リリース

年間ライブ60本超えのSAIHATEがセカンドシングル「緑道」をリリース
0

年間ライブ60本超えのSAIHATEがセカンドシングル「緑道」をリリース

4人組ロックバンド「SAIHATE」(サイハテ) が、2nd Digital Single「緑道」をSPACE SHOWER MUSICより本日リリース。 5月にリリースされたデビューシングル「響け」は早耳なロックリスナーから注目を集め、全国のライブハウスから出演依頼が届いている、いま話題のロックバンドだ。 デビュー2作目のシングルとなる本作は「未来への期待や不安」など、誰しも感じたことがある葛藤が、楽曲の世界観の中で等身大の言葉で表現されながら、マイナスのエネルギーを払拭するかのような爽快でキレのあるバンドサウンドになっており、夏真っ盛りとなるこれからの季節にピッタリな1曲に仕上がっている。 年間60本を超えるライブを行う中で培われたライブバンドとしての魅力を音に乗せ、挫折や怒り、涙や希望。沢山の感情が揺れ動く世の中で懸命に生きる全ての人に。 SAIHATEから「あなたへ」愛をこめて。

「緑道」配信リンク

SAIHATE 2nd Single「緑道」 配信URL:https://ssm.lnk.to/Ryokudou

SAIHATE プロフィール

2022年結成 東京都 / 神奈川県出身。東京や神奈川県内を中心に活動する現役大学生4人組バンド。 Vo / カナイの変声期をむかえる前の少年のようなハイトーンかつ清涼感のある歌声。 誰もが生活の中で感じる喜怒哀楽をストレートかつリアルな言葉で放たれる歌詞、 一度聞いたら忘れられなくなるような中毒性のある多彩なメロディライン。 エッジの効いたバンドサウンドは聴く者の胸をわしづかみに捉えて離さない。
keshiが2年ぶりの新曲「Say」を発表!ファンから歓喜の声届く
0

keshiが2年ぶりの新曲「Say」を発表!ファンから歓喜の声届く

アメリカのテキサス州・ヒューストン出身のシンガーソングライターkeshi(読み:ケシ)。 フラフラとした流れるようなローファイヒップホップ・ビートに、ほろ苦いメロディーや人々の心に寄り添う歌詞をのせた音楽が特徴的で、海外を中心に何百万人ものリスナーを魅了する。 そんなKeshiが、7月12日に約2年ぶりの新曲「Say」をリリースした。 YouTubeに公開された「Say」のミュージック・ビデオのコメント欄には、彼を待ち望んだファンからの歓喜の声が多数届き、盛り上がりを見せた。 keshi「Say」Music Video: https://youtu.be/sI97pJcyeOs?si=j3vQwgKpaL2W_tJR 「2年ぶりだよkeshi…」「ずっと待ってた」というような声を中心に、今回もまた彼にしか創り出せない楽曲を作ってくれたと、新曲に対する賞賛のコメントもたくさん寄せられた。 9月には新アルバムも発表する予定となっており、これからまた音楽活動を再開していくであろうkeshi。 誰もが待ち望んだ彼の音楽がいま、世界中に蔓延る。

幻想的な世界観で展開されるストーリーとは

先日発表された新曲「Say」は、恋人同士の間で生じる『心の底に秘めていることはしっかり口に出して伝えてほしい』というもどかしくも正直な思いを歌詞にのせた楽曲となっている。 MVでは、薄暗い雰囲気の中に淡いライトブルーを生かした幻想的な映像が収められており、keshiが表す掴みどころのない流れるようなメロディーを映像に上手く落とし込んで描いている。 初めから終わりまでお洒落な音や映像が耳と目を支配する。 一度聞いたら覚えてしまいそうな、耳に心地よく残るキャッチーなメロディーによって何度も再生ボタンを押してしまうのは、私だけではないだろう。 今回のシングルは9月にリリースする新アルバムに先駆けてのことであるらしく、アルバムのトレーラー映像も既に公開されている。 Requiem (Official Album Trailer): https://youtu.be/_J5PCssdhe0?si=xocV0chEF6bkyt-D 動画内では、想像以上に流暢な日本語で喋るkeshiの声が載せられており、あまりのネイティブっぷりに日本人ファンからの驚きの声が多く寄せられている。 フィアンセが日本の方であるらしく、それを聞くとこの上手さにも納得がいく。 それにしても、この2年で言語面でも大きな成長を見せてくれたkeshiの新アルバムとはいったいどんなものに仕上がっているのだろう。 ファン待望の新アルバム発表まで、あともう少し。 keshiの音楽で日々を彩りながら、楽しみに待ちたいところである。
EVISBEATS「カオニャオ・マムアン」を先行リリース!
0

EVISBEATS「カオニャオ・マムアン」を先行リリース!

