アーティスト

動画アプリ「TikTok」をめぐるアメリカと中国の対立… 米オラクルやマイクロソフトとの提携案も、今後の動向が待たれる…。
0

動画アプリ「TikTok」をめぐるアメリカと中国の対立… 米オラクルやマイクロソフトとの提携案も、今後の動向が待たれる…。

 | , , , ,  | 
中国・バイトダンス発の大人気動画アプリ「TikTok」。 日本でも人気の沸騰ぶりは凄いものがあり、若年層を中心としてかなりのユーザー数がいる。今最も人気があるアプリといっても良いほどのもので、ビジネスに置ける活用という意味でも、その注目は若年層に限るものではなかった。 また「Tiktok」は中国発のものであるという点が注目すべきポイントである。これまでSNSの主流となっているTwitterや、FacebookそしてInstagramというものはいずれもアメリカ発であり、これまで中国発のコンテンツが世界で利用されるということは非常に珍しいものがあった。 というだけに、「Tiktok」は中国の躍進ぶりを表すものとしても注目されていた。しかし、この中国発であるアプリだが、今、大きな政治的問題となっているのは多くの人が認識していることだろう...。 連日の報道でも大々的に取り上げられることの多いアメリカと中国との対立。 少なくとも、ここ数年までは密月関係にあった両国だが、アメリカの現政権を担うトランプ大統領と、中国共産党の総主席・習近平の対立はかなり顕著なものであるというのが現状だ。 その対立の要因の一つにもあるのが、安全保障の問題だ。  中国のテクノロギー企業・ファーウェイに関しても、アメリカ側は部品供給をストップし、まさに制裁をかけている状況にある。何と言ってもこういったことを行う背景には、中国共産党側にアメリカ市民の個人情報が流れているのではないか、という危惧がアメリカ側にあるからである。 この危惧の背景に、「Tiktok」というのも十分に関わって来ることになる...。 ◆ 「TikTok」の利用においてもまた、中国共産党への情報流出が...? 上述におけるファーウェイの件と同じように、「Tiktok」においてもユーザーの情報が、中国共産党に流れているのではないか...。トランプ大統領はそう主張する訳である。 とは言え、確実な正当性をもっての主張とは認められていないため、アメリカ内でも裁判所側からの差し止めなどがあって、まだ事態はそう簡単にトランプ大統領の思惑通りには進行していない状況である。 これに関しては、流石、世界の中でも民主主義という理念が徹底して根底にある国 アメリカという印象を受ける。建国以来の理念として民主主義を掲げているアメリカは、各行政が互いを監視しあう、三権分立というシステムを確立させている。 つまり、トランプ大統領の一存によって全てが動くというファシズムに傾倒するという危険性は秘めていないのである。また、開催を控えるアメリカ大統領選挙もあって、トランプ大統領が意識を向けるのは決して「TikTok」だけではない。 今後の動向に関してはまだ読めない部分があるが、「TikTok」を提供する中国 バイトダンス社との協議で、実際にアメリカ企業に事業が明け渡されるという可能性もある。 現時点でも、マイクロソフトやオラクルという社名はリストに挙がっており、基本的な提携合意には至っているというように少なくとも状況は動いている。 「TikTok」というコンテンツの行方は、未だ不透明なままである...。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
Linkin Park、超大作『Hybrid Theory』のリリース20周年を記念した新盤を公開! 彼らの未発表曲も…?
0

Linkin Park、超大作『Hybrid Theory』のリリース20周年を記念した新盤を公開! 彼らの未発表曲も…?

