ネクストブレイク

福岡のインディロックバンド aldo van eyck(アルドファンアイク)、10月25日にアルバム『dead shot dan』をリリース!
0

福岡のインディロックバンド aldo van eyck(アルドファンアイク)、10月25日にアルバム『dead shot dan』をリリース!

 

 

© aldo van eyck

 

福岡のインディロックバンド aldo van eyck(アルドファンアイク)、10月25日にアルバム『dead shot dan』をリリース!

 

あらゆるジャンルを駆使し唯一無二のサウンドや圧倒的ライブパフォーマンスを披露する福岡の4人組バンドaldo van eyck(アルドファンアイク)が、10月25日にアルバム『dead shot dan』をリリースした。

 

 

全20曲を収録したアルバム

 

タイトル『dead shot dan』は三大喜劇王バスターキートンの「The Goat」から引用され、過激な表現の中にシニカルでクールな笑い、可愛さや甘さを持った彼の作品からインスピレーションを受けて制作されている。

 

覚醒をテーマとして硬質で重いテクノやヒップホップなどのクラブミュージックのような無機質な質感を持ったロック『Black Box』やギターのサカグチを中心に制作された...

 

 

 

 

claquepot「recruitment [2CD]」を12月20日にリリース決定!リリース・ライブのZepp Shinjuku開催も決定
0

claquepot「recruitment [2CD]」を12月20日にリリース決定!リリース・ライブのZepp Shinjuku開催も決定

 | , ,  | 
2022年12月にアルバム「the test」をリリースし、大阪と横浜で行ったZeppツアーも大盛況となったclaquepotの新作「recruitment [2CD]」が、12月20日にリリースされることが決定した。 デジタル・リリースした「spacefeat. 竹内アンナ」「detox」「ターコイズドリップ」を含む、都会的なチルアウトR&Bを中心とした楽曲を収録したEPと、今年1月に開催された「claquepot live tour2023 -the test-」神奈川公演のライブを収録したライブCD付の2CD仕様。 リリースを記念して、タワーレコードでは缶バッジ、HMVではクリアファイルの先着特典が決定している。さらに、数量限定のclaquepotの写真や、記事をまとめた本(ZINE付の限定ヴァージョン)「2CD+ZINE」も、SPACE SHOWER STOREで予約が開始されている。 また、写真家 Yohji Uchidaによる新アーティスト写真も公開されている。 claquepot「recruitment [2CD]」 クラックポット 「リクルートメント [ツーシーディ]」DDCB-12369 | 2023.12.20 Release 2CD [3,500 Yen+Tax] Released by SPACE SHOWER MUSIC SPACE SHOWER STORE|claquepot「recruitment [2CD+ZINE]」(数量限定) https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=3278

ライブ情報

2024年2月04日(日)にリリース・ライブ「claquepot -recruitment- release live」を東京・Zepp Shinjukuで開催も決定。チケットの販売も開始している。 「claquepot -recruitment- release live」 2024.02.04 [Sun] Open 17:00 / 18:00 Start Zepp Shinjuku, Tokyo1F Standing 6,600 Yen / 2F Standing 6,600 Yen ※ claquepot official appで最速チケット先行受付実施中。 アプリのDLは以下リンクをご参照ください iOS [ https://apps.apple.com/jp/app/claquepot-official-app/id1582845724 ] Android [ https://play.google.com/store/apps/details?id=com.crayon.claquepot&hl=ja&gl=US&pli=1 ]

