リリース

米津玄師「感電」カバーに続き「Replica1」をリリース。期待の新人アーティスト「SUIREN」が注目を集める理由とは…
1

米津玄師「感電」カバーに続き「Replica1」をリリース。期待の新人アーティスト「SUIREN」が注目を集める理由とは…

 | , , , ,  | 
皆さんは「SUIREN」と言うアーティストをご存知だろうか...? ボーカルの "Sui" と、キーボーディスト兼アレンジャーの "Ren" による音楽ユニットで、2020年7月に最初のオリジナル楽曲「景白-kesiki-」を公開して以来、その透き通るようなハイトーンボイスと完成度の高い楽曲アレンジで、今、業界を中心に注目を集めている新人アーティストだ。 彼らの素性は全く明かされていないのだが、その音楽的センスは目を見張るものがあり、当編集部でもTwitterの投稿タイムラインで偶然発見した、米津玄師「感電」カバー動画の完成度の高さに部内がざわついたのは記憶に新しいところだ。SUIRENが投稿した「感電」のYouTube動画は、現在10万再生(2021年3月時点)される等、多数の視聴者からの反響を得ており、本家の米津玄師の原曲を "お洒落" と言う言葉を体現した様なアレンジと、高音域も "透き通る" 様な確かな歌唱力で表現してしまうボーカルで、全く新しい音楽的な良さを引き出したと言える。 ※ 関連記事: 米津玄師「感電」をカバーしたSUIRENってアーティストが気になる件 ※ 米津玄師「感電」カバー動画: https://youtu.be/FtsAU3lRNsw また、昨今のインターネットを活用した音楽業界のトレンドとでも言うのだろうか。その活動がWeb上に限定されており、アーティストの素性が明かされていない事が、逆に関心をそそられる事も重要なポイントだ。すでにその知名度は全国区となっている「ずっと真夜中でいいのに。」にも同じ事が言えるが、素性を隠した先にある音楽的才能に惹かれてしまうのは世の常なのだろうか、昨今の音楽業界では、圧倒的に露出の少ないメディア戦略でヒットを連発しているアーティストが数多く輩出されている。 「ずっと真夜中でいいのに。(以下、ずとまよ)」の場合は、作詞作曲を務めるボーカル ACAね が、顔出しはしないと言うスタンスを保ちながらも、音楽の暴力とも言える様なハイレベルで良質な音楽作品を多数リリースし続け、視聴者がそれに反応したと言う構図でヒット現象を巻き起こしてきた。そして、本記事で取り上げる「SUIREN」も相通ずる要素を持っていると考えており、その理由を考察していきたい。 ▼ 音楽的実力があるからこそ取れるマーケティング戦略 "SUIREN" と "ずとまよ" に共通点は、音楽的な実力をベースにしたマーケティング戦略と言える。 アーティストがWeb上の活動に焦点を当てて展開する事は、最近でこそ目にする事が多くなったが、実際には、リアルライブでのパフォーマンスに制限が掛かる事や、ファンとのコミュニケーションを100%の純度で取れない等、数々の活動の制約を強いられる事になる。それでも、この様な音楽活動の展開を取れるのは、ひとえに "実力" があるからと言える。いくら素性を隠したミステリアスさを売りにしたとしても、ファンとの接点は純粋な "音楽" なので、作品としての歌唱力やリリックセンス、アレンジ力等の要素で、リスナーからの共感を得るしか無いのだ。この様な戦略が取れるのは実力アーティストに限られる。 SUIRENの場合は、その音楽的な魅力に2つの特徴が挙げられる。 1つ目は 「歌唱力」だ。通常、歌の上手さは、的確に音程を捉え、タイミング良く発声できる事をベースに、多くの人が上手いボーカルなのかを判断する。ただ、それだけでは所謂アーティストとして全国的な知名度を得るには足りず、ヒット作を生み出すアーティストは必ず "引っ掛かる何か" を持っている。この "引っ掛かり" とは、そのアーティストしか持っていない心地よい癖とでも言えるだろうか。つまり、音楽的な理論だけでは語れない、アーティスト特有の歌い方等がこれに該当する。 SUIRENのボーカル Sui は、ベースとなる歌唱力は言うまでもないが、特に、高音域のメロディラインを歌う際の "淡さ" "心地よい切なさ" を感じる様な声質を持っており、リスナーが自然と聴き入ってしまう様な感覚に陥る。 2つ目は、「アレンジ力」だ。これは冒頭でも触れた米津玄師「感電」のカバー曲にも挙げられる様に、一般的なアレンジとは異なり、ボーカル Sui の歌の良さを引き出すアレンジを施していると言える。原曲と比べ高音域を調整し、サビ部分のリズミカルな中でもハイトーンなメロディが良い抜けを醸し出す様な工夫が入っている等、テクニカルな才能が感じられる。 SUIRENのキーボーディスト兼アレンジャーの Ren は、ボーカルの良さを引き出す編曲力や、原曲の良さを残しつつもSUIRENの良さを加えた作品を展開できる音楽的なバランス感覚に優れたアーティストと言えるだろう。 そして、3月5日に配信リリースが開始されたEP「Replica1」だが、その中に収録されている「喰う虚」と言う楽曲MVについて最後に触れていきたい。 ▼ SUIREN 新曲「喰う虚」のミュージックビデオも公開 3月5日(金)に 1st EP『Replica1』をリリースしたばかりのSUIRENだが、このEPに収録されている「喰う虚」のミュージックビデオが、リリース日である3月5日(金)18時から公開されている。Ren によるアップテンポで軽快な楽曲アレンジが施された中にも、ボーカル Sui の透明度が高く聴き心地の良いハイトーンボイスが堪らない新曲となっており、SUIRENの良さが凝縮された1曲となっている。 2021年度 ネクストブレイクアーティストとして期待の「SUIREN」が気になる方は、ぜひチェックして見て欲しい。 ※「喰う虚」MV動画: https://youtu.be/Pg04QzVUl4E [Music Video] Motion Direction and Edit : 渡辺花音 ​https://twitter.com/hananooto1014​ Illustrator : Ckira https://twitter.com/Ckira_7963​ Produce : yoru https://twitter.com/yorunoraita ◼︎ 2021.3.5(金)より1st Digital EP「Replica1」配信開始 https://ultravybe.lnk.to/replica1​ SUIREN 1st Digital EP「Replica1」 -収録内容- 01.Entrance 02.景白-kesiki- 03.re:Sign 04.喰う虚 05.彗彩 06.hana ▼ アーティスト情報はこちら SUIREN OFFICIAL SITE: https://suiren-official.com/ SUIREN OFFICIAL YOUTUBEチャンネル: https://www.youtube.com/c/SUIRENch/featured SUIREN Twitter OFFICIALアカウント: https://twitter.com/suiren_project SUIREN Instagram OFFICIALアカウント: https://www.instagram.com/suiren_project/ -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
The Weekendの伝説の1曲…6年前にリリースも配信中止となった『King Of The Fall』が現在公開中
0

