FTISLAND

FTISLAND・CNBLUEがプロデュース、SF9のロウンがMCを務める日韓共同オーディション番組「THE IDOL BAND」が12月3日より放送決定!
0

FTISLAND・CNBLUEがプロデュース、SF9のロウンがMCを務める日韓共同オーディション番組「THE IDOL BAND」が12月3日より放送決定!

 | , ,  | 
FTISLANDとCNBLUEがプロデューサーとなり、SF9のロウンがMCを務める、グローバルデビューに向けた日韓合同アイドルボーイズバンド結成プロジェクト『THE IDOL BAND : BOY'S BATTLE』が、来たる12月3日(土)25時58分より初回放送されることが決定した。 「THE IDOL BAND」は全世界のポピュラー音楽をリードする実力とビジュアルを備えたアイドルボーイズバンドを探すオーディションプログラムだ。日本と韓国の現役バンド5組がプロデューサーとして、直接メンバーを選択・組み合わせ、チームを結成。グローバルファンの心を鷲掴む最高のバンドを作り上げる。その過程で繰り広げられるボーイズバンドの熾烈な競争と友情を映し出す。 番組のMCはSF9のロウンとIZ*ONE出身HKTの矢吹奈子が務める。またプロデューサーとして、韓国のバンドである、FTISLAND、CNBLUE、N.Flyingと、日本のバンドである、感覚ピエロ、KEYTALKが決定している。さらにスペシャルマスターとして、韓国国内最高のアイドルバンドの名門であるFNC ENTERTAINMENTの代表かつ統括プロデューサーを務めるハン・ソンホと、90年代を席巻した日本を代表する国民的人気バンド・シャ乱Qのリーダー兼ギタリストのはたけが参加する。 そうそうたるラインナップに期待が高まる『THE IDOL BAND』。この度、日本における放送日が決定した。地上波、CS、配信と多岐にわたるチャンネルで、『THE IDOL BAND』のデビューまでを届ける予定だ。 なお、地上波放送は12月3日(土)スタート。毎週土曜 深夜25:58〜26:28に放送される。 その他にも12月8日(木)から『プチブランチ』(毎週月曜~木曜あさ9時55分)内で毎週木曜にオーディションの様子を放送。CS放送 TBSチャンネルでは、12月11日(日)深夜25時から放送スタート。初回のみ120分、12月18日(日)からは90分の拡大版を毎週日曜に放送される。 また、TVer、TBS FREE 、GYAO!、Yahoo!では、地上波放送終了後に見逃し配信する。Paraviでは、地上波放送分に加え、CS放送 TBSチャンネルで放送した)0分版(初回120分予定)も見逃し配信される予定だ。 ■『THE IDOL BAND : BOY'S BATTLE』放送・配信日時 12月3日(土)25:58地上波放送スタート 12月8日(木)『プチブランチ』内コーナー放送スタート 12月11日(日)25:00 CS放送 TBSチャンネル放送スタート ※ 初回120分予定 12月3日(土)26:28 TVer、TBS FREE 、GYAO!、Yahoo! 、Paraviで配信スタート ■『THE IDOL BAND : BOY' S BATTLE』公式サイト https://theidolband.com/ ■『THE IDOL BAND : BOY' S BATTLE』公式SNS [公式YouTubeチャンネル「THE IDOL BAND BOY'S BATTLE」] https://www.youtube.com/channel/UCipj-gak-gbTa9eIdxopEtQ
-- 運営:Evening Music Records Inc.
FTISLAND、CNBLUE、日韓共同オーディション番組「THE IDOL BAND」の韓国サイドのプロデューサーに決定!
0

FTISLAND、CNBLUE、日韓共同オーディション番組「THE IDOL BAND」の韓国サイドのプロデューサーに決定!