claquepot プロフィール

1987年6月28日生。R&B/SOULをベースとしたダンサブルで都会的なPOPサウンドを奏でるシンガーソングライター/プロデューサー。2019年2月「むすんで」からリリースを開始。2021年4月には、Rung Hyang、向井太一と共にEP「PARK」をリリース。表題曲の「PARK」は、☆TakuTakahashiのリミックスもリリースされている。2022年12月には、Novel Core、田邊駿一(BLUE ENCOUNT)のゲスト参加に加え、アレンジでShin Sakiura、Nenashiらも参加したファースト・アルバム「the test」をリリース。リリースライブとなるZeppツアーを大阪と横浜で行い、大盛況となった。2023年5月「space feat. 竹内アンナ」、8月「detox」10月「ターコイズドリップ」をSPACE SHOWER MUSICリリース。 Twitter [ https://twitter.com/claquepot ] Instagram [ https://www.instagram.com/claquepot_official ] YouTube [ https://youtube.com/c/claquepot ] claquepot「ターコイズドリップ」 Digital | 2023.10.04 Release | DDCB-12369_3 | Released by SPACE SHOWER MUSIC [ https://ssm.lnk.to/TurquoiseDrip ] claquepot「detox」 Digital | 2023.08.23 Release | DDCB-12369_2 | Released by SPACE SHOWER MUSIC [ https://ssm.lnk.to/detox ] [ https://youtu.be/ke2N30J6Xy8 ] claquepot「space feat. 竹内アンナ」 Digital | 2023.05.17 Release | DDCB-12369_1 | Released by SPACE SHOWER MUSIC [ https://ssm.lnk.to/space ] [ https://youtu.be/Tu0eXuWeQjI ] -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
ラッパー・トラックメイカーの Joe Cupertino、シングル「EMERALD / SOUL」をリリース!
0

ラッパー・トラックメイカーの Joe Cupertino、シングル「EMERALD / SOUL」をリリース!

 

 

© Joe Cupertino

 

ラッパー・トラックメイカーの Joe Cupertino、シングル「EMERALD / SOUL」をリリース!

 

ジャンルをクロスオーバーするラップスタイルで進化し続けているラッパー / トラックメイカーのJoe Cupertinoが、セルフ・プロデュースによる2曲入りの配信シングル「EMERALD / SOUL」をリリースした。

 

タイトル曲である「EMERALD」はアフロビートを彷彿とさせるトラックの上で、恋愛における人間の余計なことをしてし まう心理をテーマに、Joe Cupertino らしいラップが堪能出来る楽曲。 B面の「SOUL」は一つのサンプルをループさせた、シンプルな構成になっており、A 面とは対照的にラップの踏韻、 言葉選びとフローでいかに印象が変わるかという半実験的な楽曲となっている。

 

 

三章仕立てのMVも公開

 

さらに、同日、リリースされた楽曲「EMERALD」を含めたそれぞれのパートごとに異なる楽曲を使用した三章仕立てのMVも...

 

 

 

 

今最も注目の音楽プロデューサー、Yaffleがニューシングル『exported_file_1』を配信開始!ラッパーのTed ParkとLAでコラボした2曲を収録!
0

今最も注目の音楽プロデューサー、Yaffleがニューシングル『exported_file_1』を配信開始!ラッパーのTed ParkとLAでコラボした2曲を収録!

TOKA所属のプロデューサーYaffle(小島裕規)。話題のアーティストを数多くプロデュースし、映画やCM音楽などでも活躍が目覚ましい彼が、2曲入りダブルエーサイドシングル『exported_file_1』をリリースした。

作品について

自身のアーティストプロジェクトでこれまでも世界中を渡り歩いて現地アーティストとコラボしてきたYaffle。 今作は、ロサンゼルスで行ったコライトから生まれた楽曲で、韓国系アメリカ人のラッパー、Ted Park(テッド・パーク)とのコラボレーション。テッドの独特なリズムのラップがYaffleのビート上をフローするサウンドは、これまでのYaffleにない化学反応を引き起こし、チルで心地良いヒップホップトラックに仕上がっている。 今年2月に名門ドイツ・グラモフォンからリリースされた前作『After the chaos』のポスト・クラシカルのアプローチからは打って変わり、期待を良い意味で裏切る作品になっている。あえて大掛かりなポストプロダクションは施さず、その場で作り上げたデモの空気感をそのまま書き出した”ファイル”を楽しんでもらいたい。

配信シングル情報

アーティスト名:Yaffle タイトル:『exported_file_1』 発売日:2023年10月18日(水) 発売元:Picus Records 試聴購入はこちら : https://nex-tone.link/exported_file_1 収録曲 1. moonlight feat. Ted Park 2. Cry feat. Ted Park