The Weekendの伝説の1曲…6年前にリリースも配信中止となった『King Of The Fall』が現在公開中

The Weekendの伝説の1曲...6年前にリリースも配信中止となった『King Of The Fall』が現在公開中

今や世界的アーティストとなった The Weekend(ザ・ウィークエンド)。 R&Bと言えば、昨今では直ぐに彼のことが想起される。また、それだけでなく、The Weekendは自身の音楽において、既存のR&Bをベースとしつつも楽曲の形式を新しいカタチに派生させている。 その様な意味で、まさに ”新しいR&B" のファウンダーである。 The Weekendは、自分の手で "The Weekend” というジャンルを作り上げたのだといっても良い。 確かに彼の音楽は、どこか新鮮なのである。グルーブやサウンドは確かにR&Bなのだが、楽曲の雰囲気から来るものなのか....それだけでは無い不思議な気持ちにさせられる。シンセサイザー・ビートミュージック・テクノ等、あらゆる音楽を取り込んでいるからか、The Weekendが作り上げるR&Bはどこか未来的である。 それは、彼の最新アルバム『After Hours』を聴いても分かる。 特に『After Hours』は未来感があるアルバムかも知れない。R&Bならではのアダルトさも感じさせつつも、SFの様な壮大な世界観も描き出している。要チェックの1作だ。 そして、本稿で最も大きくThe Weekendについて取り上げたいのは、彼が6年前にリリースした『King Of The Wall』についてである。
新譜をリリースするたびに注目を集める、今話題のアーティスト「Vaundy」天才とも称される彼の魅力に迫る
0