 | , , , ,  | 
ミクスチャー・ロックバンドの重鎮であり、数々の金字塔を打ち立ててきたLinkin Park。 筆者もLinkin Parkの音楽は本当に大好きで、あらゆる音楽に物心がつき始めた高校生あたりの時に彼らの音楽に出会って、最初はかなりの衝撃を受けたのを覚えている。そして出会った瞬間に彼らの魅力にどっぷりとはまり、彼らの音楽に影響を受けてさらにミクスチャー・ロックという音楽を深堀っていた時期があった。 数ある彼らのアルバムの中でも、やっぱり1stの『Hybrid Theory』と、2ndの『Meteora』は至高の名作である。Linkin Parkといえばこれらのアルバムを絶対に推すし、Linkin Parkといえばこれ、といったようなアルバムである。 そして、2020年の10月9日には『Hybrid Theory』のリリースからちょうど20周年を迎えた。 このことを記念して、Linkin Parkは当アルバムの記念版を公開、さらにはなんと、彼らの未発表曲も同時に公開されているのである... ◆ 未発表曲『She Couldn't』は1999年に制作、長年秘蔵のお宝がこのタイミングで公開・・ 『Hybrid Theory』の20周年を記念した新盤は、各サブスクリプションサービスで公開されている。 実際に当アルバムに収録されている曲に加えて、それら収録曲の特別リミックス版など、多数のヴァージョンが同時に収録されている。収録数もかなりのものがあって、全部フルで聴こうとしたら4時間以上もかかってしまうほどの満載ぶりである。 そしてその収録曲のうちの1つ、これまで公開されてこなかった秘蔵の1曲『She Couldn't』が収録されている。 この曲は1999年に制作された曲のようで、今からかなり時間が経っている。相当の時間、漬け込まれた熟成の1曲となっている。 当曲は、Linkin Park本来のバンドサウンドとは離れた、むしろバンド中期以降によく見られた打ち込み中心の楽曲となっている。そのベースサウンドの上に、フロントマンのマイク・シノダがラップパートを吹き込んでいるのが印象的だ。 1ファンとしても、『Hybrid Theory』のリリース20周年を心から祝福したい。それとともに、これからもLinkin Parkという素晴らしいバンドを広めていきたい思いでいる。 彼らの音楽は誰の心でも動かせるような、大きな可能性を持っていると信じている。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
宮下遊・3rdアルバム「錆付くまで」リリース決定! 豪華クリエイター陣からの楽曲提供も…
0

宮下遊・3rdアルバム「錆付くまで」リリース決定! 豪華クリエイター陣からの楽曲提供も…

 | , , , ,  | 
人気歌い手・宮下遊が来年1月20日に3rdアルバム『錆付くまで』をリリースすることを発表した。 前作『青に歩く』(2018年12月発売)のリリースから約2年1ヶ月ぶりとなる。 Syudou、てにをは、煮ル果実、カフェ@、楽園市街など豪華クリエイター陣による書き下ろし曲が収録される。また、宮下遊自身が作詞作曲を手がけた『Tisa』も収録される。 宮下遊は歌唱に加え、作詞作曲・イラスト・動画まで幅広く手がけるマルチ・クリエイターだ。独自の世界観を確立し、ネットシーンを中心に活動している。つい先日には、YouTubeのチャンネル登録者数も30万人を超えた。また、3rdアルバム『錆付くまで』ではジャケットイラストも書き下ろしている。 そして、アルバムから『悪魔のララバイ』(作詞・作曲:syudou)を先行配信およびMVを公開。MV制作はイラストレーターの壇上大空が担当している。これぞsyudouといったメロディーに宮下遊の繊細で綺麗な歌声がマッチしているので聴きどころ満載の楽曲だ。 ◆ 気になる収録曲は... 収録曲は、以下の予定となっている。 ・アート(作詞・作曲:カフ@) ・悪夢のララバイ(作詞・作曲:syudou) ・カトリーナ(作詞・作曲:楽園市街) ・きみを論じたい(作詞・作曲:てにをは) ・Coquetterie dancer(作詞・作曲:煮ル果実) ・Tisa(作詞・作曲:宮下遊)  ※ その他全12曲収録 また、アルバムは初回限定盤、通常盤、ポニーキャニオンオンライン通販限定盤の3形態が用意されるとのことだ。アニメイト・Amazon・タワーレコード・とらのあなでは、各販売店でオリジナル特典も付くから要チェックだ。 さらに、ポニーキャニオンショップでは、宮下遊本人による直筆サイン入りアナザージャケットも数量限定で付くため是非手に入れたいものである。 ※ アルバム詳細はこちら: http://yuu.extsm.com/ ※ 宮下遊Twitter: https://twitter.com/miy_yuu -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
まふまふ、自身の誕生日に新曲MVを公開。初のMV監督と素顔公開!? 新境地へ…
0