Yaffle(ヤッフル)プロフィール

TOKAのプロデューサーとして、藤井 風やiri、SIRUP、小袋成彬、eill、adieu、ao、SEKAI NOOWARI、AIなど数多くのアーティスト楽曲を手がける。 2020年9月、欧州各地のアーティスト計8名をゲストに迎えた1stアルバム『Lost, Never Gone』をリリースし、国内外で高い注目を集める。 2021年10月に発売されたポケモン25周年を記念したコンピレーション・ アルバムには唯一の日本人アーティストとして参加。 2023年2月には名門老舗クラシック・レーベルのドイツ・グラモフォンからアルバム『After the chaos』をリリース。映画音楽の制作も担当しており、『ナラタージュ』(17)、『響-HIBIKI-』(18)、『キャラクター』(21)などの作品のほか、サウンドトラックを手がけた『映画 えんとつ町のプペル』(20)ではアニメーション界のアカデミー賞と呼ばれる第49回アニー賞で最優秀音楽賞にノミネート。

オフィシャル・サイト/SNS

オフィシャル・サイト: http://toka.jp/ Instagram: https://www.instagram.com/yaffl3 X(Twitter) : https://twitter.com/YAFFL3 YouTube: https://www.youtube.com/c/YAFFL3 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
プロセカへの楽曲提供など活躍を広げるボカロP「雄之助」。そのサウンドルーツとマルチな活躍に迫る
0

プロセカへの楽曲提供など活躍を広げるボカロP「雄之助」。そのサウンドルーツとマルチな活躍に迫る

 

 

Quote source:https://kamitsubaki.jp/artist/yunosuke/

 

プロセカへの楽曲提供など活躍を広げるボカロP「雄之助」。そのサウンドルーツとマルチな活躍に迫る

 

雄之助とは、2012年より活動を続けているボカロP。直近2~3年での活躍が目覚ましいが、活動年数はボカロPの中でも長い方である。

 

YouTubeではミリオンヒットのボカロ曲を数多く送り出しており、その実績から大人気音楽ゲーム「プロジェクトセカイ」のゲーム内ユニット「Vivid BAD SQUAD」に楽曲「Awake Now」を提供し、さらに注目される存在となった。

 

 

実はメジャーではない「ボカロEDM」

 

近年のJ-POPにも見られる傾向だが、ボカロ楽曲にはシンセサイザーやエレクトロニックビートなどの電子音がよく使われている。例えば、YOASOBIを始めとしたボカロ発のメジャーアーティストにもその影響が強く表れて...

 

 

 

 

アーバンな東京を変幻自在な言葉とメロディで歌う「Sochic」が、2023年第6弾シングルを発表!
0

アーバンな東京を変幻自在な言葉とメロディで歌う「Sochic」が、2023年第6弾シングルを発表!

 | , ,  | 
2020年より、東京を拠点に活動する男性シンガー・ソングライター「Sochic」が、2023年6作目のシングルを配信リリースした。 連続リリース楽曲の最後の曲となる本作は、疾走感あふれるロック・ナンバーとなっており、聴いている人に「今日はやるぞ!!」という気分になりたい時に聴いてほしい、エネルギッシュな楽曲になっている。 上野一稀 出演のMVも同時公開されるため、気になる方は要チェックだ。

Sochicコメント

ある日新宿を歩いていてふと見上げた空が、ビルとビルの隙間にマッチ棒みたいに狭くて。今、見えてる空と僕が育った佐賀県佐賀市のあの広い空が、一つに繋がっているという現実をどうしても受け入れられなくて、ビルの屋上まで行ってこの目で確かめてみたいと思いました。 東京を見下ろすように住んでいる人には、この空が広く360°に広がって見えているのかもしれない。だけど自分から見える空がこれっぽっちなら、確かめるには成り上がるしかない。「やってやるぜ!!」と胸の高まりを感じさせてくれる空だったので「Feel the sky」というタイトルで楽曲化しました。 生きていると理不尽なことに悩まされることがよくあると思います。実際この地球上での平等って見上げた空が青いことぐらいしか無いんじゃないかとも感じます。だからこそ、この曲疾走感や高揚感がその理不尽な日々を突き動かすエネルギーになって欲しいし、エナジーチャージしたい時にというか、「今?はやるぞ!!」って気分になりたい時に、聴いて欲しい楽曲に仕上ったと感じています。是非、受け取って頂けたら嬉しいです。 MV主演の上野?稀さんコメント 「Feel the sky」はエネルギーを感じる曲であり、この曲を聞くとなんだか力が溢れ出てくるような気がします!! 僕が主演したミュージックビデオのラストシーンでは、学生ぶりなんじゃないかと思うくらいに、本気の全力疾走をしたシーンがあります。途中から足が回らなくなっていくのはこんな感じだったなぁ、、と思い出しました(笑) 無我夢中で真っ直ぐに、自分を解放している瞬間でもあるので個人的に好きなシーンです! 是非見ていただけたら嬉しいです!

