ネクストブレイク

SF9 初のベストアルバムより「Tear Drop -Japanese ver.-」を日本デビュー5周年記念日に先行配信決定!
0

SF9 初のベストアルバムより「Tear Drop -Japanese ver.-」を日本デビュー5周年記念日に先行配信決定!

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

SF9 初のベストアルバムより「Tear Drop -Japanese ver.-」を日本デビュー5周年記念日に先行配信決定!

 

SF9が6月29日にリリースされる初のベストアルバム『THE BEST 〜Dear Fantasy〜』より、収録曲「Tear Drop -Japanese ver.-」を日本デビュー5周年の記念日である6月7日(火)に先行配信されることが決定した。 この曲は、韓国リリースのミニアルバム『TURN OVER』に収録されている楽曲の日本語ヴァージョンで、今年3月に入隊したヨンビンとインソンの歌声も収録した楽曲である。この「Tear Drop」はUKガラージのように...
LIBRO、昨年発表の傑作アルバム「なおらい」が待望の2LPアナログ化決定、7月13日にリリース
0

LIBRO、昨年発表の傑作アルバム「なおらい」が待望の2LPアナログ化決定、7月13日にリリース

LIBROが、昨年9月に発表した最新アルバム『なおらい』をアナログ2LPにて7月13日(水)にリリースする。 「ここ数年続く閉塞感が新たな孤独や焦りにならないよう、新しい世代の、かつての自分の手助けができるようにと作った『なおらい』。あなたの素晴らしい収穫祭を願って」とLIBRO自身が語った『なおらい』。音質、音圧にもこだわった2枚組(2LP)としてアナログ化される『なおらい』は、全曲のサウンド・プロデュースをLIBRO自身が担当、客演には句潤、鎮座DOPENESS、MU-TON、元晴を迎えている。

LIBRO (リブロ)

日本のヒップホップ・シーン黎明期から活動をスタート。97年にラップ、トラックメイク双方を手がけるスタイルでデビュー。98年にリリースしたミニ・アルバム「胎動」は、様々なアーティストが自分のスタイル確立に切磋琢磨するヒップホップ・シーンの中において、全く新しい風を吹き込むオリジナリティ性を提示、大きな話題を呼ぶこととなった。03年の「三昧」以降は、トラックメイカーとしてあらゆるジャンルの匂いを取り入れつつも、何にも偏ることなく自らのジャンルに昇華してしまう突出したセンスでラッパーやシンガーにトラックを提供。06年にはLIBRO、シンガーKEYCO、映像作家の大月壮によるユニット、FUURI名義でフルアルバム&DVDをリリース。全曲のサウンドプロデュースを担当。09年には自身のレーベル「AMPED MUSIC」を立ち上げ、LIBRO名義で初のインストアルバム「night canoe」をリリース。以降、リリースをコンスタントに続け、最新作は2021年発表の「なおらい」。デビューから20年を経ても、なおフレッシュでオリジナリティを進化させ続けるアーティスト。
-- 運営:Evening Music Records Inc.
TikTok界のダンストレンドメーカー、ローカルカンピオーネがblackboard初パフォーマンス!
0

TikTok界のダンストレンドメーカー、ローカルカンピオーネがblackboard初パフォーマンス!

「blackboard」は2020年にスタートした、アーティストのパフォーマンスを届ける音楽系YouTubeチャンネル。 ジェニーハイ/PUFFYといった有名アーティストに加え、川崎鷹也/もさを。といったSNS発のストリーミングスターなどが登場。さらにはカンニング竹山/ラランドのサーヤなどの芸人とアーティストとのコラボレーションを披露するなど、ジャンルに囚われることなく、様々なアーティストのパフォーマンスを公開してきた。その「blackboard」が「blackboard -One Cut Live Show-」としてリニューアル。 今回の出演者は、様々な楽曲にオリジナルの振りを付け日々投稿しており、数多くの流行をTikTok内で生み出しているTikTok界のダンストレンドメーカー、ローカルカンピオーネ。サビの”ニヤニヤニヤ”がキャッチーでハッピーな楽曲「NIYA NIYA」をパフォーマンス! 全面LEDスタジオでワンカットライブショーとして収録された、圧倒的な映像世界にぜひご期待いただきたい。 映像は5/20(金)19:00にプレミア公開予定。 ローカルカンピオーネ「NIYA NIYA」(blackboard version) 5/20(金) 19:00 プレミア公開 -- 運営:Evening Music Records Inc.
クマリデパート、5月16日に東京・豊洲PITで東名阪ツアーのファイナル公演を開催!
0

クマリデパート、5月16日に東京・豊洲PITで東名阪ツアーのファイナル公演を開催!