 | , ,  | 
FTISLANDとCNBLUEが、日韓共同オーディション番組「THE IDOL BAND」の韓国サイドのプロデューサーに決定した。 「THE IDOL BAND」とは、全世界のポピュラー音楽をリードする実力とビジュアルを兼ね備えたアイドルボーイズバンドを探すオーディションプログラムだ。TBSと韓国SBSグループに加え、K-POPアイドルバンドの名門FNC ENTERTAINMENTによる共同大型プロジェクトになっている。 FTISLAND、CNBLUEは、今年から日本での活動を本格的に再開させ、それぞれが日本武道館を皮切りにファン待望のツアーを開催しライブも大盛況だ。日本と韓国の架け橋でもある彼らが本番組のプロデューサーに決定し、さらに盛り上がること間違いない。 グローバルアイドルバンドを発掘するため、「THE IDOL BAND」プロデューサーには、韓国サイドのプロデューサーとしてFTISLAND、CNBLUEの他にN.Flying 、日本サイドのプロデューサーとして感覚ピエロ・KEYTALK、スペシャルマスターとしてハン・ソンホ、はたけの決定も公開された。 また、本番組のMCには、ロウン(SF9)、矢吹奈子(元IZ*ONE / HKT48所属)も決定している。 「THE IDOL BAND」の韓国サイドのプロデューサーに決まった、FTISLAND、CNBLUE、N.Flyingは、これまで各グループのカラーに合わせてK-IDOL BANDの真髄を見せながら、グローバルで人気を集めるアイドルバンドだ。ここに日本サイドのプロデューサーとして合流することとなった、感覚ピエロとKEYTALKは、爆発的なロックサウンドとセルフプロデュースに長けたバンドで、ロックフェスティバルを含め、アニメーションやドラマの主題歌など幅広い活動を繰り広げている。 日本と韓国を代表するバンド5組が総出動し、次世代のアイドルバンドを発掘するという点で注目を集めている。特に彼らは、現在の音楽シーンで活発に活動し続けているだけに、プロデューシング能力だけでなく、先輩としてもアドバイスをしながら、参加者たちをグローバルなステージに導いていく予定だ。 ここにスペシャルマスターとして、韓国国内最高のアイドルバンドの名門であるFNC ENTERTAINMENTの代表かつ統括プロデューサーを務めるハン・ソンホと、90年代を席巻した日本を代表する国民的人気バンド・シャ乱Qのリーダー兼ギタリストのはたけが加わり、さらにパワーアップする予定だ。 実力とビジュアルどちらも兼ね備えたアイドルバンドとして、グローバルファンの愛を受けている5組と、日本と韓国のレジェンドプロデューサーが「THE IDOL BAND」のプロデューサーとして合流する中で、彼らの後を継ぐ「第2のアイドルバンド」に誰がなるのか、期待が高まっている。 グローバルファンの心を鷲掴む最高のバンドを作り上げる過程を描く「THE IDOL BAND」は12月中にTBSと、韓国SBS M、SBS FiLで放送されるので楽しみにお待ちいただきたい。
-- 運営:Evening Music Records Inc.
FTISLAND、3年ぶりのツアー開催で決意表明! たくさんのことが変わったけれど、FTISLANDの音楽は変わらない。
0

FTISLAND、3年ぶりのツアー開催で決意表明! たくさんのことが変わったけれど、FTISLANDの音楽は変わらない。

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

FTISLAND、3年ぶりのツアー開催で決意表明! たくさんのことが変わったけれど、FTISLANDの音楽は変わらない。

 

FTISLANDが、約3年ぶりとなるツアー『FTISLAND AUTUMN TOUR 2022 〜DOOR〜』を開催。10月5日の東京・日本武道館2Daysを皮切りに、名古屋、神戸で計5公演を行い、「歌詞でメッセージを伝えたい」と、インディーズ時代からの楽曲を含めた22曲でファンに想いを届けた。

 

FTISLANDはイ・ホンギ(Main Vocal)、イ・ジェジン(Bass & Vocal)、チェ・ミンファン(Drums)から成るロックバンド。メンバーの入隊やコロナ禍が重なり長く来日が叶わず、今年7月に『FTISLAND FANMEETING 2022 〜WELCOME〜』で2年10ヶ月ぶりに来日。そして今回、念願のライブツアーに至った。ここでは、10月6日の東京・日本武道館2日目の模様をレポートする。