リリース情報

アーティスト: Sochic(ソーシック) タイトル:「Feel the sky」 発売日:10月11日(水) DIGITAL SINGLE URL:https://ssm.lnk.to/Feelthesky

ミュージックビデオ

Sochic - Feel the sky (Official Music Video)

プロフィール

Sochic(ソーシック)はSo(とても)Chic(あか抜けした)を意味する造語。2020年より、東京を拠点に活動する男性シンガー・ソングライター。R&B、 ソウル、ファンク、Hip-Hop等をベースとした、ブラック・ミュージックにインスパイアされたサウンドを得意としている。1st Album『The Unexpected World』(2020)では全楽曲の作詞・作曲を自身で手がけ、収録曲のミュージックビデオ全3本も、自身で企画立案し配信した。2022年はシングル3曲を配信リリースしながら楽曲制作を継続しており、2023年5月より、毎月シングルを発売し続けている。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
CANDY TUNE が『WAO!アオハル!』のリリースを記念し、 LINE MUSICで再生キャンペーンを実施!
0

CANDY TUNE が『WAO!アオハル!』のリリースを記念し、 LINE MUSICで再生キャンペーンを実施!

 | , ,  | 
LINE MUSIC にて、CANDY TUNE『WAO!アオハル!』を99 回以上再生頂いた応募者全員に『メンバーのデコ入りオリジナルデジタルフォト』がプレゼントされる。 さらに、その中から抽選で8 名様に『あなたのお名前入りボイスメッセージ』がプレゼントされる。気になる方は要チェックだ。 キャンペーンの詳細はこちら:https://music.spaceshower.jp/news/248599/

リリース情報

CANDY TUNE 『WAO!アオハル!』 https://KAWAIILAB.lnk.to/WAOAOHARU

CANDY TUNE

アソビシステムのアイドルプロジェクト「KAWAII LAB.」から誕生した新生7人組アイドル。メンバーは、村川緋杏、桐原美月、福山梨乃、小川奈々子、南なつ、宮野静、立花琴未の7人。プロデューサーは元むすびズムのリーダーで「KAWAII LAB.」総合プロデューサーを務めるモデル・タレントの木村ミサ。KAWAII LAB.の掲げる「原宿から世界へ」を胸に、多様なカルチャーの発信地、個性の集まるファッションの街 “原宿” から「NEW WAY」を突き進んでいく。グループ名には、フレーバーも形もさまざまな「CANDY」のように、好きなものも性格も違う個性豊かなメンバーが集まり、彼女たちのポップな「TUNE(旋律)」を奏でていって欲しいという想いが込められている。 Twitter⇒https://twitter.com/candy_tune_ Instagram⇒https://www.instagram.com/candy__tune/ TikTok⇒ https://www.tiktok.com/@CANDY_TUNE Facebook⇒https://www.facebook.com/CANDYTUNE0314 YouTube⇒ https://www.youtube.com/channel/UCU0PgOXf0lxzVxN2TLzMJkw ライブスケジュール⇒ https://note.com/candy_tune/ -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
Luby Sparks、韓国・光州 Asia Culture Center で2日間に渡って開催される「FLOPPY 1.0 – Let’s FLOPPY」への出演が決定!
0

Luby Sparks、韓国・光州 Asia Culture Center で2日間に渡って開催される「FLOPPY 1.0 – Let’s FLOPPY」への出演が決定!