 

 

提供:タワーレコード株式会社

 

クマリデパート、5月16日に東京・豊洲PITで東名阪ツアーのファイナル公演を開催!

 

美味しい音楽の料理でハッピーを届ける東名阪ツアー。豊洲PITという大会場に大勢のファンが来場し、楽しさ全開のツアーファイナル公演が行われた。

 

ライブでは、3つのうれしい発表もあった。

 

 

1つ目は、夏に東京、大阪、名古屋のロフト店舗で、クマリデパート初のポップアップストア『SPECIAL SUMMER POP UP STORE 2022』の開催。

 

2つ目は、5月31日にリリースされるニューシングル....

 

 

 

 

ラッパー「田我流」、創造神が宿った新曲”Idea”をリリース & MV公開!
0

ラッパー「田我流」、創造神が宿った新曲”Idea”をリリース & MV公開!

 

 

©︎ 田我流

 

ラッパー「田我流」、創造神が宿った新曲"Idea"をリリース & MV公開!

 

ラッパー「田我流」が、新曲"Idea"を5月16日にリリースした。今作はリラクゼーションドリンク「CHILL OUT」による「CHILL OUT MUSICプロジェクト」とミューラル(壁画)プロジェクト「MURAL ONE LINE」のコラボレーションに田我流が書きおろした楽曲で、プロジェクトに参加したアーティスト達の作品にインスパイアされた、田我流のアンサーソングとなっている。

 

サウンド・プロデュースを田我流のオルターエゴ:Falcon a.k.a. Never Ending One Loopが手掛け、ウッドベースに岩見継吾、トランペットに佐瀬悠輔、鍵盤にNagipan(ex. MICHEL☆PUNCH)、マスタリング・エンジニアには得能直也を迎え...

 

 

 

 

Negicco・Megu、さとうもかプロデュースのニューシングル「ねこの夢」を6月28日にリリース!
0

Negicco・Megu、さとうもかプロデュースのニューシングル「ねこの夢」を6月28日にリリース!

 

 

提供:タワーレコード株式会社

 

Negicco・Megu、さとうもかプロデュースのニューシングル「ねこの夢」を6月28日にリリース!

 

Negicco メンバー・Megu が、ニューシングル「ねこの夢」をフォトブック付きのシングル CD として 6 月 28 日(火)にリリースすることが決定した。

 

昨年 11 月リリースの「So good」から約 7 ヶ月ぶりとなる今作は...

 

 

 

 

MALIYA、SIRUPを客演に迎えた「Everybody Needs Love feat.SIRUP」MVを解禁!
0

MALIYA、SIRUPを客演に迎えた「Everybody Needs Love feat.SIRUP」MVを解禁!

国内注目のR&BシンガーMALIYAが ”Everybody Needs Love feat.SIRUP”のミュージックビデオを公開した。 SIRUPを客演に迎えた本楽曲は、昨年10月にMALIYAが発表したDigital 2nd Album"Faveur”の収録曲。プロデュースはIsland State Music、トラックアレンジに荒田洸(WONK)、宮川純などが参加し、繊細ながらも力強いMALIYAとSIRUPのボーカルが絡むクラシックなナンバーになっている。 この世界に溢れるさまざまな「愛」を描いた”Everybody Needs Love feat.SIRUP”のMVは、「自分を愛すること、誰かを愛することを大事にしてほしい」という曲に込められた2人の想いが丁寧に反映されている。映像を通すことで,より楽曲の情景や歌詞が鮮明に浮かび上がるMVに仕上がっているので是非チェックしてほしい。 ”Everybody Needs Love feat. SIRUP” -- 運営:Evening Music Records Inc.
日本のメタルシーンの未来を担う「SABLE HILLS」、先行シングル “On My Own” をリリース!
0

日本のメタルシーンの未来を担う「SABLE HILLS」、先行シングル “On My Own” をリリース!

