BTS

BTS「I NEED U」韓国リリース首位獲得から6年間で成し得たコトとは…
0

BTS「I NEED U」韓国リリース首位獲得から6年間で成し得たコトとは…

 | , , ,  | 
韓国のBig Hit Entertainment所属のBTS(防弾少年団)は、今や世界的な名声を得たグローバルアーティストだ。 アジア圏のアーティストとして史上初、全米の「ビルボード200」チャートで2作連続1位を記録するなど、名実ともにその人気を欲しいままにしている人気アーティストだ。彼らは、ここまで名声を得ることができた理由はいくつかあるが、いわゆる歌って踊るアイドルグループで止まるのではなく、メンバー全員が作詞作曲までを自ら行い、リリースする楽曲に積極的に介入することで知られる。謂わば、アーティスト兼プロデューサーとも言える様な役割を主体的にこなすと言うマルチな才能を持ったグループと言える。 BTSが、韓国の音楽番組チャートで初めて首位を獲得したのは「I NEED U」と言う楽曲だ。同曲は、2015年4月に韓国でリリースされ、各音楽番組で1位となるなど大きな反響を呼び、"終わりに向かって堕落する愛を捕まえようと焦る心を表現している。「I NEED U」のリリースからは、2021年の現在では約6年間が経過しているのだが、彼らがこの6年間で成し得た功績とはどの様なコトがあるだろうか...? ▼ 世界で最も権威のあるビルボードチャートでの功績 まず、BTS(防弾少年団)の最大の功績としては、アメリカでもっとも権威ある週間アルバムチャートチャート「ビルボード」で、2018年5月に防弾少年団のアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』が初登場1位を獲得したことが挙げられるだろう。 今まで韓国のアーティストで世界的な人気を得たアーティストは、BIGBANGなどを初め存在していたが、実績としてそのトップの成果を得たのは、BTSが最初である。 これは、アジア及び韓国人アーティストで初めて成し遂げた偉業として世界中でニュースとなり、さらに、その3ヶ月後に発売された『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』で2度目のビルボード初登場1位となったことで、自ら作った記録を更新したと言う逸話付きだ。また、全米1位の歌姫ホールジーや、世界的DJであるスティーブ・アオキなどとのコラボ楽曲のリリースや、世界的な影響力の強いジャスティン・ビーバーとの交流など、全米アーティストも注目するK-POPグループに登りつめた。 当初は、ここまでの展開を誰しも予期し得なかった速度で人気が拡大していった訳だが、それを成立させた戦略は「グローバル視点」と「楽曲の良さ」であると言える。 ▼ 「グローバル視点」と「楽曲の良さ」とは 各種メディアで取り上げられているが、韓国の音楽はグローバル視点だ。 これは良くも悪くも、音楽事務所が最初から、韓国の国内音楽マーケットだけでなく世界の市場を視野に入れたプランを考え動いていると言う事になるのだが、BTSの成功要因のひとつに間違いなく入ってくる要素だ。世界の音楽マーケットは、2018年時点では米国が1位、日本が2位、3位がイギリスと言う状況で、韓国は6位である。世界的に見れば、韓国の音楽市場は成長マーケットであるが発展途上的であり、より大きな成果を得るのであれば米国や日本の市場を狙うのが定石なのだ。 このため、韓国の音楽プロデューサーは、各国で好まれる音楽的な特徴を研究し、最新リリース曲にも反映させることに加え、マーケティング観点ではSNSを駆使し、現地法人スタッフなどを中心に自然な形でアーティストが認知される環境を整えている。さらに、アーティストの教育においても、養成所に入った段階からダンス・ボーカルスキルに加え、語学教育にも力を入れるのだ。 そして、次に、楽曲の良さが挙げられる。 これは世界の音楽トレンドに即した原曲レベルでの良さも勿論あるが、各国の言語翻訳版のリリースやMVの展開などにもその対応が見て取れる。アーティストとしては、ボーカル・ダンスレッスンに、各国の言語パートを覚えたり、ステージングの打ち合わせなど、枚挙にいとまの無い忙しさとなるだろうが、その細かい努力が結果にも繋がっている。 なお、昨年末にリリースされたBTSのニューアルバム『BE (Deluxe Edition)』は、最も「BTS」らしい音楽が収められた作品となっている。 "新しい日常の中でも私たちの人生は続く" というBTS自身のストーリーから始まり、ファンと世界へ向けた癒しの言葉を伝えるアルバムとなっており、彼らのこの6年間の活動の結晶が詰まっていると言えるだろう。 グローバルアーティストとしての楽曲の世界にぜひ浸ってみて欲しい。 -- 運営:Evening Music Records Inc.
BTS ジョングク 梨泰院の一戸建てを7億6000万円で購入。広すぎる邸宅とは…
0