2023年3月に全7都市の「US Tour 2023」、9月に「Strawberry Music Festival 2023」を含む全7都市の「CHINA TOUR2023」を行った Luby Sparks。 10月14日(土)〜15日(日)に、韓国・光州Asia Culture Center で2日間に渡って開催される韓国初のストリートカルチャー・テイスト・コンベンション「FLOPPY 1.0 - Let’s FLOPPY」への出演が決定した。 音楽では、Balming Tiger、CHS、CIFIKA、Snake Chicken Soup、Home Slice、Meaningful Stone、Pretty Sick の出演が決定しているほか、DoHun Kim(Anderson Bell)、JinPyo Park(eyesmag)、SangJae Choi(TACO STAND)、Jangsterf(VISLA Magazine)、Kwonthechief(VISLA Magazine)、Workman(KNOW WAVE)によるトークショウが予定されている。 VANS、fuckthatnerdshop、GASSTATION、KNOW WAVE、PUNKANDYO、SEE YOU YESTERDAY、The ChildhoodHome、THE STAR TEAM、treelikeswater、WHYNOTUS、Noelle Lee、TYE Ziine、VISLA Magazine による展示も行われるなど、韓国ストリート・カルチャーの最前線が体験出来そうなイベントになっている。 なお、Luby Sparks の出演は14日(土)を予定しており、気になる方は要チェックだ。

イベント情報

FLOPPY 1.0 - Let’s FLOPPY https://www.floppyworld.com October 14 (Sat)-15 (Sun), 2023 Asia Culture Center, Gwangju, Korea https://www.acc.go.kr/en/index.do

リリース情報

Luby Sparks「Lovebites (Tamio Sakuma Remix)」 2023.09.08 Release Released by AWDR/LR2 https://lubysparks.lnk.to/Lovebites Luby Sparks「Search + Destroy [LP]」 2023.08.05 [Sat] / DDJB-91233 / 3,500 Yen+Tax Released by AWDR/LR2 Luby Sparks「Search + Destroy [CASSETTE TAPE]」 2023.08.05 [Sat] / DDTB-12003 / 2,273 Yen+Tax Released by AWDR/LR2

Luby Sparksプロフィール

Natsuki (ba/vo) Erika (vo) Sunao (gt) Tamio (gt) Shin (dr)。 2016年3月結成。2018年1月、Max Bloom (Yuck) と全編ロンドンで制作したデビューアルバム「Luby Sparks」を発売。 2019年9月に発表したシングル「Somewhere」では、Cocteau Twins の Robin Guthrie によるリミックスもリリースされた。 2022年2月には、DYGL を迎えての自主企画「One Last Night」(WWW X) をソールドアウトさせ、2022年5月11日に My Bloody Valentine、Rina Sawayama などのプロデュース/エンジニアを手掛ける Andy Savours を共同プロデューサーに迎え、セカンド・アルバム「Search + Destroy」をリリース。同年6月には、初のワンマンライブ「Search +Destroy Live」(WWW X) もソールドアウトとなった。 10月にはタイ・バンコクでの海外公演を行い、2023年3月17日より、NY、ボストン、フィラデルフィア、サンフランシスコ、シアトル、サンディエゴ、LA の全7都市にて「US Tour 2023」、9月には中国「Strawberry Music Festival 2023」を含む「China Tour 2023」、10月には韓国のストリートカルチャー・コンベンション「FLOPPY 1.0 - Let’s FLOPPY」、11月にはインドネシア「Joyland Festival」へ出演が決定。海外での展開も積極的に行なっている。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
りあくしょん☆バイトが新アーティスト写真を公開!公式YouTubeチャンネルも遂にスタート。
0

りあくしょん☆バイトが新アーティスト写真を公開!公式YouTubeチャンネルも遂にスタート。

 | , ,  | 
釣りガール × アイドルとして活動する「りあくしょん☆バイト」が、最新アーティスト写真を公開した。 ポップでキュートな世界観で作り込まれた新アーティスト写真は、彼女たちの楽しいライブをイメージさせてくれる内容となっている。