6月に富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催される「STANIC CARNIVAL 2022」を皮切りに、8月にドイツで開催される世界最大のMETALフェス「Wacken Open Air」、同ドイツVORPLATZアリーナでの「Summerblast Festival Trier」、チェコ最大のMETALフェス「Brutal Assault」等、国内外の大型フェスへの出演が次々決定し、日本のメタルシーンの中で、今最も注目を集めていると言っても過言ではない「SABLE HILLS」。 6/3には、Trivium, Unearth, Whitechapel等を手掛けるメタル界の巨匠、Mark Lewis とタッグを組んだ2ndアルバム『DUALITY』のリリースが控える彼らより、アルバムからの先行シングル第二弾『On My Own』が着弾。併せてVisualizerも公開された。 SABLE HILLS『On My Own』Visualizer
-- 運営:Evening Music Records Inc.
YUTO & DopeOnigiriが人気ラッパーのCandeeとPlayssonを客演に迎えた”ASOBI”のミュージックビデオを公開。
0

YUTO & DopeOnigiriが人気ラッパーのCandeeとPlayssonを客演に迎えた”ASOBI”のミュージックビデオを公開。

YUTO, DopeOnigiriが新曲『ASOBI (feat. Candee & Playsson)』のミュージックビデオを公開。 本楽曲は”Candee”と”Playsson”がタイトル通り”遊び(パーティー)”をしている様子を描いた作品となっている。中毒性のあるフックが特徴的で、ラッパーらしいハードコアな”遊び”方を描く2人のリリックがYUTOのトラックにマッチしている。 2022年を代表するクラブバンガーになることは間違いなし。ミュージックビデオはゆるふわギャング、MONYPETZJNKMNやONLY Uなどの映像を担当したRyota NagashimaとKeigo Mochizukiが手掛けている。様々なロケーションでアーティストたちが遊んでいる様子が描かれており、見応えのある内容となっている。 <楽曲情報> タイトル:ASOBI (feat. Candee, Playsson) アーティスト:YUTO, DopeOnigiri ミュージックビデオ:https://youtu.be/aOcjePKC8_M 配信:https://809.lnk.to/RR_ASOBI -- 運営:Evening Music Records Inc.
「しまも」がパフォーマンス、唯一無二の歌声でTikTokのフォロワー数が弾き語りアーティスト日本1位の実力とは…
0

「しまも」がパフォーマンス、唯一無二の歌声でTikTokのフォロワー数が弾き語りアーティスト日本1位の実力とは…

「blackboard」は2020年にスタートした、アーティストのパフォーマンスを届ける音楽系YouTubeチャンネル。 ジェニーハイ/PUFFYといった有名アーティストに加え、川崎鷹也/もさを。といったSNS発のストリーミングスターなどが登場。さらにはカンニング竹山/ラランドのサーヤなどの芸人とアーティストとのコラボレーションを披露するなど、ジャンルに囚われることなく、様々なアーティストのパフォーマンスを公開してきた。その「blackboard」が「blackboard -One Cut Live Show-」としてリニューアルしている。 今回の出演者は、唯一無二の歌声でTikTokのフォロワー数が弾き語りアーティストでは日本1位になっている、しまも。好きという気持ちを大切に伝えたいという想いを込めて作った楽曲「シンシアリー」をパフォーマンス。 全面LEDスタジオでワンカットライブショーとして収録された、圧倒的な映像世界は要チェックだ。 しまも「シンシアリー」(blackboard version)
-- 運営:Evening Music Records Inc.
新入生候補生の佐藤順も、パフォーマンスに参加。「燃えこれ学園配信ライブ つうしんぼランキングユニットSP!
0

新入生候補生の佐藤順も、パフォーマンスに参加。「燃えこれ学園配信ライブ つうしんぼランキングユニットSP!