BTS ジョングク 梨泰院の一戸建てを7億6000万円で購入。広すぎる邸宅とは…

 | , , ,  | 
BTS(防弾少年団)のジョングクが、韓国のソウル 龍山(ヨンサン)区梨泰院洞(イテウォンドン)にある一戸建てを購入したことが話題となっている。 1月4日、韓国の新聞社であるEtoday( https://www.ettoday.net/ )は、「ジョングクは昨年11月、梨泰院にある2階の一戸建てを76億3,000万ウォン(約7億2650万円)で購入した」と報じている。 ジョングクが購入した住宅は、延べ面積230.74平方メートル、敷地面積637平方メートルの規模である様で、その広さにも注目が集まっていた。また、BTSの宿舎として知られた漢南(ハンナム)ザ・ヒルとは車で5分距離であるとのことだ。 世界を飛び回り活躍するアイドルグループで不動の人気を誇るジョングクが心を休める場所として選んだ邸宅に相応しい条件と言えるだろう。 なお、ジョングクは2018年に19億5,000万ウォン(約1億8,500万円)で購入したマンションである「ソウルの森ツリーマゼ」を、購入から2年後に20億5,000万ウォン(約1億9,500万ウォン)で売却しており、1億ウォン(約952万円)の差益を得ている。 今回の戸建ては額が額であるだけに、今後の動きにも注目だ。 -- 運営:Evening Music Records Inc.
BTS、2020年に世界を制した「Dynamite」の裏にある投資戦略とは…
0