 

3年ぶりのツアーを待ちわびていたファンは、メンバーの登場を手拍子で迎え入れる。SEの音楽が流れ、ステージ中央のDOORが開くと逆行でシルエットになった3人が登場。「Revolution」のイントロで両手を拡げたホンギ。力強いミンファンのドラムに乗って、ホンギとジェジンのツインボーカルで曲が進むが、久々のライブとあってホンギは少し緊張している様子。重いリズムの「Shadows」では語るように丁寧に歌いあげ、「GAME」、「TOP SECRET」と、徐々にギアを上げていく。

 

MCでは「急に寒くなったから、スタイリストさんがこの衣装を用意してくれたんだけど、暑いよね、かわいいけど」と鮮やかなピンクのダウンベストとグローブに言及し、会場を笑わせるホンギ。「武道館2日目、皆さんと会えてすごく楽しい気分です。声は出せないけれど、ここでは思い切り遊んでください」(ジェジン)、「僕たちは武道館で、そして日本でライブをするのが久しぶりで緊張もしていますが、楽しみな気持ちもいっぱいです。マスクなのは残念ですが、いっぱい動いたり、心の中で歌ったりして、いい思い出を作ってください」(ミンファン)と挨拶を...

 

 

 

FTISLAND、9月21日リリース新シングル「DOOR」の全曲ダイジェストトレーラー映像を公開。
0

FTISLAND、9月21日リリース新シングル「DOOR」の全曲ダイジェストトレーラー映像を公開。

 | , ,  | 
FTISLANDが9月21日にリリースする、日本19thニューシングル「DOOR」の全曲ダイジェストトレーラー映像が9月2日18:00より公開された。 FTISLANDとして4年ぶりとなるニューシングル「DOOR」は、目の前に広がる人生の様々な扉を自分らしく選び、未来を勝ち取ろうというメンバーの意気込みが感じられる楽曲になっている。今作には「DOOR」の他に「SCARLET」と「In the Room」の計3曲が収録されている。「SCARLET」はメンバー全員が作詞に参加し、燃え続けている彼らの情熱を熱く歌った1曲で、「In the Room」はイ・ホンギの切ない歌声が耳に残るFTISLANDならではのエモーショナルなバラード曲。 約3年ぶりとなるライブツアーの開催も発表され、ライブで盛り上がること間違いなしの楽曲が揃い、ますます期待が高まるニューシングル「DOOR」。全曲ダイジェストトレーラー映像では、彼らの思いが詰め込まれた収録音源をいち早く聴くことができるので、FTISLANDのジャパンオフィシャルYouTubeでぜひともチェックして、9月21日のリリースまで楽しみにお待ちいただきたい。 ■「DOOR」【全曲ダイジェストトレーラー】: ■「DOOR」 【OFFICIAL MUSIC VIDEO -Full ver.-】: -- 運営:Evening Music Records Inc.
FTISLAND、新曲「DOOR」の先行配信がスタート。LINE MUSICキャンペーン、iTunesプレオーダーも開始!
0

FTISLAND、新曲「DOOR」の先行配信がスタート。LINE MUSICキャンペーン、iTunesプレオーダーも開始!