まふまふ、自身の誕生日に新曲MVを公開。初のMV監督と素顔公開!? 新境地へ…

 | , , , ,  | 
人気歌い手・まふまふが、自身の誕生日である10月18日に新曲『ひともどき』を公開した。 現在、YouTubeのチャンネル登録者数は262万人、Twitterのフォロワー数は180万人をほこるまふまふ。作詞作曲・編曲に加え生配信や実況動画なども行う、今の音楽界のネットシーンを担うマルチクリエイターだ。 これまで、アニメーションMVを中心に作品を公開してきたまふまふだが、『ひともどき』では初のMV監督を務め、初めて顔出しをした。本作では企画や映像編集も自ら行い、マルチクリエイターとして名高いまふまふであるが、さらに自身の活動の幅をパワーアップさせた。 『ひともどき』は、まふまふらしいバンドサウンドで爽快なロックナンバーとなっている。メロディも歌詞もとても聴きやすくスッと入ってくる。MVは実写と一部アニメーションが組み合わさった作品となっており、山奥の廃線路や廃校舎、架空の病棟のような場所で撮影されている。 また、同曲は、イントロのギターリフから「これぞまふまふ!」といった雰囲気全開であり、これまでの作品で実写MVはあったものの、完全な顔出しをするに至ったのは今回が初である。 というのも、今まで顔を出すことにあまり前向きでなかったまふまふだが、表情を隠すことによって作品に制限がかけられていることを懸念し、新たに挑戦しようと試みた結果、このような運びになったという。数百万ものリスナーが見ていることは想像もつかない位の緊張が襲ってくるだろう・・・。 また、MVを公開するたびに段々と海外のファンからのコメントが増えていっているように思われる。これは、まふまふの音楽が日本のネットシーンのみならず、世界中に浸透している証であろう。楽曲のコメント欄では海外勢からのコメントが増えているとともに、日本人ファンからも勿論、たくさんのファンに愛されている様子が窺える。 「人の形で人になれずに 呪って恨んだ世界を 愛してしまった 優しい人の人になれずに この命を愛してしまった」 まふまふの音楽に対する想いと、自身の葛藤や焦燥感、死生観を楽曲を通して表現しているように感じる。 ◆ 初の歌枠生配信もー・・・ そして、先日生放送配信で初の《歌枠》が行われた。 約1時間のライブ配信には約5万人ものリスナーが集まり、アーカイブ動画は約40万回再生まで到達した。 歌枠では、『夕刻、夢ト見紛ウ』『1・2・3』(ユニット・After the Rain曲)『快晴のバスに乗る』『DAYBREAK』『花鳥風月』『眠れる森のシンデレラ』『夢のまた夢』を歌った。『DAYBREAK』は2012年にリリースされたまふまふの1stソロアルバム『夢色シグナル』に収録されている楽曲である。このアルバムは現在廃盤となっており、かなり稀少な作品であるため昔からの生放送で歌ったことにファンも驚いたであろう。 また、配信中にはアコースティックギターで即興作曲も行ったまふまふ。以前にも作曲配信など行っていたが、こうやって制作の様子をリアルに見ることができ、まふまふのリスナーに対するサービス精神が良く現れているように思われる。 ニコニコ動画時代から積み上げてきた努力がこうやってどんどん大きくなり沢山のリスナーに愛されるようになったまふまふ。 先日10月14日には、昨年開催されたメットライフドームでのワンマンライブ〈ひきこもりでもLIVEがしたい!〜すーぱーまふまふわーるど@メットライフドーム〉のライブDVDが発売された。アンコール曲を含め、全21曲が収録されている。店舗別購入特典として、イラストレーター・茶々ごま氏による描き下ろし缶バッジやステッカーが付いてくる。 今年3月に開催予定であった東京ドーム公演は惜しくも新型コロナウイルスの影響で中止になってしまったが、今後また公演をする機会があることが望まれる。1クリエイターとして、歌い手として、作曲家として、音楽に対して真摯に向き合い、日々進化し続けるまふまふの姿に多くのファンは釘付けである。 今後もまふまふの活動の動向に注目していきたい。 ※ ひともどきMV: https://youtu.be/wjbuvMHaCgI ※ まふまふ公式Twitter: https://twitter.com/uni_mafumafu?lang=ja ※ YouTube: https://t.co/jSzLIAPeC6?amp=1 ※ ニコニコ動画: https://t.co/9XtigvFrOE?amp=1 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
伝説のロックバンド Oasisのフロントマン・Liam Gallagher のドキュメンタリー映画『As it was』が公開中!世界最大の”兄弟喧嘩”に迫る…
0