BTS、2020年に世界を制した「Dynamite」の裏にある投資戦略とは…

 | , , ,  | 
2020年、最も音楽シーンで世界を動かしたアーティストは誰だろうか? この問いに答えるには、彼らの名前を置いては難しいだろう。そう。そのアーティストはBTSだ。言わずもがな、彼らはBig Hit Entertainmentに所属し、世界の音楽シーンでも最高の評価を得ているK-POPアーティストだが、2020年を通してその活躍は目覚しく、日本の音楽業界にはない影響力を持っていると言わざるを得ない程の活躍ぶり出会った。 2020年8月20日にYouTubeで公開された新曲「Dynamite」は、公開から僅か3ヶ月少しで 7.3億再生を超えるレコードを叩き出しており、その実力が分かることに加え、Spotifyにてリリース日に1,260万回の再生を記録するなど、初日再生数でSpotify史上最大のヒットとなっている。また、US iTunesでも1位を獲得し、Billboard Hot 100でもBTSとして初めて1位を獲得した後、9週連続でトップ10入りするという記録続きの状況であった。 ※ BTS「Dynamite」動画: https://youtu.be/gdZLi9oWNZg まさに、世界の音楽ファンの期待に応え続けているBTSだが、どのようにしてこれ程までの人気を得ることが出来たのだろうか...? ▼ 潤沢な資金力とグローバル視点 BTSの世界的なヒットの裏には、特に2つの理由があると推察される。 1つは、潤沢な資金力だ。彼らが所属するBig Hit Entertainmentは、今年の10月15日に韓国株式取引所への上場を果たしており、BTSファンであるARMYを中心とした「BTS株」の爆買い現象が起こったことも記憶に新しいと思う。もちろん、話題性自体の凄いのだが、韓国の音楽レーベルやレコード会社やマネジメント会社は、確りとした投資戦略を持って音楽活動を展開していることに注目すべきだろう。 ※ 参考記事: 「BTS株」が韓国の若者を株式投資に走らせた「ヤバイ理由」とは...( https://evening-mashup.com/archives/70116 ) 日本の音楽レーベル等ではあまり聞かないかも知れないが、アーティストも謂わば投資対象のビジネスとして投資家から資金調達を行い、世界の音楽リスナーの肥えた耳や目でも魅了するレベルの作品制作ができる環境を整えているのだ。日本の音楽業界における一般的な感覚からすると、アーティストが創造する音楽作品に対して、大規模な資金調達が出来るのかと思われるかも知れないが、グローバル視点でのヒット作品を飛ばすための投資であるとすれば話はまた別だろう。 BIGBANGがそうであったように、K-POPが目指す先は世界の音楽マーケットであるために、韓国株式市場から見ても成長戦略が明確化されているアーティストへの投資は、実際に魅力的なリターンが得られやすいビジネスとも言える。 ▼ 世界の音楽マーケットへのアクセス そして、2つ目はグローバル視点だ。 BTSだけでなく、K-POPが目指す音楽マーケットとしてはグローバル市場であることが多い。実際に、韓国アーティストは幼少期から、英語をはじめとした言語教育をマネジメント企業の育成機関で教え、インタビューでも流暢な英語で受け応えが出来るアーティストが多い。この基準が世界基準で活躍できる最低限の水準であるとも言えるだろう。 また、楽曲のエッセンスとしても、米国の音楽トレンドをはじめとし、今好んで聞かれている音楽制作の動向をK-POPとして吸収し、彼らの音楽としてアレンジして作品をリリースしている。ひと昔前には「K-POPは米国音楽のマネ」と言われた時期もあったが、現在では確りと「K-POP」というジャンルで認知され聴かれている。これは、グローバル視点で最新の音楽を研究し、その耳が評価せざるを得ないレベルにまで音楽作品を磨いた結果と言えるだろう。 このような「投資に基づく潤沢な資金」「グローバル視点での音楽リリース」が生み出した結果であると推察できるが、日本国内のアーティストにおいてもBTSと同じ水準で戦えるアーティストが登場して欲しいところだ。ただ、この実現には、投資とグローバル視点の2つのワードが重要になってくることは間違いない。 -- 運営:Evening Music Records Inc.
韓国発の世界的スター BTSがビルボードチャート初登場で1位!トップスピードで駆け抜ける彼らの偉大さ
0

韓国発の世界的スター BTSがビルボードチャート初登場で1位!トップスピードで駆け抜ける彼らの偉大さ

韓国のカルチャーが今、世界を席巻している。 その立役者としてあげられるのは、いうまでもなくBTS(防弾少年団)であろう。ここ数十年においては日本でも、韓流ブームなどがあったように、韓国のカルチャーはアジア圏を中心に広まっていた。 だが、そういった韓国のカルチャーは、アジア圏を飛び越えていくことはなかった。 しかし、2010年代になって突如現れたBTS(防弾少年団)は、例のように日本でブームを呼び起こしたことに加えて、世界をも揺るがせることに成功した。  彼らの新曲「Dynamite」は、ついに世界で権威あるビルボードチャートでも初登場1位を達成した。もはや、誰もが認める世界的アーティストとなったBTS(防弾少年団)。 彼らの勢いはもはやとどまることを知らないものとなっている。 ◆ 新曲「Dyanamite」はそれまでのBTSとは別物?新しい顔を覗かせるBTSの可能性は無限大か。 BTS(防弾少年団)は、一般的なイメージで言えば、韓国のボーイズアイドルグループという括りで当てはめられるだろう。そして、彼らの音楽はジャンルで言えばヒップホップの色が濃い。ダンスミュージックをベースにして、ヒップホップをエッセンスとして加えた音楽はこれまで多くの人を魅了してきた。 だが、今回の新曲「Dynamite」は、今までのBTS(防弾少年団)とは一線を画している印象がある。 曲調としては、今までよりもさらにライトに、ポップ調になったダンスミュージックと言ったところであろうか。 バブリーな豪勢さを感じさせつつも、誰もが口ずさめるような親しみやすさを感じさせるこの曲は、これまでのBTS(防弾少年団)にはなかった新しい一面を見出すことができる。ヒップホップだけが彼らがなす音楽ではなく、あらゆるジャンルの楽曲をも表現できることを示している様だ。 今、世界で最も勢いがあるといっても過言ではないBTS(防弾少年団)は、今後も韓国のカルチャー史に残るような活躍を果たしていくに違いない。韓国では、他にもBLACKPINKなどのグループもまた世界で人気を集めていて、同じくものすごい勢いで躍進している。 今後、世界規模で、韓国のカルチャーは重要トピックとなるだろう。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
7週連続企画最終回! “神写真集” BTS『Dicon BEHIND THE SCENE』プレミアム動画第7弾「JUNGKOOK」を公開!
0