EVISBEATSが、前田和彦とのコラボレーション楽曲「カオニャオ・マムアン」を本日リリースした。 「カオニャオ・マムアン」は7月19日(金)にリリースする作品『Syn Fonia I』から、先週リリースとなった「Coquettish Definition」に続いて先行配信となる楽曲。 EVISBEATSと前田和彦は自身の代表曲でもある「ゆれる feat. 田我流」をはじめ、ZORN「Letter」などを共作した最響コンビネーション。 『Syn Fonia I』は、そんな2人が、アコースティック楽器やルーパー、 電子音、 環境音...あらゆる音を、即興的、偶発的に合奏して録り溜めたインストゥルメンタル作品。お互いのインスピレーションを解放、いびつで国籍不明のイメージを音遊びによって生み出された楽曲が収録されている。 EVISBEATS, Kazuhiko Maeda「カオニャオ・マムアン」: https://ultravybe.lnk.to/kaonyaomamuan アーティスト:EVISBEATS, Kazuhiko Maeda(エビスビーツ、カズヒコ・マエダ) タイトル:Syn Fonia I(シン・フォニア・ワン) レーベル:AMIDA STUDIO 発売日:7月19日(金) 仕様:DIGITAL(DL/ST) URL:https://ultravybe.lnk.to/synfonia1

収録曲

Garo Coquettish Definition 群像 カオニャオ・マムアン UUV Apollon Space Orgazm Two Harts 600feet

EVISBEATS(エビスビーツ)

トラックメイカー、プロデューサー、DJなど。奈良出身和歌山在住。元韻踏合組合、2004年から作曲家EVISBEATSとして活動。これまでに韻踏合組合、SHINGO★西成、般若、KREVA、ET-KING、RHYMESTER、鎮座DOPENESS、ZORNなどのアーティストに楽曲を提供している。2008年にはアルバム「AMIDA」、2012年には2ndアルバム「ひとつになるとき」、2018年5月に3rdアルバム「ムスヒ」、同年12月には4thアルバム「HOLIDAY」、2019年12月には5thアルバム「PEOPLE」、2021年12月にはNagipanとの共作「PEPE」、2023年2月に6thアルバム「That's Life」を発表。

前田和彦(カズヒコ・マエダ)プロフィール

作編曲家、Keyboardist/Sound Producer/Engineer。1996年、坂本龍一氏のラジオ番組『gut on-line』で評価され、1997年、gut bounceよりソロアルバム 『epitone』をリリース。以降、アレンジサウンドプロデュース、自身のスタジオでエンジニアとしても多くの作品を手掛ける。2017年以降、『姫路城フォーシーズンファンタジア』 イルミネーションイベントの音楽プ ロデュース。ブルースをベースにブラックミュージックを展開する 『OSAKA ROOTS』のキーボードを担当する。
水曜日のカンパネラ、最新EP収録の「キャロライナ」MVを公開!
0

水曜日のカンパネラ、最新EP収録の「キャロライナ」MVを公開!