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。4月20日(水)に行ったのが「燃えこれ学園配信ライブ つうしんぼランキングユニットSP!2022年2月度〜3月度公演」。当日の模様をここにお伝えします。   ライブは、「2000人の方へ「Re-START」CDお届け企画」で、目標の2000人を達成した「Re-START」からスタート。当日は、まだ桜前線が北上している桜の季節。新しいことが始まるこの時期に「Re-START」を聴くと、気持ちが前を向いてゆく。夢や目標を持っている人はもちろん。明確な夢や目標がなくとも、「Re-START」を聴くと、輝き放つ未来の自分を夢見てしまう。 「Melodious Revolution」でも、メンバーたちは熱い声を上げ、胸の内から沸き立つ想いを力強く響かせていた。迫力に満ちた楽曲へ気持ちを重ね合わせるように、メンバーたちの歌声にもどんどん強さが増してゆく。彼女らのパワフルなパフォーマンスに触れ、高ぶる気持ちをずっと胸の内に感じていた。 「もっともっと恋の魔法かけちゃうよー!!」、山田みつきの声を合図に歌ったのが「恋の魔法」。彼女たちは恋の魔法にかかった乙女として想いを伝えてゆく。その歌声に触れていると、メンバーたちの歌声の魔法にかかり、彼女たちの姿へ夢中になれば、その姿を熱い視線を向けながら追いかけたくなる。高未悠加の、カメラ目線で投げキッスをする姿にもドキッとさせられた。 ここからは、「2022年2月度〜3月度つうしんぼランキング」のブロックへ。まずは、2月度つうしんぼランキング第1位に輝いた、佐々木千咲子の歌う「Stardust melody」から。彼女が歌う背景には数多くの流れる星の映像が映し出されていた。満天の星空を背に聴く「Stardust melody」は、ひと際心を揺さぶる感動を与えてくれた。時に胸に手を添え、心に溜め込んだ想いを星空へ解き放つように佐々木千咲子は歌っていた。その姿や優しい想い を染み込ませた歌声を、一瞬たりとも見逃したくない。 3月度つうしんぼランキング第1位に輝いたのが、高未悠加。彼女は制服姿の魔法少女になり、「みらくる✩まじかる☆わんだーらんど」を歌いながら、見ている人たちの心を萌えさせるドキドキのおまじないをかけてきた。無邪気な笑顔で歌う姿を見ているだけで、気持ちがワクワクしだす。高未悠加が歌っている間中ずっと、魔法にかかったように心がときめいていた。ちょっと照れた仕種で「大好き」という姿も、彼女らしくて可愛らしい。 3月度つうしんぼランキング1位-5位のメンバーによるユニット(高未悠加・當銘菜々・成田麻穂・佐々木千咲子・熊野はる)が歌ったのが、「時の砂」。高未悠加の凛々しい歌声から幕を開けたこの曲を、當銘菜々、熊野はる、佐々木千咲子と、同じく凛々しい声で歌い継いでゆく。この日、熊野はるは咽頭炎に罹ったことから、ライブではダンスへ集中。唯一、この曲だけは歌ったことから、彼女の歌声を味わえる貴重な機会にもなった。いつもなら熊野はるが熱唱するパートを、この日は高未悠加が変わりに絶唱。落ちサビでも中心で歌うなど、数多くの見どころを作っていた姿も高未悠加ファンには嬉しかったに違いない。

凛々しい歌声とパフォーマンスも...

