の追加が、日本のインディペンデントアーティストの楽曲がより広まることに期待が集まっている。 なお、アーティストは、すでにTuneCore Japanを通して配信している楽曲においては追加料金なしに「Melon」へ追加配信することが可能となっている。 配信先の追加方法: https://support.tunecore.co.jp/hc/ja/articles/360007272011 詳細: https://www.tunecore.co.jp/news/453 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
ちゃんみな、一発撮りで韓国の人気YouTube番組『Killing Verse』に出演
0

ちゃんみな、一発撮りで韓国の人気YouTube番組『Killing Verse』に出演

 | , , , ,  | 
ちゃんみなが、チャンネル登録者数200万人を超える韓国の音楽YouTubeチャンネルDingo Freestyleが誇る人気番組『Killing Verse』に日本人アーティストして初出演を果たし、本日動画が公開された。 YouTube動画: 本チャンネルはメドレー形式のライブ歌唱を“一発撮り”かつ“ノーカット”で披露し、アーティストの高いラップスキルや歌唱力を臨場感たっぷりに楽しめる番組。これまでCLやZICO、CRUSHなど多くの人気アーティストが出演している番組である。 日本と韓国にバックグラウンドを持ち、日・韓・英の3言語を操るちゃんみなは、2022年に韓国語楽曲「Don’t go feat. ASH ISLAND」で韓国デビュー、先月11月24日(金)には韓国3rdシングルである「Biscuit」をリリースし、渋谷の街中で撮影したコンセプトビデオとともに反響を得ている。 公開された動画では、これまでリリースした韓国語楽曲の披露に加え、国を超えて愛されている代表曲「Never Grow Up」や「美人」、韓国国内でも人気の高い「ボイスメモ No. 5」など計8曲を披露。そして映像としては初公開となる「Biscuit」を披露している。 約2年ぶりの全国ツアー『AREA OF DIAMOND 2』が、12月17日(日)仙台公演を皮切りに、絶賛開催中のちゃんみな。来年3月には初の単独海外公演を台湾・香港・韓国で控えているなど、ますますグローバルな活躍が期待される。その勢いから来年も目が離せない。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern