乃木坂46

乃木坂46 堀未央奈、異例のソロMV内で卒業発表。伏線が話題に…
0

乃木坂46 堀未央奈、異例のソロMV内で卒業発表。伏線が話題に…

乃木坂46の堀未央奈が11月27日、グループからの卒業を発表した。 さらに、来年1月27日発売の26thシングル「僕は僕を好きになる」の活動を持って卒業することも決まった。 同日、乃木坂46のYouTube公式チャンネルにアップされた堀のソロ曲「冷たい水の中」のミュージックビデオ内で、自らの口で卒業を発表。 ブログで卒業発表をするメンバーが多い中、MV内で卒業を発表するのは異例のこと。グループ史上初めての出来事で、ファンの間でも騒然となった。 MVの監督を務めたのは山戸結希。堀にとって映画初出演にして初主演作の「ホットギミックガールミーツボーイ」の監督も山戸だ。 2人はこの映画をきっかけに強い絆で結ばれ、信頼しあう存在となっていた。 冒頭では堀が「乃木坂46って、あったかくて見守ってもらえて、ずっといつでもいたいって思えるっていうか。きっとまだまだ時間もあるし、いやでも、時間はないのか。でもやっぱり、思い出もいっぱい詰まっていますし、アイドルとして8割は、全力でやり切ったと思いと、2割はちょっと悔いじゃないですけど。」と話した上で、「そんな思いを歌にのせてパフォーマンスしてみます。」と、そこから歌唱がスタートする。約8分間のMV内に堀の思いが込められているようだ。 さらに、卒業発表した11月27日は7年前、堀が初めてセンターを務めた「バレッタ」の発売日。7年の時を経て成長した彼女の姿が見れるMVとなっている。 ◆ この投稿は卒業の伏線…?堀未央奈が語る2期生への想い グループからの卒業発表と同時に、ファンの間では「伏線」が話題となっている。 卒業発表前の19日には自身のインスタグラムにて、同期である2期生との集合写真をアップ。さらに2期生の北野日奈子、鈴木絢音、寺田蘭世、新内眞衣、伊藤純奈、渡辺みり愛、山崎怜奈との2ショット写真を投稿し、メンバーへの想いを長文で綴っていた。 この流れで卒業を発表したことにファンの間では、「最近インスタで2期生を1人ずつ紹介してたから、もしかしてと思ったけど」「ここ最近のインスタが思い出を振り返ってる感じだったのは、そういうことなのか」などのコメントが寄せられた。 堀は2013年3月に2期生として乃木坂46に加入し、同年11月には、7枚目シングル「バレッタ」のセンターに研究生ながらに抜擢。 乃木坂、そして2期生のエースとして、約7年間グループを引っ張りつづけた堀。 現在はモデルや女優でも活躍中。卒業後の明確な道は公言していないが、感性豊かな堀が見せる新たな一面が楽しみだ。 -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
小室哲哉氏が音楽業界に復帰!一時代に伝説を残した人物の復活。乃木坂46への楽曲提供も発表!
0

小室哲哉氏が音楽業界に復帰!一時代に伝説を残した人物の復活。乃木坂46への楽曲提供も発表!

日本の伝説的存在、音楽プロデューサー・小室哲哉氏が音楽業界に復帰することが発表された。 彼が引退を発表したのは2018年のこと、彼が復帰するのは実に引退から2年を経てのことである。一度引退をしてから、復帰をするというのは実に異例なのかもしれない。 だが、音楽業界としても彼の存在をやはり必要としているのではないか?一時代に伝説を残した小室氏の手腕は、今ではどれほどのものなのか、実に見ものとも言える。 特に音楽という世界は変化が激しい。流行りの音楽だってどんどん変わっていく。その中で小室氏は、持ち前の手腕をこれまでと一貫したスタイルで活かすのか、それとも時代にアジャストした形で対応するのか? 小室氏は、24日にリリースされる乃木坂46・「Route 246」の作曲を手掛けている。間違いなく、注目を一曲となるだろう。 ▼ 今後はなくなる? 名物プロデューサーの存在。そして、各アーティストの実力の向上 今は基本的に、アーティストは自身で作曲した楽曲で活動するパターンが多い。 もちろん、エイベックスやソニーミュージックをはじめとして、所属アーティストに楽曲提供をするパターンももちろん多い。それこそ、乃木坂46や欅坂46など、秋元康氏が手がけるアイドルグループは、メンバー本人たちは作曲をしない。 例えばロックバンド界隈であれば、作曲はほとんどそのメンバーである。そしてそういったアーティストたちの人気は非常に高く、ロックフェスの人気向上もいうまでもないほどである。 やはりアーティストたちもプロなだけあって、相当作曲の能力は高い。自主的な作曲活動において、プロデューサーの存在は必要としていないパターンもある。 今後はもしかしたら、プロデューサーのあり方も変わってくるのかもしれない。それこそ作曲以外の形、アーティストのプロモーションなどの点で力を発揮することも勿論あるだろう。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
乃木坂46 4期生全員がドラマ初出演!直木賞を受賞し、 累計100万部を突破したベストセラー作家が描く「サムのこと」と「猿に会う」の2作品とは…
0