 | , ,  | 
9月21日に、4年ぶりとなる日本19hシングル「DOOR」をリリースするFTISLAND。8月10日より先行配信がスタートしている。さらにはミュージックビデオも同日公開された。 FTISLANDとして4年ぶりとなるニューシングル「DOOR」は、目の前に広がる人生の様々な扉を自分らしく選び、未来を勝ち取ろうというメンバーの意気込みが感じられる楽曲。Music Videoには、そんな彼らがそれぞれ選んで切り開いてきた人生の様々な扉の向こう側から、やがてたどり着く輝く未来までのシーンがまるで一本の映画のように描かれている。 また、先行配信を記念して、LINE MUSICでの再生回数キャンペーンも本日からスタート!この「DOOR」を期間内に300回以上聴いて再生回数の表示されたスクリーンショットをTwitterに投稿すると、抽選で3名様に直筆サイン入りメンバー集合チェキが当たるというものだ。 詳しくは、ワーナーミュージック・ジャパン・オフィシャルサイトのFTISLANDキャンペーン詳細ページをチェックしてみて欲しい。 さらには、iTunesでは同楽曲も収録される「DOOR」のプレオーダーも開始している。約4年ぶりの日本リリースとなる、彼らの力強いメッセージをぜひ体感してみよう。 ■「DOOR」公式 MUSIC VIDEO: -- 運営:Evening Music Records Inc.
FTISLAND、9月21日発売ニューシングル「DOOR」Primadonna限定盤収録の特典DVDのティザーを公開!
0

FTISLAND、9月21日発売ニューシングル「DOOR」Primadonna限定盤収録の特典DVDのティザーを公開!

 | , ,  | 
FTISLANDが9月21日にリリースされる日本19thシングル「DOOR」のPrimadonna限定盤に収録される、特典DVDのティザーを公開した。 本ティザーは、ファンクラブ会員のみ購入できるPrimadonna限定盤の特典DVDに収録される、今年3月20日に行われた、『FTISLAND JAPAN ONLINE FANMEETING 2022 -LIGHT-』のライブ&トークダイジェストの模様となっている。 今年3月に除隊後初となる完全体で行われた、日本オンラインファンミーティングが収録されており、2021年12月に韓国でリリースの新曲「Unthinkable」など全6曲を披露したライブステージと、さらに面白さがパワーアップされたトークコーナーのダイジェスト、そしてステージの裏側を覗けるメイキング映像が収録された特典DVDの一部をひと足早くお届け。 ぜひティザーのチェックと合わせて、本映像を収録した「DOOR」 Primadonna限定盤を楽しみにしたい。 ▼「DOOR」 Primadonna限定盤特典DVD Teaser ▼「DOOR」 Primadonna限定盤のご予約はコチラ FNC JAPAN ONLINE STORE: https://store.plusmember.jp/fncstore/
-- 運営:Evening Music Records Inc.
FTISLAND、9月21日ニューシングル「DOOR」のリリースを記念し、購入者応募特典会の開催決定!
0

FTISLAND、9月21日ニューシングル「DOOR」のリリースを記念し、購入者応募特典会の開催決定!

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

FTISLAND、9月21日ニューシングル「DOOR」のリリースを記念し、購入者応募特典会の開催決定!

 

9月21日に約4年ぶりとなる日本19thシングル「DOOR」をリリースするFTISLAND。今作のリリースを記念した、豪華な購入者応募特典会が決定。

 

今作の特典会は、メンバーと直接会えるイベントを予定しており、A賞「プレミアム・サイン会」、B賞「フォトタイム・お見送り付きミート&グリート」の豪華2本立てのイベントを東京・大阪・名古屋の3会場にて開催することが決定...

 

 

 

FTISLAND、2年10ヶ月ぶりの来日イベント開催  除隊後初の日本シングル「DOOR」リリースとツアーを発表!
0

FTISLAND、2年10ヶ月ぶりの来日イベント開催 除隊後初の日本シングル「DOOR」リリースとツアーを発表!