ロンドンブーツ1号2号の田村亮も登場

また、スペシャルトークゲストとして、ロンドンブーツ1号2号の田村亮も登場した。 9月2日に行ったデビュー公演を成功裏に収めた、りあくしょん☆バイトだが、その際も「公式YouTubeチャンネルを通してアングラーとして成長してゆく様をお伝えする」と語っていたが、満を持して10月10日(火)より遂に定期配信がスタートする。 初回は、デビュー公演時に大きな話題を集めたロンドンブーツ1号2号の田村亮と行ったトークショーの模様を配信予定で「それが、今後の動画へと続く良い前振りになる」とりあくしょん☆バイトプロデューサーは語っている。 気になる方は、4人の釣りガールとしての成長ぶりをぜひチェックしてみよう。

新曲レコーディング作業や釣り動画の為のロケも

なお、りあくしょん☆バイトは、9月2日に行われたデビューライブ以降、新曲レコーディング作業や釣り動画の為のロケを軸においた活動を積極的に展開中だ。 これも「手元に4曲あるから、とにかくライブを回せ」という形を取るのではなく、たとえ小規模であろうと定期的にワンマン公演を行うことや対バン数の少ないイベントを通し、じっくりとライブを味わう形を取り、自分たちの世界観をしっかりと表現したいという想いからの行動とのことだ。 そんな中、ついに待望の次公演が発表され、今回は3ヶ月連続の主催公演が開催されることが明らかにされた。

三ヶ月連続主催ライブ決定。ファイナルは単独公演

■ 第一弾_4グループによる対バン形式イベント 日程:2023年11月22日(水) タイトル:近日公開 出演:りあくしょんバイト、他3グループ 場所:新宿Motion ■ 第二弾_3グループによる対バン形式イベント 日程:2023年12月22日(金) タイトル:近日公開 出演:りあくしょんバイト、他2グループ 場所:新宿Motion ■ 第三弾_単独公演 日程:2024年1月26日(金) タイトル:近日公開 出演:りあくしょんバイト 場所:新宿Motion

赤羽ReNY alpha でのワンマン公演も

りあくしょん☆バイトは、2024年7月15日の "海の日" に赤羽ReNY alphaでワンマン公演を行うことを発表している。 そこに向けて、現在は着実に上がり続けてゆくためのレールを敷き始めている。 餌を撒いて、じっくりと大物がヒットをするのを待つ仕掛け釣りのように、彼女たちと一緒に揺れる釣り舟に乗りながら、タモを手に4人の成長を手助けしながら、少しずつ遠洋に向かっていくりあくしょん☆バイトの姿を見続けよう。 ■ 公式サイト https://r-bite.com/ -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
長谷川白紙が手掛ける連続ドラマW-30「オレは死んじまったゼ!」の主題歌コラボMVを公開!
0

長谷川白紙が手掛ける連続ドラマW-30「オレは死んじまったゼ!」の主題歌コラボMVを公開!

 | , ,  | 
WOWOWにて放送・配信中で、10月6日(金)午後11時30分より第6話が放送・配信となる柳楽優弥主演の連続ドラマW-30「オレは死んじまったゼ!」(全7話)。 本作は、柳楽演じる場末のクラブのホスト・桜田和彦が不慮の事故で命を落として幽霊となり個性的な幽霊たちと暮らす中で、「ゴミみたい」だと思っていた自身の人生を見つめ直していく姿を描いた“幽霊”ヒューマンドラマ。サンダンス映画祭で日本人初のグランプリを受賞した長久允がメイン監督と全話の脚本を担当。 ユーモラスでちょっと切ない幽霊たちの成仏へ向けた日々を、独自の映像表現で描き出す。桜田とともに暮らす幽霊たちを、川栄李奈、賀屋壮也(かが屋)、長澤樹、三遊亭好楽が、彼らをとりまく人間たちを松田ゆう姫、草村礼子が演じている。