乃木坂46 4期生全員がドラマ初出演!直木賞を受賞し、 累計100万部を突破したベストセラー作家が描く「サムのこと」と「猿に会う」の2作品とは…

今回、映像化するのは西加奈子の初期の短編「サムのこと」と「猿に会う」の2作品。 著者の西加奈子は、2015年に「サラバ!」で直木賞を受賞し、累計100万部を突破したベストセラー作家。さらに、これまで西加奈子さんご自身の作品でドラマ化されたのは本作が初となる貴重な作品だ。 ドラマ化する「サムのこと」「猿に会う」の両作品に共通するテーマは、「青春時代の葛藤とそれを乗り越えていく希望」となっている。このテーマを描くにあたり、日本を代表するアイドルグループにおいて大きなプレッシャーを受けながらもアイドルという立場で青春時代を贈り、今後、更なる躍進が期待されている乃木坂46の4期生に出演を打診し、企画が実現したという。 また、彼女たちにとっても本作がドラマ初出演となり、「サムのこと」では遠藤さくら、「猿に会う」では賀来遥香が共にドラマ初主演を務める。 どちらの作品も普段のメンバーからはとても想像できない異色なキャラクターを演じており、この作品でしか見ることの出来ないメンバーたちの意外な一面や、本格演技初挑戦という本作に体当たりで挑むメンバーたちの迫真の演技が見どころです。 ◆両作品には名だたる監督を起用!dTV会員だけのイベントも! 「サムのこと」の監督には、映画『重力ピエロ』『見えない目撃者』など数多くの作品を手掛ける<森淳一>、「猿に会う」の監督には乃木坂46をはじめ、ゆず、Mr.Childrenなど300組以上のMVやコンサート映像を手掛け、乃木坂46ファンからの支持も厚い高橋栄樹をそれぞれ起用している。また、乃木坂46の世界観をそのままに、西加奈子が描く繊細でありながら生きる希望を描いた本作を活写しているとのこと。 さらに、dTVでは、本作の配信を記念して3月17日(火)には東京都内で「サムのこと」「猿に会う」配信記念イベントを開催予定とのこと。詳しくは、番組公式サイトに情報が掲載されているので、気になる方は要チェックだ。 ・番組公式サイト: https://nogizaka46.dtv.jp/ そして、現在dTVでは、乃木坂46が出演している、「あさひなぐ」、「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」、「コープスパーティー」なども配信中。dTV会員だけにしか見ることの出来ない、乃木坂46の姿にどっぷり楽しめること間違いなしだ。 <『サムのこと』『猿に会う』番組公式サイト> https://nogizaka46.dtv.jp <『サムのこと』『猿に会う』番組公式Twitter> https://twitter.com/dtv_nogizaka46 ◆番組の詳細情報はこちら ■■■■ 『サムのこと』 ■■■■ 【番組概要】 『サムのこと』 <配信日時>2020年3月20日(金)、21日(土)、27日(金)、28日(土) <配信話数>全4話 (各話 約20分) <出演>遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめ、矢久保美緒 ほか <原作>「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫) <監督>森淳一 <脚本>三嶋龍朗 <チーフプロデューサー>上田徳浩 <プロデュース>鈴木健太郎、備前島幹人 <プロデューサー>龍貴大、西ヶ谷寿一、横山蘭平 <協力>秋元康 (c)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送 <ストーリー> アリ、キム、モモ、スミ、サムは元アイドルグループ。 パッとすることもなくグループは解散しメンバーは各々違う人生を歩み始めていた。 解散してから1年後のある日、サムが事故死する。その通夜でメンバーたちは久しぶりに再会する。 アイドルだった10代のころのように他愛もない話に花を咲かせた残されたメンバーたちは、 彼女との思い出を語りだす。 しかし、その誰もが自由奔放で独自の世界観を持つ「サム」と呼ばれた彼女の素性も、 家族構成さえも知らなかった。 サムの思い出を語るうちに自分たちがそれまで言えなかったことを告白する。 思い出話の最中に明るみになる「サム」というあだ名の由来、 事故ではなく自殺だった可能性、そして、お通夜の最中に死んだはずのサムからメッセージが届く。 ■■■■ 『猿に会う』 ■■■■ 『猿に会う』 <配信日時>2020年4月予定 <配信話数>全4話 (各話 約20分) <出演>賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜、北川悠理 ほか <原作>「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫) <監督>高橋栄樹 <脚本>穐山茉由 <チーフプロデューサー>上田徳浩 <プロデュース>鈴木健太郎、備前島幹人 <プロデューサー>龍貴大、西ヶ谷寿一、横山蘭平 <協力>秋元康 (c)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送 <ストーリー> まこ、きよ、さつきの3人は教室の少し端っこにいるような仲良し女子大生3人組。 皆実家暮らしで同じ大学に通って同じサークルに所属している。 きよは、昔から何でも四捨五入するのがクセ。中学の頃からさつきは、きよの後ろにいつもくっついて歩いていた。 まこはリア充の妹のぞみに対する劣等感がある。 そんな3人がさつき提案で冬休みに日光東照宮に行くことになる。 東照宮には日本有数のパワースポットがあり、恋愛にご利益があるのだという。 しかし、まことさつきは年齢=彼氏いない歴だが、きよは既に恋愛経験済み。 そんな中はじまる旅の道中で出会う占い師アキラ。テレビが伝える殺人事件の犯人逃亡のニュース。 果たして3人は日光の地へ無事にたどり着くことができるのか。 ※ 先日発表した乃木坂46 4期生新メンバーは本作(「サムのこと」「猿に会う」)には参加しておりません。 月額500円(税抜)初回31日間無料!! dTV WEBサイト( https://video.dmkt-sp.jp )から会員登録できます。 ※ 追加課金等無しで見られます。 --- ※ 本作品の配信情報は、2020年2月22日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。