7週連続企画最終回! “神写真集” BTS『Dicon BEHIND THE SCENE』プレミアム動画第7弾「JUNGKOOK」を公開!

大ヒットしている韓国のワールドアーティスト・BTSの写真集『Dicon BEHIND THE SCENE ~僕たちが一緒なら砂漠も海になる~』。 アメリカ・LAで撮り下ろされた327枚の写真と、7人が「過去・現在・未来」について語りつくした1万字にもおよぶインタビューを収録した本作はファンの間で“神写真集”“BTSのバイブル”と絶賛されています。HMV&BOOKS onlineで2020年上半期売り上げ1位(男性部門)を記録した本作ですが、そのオフショットを撮影したプレミアム動画をメンバー別に7週連続で公開中です。 第1弾はRM、第2弾はSUGA、第3弾はJ-HOPE、第4弾はJIN、第5弾はV、第6弾はJIMIN、そして最終回は「黄金マンネ(最強の末っ子」と愛され、すべてを完璧にこなす才能を持つJUNGKOOKです。 ※ プレミアム動画URLはこちら https://www.youtube.com/watch?v=TaUTEe2ekKI ◆ 商品概要はこちら 商品名:「BTS(防弾少年団)写真集『Dicon BEHIND THE SCENE ~僕たちが一緒なら砂漠も海になる~』オリジナル JAPAN EDITION」 ※ 所属事務所であるビッグヒットの正式な許諾・協力のもと出版元のDispatchが制作・販売したもので、光文社がDispatchならびに韓国を代表する新聞社であるスポーツソウルと契約を交わし日本国内で販売するものです。 発売:光文社 発売日:2019年12月9日 定価:5,500円+税(別途、送料がかかる場合があります) 内容:①豪華仕様220P大ボリューム写真集 ②オリジナルカードセット15枚 ③ポストカードセット10枚 ④日本語翻訳冊子(※全メンバーの超ロングインタビュー&結成エピソードを収録) ※ 販売サイトURL https://kokode.jp/(光文社公式ECサイト「kokode.jp」) -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
世界的アーティストの地位を獲得したBTS。大ヒット曲「Stay Gold」を収録した新アルバム「MAP OF THE SOUL」の完成度
0

世界的アーティストの地位を獲得したBTS。大ヒット曲「Stay Gold」を収録した新アルバム「MAP OF THE SOUL」の完成度

 | , , ,  | 
韓国発の世界的アーティスト BTS。 日本でも防弾少年団というネームで知られる、大人気ボーイズグループである。 特に日本においてはこれまでも、"韓流”というのはブームを起こしてきた。日本を飛び越えて、アジア圏には韓流のブームが長い期間象徴的となってきた。 だが、BTSは前例を超えて、世界に認められるアーティストとなった。世界の権威あるビルボードチャートで一位の座を記録し、その名を知らしめて以降、アメリカや欧米圏でのツアーも次々と成功させた。韓流を世界にのし上げた、それがBTSである。 そんな勢いにのったBTSは2020年、新アルバム「MAP OF THE SOUL:7~ THE JOURNEY ~」をリリースしている。日本でも大ヒットを記録した「Stay Gold」を筆頭に収録した本作は、BTSの今後のキャリアを彩る大作となっている。 ◆ BTSの皮を剥いだ!?新たなアイデンティティ形成、再び世界へ 例えばこれまでの日本において韓流ブームといえば、ブームといえども一部の熱狂的なファンが盛り上がっているだけ、という印象が無くもなかった。 特に女性ファンが中心に盛り上がっているけど、男性陣は置いてけぼりといったような、かなり偏りのあるブームという印象もあった。 だがBTSに関してはやはり違う。彼らのファンはやはり女性層はメインとなるものの、男性ファンのそうも相当に厚い。BTSの音楽はかなり男色の強いヒップホップである。特に初期ではその色が濃く出ており、いわゆる男ウケ要素も高いものがあった。新アルバムではその音楽性も変えつつあるが、男性女性問わず夢中になれるような一作である。 彼らは韓流という分野のレンジの広さ、それを世界に知らしめた存在である。 そういった意味ではやはりBTSは前例にない、最前線を走る韓流アーティストだ。 今後もますます楽しみである。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
BIGBANGのG-DRAGONや、BTS(防弾少年団) のRMも。トップアーティストの印税事情とは…
0