6月5日にリリースした、水曜日のカンパネラの3rd EP「POP DELIVERY」に収録されている楽曲、「キャロライナ」のミュージック・ビデオを公開した。 「キャロライナ」は7月30日から発売されるZONe ENERGY SUMMER VIBESとコラボレーションしたミュージック・ビデオになっている。

「キャロライナ」の題材は、世界一辛いといわれる唐辛子“キャロライナリーパー”

「キャロライナ」は、プロデューサーのケンモチヒデフミが、世界一辛いといわれる唐辛子“キャロライナリーパー”を題材に制作し、リズミカルなトラックに詩羽のキュートな歌声がのり、強めの声でラップが入ってくるところも今作の聴きどころの一つ。 可愛らしい果物界のトップアイドルになろうとしていたイチゴが、間違ってキャロライナリーパーになってしまいダークサイドに落ちてしまう、というケンモチヒデフミのユニークなストーリー構成もまた面白い。 本日公開されたミュージック・ビデオは、Nasty Men$ah監督が担当し、ケンモチヒデフミの歌詞の世界観をさらに広げて解釈して制作されたミュージック・ビデオ。詩羽がレストランの店員に扮し、お客さんをだましルチャドールというメキシカンプロレスラーに変貌させ、謎の組織に引き込んでいくという、かなりシュールでコミカルなストーリーの作品に仕上がっている。 夏の強い日差し、開放的な青空、音楽に身を任せてテンションを上げていく夏フェスの空気感をテーマにしたZONe ENERGYのSUMMER VIBESとのコラボレーションということで、17名のルチャドールに囲まれた詩羽がパフォーマンスするシーンも!非常にインパクトが強いシーンになっている。メキシコの民族衣装を感じさせるカラフルな花柄の衣装と、黒いトーンのダークサイドの衣装を着用し、詩羽の衣装にも注目してほしい。 また、ZONe ENERGY SUMMER VIBES缶に印字されているQRコードを読み込むと本ミュージック・ビデオが視聴できる特別仕様となっており、ZONe ENERGY SUMMER VIBESを味わいながらフェス気分に没入できるような体験もお楽しみいただける。 現在、3rd EPの「POP DELIVER」を引っ提げたZEPPツアー、「ZEPP TOUR 2024 POP DELIVERY」を開催中で、チケットは絶賛発売中。残りわずかとなっているので、早めにチェックしていただきたい。 「キャロライナ」ミュージック・ビデオURL: https://youtu.be/zvV3ubOBdqU
yomm「ミラコー feat. Layone」を7月10日にリリース
0

yomm「ミラコー feat. Layone」を7月10日にリリース

 

 

©︎ yomm

 

yomm「ミラコー feat. Layone」を7月10日にリリース

 

元yonawo荒谷翔大が作詞作曲を手がけたデビュー曲「初恋」、ミツメ川辺素が作詞作曲を手がけた「Alice」に続くyommの3rdシングル「ミラコー feat. Layone」がリリースとなる。

 

 

カクバリズムより3月にデビュー・アルバム「The Light」をリリースしたばかりの新鋭Jin Onoが作曲とアレンジを担当。

 

80’sフィールなソウル・ディスコ・サウンドに透明感溢れるyommのヴォーカルと韓国にHIPHOPブームを巻き起こしたとも言われる番組「SHOW ME THE MONEY」に出演し話題となった韓国人ラッパーLayoneのラップが絡み合う新たなサマーアンセム。

 

ミュージックビデオも公開となっている。

 

 

yomm - ミラコー feat. Layone

yomm - ミラコー feat. Layone(Official Music Video)

 

 

 

 

ASCAが新曲「紫苑の花束を」リリース!アニメエンディング曲に決定
0

ASCAが新曲「紫苑の花束を」リリース!アニメエンディング曲に決定

ASCAが新シングル「紫苑の花束を」をリリースしました。 この楽曲は、アニメ『魔法科高校の劣等生 第3シーズン 古都内乱編』のエンディングテーマとして起用されました。 この起用は多くのアニメファンや音楽ファンの間で大きな話題となっています。

ASCAの活動について

ASCAは、これまで多くのアニメやゲームの主題歌を担当してきた実力派アーティストです。 代表曲には『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のオープニングテーマ「RESISTER」や『魔法科高校の劣等生 来訪者編』のオープニングテーマ「Howling」があり、どちらもアニソンファンに広く愛されています。 また、今年2月には初のZeppワンマンライブを成功させ、国内外でのイベント出演も積極的に行っています。これからもその活動の幅を広げていくことでしょう。