伝説のロックバンド Oasisのフロントマン・Liam Gallagher のドキュメンタリー映画『As it was』が公開中!世界最大の”兄弟喧嘩”に迫る…

 | , , , ,  | 
まさに伝説とでも言おうか...。 イギリスのロックバンド・Oasis。フロントマンであるリアム・ギャラガーと、ギターのノエル・ギャラガー2人の間での軋轢によって、スターダムに上り詰めていたバンドの歴史は、あっという間に幕を閉じた。これを伝説と呼ばずになんと呼ぼうか。 この世界最大の”兄弟喧嘩”というものは実質今も終わっていない状況で、いわば冷戦状態にある。時折、Twitterにおいても両者が相手を唆したり、揶揄うような場面がこれまで何回も見られている。 仲違いの状況は今も変わらないが、もちろんファンが望むことはただ1つ。Oasisの再結成である。 大きな歓声を集めながら、世界に対して多大な迷惑もかけてきたお騒がせバンドであるが、誰よりも愛されているバンドであることは間違いない。最近では、リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画である『As it was』が日本での公開が始まっている。 UKロックの代表者の軌跡について、新たに映像として明かされている貴重な作品だ。 ◆ Oasisの再結成を一番望んでいるのはリアム?ソロ・プロジェクトの楽曲も、Oasisへの郷愁が感じられる・・? なんだかんだ言って、一番Oasisをやりたいのはリアム・ギャラガーなのかもしれない。 ノエル・ギャラガーの方は、それこそTwitterやメディアでの発言においても、もっぱらOasisを再結成することには関心がない様子、というよりもリアムと仲直りをすることに嫌悪している様子でもある。 彼のソロ・プロジェクト「Noel Gallagher's high flying birds」でも、Oasisの頃とは違う、ブリットポップ、サイケデリックというように新しい方向性を見出している。 対するリアムの方はどうか、ソロ楽曲においてはまさにOasisを感じさせるエッセンスが満載。実際、かつてTwitterにおいてもOasisをやりたいという思いが見えるような発言をしていたこともあった。 と言いつつ、半年前ほどにノエルの方も、過去のOasisの未発表音源を公開したことがあった。ノエルもなんだかんだでOasisのことを気にかけているのか? なんという淡い期待も抱いてしまいそうだが、なんだかんだの仲直りを、世界は待望している。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
うろ覚えのあの曲を… “ハミング”でGoogle先生が解析。10月15日よりローンチされた新機能を活用してみよう!
0

うろ覚えのあの曲を… “ハミング”でGoogle先生が解析。10月15日よりローンチされた新機能を活用してみよう!

「あの曲、メロディはわかるんだけどなんていうタイトルなんだろう・・・」といったように、ある曲を思い出すことができなかったり、曲名を知る手がかりが足りなかったりしてモヤモヤすることはないだろうか? 今までに存在している「Shazam」というアプリでは、今耳に入っている音楽を知りたい時に、そのアプリを起動すれば曲名を知ることができた。これもまた画期的な技術の一つで、非常に多くのユーザーがいる。 しかしその反対に、何かの曲を思い出したい場合に、その曲を教えてくれるというコンテンツが存在していたことはなかった。そんな状況の中で、ついにそういった欲望を満たしてくれる機能がローンチされた。 その機能を開発したのはあの巨大IT企業 Googleだ。 これまで世界中の人々の生活を手助けしてくれる画期的サービスを提供してきた企業が、さらに私たちの生活を豊かにしてくれる。 ◆ なんと、”ハミング”を吹き込むだけでその曲を教えてくれる・・!?。"Google先生”のさらなる強化。 企業のサービスのうちの1つ、検索エンジンの利用者は世界中でかなりの数がいると思われる。多くの人に浸透し、使われているということもあって "Google先生” という親しみの意味を込めて検索エンジンを利用している人が多い。 そんな、何でも知っている "Google先生” は音楽についても非常に詳しいようだ。 新しくGoogleがローンチした音楽識別機能では、ユーザーがデバイスに向けて曲のメロディのハミングを吹き込むだけで、それがなんの曲かを識別できるという。もはや物知りにしても程があるという程に進化し続けている、Google先生。 この新機能は10月15日にローンチされたばかりというように、まだ出来立てのものである。これからも、Google先生の恩恵を授かることになりそうだ。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
BUMP OF CHIKENのベース・直井由文が不倫騒動を受けて活動休止へ・・。不倫に対する倫理観は日本独特のもの?手厳しい批判も見受けられた昨今のニュース。
0