BIGBANGのG-DRAGONや、BTS(防弾少年団) のRMも。トップアーティストの印税事情とは…

 | , , , , ,  | 
BIGBANGのG-DRAGONをはじめとする、天才クリエイター及びアーティストは世界広しと言えども、稀有な存在だ。 そんな彼らのお金事情は気にならないだろうか。 韓国 K-POP業界において、絶大な人気とカリスマ性を誇り、兵役や数々のスキャンダル、所属事務所のYGエンターテインメントの一連の騒動から代表の辞任など、挙げるとキリがない程の話題でいっぱいのG-DRAGONだが、世間では大変な苦境に立たされているイメージが強いかも知れない。 が、やはりトップアーティストである所以か。彼らの著作権料をはじめとするお金事情は浮世離れしている... ▼ 印税だけで年間 数億ウォンの収入... 韓国 K-POPシーンでも、間違いなくナンバーワンの著作権収入の権利者であるBIGBANGのG-DRAGONは、年収 14億ウォン(約1億3000万円)とも言われている。 まさに彼の才能によるところなのだが、常時これだけの収入が自然に入ってくる環境を普通の生活では想像できないだろう。 だが、この実力も納得できるのは、彼の楽曲制作能力にある。G-DRAGONが初めて一人で作詞・作曲した楽曲は、BIGBANGのヒット曲「LIES」( https://youtu.be/2Cv3phvP8Ro )だ。 今では10年以上も前の楽曲となったが、2008年に公開された同楽曲は、処女作とは思えない程のクオリティの高さだ。現代の若手ミュージシャンの中でも、この魅力とカリスマ性のある楽曲制作をするのは至難の技だろう。 加えて、G-DRAGONは1つの作品だけで終わらず、コンスタントに名曲を生み出し続けたから驚きだ。 ▼ BTS(防弾少年団)のRMも... また、有名なところでは、BTS(防弾少年団)のリーダーであるRMも、高額著作権料取得者として挙げられる。 パフォーマンスにおいて、彼のラップセンスは目を見張るものがあるのだが、さらに凄い実力を持っている。それは、作曲能力だ。ざっと挙げるだけでも、「Spring Day」「Boy With Luv」「DNA」「IDOL」など136曲の著作権を持っていると言う。ここまで紹介すれば、分かると思うが、プロデュースワークに長けているリーダーあってのBTS(防弾少年団)なのだと理解できるだろう。 また、RMは純粋に頭が良い様だ。IQは148と知的指数も申し分なく、TOEICでも800点台を中学生時に記録するなど、いわゆるエリート的な側面も垣間見える。天は二物も三物も与えているワケだ。 とは言え、作曲やプロデュースなどのクリエイティブな仕事は、外見としては華やかだが、実際自らが創る立場に置かれると苦しさが分かると言う物だ。正解はないし、評価をしてもらう相手は"世界"だ。そして、コンスタントに良作を生み出し続けられるかなどの保証は何もない。いわば、言葉を選ばず礼を挙げるとすれば、日雇い労働者よりも安心できない職業かも知れない。 そんな世界で生き、ファンと世の中を感動させるために生み出す活動を続けている。 その結果として報われた結果と考えれば、納得もいくかも知れない。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
BTS 新曲” Stay Gold “MVをYouTubeプレミア公開。YouTubeの急上昇ランキングにも…
0