 | , ,  | 
FTISLANDが、2年10ヶ月ぶりの来日イベント『FTISLAND FANMEETING 2022 ~WELCOME~』を開催。7月19日の大阪、21日の東京の2日間で計4公演を行い、以前と変わらぬ飾らない姿と、胸を熱くする音楽を届けてくれた。 FTISLANDはイ・ホンギ(Main Vocal)、イ・ジェジン(Bass & Vocal)、チェ・ミンファン(Drums)から成るロックバンド。メンバー入隊やコロナ禍が重なり来日できず、今回のファンミーティングが2019年夏の『2019 FTISLAND JAPAN ENCORE LIVE -ARIGATO-』以来の日本での単独イベントとなる。ここでは、7月21日の東京・LINE CUBE SHIBUYA昼公演の模様をレポートする。 スタートはライブパートから。センターに立つホンギの「カモン!」という掛け声で「AQUA」のイントロが始まる。一瞬目をつぶると、ニコニコした笑顔で歌うホンギ。ミンファンがたたき出すリズムに乗って体を動かしながらベースを弾くジェジン。シングアロングのパートでは声を出せない客席のペンライトの光が、同じ動きでホンギに向けて放たれる。FTISLANDは健在だ。1曲目の変わらぬ歌声とタイトなリズム、そしてこの会場の一体感で、2年10ヶ月の空白は埋まった……、そんな気がした。「いくぞー!」と勢いをつけて始まったのは、重く激しいリズムを刻む韓国曲「Take Me Now」。ロックバンドらしさが冒頭から爆発したセットリストに、「今回のミニライブは久々に皆さんに会うから、皆さんの声が必要な曲ばかり用意したのに……、声がきけない。寂しいです」とまだ声出しができない状況に残念そうなホンギ。ジェジンは「昨日、新しいベースを買いました。すごくバランスがいい音がする」と、新しいベースをお披露目。ミンファンは「僕のドラムは2年半日本で寝てました(笑)。久しぶりだけど、音がいい!」とご満悦の表情を見せた。 「声は出せないけれど、体を動かすのはいいんでしょ?」とホンギがいってダンスビートに乗せたナンバー「Champagne」に突入し、FTISLAND的パーティロック「FREEDOM」になだれ込んだが、この曲はホンギとジェジンのボーカルの掛け合いも楽しい。客席のファンもビートに合わせて体を揺らして、ジャンプ。たたみこむように「PUPPY」までを一気に駆け抜けた。ホンギは「さっきも言った通り、今回のセットリストのポイントは皆さんの声だったんだけれど、それができないから、今年、絶対にライブしたい!」と力強く宣言すると、客席からも大きな拍手が上がった。