ここからは、いつものライブへ。メンバーたちは「夢幻華」に合わせ艶(つや)やかに舞を見せれば、歌詞へ記した想いへ寄り添うように艶(あで)やかに歌声を響かせていた。楽曲に描いた世界観へすーっと溶け込むように歌い踊る彼女たちの姿は、まさに舞い散る花吹雪のように可憐な。でも、情熱を抱いた姿としても見えていた。 続く「Shiny Dream」を歌いながら、彼女たちは見ている人たちを青空の元へ連れ出した。無邪気な笑顔を浮かべ歌い踊る姿が眩しい。メンバーたちの描きだす輝いた世界へ、一緒に駆けだしたい。そんな風に心を染めてくれるのが嬉しい。 後半は、「0(zero)」から。成田麻穂のバレエダンスも印象的だ。この曲でも、高未悠加が歌いだしを担当。じつは、4月から曲ごとの歌割やフォーメーションにもいろんな変化が出ている。ライブをよく見ている人たちは、そこにも注目していただけたら、より楽しめるはず。キラキラと輝き放つ光の映像を背景に、凛々しい姿で歌うメンバーたちの姿から目を離したくない。「最後に「この夜を超えて」と、身体を大きく曲げて熱唱する稲森のあの姿も、瞼へ強烈に焼きついた。 軽快にスウィングするジャジーな楽曲に乗せ、メンバーたちが華麗に踊り出す。「シンデレラ・クレイム」の登場だ。歌いだしが山田みつきなのも新鮮だ。彼女の妖艶な歌声、それを受け継いだ當銘菜々や佐々木千咲子も艶めいた歌声を響かせていた。「シンデレラ・クレイム」を通して見せるメンバーたちの妖しい姿や歌声も、1本のライブを彩るうえで嬉しい見せ場になっていた。 続く「BRAVE」では,ふたたび凛々しい歌声とパフォーマンスを通し、見ている人たちを圧倒するダイナミックなパフォーマンスを見せていた。身体全体を使って自分たちを表現してゆく姿には、とても惹かれる。 新入生候補生の佐藤順もステージに登場し、最後に届けたのが「すき!すき!好き!!」。歌いだす前に佐藤順を舞台へ呼び入れたところ、出てきたのが仲川つむぎというコミカルなやりとりを見せれば、改めて呼び入れて登場した佐藤順が大きな鯛のマスクをつけて登場したところに、度胸ある新人ぶりが見えてきた。さらに、稲森のあが「一緒に踊りタイということじゃないですか」と洒落心を持った言葉を投げていた。このやりとりを見て、熊野はるが突っ込みを入れたかったが、この日は喉のケアのためにしゃべれない状態。熊野はるは床を叩きながら、思いきり悔しがっていたこともお伝えしたい。當銘菜々の「順ちゃんが参加できてめでタイ」の言葉も、さすがだ。 「すき!すき!好き!!」では、メンバーらが笑顔ではしゃぐ姿をたっぷりと味わえたのも嬉しい見どころだった。途中には、仲川つむぎの告白シーンも登場。最後にメンバーみんなの「大好きだー!!と叫ぶ声を聴き、つい「俺もー!!」と言いたくなっていた人たちも、きっといたに違いない。 最後に、お馴染み「校歌」を斉唱。次回は、5月17日(火)「三浦千鶴生誕祭」。こちらもお楽しみに。 撮影:平島理 文:長澤智典 -- 運営:Evening Music Records Inc.
TRiDENT、今秋リリースのミニアルバムからDAIDAI(Paledusk)がアレンジを手がけた楽曲「Spoopy」のMVを公開!
0

TRiDENT、今秋リリースのミニアルバムからDAIDAI(Paledusk)がアレンジを手がけた楽曲「Spoopy」のMVを公開!

3人組次世代正統派ガールズ・ロックバンドTRiDENTが、今秋リリースの1st mini Album『D-X』から「Spoopy」のミュージック・ビデオを公開した。 TRiDENT『Spoopy』 本楽曲はレコーディングを田浦楽(CRYSTAL LAKE , SOULJAPAN , A Ghost Of Flare)が行い、楽曲アレンジをDAIDAI(Paledusk)が担当している。“恐怖とポップの共存” をテーマに掲げたミュージック・ビデオは、楽曲・世界観共にTRiDENTが2周年を経て、ネクスト・レベルに進んでいる事を感じられる作品に仕上がっている。 また、今秋リリースを予定している1sttミニ・アルバム『D-X』や、それに伴うリリース・ワンマン・ツアーへの期待値が更に高まるところだ。 引き続き、TRiDENTの快進撃からは目が離せない。

リリース情報

1stミニ・アルバム『D-X』 ※『D-X』の読み方は“デジタル・トランスフォーメーション” リリース日:今秋 詳細後日発表

ツアー情報

『TRiDENT D-X RELEASE ONEMAN TOUR』 11月7日(月)大阪 心斎橋BIGCAT 11月20日(日)名古屋Electric Lady Land 12月5日(月)恵比寿LIQUIDROOM 詳細後日発表
-- 運営:Evening Music Records Inc.