BTS

BTS V・キムテヒョンのソロ曲「Inner Child」のメッセージが深いワケ…
0

BTS V・キムテヒョンのソロ曲「Inner Child」のメッセージが深いワケ…

 | , , , , , ,  | 
今、世界的にもトップアーティストとして名高いBTS(防弾少年団)。 そんな大人気グループの中においても、異彩を放つ存在であるのが「V」(キムテヒョン)だ。彼は世界で最もハンサムな顔ランキングの常連者とも言え、2018年に世界1位となった時には、名実ともに世界的なビッグネームアーティストとして名声を得ることになった。 また、同時にすごいと言えるのは、2018年のハンサムな顔ランキングにおいては、以下の様に1〜4位をBTSメンバーが独占していることだ。韓国K-POP勢の恐るべき人気度合いがうかがえる結果となっている。 1位 BTS キム・テヒョン(V) 2位 BTS パク・ジミン 3位 BTS チョン・ジョングク 4位 BTS キム・ソクジン(ジン) 5位 GOT7 ワン・ジャクソン 6位 俳優 サム・ヒューアン 7位 歌手 キム・ヒョンジュン 8位 俳優 キアヌ・リーヴス 9位 ヴァイオリニスト デイヴィッド・ギャレット 10位 BTS ミン・ユンギ(シュガ) 11位 BTS チョン・ホソク(J-Hope) 12位 BTS キム・ナムジュン(RM) 13位 俳優 エイダン・ターナー 14位 俳優 ジェンセン・アクレス 15位 俳優 ロバート・パティンソン そんなBTSのV(キムテヒョン)がリリースしたソロ曲「Inner Child」のメッセージ性が深いと話題となっている。 ◆Inner Clind(内なる子供)に込められたメッセージとは... 同曲のタイトルとなっている「Inner Child(内なる子ども)」は、BTSのV(キムテヒョン)が子供時代に受けたネガティブな経験によりダメージを受けた時に感じたという、「隠さなければならなかった真の自分の姿」という意味を示している。これをあらわす様に、同曲でVが過去の辛さを乗り越え、自分自身を愛することを赤裸々に歌っている。 このメッセージが込められた楽曲の歌詞にBTSのファンは心を打たれているようだ。 ツイッターでは同じような経験をしたARMY(BTSのファン)が、自身について語る文を掲載し、話題となってきていた。過去の自分ポジティブに肯定し、自分を見つめ直すという意味が込められたハッシュタグ「#InnerChildChallenge」を使用した、自身の心境をシェアするムーヴメントが広がるなど、世界的にも影響を与えてきた。 アーティストが発信するメッセージによって、前向きな気持ちになれ救われる場面は、人生誰しも一度は経験することがあるかと思う。まさに、音楽で世界を救う姿を体現している様だ。2020年はさらに精力的に活動を続けているBTS(防弾少年団)。これからの動きにも注目したい。 ※ BTS(防弾少年団): Inner Child( https://youtu.be/nt4f4pPCEFs ) --- 運営:Evening Music Records株式会社
BTSや元Wanna One パク・ジフンなど、韓国男性アイドルがコスメのプロモーションをすることによる効果と影響は?
0

BTSや元Wanna One パク・ジフンなど、韓国男性アイドルがコスメのプロモーションをすることによる効果と影響は?

◆ BTSや元Wanna One パク・ジフンなど、韓国男性アイドルがコスメのプロモーションをすることによる効果と影響は? 今や多数の韓国コスメブランドが日本に軒並み進出していて、女性なら一度は韓国ブランドの化粧品を手にしたことがあるでしょう。今回は韓国男性アイドルとコスメのプロモーションについて書いていきます。 ◆ 韓国だと男性がティントのプロモーションをするのが普通?  現代は男性がメイクをすることも寛容に受け入れられる時代になってきました。ですが、日本ではジャニーズ所属のアイドルなど、男性俳優も近年ではクレンジングや化粧水といったスキンケア用品のCMに起用されるようになりましたが、コスメのイメージモデルやCMキャラクターをやっているのは未だ女性が主に務めていますよね。  一方韓国では、BTSやWanna Oneなどの男性アイドルがファンデーションやティントを実際に使用し、コスメブランドのモデルを務めていることが少なからずあります。日本でも新大久保や韓国コスメを置いているショップに入ると男性アイドルがモデルを務めるコスメのポスターを多く見かけることができます。 ◆ 何故男性アイドルを起用するのか  では何故、韓国では男性アイドルをコスメのイメージモデルに起用するのでしょうか。  それは、商品に購入特典を付ければ特典が欲しくて買いたいという購買意欲を誘うのも理由の一つではあると思いますが、韓国は言わずと知れた美容大国。性別関係なく美容全般に対する価値観が日本より比較的寛容なことと、男性アイドルもステージメイクは女性とあまり変わらないほどの色使いの目元や口元のメイクを施しているためか、男性の“色を使う”メイクに対する違和感が日本ほどないのかもしれません。 「このアイドルが使っているコスメを自分も使いたい」というアイドルへの憧れを抱くのはもはや女性アイドルに限った話ではなく、ファンなら男性アイドルのコスメ事情に対しても興味を持つので、男性アイドルをコスメのイメージモデルに起用するのはかなり宣伝効果が高いと言えます。 ◆ メイクは女性だけのものという概念はもう古い!  ここまで述べてきたように、近年では男性がメイクをすることに対する価値観が若年層を中心に徐々に寛容的に変わりつつあります。コスメのプロモーションに男性アイドルを起用すること対してアプローチのターゲットが男性じゃないにしろ、男性がイメージモデルをやることによって男性がメイクをすることに対する抵抗感は男女共に減っていくのではないでしょうか。 ◆ ジェンダーニュートラルな韓国コスメ「ラカ」に注目  韓国アイドルのコスメプロモーションの起用とは関係ないが、性別関係なく使える韓国コスメブランド「ラカ(LAKA)」が日本で公式販売を開始。性別関係なく使いやすいカラー展開になっています。ラカも積極的に男性モデルを起用したプロモーションを行っており、シンプルな印象を受けるコンセプトとデザインがジェンダーニュートラルで使いやすいという印象をうかがえます。  男性のメイクに対して日本ではまだ世間的に浸透はしていないが、男女共に使えるコスメブランドの進出によって男性のメイクが一般的になっていくのか注目です。 --- 運営: Evening Music Records株式会社