日本19thシングル『DOOR』が9月21日にリリース

ライブパートのラスト2曲は、「Paradise」、「You Are My Life」のバラード曲。ホンギが「そのすべてが ぼくのすべて」という歌詞でジェジンを指さして、ジェジンがドギマギするというお茶目な一幕も見られた。 ライブの後は、トーク&ゲームのコーナー。過去12年間、20タイトルの日本ツアーでのMC映像を振り返るコーナーでは、2010年の『Hands Up!!』ツアーにFTISLANDの後輩という設定で登場したS.F Heroesの懐かしい映像も。S.F Heroesではパートチェンジで楽器を担当したが、ドラムを担当したホンギが「やってみて!」というひとことで、ドラムを生演奏。見事なスティックさばきで場を盛り上げた。2012年の『RUN!RUN!RUN!』ツアーでは、ミンファンの愛嬌映像がクローズアップされ、「俺らはこういうの苦手」というホンギまでも、大テレしながらかわいい愛嬌を披露した。 軍隊生活をふりかえるコーナーでは、入隊式でさわやかな笑顔を見せる写真にホンギが、「この日、朝5時まで飲んでいて記憶がない」と告白。入隊中に鍛えて、腹筋バキバキになった写真を披露したミンファンは、「この身体で除隊後にドラムソロを披露したかったんだけど、コロナでライブができなくて。今は戻ってしまって6パックが1パックに」と言ってファンを笑わせた。 韓国では除隊後の昨年12月、2年2ヶ月ぶりに「Unthinkable」でカムバック。再始動したFTISLANDについてホンギは、「僕らは日本ではインディーズから始めてバンドとして活動してきたけれど、韓国ではアイドルとしてスタートした。両方をいったりきたりして、自分のアイデンティティがわからなくなったこともあった。そんな時期を乗り超えて、今、メンバーたちと話しているのは、まだ時間はあるということ。30歳を超えたけれど、実力は落ちていないし、顔はまだ若いし(笑)、まだ成長している。だから俺らには自分たちが好きな音楽や、ファンのみんなが好きな音楽を作る時間がたくさんあると思っている。久々の活動再開だから、ファンのみんなが好きな感じで、どこか新しいFTISLANDが感じられる曲を作ろうと話していて。日本の新曲もすでに作りました。韓国ではアルバムという形ではなく、次々曲をリリースするプロジェクトをやろうと思っています」と、今後の音楽的な展望を話してくれた。そして、「次の日本のシングルはヤバイです!」という心強い発言も。「3曲全曲、ハンパなく好き。たくさんの作曲家さんの曲から選びました。昔から“なんでバンドなのに自作じゃない曲をやるの?”と言われてきたけれど、“プロの作曲家が俺らをイメージして作ってくれたカッコいい曲を俺らが自分のものにできればいいんじゃない?”って気持ちがずっとあって。だから僕はいい曲をもらって、勉強したい。自分たちのものにするのは、自信があるから」と激白した。 この日、その自信満々という除隊後初となる日本19thシングル『DOOR』が9月21日にリリースされることが発表されたが、ティザー映像を見て「俺、めっちゃ顔がムクんでる!」というホンギらしい発言も。そして10月には東京、愛知、兵庫でツアー『FTISLAND AUTUMN TOUR 2022 ~DOOR~』が開催されることも発表。さらに、「ジェジンの誕生日(12月17日)に、『FNC KINGDOM』(事務所フェス)もあります。久々に事務所のみんなに、俺らとPrimadonna(FTISLANDのファンの総称)を見せたい。まぁ、時間があったら来てください」と、ここでもホンギらしい発言が飛び出した。 最後は、「日本に来て、すごく嬉しかった。僕らにとって慣れている国だし、いろんな時間を皆さんと過ごしてきたことを日本に着いた瞬間に思い出して感動しました。その気持ちを忘れずにこれからも頑張りますので、最後まで一緒に行きましょう」(ジェジン)、「3年間会えなくて、“昔と変わっちゃった?”って心配しているかもしれないけれど、ぜんぜん変わっていません。変わったのは、ちょっと歌が上手くなったくらい(笑)。僕らはただ皆さんと遊びたかったって気持ちを伝えたくて来た。今日は声が出せなかったけれど、次のツアーでは! でも今日『FREEDOM』のブレイクを忘れていたみたいだから、DVDで復習してきて。次は失敗しちゃダメだよ(笑)」(ホンギ)、「本当に会いたかったです。コロナという大変なことがありましたが、皆さんが無事で、こうして会うことが出来てよかったです。日本活動もたくさんありますので、これからも“よろしぴょん!”」(ミンファン)という挨拶で締めくくった。 「よろしぴょん」は、19日の大阪公演でホンギが使い、ファンが広めてTwitterのトレンドワードになったもの。久々の来日ながら、その日本語力に衰えなし。本人たちも言っていた通り、まだまだ成長している彼ら。これからの日本活動での更なる活躍に期待したい。 取材・文/坂本ゆかり
-- 運営:Evening Music Records Inc.
FTISLANDが2年6ヶ月ぶりに日本活動を再開。オンラインファンミーティングが3月20日に開催決定!
0

FTISLANDが2年6ヶ月ぶりに日本活動を再開。オンラインファンミーティングが3月20日に開催決定!

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

FTISLANDが2年6ヶ月ぶりに日本活動を再開。オンラインファンミーティングが3月20日に開催決定!

 

ロックバンドFTISLANDが、除隊後初となるオンラインファンミーティング「FTISLAND JAPAN ONLINE FANMEETING 2022 -LIGHT-」を3月20日(日)に開催することが決定。本日よりチケット販売を開始した。

 

FTISLANDは、2019年8月〜9月開催の「2019 FTISLAND JAPAN ENCORE LIVE -ARIGATO-」を境に、入隊のため日本活動を一時休止。昨年メンバー全員が除隊を迎えると、韓国でソロ・グループ共に精力的な活動を行い話題に。日本での活動にも期待が高まる中オンラインファンミーティング発表となった。FTISLANDの日本イベントは、2年6ヶ月ぶり...