BTS 新曲” Stay Gold “MVをYouTubeプレミア公開。YouTubeの急上昇ランキングにも…

BTSが、6月26日18時より新曲「Stay Gold」のMVをYouTubeプレミア公開した。 「Stay Gold」は、7月15日にリリースとなる日本4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』のリード曲で、6月19日18時に全世界同時先行配信された楽曲だ。公式YouTubeチャンネルでは、日本語verが公開されており、急上昇ランキングにも名を連ねるなど、世界的な話題となっている。 また、同曲は、6月19日18時に全世界同時先行配信され、日本、アメリカ、イギリス、ブラジル、フランス、インドなど84の国と地域のiTunesトップソングチャートで1位を獲得している。 まさに新曲チャートのトレンドを牽引している状況だ。 ▼ BTSの凄さの秘密とは... ここまでコンスタントに世界的なヒットを生み出すアーティストグループは類を見ないと言えるだろう。 K-POPが世界的なアーティストとしての人気を得た戦略には、様々な成功要因があるが、一番はアーティストとファンのコミュニケーションの在り方を世界標準に合わせたと言う点にあるのかも知れない。 BTSは売り出し方としては、アイドル的な側面があるのは事実だが、メンバーによる楽曲の制作スキルやダンスパフォーマンスのレベルも一級品であるなど、いわゆるアイドルと言うには勿体無い代物だ。 決してアイドルが悪いと言う訳ではないが、米国の音楽業界水準から言うと、やはり偶像的アイドルだけでは世界的には通用しないのが現実だろう。その一線を超えるアーティストとしてのスキルセットを兼ね備えている必要があるのだ。 ▼ BTS「Stay Gold」リリース情報 <予約販売サイト> BTS JAPAN OFFICIAL SHOP: https://bts-official.jp/shop/ UNIVERSAL MUSIC STORE: https://store.universal-music.co.jp/artist/bts/ ■ 関連リンク BTS 公式ホームページ: https://bts-official.jp/ BTS ユニバーサルミュージック公式ページ: https://www.universal-music.co.jp/bts/ -- 運営:Evening Music Records株式会社
BTSスペシャルパッケージコールドブリューコーヒー 2020年6月24日(水)から順次全国発売決定!
0

BTSスペシャルパッケージコールドブリューコーヒー 2020年6月24日(水)から順次全国発売決定!

 | , ,  | 
株式会社プランプラス(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:陰 泳畯)は、「BTS スペシャルパッケージ Hy コールドブリューアメリカーノコーヒー」を、2020 年 6 月 24 日(水)から実店舗でも順次全国発売いたします。 BTS スペシャルパッケージHyコールドブリューアメリカーノコーヒーは、BTSのアルバム 『MAP OF THE SOUL : 7』コンセプトフォトを使用し、合わせて7種デザインされております。 また、コーヒー自体も、厳選されたエチオピア産、ホンジュラス産の最高級のコーヒー豆を50:50の比率で合わせて、常温の水を使って高圧で抽出した最高級の水出しコーヒーです。 2020年6月24日(水)から、札幌市内のスーパーやドラッグストアを皮切りに、順次全国の大手コンビニやドラッグストア、スーパーなどで販売します。 この機会にぜひ、ご賞味ください。 ▼ 商品情報はこちら 商品名  : Hyコールドブリューアメリカーノコーヒー 容量   : 1本 270 ml(1箱 24本入り、メンバー7人がランダムに入っている) 賞味期限 : 1年 (常温) 価格   : 小売価格 1本 450円 (税別) 輸入者  : 株式会社プランプラス
”現在開催中”「オンラインサマソニ」で公開された2015年のBTSのライブ映像。激レア映像に多くのファン歓喜。
0

