EVISBEATS

EVISBEATS「カオニャオ・マムアン」を先行リリース!
0

EVISBEATS「カオニャオ・マムアン」を先行リリース!

EVISBEATSが、前田和彦とのコラボレーション楽曲「カオニャオ・マムアン」を本日リリースした。 「カオニャオ・マムアン」は7月19日(金)にリリースする作品『Syn Fonia I』から、先週リリースとなった「Coquettish Definition」に続いて先行配信となる楽曲。 EVISBEATSと前田和彦は自身の代表曲でもある「ゆれる feat. 田我流」をはじめ、ZORN「Letter」などを共作した最響コンビネーション。 『Syn Fonia I』は、そんな2人が、アコースティック楽器やルーパー、 電子音、 環境音...あらゆる音を、即興的、偶発的に合奏して録り溜めたインストゥルメンタル作品。お互いのインスピレーションを解放、いびつで国籍不明のイメージを音遊びによって生み出された楽曲が収録されている。 EVISBEATS, Kazuhiko Maeda「カオニャオ・マムアン」: https://ultravybe.lnk.to/kaonyaomamuan アーティスト:EVISBEATS, Kazuhiko Maeda(エビスビーツ、カズヒコ・マエダ) タイトル:Syn Fonia I(シン・フォニア・ワン) レーベル:AMIDA STUDIO 発売日:7月19日(金) 仕様:DIGITAL(DL/ST) URL:https://ultravybe.lnk.to/synfonia1

収録曲

Garo Coquettish Definition 群像 カオニャオ・マムアン UUV Apollon Space Orgazm Two Harts 600feet

EVISBEATS(エビスビーツ)

トラックメイカー、プロデューサー、DJなど。奈良出身和歌山在住。元韻踏合組合、2004年から作曲家EVISBEATSとして活動。これまでに韻踏合組合、SHINGO★西成、般若、KREVA、ET-KING、RHYMESTER、鎮座DOPENESS、ZORNなどのアーティストに楽曲を提供している。2008年にはアルバム「AMIDA」、2012年には2ndアルバム「ひとつになるとき」、2018年5月に3rdアルバム「ムスヒ」、同年12月には4thアルバム「HOLIDAY」、2019年12月には5thアルバム「PEOPLE」、2021年12月にはNagipanとの共作「PEPE」、2023年2月に6thアルバム「That's Life」を発表。

前田和彦(カズヒコ・マエダ)プロフィール

作編曲家、Keyboardist/Sound Producer/Engineer。1996年、坂本龍一氏のラジオ番組『gut on-line』で評価され、1997年、gut bounceよりソロアルバム 『epitone』をリリース。以降、アレンジサウンドプロデュース、自身のスタジオでエンジニアとしても多くの作品を手掛ける。2017年以降、『姫路城フォーシーズンファンタジア』 イルミネーションイベントの音楽プ ロデュース。ブルースをベースにブラックミュージックを展開する 『OSAKA ROOTS』のキーボードを担当する。
EVISBEATS、Nagipan(ex. MICHEL☆PUNCH)との共作アルバム「PEPE」からMVを公開!
0

EVISBEATS、Nagipan(ex. MICHEL☆PUNCH)との共作アルバム「PEPE」からMVを公開!

EVISBEATSが、Nagipan(ex. MICHEL☆PUNCH)との共作で発表したアルバム「PEPE」から、客演に問答無用のラッパー:田我流を迎えた"Bon voyage feat. 田我流"のMVを公開した。 EVISBEATSとNagipanによる鍵盤の響きも心弾む最高なトラックの上で、人生を旅し続ける田我流が"Bon voyage"をテーマに"節"全開のラップを披露した極上の楽曲に仕上がっている。 ミュージックビデオは、EVISBEATS"ゆれる feat. 田我流"をはじめ数々の印象的な映像作品を残している盟友:スタジオ石が担当。田我流が、海から空、冥界から極楽世界、そして宇宙まで旅をするという、楽曲の世界観がスタジオ石の解釈で鮮やかに描かれた映像作品。また、EVISBEATSとNagipanも迫真の演技で出演している。 また、本楽曲を収録した最新アルバム「PEPE」は、初のコラボレーションとなったアーティストが多数参加。ジャケットのアートワークは京森康平が手掛けている。
-- 運営:Evening Music Records Inc.