BUMP OF CHIKENのベース・直井由文が不倫騒動を受けて活動休止へ・・。不倫に対する倫理観は日本独特のもの?手厳しい批判も見受けられた昨今のニュース。

メンバーの不倫騒動によって、最近では残念な話題を呼んでしまったBUMP OF CHICKEN。 国民的とも言えるほどのビッグバンドであるだけに、その分メンバーの不倫が報じられたことは、大きな視線を集めてしまった。影響力のあるバンドである所以とも言える。 今回不倫が報じられた、バンドメンバーである直井由文はしばらくの活動休止に入るという。 幸いというか、バンド自体の活動がストップするということにはならないらしく、少し安心もしている。確かに不倫という行為は、必ず誰か一人以上を不幸にしてしまうものであり、倫理的にも許された行為ではない。 しかし、世界全体で見ても、日本における不倫に対する倫理観はかなり独特のものがあるのではないか?必要以上にニュースなどで大々的に報じられるようなケースは多いし、今で言えばTwitterなどのSNSでも炎上するという騒ぎに至ることが多い。 今後もきっと、不倫騒動が大きな話題となるこの通例は、変わらないものと思われる。 ◆ 言ってしまえば不倫も他人事、騒ぎ立てるにも限度があり、犯罪に当てはまるわけでもない。この事実を改めて考える。 これは決して日本に限った話ではないのだが、不倫を報じるニュースというものは、日本において大々的に取り上げられることが多い。いわばスキャンダルというものである。 時には大勢の記者の目の前で、当人が謝罪をするというシーンもまた目にすることが多い。しかし不倫という問題は、そこまで大きく報じられるほど重要性があるのだろうか?敢えてこういった疑問をも投げかけてみたい。 上述にあるように倫理的に不倫という行為は確かに許されない、こういった認識は世間に通ずるものとして確かにある。しかし、あくまで不倫という行為は犯罪行為ではない、つまり違法行為ではない。 そのために、例え不倫が発覚したとしても当人が逮捕されることはない。極端な話、不倫をしてしまった人はそのことを反省して、更生してもらうというそれだけの話である。 時には、不倫の報道があまりに大々的に報じられすぎて、もっと意義のある重要なニュースが陰りがちになってしまうようなこともある。また、SNSなどにおける不当なパッシング行為も同じくである。 今回の直井由文の行為を完全に擁護することはできないにしても、彼の行為に関する報道を受け取る側にも、ある程度の裁量が求められるのではないだろうか。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
VRリズムゲーム「Beat Saber」とロックバンド・Linkin Parkがコラボ!?リリースから20周年を迎えた名アルバムを、新次元で楽しめる!
0

VRリズムゲーム「Beat Saber」とロックバンド・Linkin Parkがコラボ!?リリースから20周年を迎えた名アルバムを、新次元で楽しめる!