”現在開催中”「オンラインサマソニ」で公開された2015年のBTSのライブ映像。激レア映像に多くのファン歓喜。

毎年夏の恒例イベント・SUMMER SONICを運営する会社 クリエイティブマンが新たな試みを行なっている、 それは「オンラインフェス」の開催である。具体的に、クリエイティブマンはこれまでのサマソニのライブ映像の中から、厳選したものをYoutubeにてプレミアム公開しているのだ。 すでに公開しているライブ映像はMr.Children・BTS、今後はLinkin Park・Metallica ・Arctic Monkeys・The1975 が予定されている。 まさに豪華アーティストの並びとなっている中で、本稿ではBTSについて取り上げたい。 BTSといえば今は世界的アーティストとなっている。本国韓国や、韓流ブームの続く日本にとどまらず、世界各地でライブを行っては盛況を見せるなど今とにかく勢いのあるアーティストである。 そして今回「オンラインサマソニ」で公開されているBTSの映像は2015年の時のものである。彼らがまだ今ほどの地位を獲得していなかった時のものであり、今とは違う BTSの姿もうかがえる。そんな、激レア映像となっている。 ▼ 今ではありえない? BTSがサブステージでのフェス出演・・ 今ではもうありえないことである。BTSがフェスに出演するとなればメインステージ、及びはヘッドライナー的な存在としての出演もほぼ確実である。 そんなBTSが2015年にサマソニに出演した時、彼らはRAINBOW STAGEというサブステージでの出演であった。 このステージは、アーティストとファンの距離も近く、サブステージであることからキャパも相応に限られている。そんな臨場感溢れるステージで、BTSはパフォーマンスをしていたのだ。 曲目も今とはだいぶ違う。当たり前のことかもしれないが、当時は防弾少年団として日本では名前が通っていたように、今のBTSとはまるで違う存在のようにも見える。 そんな当時のBTSを映像で観れるとは、大変貴重な機会である。この映像は、 BTSの長年のファンにも、そうでない人にとっても必見である。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
BTS V・キムテヒョンのソロ曲「Inner Child」のメッセージが深いワケ…
0

BTS V・キムテヒョンのソロ曲「Inner Child」のメッセージが深いワケ…

 | , , , , , ,  | 
今、世界的にもトップアーティストとして名高いBTS(防弾少年団)。 そんな大人気グループの中においても、異彩を放つ存在であるのが「V」(キムテヒョン)だ。彼は世界で最もハンサムな顔ランキングの常連者とも言え、2018年に世界1位となった時には、名実ともに世界的なビッグネームアーティストとして名声を得ることになった。 また、同時にすごいと言えるのは、2018年のハンサムな顔ランキングにおいては、以下の様に1〜4位をBTSメンバーが独占していることだ。韓国K-POP勢の恐るべき人気度合いがうかがえる結果となっている。 1位 BTS キム・テヒョン(V) 2位 BTS パク・ジミン 3位 BTS チョン・ジョングク 4位 BTS キム・ソクジン(ジン) 5位 GOT7 ワン・ジャクソン 6位 俳優 サム・ヒューアン 7位 歌手 キム・ヒョンジュン 8位 俳優 キアヌ・リーヴス 9位 ヴァイオリニスト デイヴィッド・ギャレット 10位 BTS ミン・ユンギ(シュガ) 11位 BTS チョン・ホソク(J-Hope) 12位 BTS キム・ナムジュン(RM) 13位 俳優 エイダン・ターナー 14位 俳優 ジェンセン・アクレス 15位 俳優 ロバート・パティンソン そんなBTSのV(キムテヒョン)がリリースしたソロ曲「Inner Child」のメッセージ性が深いと話題となっている。 ◆Inner Clind(内なる子供)に込められたメッセージとは... 同曲のタイトルとなっている「Inner Child(内なる子ども)」は、BTSのV(キムテヒョン)が子供時代に受けたネガティブな経験によりダメージを受けた時に感じたという、「隠さなければならなかった真の自分の姿」という意味を示している。これをあらわす様に、同曲でVが過去の辛さを乗り越え、自分自身を愛することを赤裸々に歌っている。 このメッセージが込められた楽曲の歌詞にBTSのファンは心を打たれているようだ。 ツイッターでは同じような経験をしたARMY(BTSのファン)が、自身について語る文を掲載し、話題となってきていた。過去の自分ポジティブに肯定し、自分を見つめ直すという意味が込められたハッシュタグ「#InnerChildChallenge」を使用した、自身の心境をシェアするムーヴメントが広がるなど、世界的にも影響を与えてきた。 アーティストが発信するメッセージによって、前向きな気持ちになれ救われる場面は、人生誰しも一度は経験することがあるかと思う。まさに、音楽で世界を救う姿を体現している様だ。2020年はさらに精力的に活動を続けているBTS(防弾少年団)。これからの動きにも注目したい。 ※ BTS(防弾少年団): Inner Child( https://youtu.be/nt4f4pPCEFs ) --- 運営:Evening Music Records株式会社
BTSや元Wanna One パク・ジフンなど、韓国男性アイドルがコスメのプロモーションをすることによる効果と影響は?
0