 

 

イ・ホンギ(from FTISLAND)9月22日発売ソロアルバム『Drawing』より、リード曲「Found me」MV公開!
2

イ・ホンギ(from FTISLAND)9月22日発売ソロアルバム『Drawing』より、リード曲「Found me」MV公開!

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

イ・ホンギ(from FTISLAND)9月22日発売ソロアルバム『Drawing』より、リード曲「Found me」MV公開!

 

今年4月に除隊し、6月にオンラインソロファンミーティングで日本活動を再始動させたFTISLANDのボーカル、イ・ホンギ。9月22日にリリースされる日本3rdソロアルバム『Drawing』より、リード曲「Found me」のMusic Videoを公開した。

 

「Found me」は、気負うことなく、これまでの自分を見つめ直し、これからの自分に期待しながらリスタートを切ろうという前向きなメッセージが込められた楽曲。韓国にてオールロケで撮影されたというMusic Videoは、楽曲の世界観を表すように壮大な自然の中でのびのびと歌うホンギと、後半につれて日が暮れていく美しい映像美が見どころとなっている。20代のエネルギッシュな音楽とは違う、成熟した今のホンギだから描ける”力強くも温かい音楽”に注目してほしい。

 

また、「Found me」は本日より先行配信がスタート。キャンペーン対象のサブスクリプション(音楽配信)サービスで「Found me」を聴いたり、アルバムの事前デジタル予約を行うと、ホンギのサインプリント入り生写真が当たるキャンペーンに参加することができる。
FTISLAND、ベストライブDVD / Blu-ray(9月29日発売)より、日本公演での爆笑日本語トークを堪能できるMCダイジェスト映像公開!
1

FTISLAND、ベストライブDVD / Blu-ray(9月29日発売)より、日本公演での爆笑日本語トークを堪能できるMCダイジェスト映像公開!

 | , , ,  | 
今年日本デビュー11周年を迎えたFTISLANDが、9月29日に発売するDVD/Blu-ray『FTISLAND BEST LIVE SELECTION 2010-2019』のMCダイジェスト映像を公開した。 2010年5月19日のメジャーデビューから現在に至るまで日本で開催してきたライブ全19ツアー131公演を対象に、選りすぐりのセットリストで再構成した究極のベストライブDVD/Blu-ray『FTISLAND BEST LIVE SELECTION 2010-2019』。本日公開されたMCダイジェスト映像では、2010年に開催された「Zepp Tour -Hands UP!!-」から、初の日本武道館公演となった2011年の「2011 Summer Final -Messenger-」、そして2019年に開催された入隊前最後のライブ「2019 Japan Encore Live -ARIGATO-」まで、約9年間の日本公演の中から厳選されたライブMC映像をダイジェストで公開!流ちょうな日本語で会場を盛り上げたり、ギャグを交えてファンの笑いを誘うなど、バンド演奏とは一味違うFTISLANDのユニークな一面を楽しむことができる。 今作は、通常盤DVD(3枚組)、通常盤Blu-ray(2枚組)、Primadonna盤DVD(3枚組)、Primadonna盤Blu-ray(2枚組)の全4形態で展開。全形態共通仕様として、ライブ本編に加え、60分に渡るMCダイジェストを収録するほか、Primadonna盤には、本編未収録の2013年から2019年までのFNC KINGDOM(FNC ENTERTAINMENT所属のアーティスト総出演のファミリーコンサート)映像をたっぷり収録した特典DVDがセットされる。 封入特典は、ジャケット写真をプリントしたポストカード。FTISLAND歴代のライブ映像商品のパッケージ写真19種より1種ランダムで封入される。また、FNC JAPAN ONLINE STOREで購入すると、ポストカードに加えて、もれなく歴代のライブ映像商品のパッケージ写真で構成されたクリアファイルをプレゼント! さらに、MCダイジェストの公開を記念してFTISLAND JAPAN OFFICIAL Twitterでは、「心に残るFTISLANDライブMC」と題したSNSキャンペーンを実施!キャンペーン参加者の中から抽選で、日本公演時に撮影したメンバーのソロチェキがプレゼントされる。参加方法などの詳細は、FTISLAND JAPAN OFFICIAL Twitterを確認してほしい。 一足先に除隊したボーカルのイ・ホンギが、日本3rdソロアルバム『Drawing』の9月22日リリースを発表。さらに、8月1日には、ベースのイ・ジェジンが除隊を控えているなど、完全体としての活動にも注目が集まるFTISLAND。今後のグループ活動にも注目してもらいたい。 【リリース情報】 FTISLAND 『FTISLAND BEST LIVE SELECTION 2010-2019』 発売日:2021年9月29日  通常盤DVD(3枚組) WPBL-90576/8 ¥5,500(税込) 通常盤Blu-ray(2枚組) WPXL-90249/50 ¥6,600(税込) Primadonna盤DVD(3枚組) FNDV-10057/9 ¥7,150(税込) Primadonna盤Blu-ray(2枚組) FNBD-10015/6 ¥8,250(税込)
FTISLAND、ベストライブDVD・Blu-rayを9月29日発売。メンバーの成熟した魅力を感じられるライブティザー映像を公開!
0