新譜をリリースするたびに注目を集める、今話題のアーティスト「Vaundy」天才とも称される彼の魅力に迫る

 | , , , ,  | 
「Vaundy」というアーティストがいる。 彼は世間ではまだ駆け出しのアーティスト、彼のことを知らない人はまだまだ多くいる。だが今後、ビッグアーティストとなる可能性を大いに秘めた、天才とも称されるアーティストなのである。 人気は一気に上昇し、テレビ番組などのメディアにも露出が増える、そんな未来が見える、Vaundyというアーティストをぜひ聴いてみてほしい。 ▼ 弱冠19歳の天才。売れ線もコアな曲も、自由自在? Vaundyはこれまでリリースした楽曲の数こそ少ないものの、「東京フラッシュ」をはじめとしたキラーチューンで、多くの音楽好きを驚かしてきた。彼は非常に器用なアーティストという印象がある。あえて大衆に迎合した、売れ線の曲を作ることもできれば、ある意味リスナーには理解を求めないようなディープな曲も作れる。自由自在に曲を作れる、まさに天才と称されるゆえの能力をもっている。 その上驚きなのが、彼はまだ弱冠19歳であるという事実である。これだけの若さで多くのリスナーから共感を得ているのだ。音楽には年齢という数値は全く関係ないことを教えてくれるようだ。 秋以降、初のリリースとなるアルバムをひっさて、Zeppクラスでのワンマン公演も控えているVaundy。名実ともに世間にビッグインパクトを与える日は、すぐそこまできているようだ。 まだ彼の音楽を聴いたことがないという人も、サブスクリプションサービスでぜひVaundyと検索してみてほしい。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
Kroi、2nd EP「hub」を2020年5月27日(水)にリリース
0

Kroi、2nd EP「hub」を2020年5月27日(水)にリリース

5人組バンド「Kroi」が、5月27日(水)にEP「hub」をリリースする。 R&B/ファンク/ソウル/ロック/ヒップホップなど、あらゆる音楽ジャンルからの影響を昇華したミクスチャーな音楽性を提示する5人組バンド「Kroi」。SUMMER SONICへの出演や2枚の音源リリースなど、活動のペースを一気にあげる一年となった2019年を経て、Kroiが切り拓き、提示する新しい音楽体験を閉じ込めた一枚のEPが完成した。 収録曲は全5曲で、3月にリリースしたシングル「Network」をはじめ、ライブではお馴染みとなっているバラードナンバー「Shincha」、ダークで浮遊感溢れる新曲「Bug」などを収録。アレンジからレコーディング、ミックスまでを、バンド内での一気通貫で完成させた本作は、圧倒的に拘り抜かれた、Kroiとしての集大成的作品となっている。 アートワークにはビジュアルアーティスト・MINAKOWADAによる作品を起用。シンプルかつ大胆なジャケットに加え、Kroi公式ストアでのみ販売ののCD盤パッケージは、同氏による本作のために制作されたスペシャルなコラージュ作品を使用した紙ジャケット仕様となっており、エクスクルーシブな作品となっている。 ◯ 収録曲「Network」ライブ映像 URL:https://www.youtube.com/watch?v=--SkgFJkmKU ▼ リリース情報とアーティストプロフィール ◯ リリース情報 Kroi 2nd EP「hub」 [リリース日]  2020年5月27日(水) [リリース形態] (1) CD 価格 / ¥1,800(税込)  *限定デザイン紙ジャケット仕様  *インスト楽曲収録 購入リンク:https://kroi.stores.jp/ (2) 配信 国内外の音楽配信ストア / サブスクリプションサービスにて配信 配信リンク:smarturl.it/hubEP [収録曲] 1. Mr. Foundation 2. Interlude 3. Bug 4. Network 5. Shincha [特設サイト]  https://hub.kroi.net ◯ アーティストプロフィール Kroi 東京を拠点に活動する5人組バンド。2018年2月に結成。 2018年10月に1st Single「Suck a Lemmon」をデジタルリリース。翌年夏、『SUMMER SONIC 2019』へ出演。同年9月に1st EP『Polyester』をフィジカルリリース。同年12月にリリースした『Fire Brain』はiTunes Store R&B/ソウルランキングへのトップ10入りや、J-WAVEのパワープッシュ「SONAR TRAX」へ選出されるなど注目を集める。2020年3月には最新シングル『Network』をリリース。 メンバーは Vo/内田怜央、Gt/長谷部悠生、Ba/関将典、Dr/益田英知、Key/千葉大樹。 公式サイト https://kroi.net/ 公式Twitter https://twitter.com/kroiofficial 公式YouTube https://www.youtube.com/c/kroiofficial 公式Instagram https://www.instagram.com/kroi_official/
Sexy Zone(セクシー ゾーン)17作連続シングル1位!パニック障害のため療養中の松島聡がついに復帰か…?
0

Sexy Zone(セクシー ゾーン)17作連続シングル1位!パニック障害のため療養中の松島聡がついに復帰か…?