シングル「紫苑の花束を」について

「紫苑の花束を」は、ASCAとminami rumiが作詞し、篤志が作曲と編曲を手掛けています。 シングルには他に「Gift of Life」と「Stay Gold」が収録されています。 特に「Gift of Life」はASCAが作詞、HALIFANIEが作曲し、井上慎二郎が編曲を担当しており、バラエティに富んだ音楽性が楽しめます。 シングルは初回生産限定盤、期間生産限定盤、通常盤の3種類がリリースされています。 初回生産限定盤と期間生産限定盤には、テレビアニメ『魔法科高校の劣等生 古都内乱編』のエンディングムービーやミュージックビデオが収録されたBlu-rayが付属しています。 また、アニメ絵柄のオリジナルA4クリアファイルなどの特典も用意されています。

購入情報

「紫苑の花束を」は各音楽配信サイトで購入およびストリーミングが可能です。 詳しい情報や購入は、ASCAの公式サイトや各音楽配信サービスで確認できます。 詳細については、ASCAの公式サイトやソニーミュージックの特設ページをご覧ください。 ASCA公式サイト https://www.sonymusic.co.jp/artist/asca/discography/VVCL-2506
クボタカイ、忘れられない人の記憶を綴った「アルコール」7月10日配信
0

クボタカイ、忘れられない人の記憶を綴った「アルコール」7月10日配信

文学性の高い歌詞と儚く繊細な歌声、楽曲提供でも注目を集める新鋭シンガーソングライター/ラッパー、クボタカイが新曲「アルコール」を7/10(水)にデジタルリリースする。 この楽曲は、「何%のアルコールでも醒めない」という忘れられない人の記憶とアルコールをなぞらえたクボタカイらしい切なくも一度聞いたら忘れられない歌詞の楽曲。サウンドプロデュースには初タッグとなるknoakを迎え、心地いいビートとブラスのアレンジが夏の夜にぴったりの仕上がりとなっている。 また、ジャケット写真のイラストはクボタカイ自身によるもの。 アルコールに酔った後、夜の街を歩く情景をイメージしたという楽曲を表現したデザインとなっている。

リリース情報

「アルコール」 7/10(水)デジタル配信 https://kubotakai.lnk.to/Alcohol
The Biscats、『Goody Goody Girl』リリース&初ストリートライブ敢行!
0

The Biscats、『Goody Goody Girl』リリース&初ストリートライブ敢行!

BLACK CATSやMAGICのメンバーとして日本ロカビリー界を牽引してきた久米浩司の娘であり、2020年代に新しいロカビリームーヴメントを起こすべく奔走中のMisaki率いるハイブリッド・ロカビリーバンド・The Biscats。 今年8月10日にロカビリーバンドとしては実に30年振りにLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にてライブを開催する要注目のバンドが昨日、初のストリートライブを新宿で行った。

新曲『Goody Goody Girl』を初のヒルビリースタイルで披露

バンドにとって初のストリートライブは新宿・歌舞伎町にある東急歌舞伎町タワー敷地内のストリートライブ公認の場所で行われ、会社帰りのサラリーマンや外国人観光客は突然のロカビリーバンドの出現に驚き、スマホで撮影しながら大歓声を送り盛り上がりを見せた。翌日(7月3日)リリースの新曲『Goody Goody Girl』も初のヒルビリースタイルで披露された。 Vo.のMisakiは「結成5年目にして初のストリートライブでした。私達を初めて見る方達ばかりでしたが盛り上がっていただきありがとうございます。実は3週間前にここでライブを行う予定だったのですが大雨で中止になったので天気が心配でしたが、今日は夏という感じの天気で良かったです。新曲『Goody Goody Girl』をたくさん聴いて8月10日渋谷公会堂に絶対来てください。」とコメント。 このシングルを皮切りに、8月にベスト盤・MV集をリリースし目標の一つであったLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのライブを迎える。

The Biscats ライブ&リリース情報

【ライブ情報】 8月10日(土) The Biscats SPECIAL LIVE 「ロカビリーナイト」 会場:LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂) OPEN 17:00/START 18:00

The Biscats プロフィール

The Biscats(ザ・ビスキャッツ)は、モデルやファッション・プロデューサーとしての顔を持つ Vo.Misaki(青野美沙稀)を中心としてGt.Kenji、Suke(W.ba)のハイブリッド・ロカビリーバンドとして2019年に結成。バンド名は音楽記号のbis(繰り返す)と、偉大な先人達のバンドStray Cats・BLACK CATSからcatsをとり、現代にロカビリーブームを繰り返す、再び起こすの意味からThe Biscatsとなる。
新鋭SOUL/R&シンガーMoMo、2nd EP「FlowinTokyo」リリース決定!
0

新鋭SOUL/R&シンガーMoMo、2nd EP「FlowinTokyo」リリース決定!