 | , , , ,  | 
世界中に数あるミクスチャー・ロックバンドの中でも重鎮的な存在であるLinkin Park。 彼らのアルバム『Hybrid Theory』は、Linkin Parkのキャリアの中でも最も成功をおさめた名アルバムであるとも言える、伝説的なアルバムだ。このアルバムのリリースは2000年、つまり今年でリリースから20年を迎えるということになる。 Linkin Parkのフロントマンであるチェスター・ベニントンは、2017年に自殺によって急死、それ以降残念ながら、今日までLinkin Parkの活動はストップしてしまっている状況だ。 それでも、決してLinkin Parkというバンドは終わってしまった訳ではない。筆者自身もそうであるように、多くの人が彼らの復活をどんな形であれ期待しているはずである。 バンド活動がストップしてしまってからも、今でも世界中の人がLinkin Parkの音楽を聴いていることは間違いないし、誰も彼らのことを忘れてはいない。Linkin Parkにおいて、チェスターの相方的存在であり、フロントマンであるマイク・シノダは2018年の「SUMMER SONIC」に出演した時も、自身の名義を「Mike Shinoda of Linkin Park」として出演した。彼自身も、自身のアイデンティティをLinkin Parkというバンドにおいている。 世界中に熱狂的な支持者を集めるロックバンド・Linkin Park。今、彼らの音楽は新しい次元で楽しむことができるようになっている。 その新しい次元とは、最先端技術により開発された"VR"である。 ◆ VRリズムゲーム・「Beat Saber」とLinkin Parkの楽曲がコラボ!ぜひ体感してみたい・・ 今エンターテイメントの新しい形として、VRの存在は日に日に大きくなっている。 最近でも、VRゲームハード「Oculus Quest 2」が世界で発売開始されたばかり、今最も注目を集めているのがVRだ。何と言ってもVRの魅力とは、ある意味自身が体験したことの共有が難しいことにあるのではないか。 経験した当人にとっては、VRによって得た体験を現実のものとしてイメージができているのだが、VRを体験したことのない人にとっては、その体験が如何なものなのか全くイメージすることができない。 こういったように、VRを体験するというのはその当人だけにとっての特別なものなのである。共有できるエンターテイメントではない、というのが逆にVRの魅力になっているのではないかと考える。 そんなVRのリズムゲーム「Beat Saber」というゲームタイトルがある。リズムゲームであることから、実際に存在する楽曲を再生してリズムを楽しむという仕様になっている。 その「Beat Saber」において、Linkin Parkのアルバム『Hybrid Theory』の曲が楽しめるようになっている。つまり、Linkin Parkの楽曲でリズムゲームが楽しめるのだ。 Linkin Parkのファンにとってはたまらないコラボであり、すぐに体験してみたいと思うであろう。 今はまだ発展途上にあるVRというコンテンツだが、今後もっとスタンダード的なものになっていく可能性がある。VR先駆者として、早いうちに体験してみたいものである。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
10月19日、ラジオ局J-WAVEは同日急逝した赤い公園・津野米咲さんの録画出演番組を予定通りオンエア。奇しくも偶然なこのタイミングの巡り合わせ・・。
0

10月19日、ラジオ局J-WAVEは同日急逝した赤い公園・津野米咲さんの録画出演番組を予定通りオンエア。奇しくも偶然なこのタイミングの巡り合わせ・・。

 | , , ,  | 
2020年10月19日、ロックバンド「赤い公園」のメンバーでギター担当・津野米咲さんの急逝が報じられた。 あまりに突然のニュースであり、とても信じられないような感覚があった。そして同じ日、10月19日の21:00~、音楽専門ラジオ局・J-WAVEの番組『SONAR MUSIC』では、津野米咲さんが録音出演として出演することが決まっていた。 偶然の巡り合わせではあるのだが、津野米咲さんが亡くなったことが報じられた当日中に彼女の録音出演を予定通り行うのか、彼女のマネジメント事務所やレコード会社、J-WAVEの間ではやはり協議が行われたようである。 しかし予定通りに、津野米咲さんの『SONAR MUSIC』への録音出演は果たされ、番組も予定通りのオンエアとなった。 筆者自身もリアルタイムで、J-WAVEにチューニングを合わせていたのだが、日常とは違う雰囲気のオープニングであったのがとても印象的であった。当番組のナビゲーターを務めるのはミュージシャン、クリエイターのあっこゴリラが務めているのだが、普段はオープニングにて、彼女のとびっきり元気な声が聞こえるのだが、10月19日のオンエアに関しては彼女自身の声も普段とは違う、溌剌としたものではなく、動揺もしている様子であった。 番組オープニングにおいては、津野米咲さんが亡くなったことについて述べていたが、その最中にあっこゴリラが涙ぐんでいる様子も、ラジオ越しには感じられた。筆者自身もリスナーの1人として、大変感傷的なシーンであったことを記憶している。 だが何にせよ、10月19日の『SONAR MUSIC』を予定通りのオンエアを果たしたことは、英断であったのではないか。最後の津野米咲さんの声を聞くことができた、本当にありがたく思う。 ◆ カルチャーを支える一つのラジオ局・J-WAVEの現代での存在意義、それはディープなシーンで、必要不可欠な存在であり続ける。 これまで30年以上にわたって、日本の音楽カルチャーを発信し、その屋台骨を支えてきたラジオ局・J-WAVE。 ラジオというメディア全体が、今や主要なものでは亡くなっているという実情がありながらも、やはりその存在意義は変わらない思いがあると思える。今やテレビですらもメジャーなメディアではなくなりつつある現代、これまでよりもっとディープで、太い支持層を得ることにもなるだろう。 ラジオというのも「radiko」のローンチによって、ラジオ媒体そのものがなくてもインターネット通信によって聴取ができるようになるという、メディアの一番のアイデンティティというものを変革させたという過去があって今がある。 特に、若い世代において、ラジオには馴染みのない人が増えてはいるものの、ラジオが好きな人は本当にラジオが好きである。耳だけを用いて情報を得ることができるというラジオのメディアとしての特徴は唯一無二のものであるし、ユーザーにとって非常に親しみやすい要素がある。 今回の『SONAR MUSIC』のオンエアによって、津野米咲さんの声を聞くことができたのも、J-WAVEにおいてのみである。こういったように、他のメディア媒体では得られない貴重な情報というものも発信し続けているのだ。 J-WAVEだけでなく、ラジオ全体は今後もっとディープな存在として、日本のメディアの一角としての役割を果たしていくのであろう。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
今のシューゲイザーロックシーンを代表するバンド「揺らぎ」。芸術的で上品な轟音は、他の誰のものでもない唯一無二のもの。
0