BTSや元Wanna One パク・ジフンなど、韓国男性アイドルがコスメのプロモーションをすることによる効果と影響は?

◆ BTSや元Wanna One パク・ジフンなど、韓国男性アイドルがコスメのプロモーションをすることによる効果と影響は? 今や多数の韓国コスメブランドが日本に軒並み進出していて、女性なら一度は韓国ブランドの化粧品を手にしたことがあるでしょう。今回は韓国男性アイドルとコスメのプロモーションについて書いていきます。 ◆ 韓国だと男性がティントのプロモーションをするのが普通?  現代は男性がメイクをすることも寛容に受け入れられる時代になってきました。ですが、日本ではジャニーズ所属のアイドルなど、男性俳優も近年ではクレンジングや化粧水といったスキンケア用品のCMに起用されるようになりましたが、コスメのイメージモデルやCMキャラクターをやっているのは未だ女性が主に務めていますよね。  一方韓国では、BTSやWanna Oneなどの男性アイドルがファンデーションやティントを実際に使用し、コスメブランドのモデルを務めていることが少なからずあります。日本でも新大久保や韓国コスメを置いているショップに入ると男性アイドルがモデルを務めるコスメのポスターを多く見かけることができます。 ◆ 何故男性アイドルを起用するのか  では何故、韓国では男性アイドルをコスメのイメージモデルに起用するのでしょうか。  それは、商品に購入特典を付ければ特典が欲しくて買いたいという購買意欲を誘うのも理由の一つではあると思いますが、韓国は言わずと知れた美容大国。性別関係なく美容全般に対する価値観が日本より比較的寛容なことと、男性アイドルもステージメイクは女性とあまり変わらないほどの色使いの目元や口元のメイクを施しているためか、男性の“色を使う”メイクに対する違和感が日本ほどないのかもしれません。 「このアイドルが使っているコスメを自分も使いたい」というアイドルへの憧れを抱くのはもはや女性アイドルに限った話ではなく、ファンなら男性アイドルのコスメ事情に対しても興味を持つので、男性アイドルをコスメのイメージモデルに起用するのはかなり宣伝効果が高いと言えます。 ◆ メイクは女性だけのものという概念はもう古い!  ここまで述べてきたように、近年では男性がメイクをすることに対する価値観が若年層を中心に徐々に寛容的に変わりつつあります。コスメのプロモーションに男性アイドルを起用すること対してアプローチのターゲットが男性じゃないにしろ、男性がイメージモデルをやることによって男性がメイクをすることに対する抵抗感は男女共に減っていくのではないでしょうか。 ◆ ジェンダーニュートラルな韓国コスメ「ラカ」に注目  韓国アイドルのコスメプロモーションの起用とは関係ないが、性別関係なく使える韓国コスメブランド「ラカ(LAKA)」が日本で公式販売を開始。性別関係なく使いやすいカラー展開になっています。ラカも積極的に男性モデルを起用したプロモーションを行っており、シンプルな印象を受けるコンセプトとデザインがジェンダーニュートラルで使いやすいという印象をうかがえます。  男性のメイクに対して日本ではまだ世間的に浸透はしていないが、男女共に使えるコスメブランドの進出によって男性のメイクが一般的になっていくのか注目です。 --- 運営: Evening Music Records株式会社