幼少時代に教会でゴスペルを学び、高校卒業後にアメリカへ単身渡米し、海外作家たちと楽曲制作をしながらシンガーソングライターとして活動しているMoMo。 前作ではChocoholicやWez Atlas、AmPmなどともコラボし、注目を集めたSOUL/R&BシンガーMoMoが2nd EP「FlowinTokyo」を7月24日(水)にリリースすると発表した。

EP「FlowinTokyo」収録曲から「The Weekend」が本日より先行配信開始!

「FlowinTokyo」はMoMoが生まれ育った町、東京で見つけた自分の居場所について歌った4曲入りのEP。Jhene Aikoなどのグローバルスターを手がけるプロデューサーJulian Leとの共作曲や、Bubby Lewis (Snoop Dogg, Dr. Dre, Stevie Wonder)とNozomi Yamaguchi (AI, Crystal Kay)がギターとベースに参加した楽曲が収録され、豪華制作陣による貴重な内容のEP作品となっている。 本作の情報解禁を機に、EP収録曲から「The Weekend」が本日より先行配信開始!出会い系で知り合った相手と、週末に訪れる誘惑の夜を描いた一曲で、今の時代では多くの人が共感を感じられる心情を表現。夜の街を車で駆け抜けた時に口ずさみたくなるようなソウルフルな作品に仕上がっているので、ぜひチェックしてほしい。 さらに、特別なセットで撮影された「The Weekend」の本人出演ミュージックビデオも7月5日(金)18時に公開される。 MoMo公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/@momo-ktst/

MoMo リリース情報

アーティスト: MoMo タイトル: FlowinTokyo リリース日:2024年7月24日(水) 「The Weekend」先行配信URL: https://momolink.lnk.to/TheWeekend EP先行予約URL: https://momolink.lnk.to/FlowinTokyo 収録曲: 1. FlowinTokyo 2. I Can’t Stop(7月17日先行配信) 3. The Weekend(7月3日先行配信) 4. DARKROOM

MoMo プロフィール

幼少時代に都内の教会でゴスペルを学び、歌う事に目覚める。90s, 00s 界隈の R&Bを聴いて育つ。高校卒業後にアメリカへ単身渡米し、現地作家たちと楽曲制作をスタート。英国・タイなどでのライティングキャンプに参加しながらシンガーソングライターとして活動。JAZZ/ HIP HOP/ SOUL を昇華したジャジーな雰囲気が漂う歌声は聴く者を魅了する。 2021年10月の配信シングル「Faces」を皮切りにアーティスト”MoMo”として本格活動をスタートさせた。 2023年5月13日には「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」にも出演し、同年9月にリリースしたEP「Jaded」に続けて、2024年も精力的にリリース及びライブ活動を行っている。
ちゃんみな、韓国ラッパーASH ISLANDと2作目「20」をリリース
0

ちゃんみな、韓国ラッパーASH ISLANDと2作目「20」をリリース

ちゃんみなとASH ISLANDのダブルネームで新曲「20」が6月26日(水)0時にリリースされた。 2人は2022年9月23日(金)にちゃんみなの韓国デビューとして全編韓国語曲で制作した「Don’t go (feat. ASH ISLAND)」をリリースしており疾走感のある80’sテイストの曲となっていたが、本作は前作とはまた全く違う、しっとりとしたR&Bテイストの楽曲となっている。 本作は、BAD HOPやKOHHまたちゃんみなの数々の過去曲も手がけているJIGGがプロデューサーとして制作している。