今のシューゲイザーロックシーンを代表するバンド「揺らぎ」。芸術的で上品な轟音は、他の誰のものでもない唯一無二のもの。

日本のロックバンド「揺らぎ」。 ボーカルが女性、他のメンバーは皆男性という構成のロックバンドだ。とてもシューゲイザーロックをやっているバンドとは想像し難い構成でもあるが、そういった意外性こそ「揺らぎ」の魅力なのかも知れない。 My Bloody Valentineや、最近の日本で言えば、きのこ帝国などが代表的なものとしてあげられるシューゲイザーギターロックシーン。「揺らぎ」は、今インディーズ・シーンの中でも一際特別な存在感を放っているバンドだ。 昨年は、フジロックにおける『Rookie a go-go』にも出演を果たし、コアな音楽ファンの耳にはすでに浸透しているはずだろう。 シューゲイザーならではの轟音、もちろん「揺らぎ」もまたそういった力強いサウンドを持ち味としているのだが、ただ現存するシューゲイザーを真似しているわけではない。1曲1曲の奥底で感じられる微かなニュアンスから、「揺らぎ」というバンドを理解することができる。 ◆ シューゲイザーらしからぬシューゲイザー、サイケやドリームポップなどあらゆる世界観を混ぜ合わせて完成させた形。 「揺らぎ」の音楽とは、ただシューゲイザーという1つのジャンルに括り付けられることなく、多彩な色合いを持っている。 ドリームポップ、サイケ、シンセポップなど、あらゆる要素を複合させ、見事に「揺らぎ」の音楽は完成されている。少し間違えれば、ごっちゃごちゃで取り止めの付かない音楽になってしまいそうなリスクもありそうだが、そこを1つの音楽としてまとめるセンスは素晴らしい。 その実力は、あらゆる方面から認められてきており、昨年のTurnoverとの対バンを初めとし、これまでもあらゆる海外アーティストと対バンを果たしてきた。 「揺らぎ」の音楽は、日本を飛び越え、世界でも受け入れられる音楽とも言えるのではないだろうか。彼女らが影響を受けた音楽も、やはり海外発のものが多いと言う。 「揺らぎ」は勿論だが、今後のシューゲイザーシーンは非常に楽しみである。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
欅坂46から改称し「櫻坂46」としてリスタートを切った国民的アイドルグループ。かつての中心的カリスマの脱退、0からのスタートとなるか…
0