Sexy Zoneが10月23日にリリースした17枚目のシングル「麒麟の子/Honey Honey」が、初週16.0万枚を売り上げ、11/4付オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得しました!リリース日から3日間で売上枚数123,806枚を超え首位を獲得! シングル連続1位獲得作品数を、デビュー曲の「Sexy Zone」(2011年11月発売)から17作連続に更新しました! ◆ SexyZone佐藤勝利主演映画の主題歌「麒麟の子」King & Prince高橋海人と共演! 今回リリースされた「麒麟の子」は11月1日から公開される映画「ブラック校則」の主題歌として起用されます。 同じくSexyZoneの佐藤勝利が主役を務めることでも話題となっている映画です。また、同じく人気ジャニーズグループKing & Princeの高橋海人と共演も…!理不尽な校則に反発する高校生たちが描かれたというこの作品。主題歌の「麒麟の子」にも「ブラック校則」の世界観が反映されており、「現状を打破して自由を掴もう」というメッセージが込められていんだとか。疾走感とパワーのあるキレッキレのダンスが特徴的な作品に仕上がっています。 もう1つの収録曲「Honey Honey」は、SexyZoneがショップ店員に扮して出演する『コーセーコスメポート「ソフティモ」』のCMソングになっています。「Honey Honey」はメッセージ性を前面に押し出しているクールでパワー系の「麒麟の子」に比べるとポップで爽やかな、アイドルっぽい一曲に仕上がってるように感じます。 そしてなんとこのCMには療養中だった松島聡が出演しています。(ちなみに公式サイトではCMメイキング動画も見ることができるので要チェックです。) 2018年11月からパニック障害のため一定期間の療養に入っていた松島聡。CM放映開始から松島聡のグループ復帰がささやかれ、また「麒麟の子/Honey Honey」の詳細が発表された際に「松島聡は療養中」の情報がなかったためファンの期待が高まっていました。 ◆ King & Princeとキャラがかぶって仕事が減ってる!?松島聡の復帰が注目の理由!? 今回、「麒麟の子/Honey Honey」が注目された理由として、松島聡の約1年ぶりのSexyZone復帰が挙げられるのではないでしょうか。 2011年11月16日にデビューし、もうすぐデビュー9周年を迎える彼ら。療養中の松島聡も復帰しさらにパワーを得たSexyZone。同じくジャニーズグループのKing & Princeとのキャラ被りで出演数が落ちているなんて話も出ていましたが、最近はメディアへの露出も以前にも増して増えてきているんだとか。 万全の状態となったSexyZoneがどのような活躍を見せてくれるのか、是非注目していきたいですね。 運営会社: Evening Music Records株式会社
きのこ帝国のフロントマン 佐藤千亜妃が、11/13に1stソロアルバムで楽曲リリース!活動休止中のバンドに注目が集まる
0

きのこ帝国のフロントマン 佐藤千亜妃が、11/13に1stソロアルバムで楽曲リリース!活動休止中のバンドに注目が集まる

活動休止中のバンド、きのこ帝国フロントマンの佐藤千亜妃さんが11月13日に1stソロアルバム「PLANET」をリリースします。アルバムには、CMタイアップや映画の主題歌として好評を博した「Lovin’You」「大キライ」や、砂原良徳氏プロデュースでリリースした初のソロ作品「Summer Gate」など全12曲が収録されています。 【アルバム収録曲】 1 STAR 2 FAKE/romance 3 空から落ちる星のように 4 You Make Me Happy 5 大キライ 6 lak 7 Summer Gate 8 Lovin’ You 9 Spangle 10 面 11 キスをする 12 PLANET 【DVD収録曲】”STUDIO LIVE” 空から落ちる星のように 大キライ 面 キスをする 参照: https://skream.jp/news/2019/10/chiaki_sato_1st_solo_album_details.php ◆ アルバム制作に04 Limited Sazabysも参加…? 10~20代の間で人気を誇る4ピースロックバンド、04 Limited Sazabysもアルバム制作に参加しました。 一曲目「STAR」ではアレンジと演奏で参加し、Ba/VoのGENはコーラスも務めました。新曲「STAR」は10月29日FM802「EVENING TAP」にて初オンエアされ、30日にはiTunes、レコチョクほか主要音楽配信サイト・各種サブスクリプションサービスで先行配信されることが決定しています。佐藤千亜妃さんのゆったりした歌声とフォーリミの勢いある演奏がどのように融合していくのか、乞うご期待です! ◆ 佐藤千亜妃の今後の活動はいかに…? アルバム発売後は、12月からワンマン公演を行うことが決定しています。公演タイトルは、「空から落ちる星のように」。アルバム曲が多く披露されると思われます。こちらのライブにも期待が高まりますね! ・12月6日(金) ワンマン公演「空から落ちる星のように」盛岡Club Change WAVE ・12月9日(木) ワンマン公演「空から落ちる星のように」日本橋三井ホール 佐藤千亜妃公式サイトはこちら↓ https://www.universal-music.co.jp/chiaki-sato/ きのこ帝国/佐藤千亜妃に関する過去の記事はこちら↓ https://evening-mashup.com/archives/29455 運営会社: Evening Music Records株式会社