FTISLAND、ベストライブDVD・Blu-rayを9月29日発売。メンバーの成熟した魅力を感じられるライブティザー映像を公開!

 | , , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

FTISLAND、ベストライブDVD・Blu-rayを9月29日発売。メンバーの成熟した魅力を感じられるライブティザー映像を公開!

 

今年日本デビュー11周年を迎えたFTISLANDが、9月29日に発売するDVD/Blu-ray『FTISLAND BEST LIVE SELECTION 2010-2019』のティザー映像(2)を公開した。

 

2010年5月19日のメジャーデビューから現在に至るまで日本で開催してきたライブ全19ツアー131公演を対象に、選りすぐりのセットリストで再構成した究極のベストライブDVD/Blu-ray『FTISLAND BEST LIVE SELECTION 2010-2019』。本日公開されたティザー映像(2)では、2016年に開催された「Arena Tour -Law of FTISLAND : N.W.U-」から、2019年に開催された入隊前最後のライブ「Japan Encore Live -ARIGATO-」まで、アーティストとして成熟した彼らの持つエネルギーを感じてもらえるステージをダイジェストで堪能することができる。

 

今作では、ライブパフォーマンスのクオリティの高さだけでなく人間味溢れる魅惑のMCまで、FTISLANDの約9年間のライブの軌跡を辿る映像の数々を収録。通常盤DVD(3枚組)、通常盤Blu-ray(2枚組)、Primadonna盤DVD(3枚組)、Primadonna盤Blu-ray(2枚組)の全4形態となっており、全形態共通仕様として、ライブ本編に加え、60分に渡るMCダイジェストも収録!さらにPrimadonna盤には、本編未収録の2013年から2019年までのFNC KINGDOM(FNC ENTERTAINMENT所属のアーティスト総出演のファミリーコンサート)映像をたっぷり収録した特典DVDがセットされる。

 

封入特典は、ジャケット写真をプリントしたポストカード。FTISLAND歴代のライブ映像商品のパッケージ写真19種より1種ランダムで封入される。さらに、FNC JAPAN ONLINE STOREで購入すると、ポストカードに加えて、もれなく歴代のライブ映像商品のパッケージ写真で構成されたクリアファイルをプレゼント!

 

先日は、一足先に除隊したボーカルのイ・ホンギが、日本3rdソロアルバム『Drawing』9月22日リリースを発表。同じく9月にはメンバー全員が除隊し、完全体としての活動にも注目が集まるFTISLAND。彼らの今後の活躍から目が離せない。