欅坂46から改称し「櫻坂46」としてリスタートを切った国民的アイドルグループ。かつての中心的カリスマの脱退、0からのスタートとなるか…

 | , , , ,  | 
アイドル文化の盛り上がりというのは、日本のカルチャー史における1つの特徴である。 かつては、秋葉原という聖地的な場所が盛り上がっていて、"オタク文化"とも呼ばれる1つの文化が育っていた。勿論、今でも秋葉原という場所は盛り上がっているし、カルチャーの発展にも貢献し続けているのだが、もはやアイドルの活動拠点は全国に渡っている。 2010年代の序盤から世間を席巻し、音楽チャートの席巻も続々と果たしたアイドルグループである「AKB48」。早くも、今の中高生の世代にとっては馴染みのないグループとなりつつあるようだが、彼女らの活躍は筆者にとっても記憶が新しい。 「AKB48」をプロデュースした、まさに芸能界の重鎮とも言える秋元康氏が手がけたこのアイドルグループは、日本の音楽史においても長きに渡って功績を残し続けてきた。そして今、AKBの後継的存在として人気を集める「欅坂46」や「乃木坂46」というグループも活躍を続けている。 今や日本のアイドル文化の中心には、秋元康氏がいると言っても過言ではないだろう。 そして、現在もこのアイドルグループの中心的存在である「欅坂46」だが、 最近、新しいニュースがあった事を皆さんはご存知であろうか...? 「欅坂46」は、2020年9月20日を持って「櫻坂46」に改称しているのだ。これには、一体どのような理由があるのだろうか... ◆ 0からのスタートを切る「櫻坂46」、「欅坂46」としての過去はもう捨てた...? これは驚きのニュースである。 すでに全国区で絶大な人気を集めていた「欅坂46」が、突然のグループ名の改称に至るとは、少なくとも混乱を招くというリスクもあったに違いないが、これにはプロデューサーである秋元康氏をはじめとするグループメンバーの思い切った決断があった事が窺える。 確かに、「欅坂46」の中心メンバーでありカリスマ的存在であった平手友梨奈が2020年1月に脱退した事は、グループにおいて転換点だったのかも知れない。 中心メンバーの脱退とは、グループのイメージとも言える人物が居なくなり、象徴的であったシンボルを無くしたにも等しい様な事態だ。そうなれば、グループ自体が変化する必要が出てくる可能性も考えら、活動の方向性も改めて検討しなければならないかも知れない。 さらに、平手の脱退を受けて彼女の後を追うように脱退したメンバーもいた。この為、グループの流れを変える意味合いでも、思い切った改称による対策を取ったのかも知れない。 サプライズな発表となったグループ名の改称だったが、ファンの間だけでなく各種ニュース媒体にもこの話題は大きく取り上げられたこととなった。 今後の「櫻坂46」は、「欅坂46」を超える様な存在になるだろうか...。今後の動向に注目したい。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
メジャーデビューも果たした「マカロニえんぴつ」。次のステップはいよいよ、”キャリア最大規模”のホールツアー開催へ!
0

メジャーデビューも果たした「マカロニえんぴつ」。次のステップはいよいよ、”キャリア最大規模”のホールツアー開催へ!

 | , , ,  | 
飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進し続け、圧倒的勢いでメジャーデビューまでも果たしたロックバンド・マカロニえんぴつ。 独特なネームでありながら、既に多くの人に浸透しているのは言わずもがな、メジャーデビュー発表後も日に日々にバンドの認知度は高まり続けている。 先日、音楽番組『ミュージックステーション』に出演していた彼らは、番組の放送終了後にバンド公式SNSアカウントにて、新たな発表をした。 それは、バンド史上最大規模のホールツアーを開催すると言うものであった。 2021年の4月から1ヶ月かけて敢行予定である本ツアーだが、そのファイナルは横浜アリーナでの開催という、まさにメジャーアーティストの象徴的とも言える会場での公演も予定されている。 この様なマカロニえんぴつの躍進により、いよいよメジャーシーンでもトップレベルの注目度を集めている。 ◆ 中高生をはじめとする”青春世代”から絶大な支持を集める、最も流行に敏感な世代を輝かせたことの影響力。 ただ、まだまだ新興ロックバンドとも言えるマカロニえんぴつ。 彼らの支持層とも言おうか、いわゆるファン層の多くは若年層にある。その中でも20歳以下の中高生世代からは、圧倒的に大きな支持を集めている。 今の中高生の世代は、スマートフォン等は当たり前のように使いこなすし、誰もが持っている。それでいてTikTokやInstagram等のSNS利用率も非常に高くため、流行のコンテンツには非常に敏感であると言える。 また、スマートフォン1つで関心のある事にはいくらでもアクセスし情報を集める事ができ、自らの言葉でメッセージを発信できるため、この世代からはインフルエンサーともいえる人物が出てくる事も多い。 その様な世代を支持層に取り込んだマカロニえんぴつの活躍には、やはり説得力があるだろう。 リスナー視点で見ると、学生時代にハマった音楽は、その人にとって大きな思い出になる。その意味合いでも、マカロニえんぴつは、多くの人の人生に影響を与え、記憶に残るアーティストとして捉えられるかも知れない。今後の彼らの活躍に期待だ。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
1 2 3 50