主題歌「帰って来たヨッパライ」と番組のコラボMV

幽霊たちの “ゆるくていとおしい” 劇中シーンが詰まったエモーショナルなミュージックビデオが完成している。 この度、シンガーソングライター・長谷川白紙が手掛ける主題歌「帰って来たヨッパライ」と番組のコラボミュージックビデオが、長谷川白紙 公式YouTubeチャンネル( https://youtu.be/KTCf_S8QmOg )にて公開となった。 1967年に発売されたザ・フォーク・クルセダーズの代表曲を 7月にアメリカ・LA拠点のレーベル「Brainfeeder」の日本人初の所属アーティストとして世界デビューを果たし、今最も注目を集めるシンガーソングライターの一人である 長谷川白紙 がカバーした同曲。 「ドラマの企画立ち上げ時から、この曲を主題歌にしようと思っていた」という長久からのオファーで制作され、ドラマを象徴する存在として、毎話オープニングで登場している。 この度公開された番組とのコラボミュージックビデオは、ドラマと同じく長久が編集を手掛けており、柳楽・川栄・賀屋・松田・長澤・好楽らメインキャストが総出演。主人公・桜田(柳楽)の死の瞬間、そしてそれぞれに事情を抱えて一つ屋根の下で暮らす個性豊かな幽霊たちの“ゆるくていとおしい”日々の点描が、レトロなブラウン管テレビに映し出されている。 ドラマを視聴中の方はもちろん、これからの方も是非ご覧いただき、ドラマの世界観を感じていただきたい。

関連情報

長谷川白紙-帰って来たヨッパライ (連続ドラマW-30「オレは死んじまったゼ!」コラボMV) 公開MVリンク(10/4 12:00一般公開) https://youtu.be/KTCf_S8QmOg -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
BonberoとTade Dust、大舞台へ
0

BonberoとTade Dust、大舞台へ

 

 

Quote source:https://youtu.be/5vN320vrkP4?si=42fQU-IoBoM48sOG

 

BonberoとTade Dust、大舞台へ

 

BonberoとTade dustは、千葉県八千代市・四街道市からヒップホップの世界に入った。二人は地元のサイファーで出会い、今ではヒップホップクルー夜猫族に所属している。

 

そんな小さなところから始めた二人の、膨大な魅力に気づくのに時間はかからない...

 

 

 

 

ラッパー 2ikKen(ニッケン)がシングル「Oscar」を9月30日に配信リリース! SKY-HI 日高光啓も最注目の新人として指名
0

ラッパー 2ikKen(ニッケン)がシングル「Oscar」を9月30日に配信リリース! SKY-HI 日高光啓も最注目の新人として指名

デビュー作『2IGHT CAPSULE』収録の”TOKIO STAR NiGHT”のMVがきっかけで、SKY-HI(日高光啓)が今年最注目の新人としてただ1人指名されたラッパー 2ikKen(ニッケン)。 1st Album "Devil Son"以来のリリースとなり勢いに乗る今作は、大阪のプロデューサー・Live4のJersey Clubビートに、2ikKenのタイトなラップとメロウなHookが乗せられた楽曲に仕上がっている。 作品では、過去に 2ikKen がLAを訪れた際に出会った中国人女性との、LAでのひと夏の甘く、短いROMANCEが歌われている。 Mixing, Masteringは2ikKenの同い年のエンジニア・ことのはが担当、ジャケットは2ikKen自身が制作している。気になる方は要チェックだ。 配信リンク: https://linkco.re/G7AY479h

プロフィール

2ikKen (ニッケン) 横浜で活動する23歳。 15歳の時、どん底で塞ぎ込んでいた際にHIPHOPと出会う。社会的には受け入れられていない人々の痛みや苦しみを表現するHIPHOPの側面に救われながら生き続けた末、いつしか自身もアーティストに。共にキャリアを開始したビートメーカーのkiz vil.(現Kazuki Nakamura)と、2020年9月にリリースした3曲入りシングル『2iGHT CAPSULE』でデビュー。ノンプロモーションながら各種プレイリスト入りを果たす。 その後2020年12月には同シングル収録”TOKIO STAR NiGHT”を國枝真太朗監督のもとMV化。新人のデビュー作ながら公開後1週間で1万再生を突破すると、各有識者の目に留まる。中でもSKY-HI(日高光啓)はJ-WAVEのラジオ番組・SONAR MUSIC内の自身のコーナーで「2021年に最も注目する新人」として2ikKenを単独指名。 様々な注目を集める中で、2022年8月、EP "2iGHTMARE FESTIVAL" をリリース。2023年6月には、待望の1st Album "Devil Son"をリリースし、一気にシーンの中心へ駆け上がる。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/ インターンシップ募集:https://evening-mashup.com/home/music-intern
1 4 5 6 7 8 25