リリース情報

デジタルシングル「20」 2024年6月26日(水) 日本時間0時 順次配信スタート https://chanmina.lnk.to/Twenty

ちゃんみな プロフィール

日本語、韓国語、英語を巧みに操るトリリンガルラッパー/シンガー。2017年メジャー・デビュー。2019年 2ndフルアルバム「Never Grow Up」を発売し、収録曲の「Never Grow Up」は2021年7月に総ストリーミング回数が1億回を超えた。同年10月には日本武道館での公演も成功させた。2022年9月には自身のルーツでもある韓国にて全編韓国語楽曲「Don’t go (feat. ASH ISLAND)」をリリース。2023年3月には、自身最大規模となる横浜アリーナにてワンマンライブを成功。11月29日には韓国語楽曲「Biscuit」をリリース。12月からは自身初の全国6都市8公演のツアー「AREA OF DIAMOND 2」を開催。2024年2月、K-POPアイドルiKONのBOBBYとコラボレーション 「harmless feat.CHANMINA」をリリースし話題に。また初めての海外での単独公演を韓国・香港・台湾で開催し大成功を収めた。その後グローバルフォーカスシングルとして4月26日「FORGIVE ME」をリリース。YouTubeでの全映像の総再生回数は5.2億回を超え、ストリーミング・サービスやSNSでの強さを誇る。10代~20代を中心に圧倒的な支持を受ける、国内外問わず、今最も注目されているZ世代アーティストの一人である。
SWEET STEADY、リリース記念に楽曲シェアキャンペーンを開催!
0

SWEET STEADY、リリース記念に楽曲シェアキャンペーンを開催!

SWEET STEADY「ぱじゃまぱーてぃー!」のリリースを記念し、SNSでの楽曲シェアキャンペーンがスタートした。

SWEET STEADY「ぱじゃまぱーてぃー!」 SNS楽曲シェアキャンペーン

本キャンペーンはお使いのストリーミングサービスでSWEET STEADY「ぱじゃまぱーてぃー!」を再生し、Xまたは Instagramストーリーズにて「#すいすて」「#SWEETSTEADY」のハッシュタグをつけて楽曲をシェアいただいた方を対象に以下の特典がプレゼントされるものとなっている。 [応募特典] ① 応募者全員:「ぱじゃまぱーてぃー!」サイン入りオリジナルデジタルフォト ② 応募者の中から抽選で8名様:あなたのお名前入りオリジナル目覚ましボイスメッセージ(各メンバー1人様ずつ) キャンペーン詳細 :https://music.spaceshower.jp/news/261924/ [応募期間] 2024年6月25日(火 )17:00〜2024年7月15日(月)23:59

SWEET STEADY リリース情報&イベント情報

リリース情報 SWEET STEADY「ぱじゃまぱーてぃー!」 配信中 https://KAWAIILAB.lnk.to/PajamaParty イベント情報 https://kawaiilab.asobisystem.com/news/detail/23171

SWEET STEADY プロフィール

アソビシステムが手掛ける、アイドル文化を世界に向けて発信するプロジェクト「KAWAII LAB.」より、誕生した新アイドルグループ。 グループのプロデューサーは、元むすびズムのリーダーとしてのアイドル活動を経て、「KAWAII LAB.」の総合プロデューサーを務め、モデル・タレントとして活動する木村ミサ。グループ名には、「かわいい(SWEET)」を集めた花束のような彼女たちが、さまざまな経験をする中で「着実に(STEADY)」一歩ずつ成長して欲しいという想いが込められている。
Newspeak、アルバムから先行配信シングル「Alcatraz」をリリース!
0

Newspeak、アルバムから先行配信シングル「Alcatraz」をリリース!

国内外の早耳リスナーの間で注目を集める実力派ロックバンド、Newspeakは7月10日にワーナーミュージック・ジャパンよりメジャー1stアルバム『Newspeak』をリリースする。 先月、先行配信シングル「Silver Sonic」がリリースになったばかりだが、6月21日に第二弾の先行配信シングル「Alcatraz」をリリースした。 昨夜、ティザー映像が公開され、Newspeakらしいダンサブル&クールな楽曲に期待が寄せられていたが、いよいよリリースとなった。 なお、NewspeakのYouTubeチャンネルにて明日、6月22日20時にリリックビデオがプレミア公開される。「Leviathan」のミュージックビデオでもタッグを組んだ千葉監督が再び、制作したリリックビデオとなっている。 「Alcatraz」リリックビデオ 6月22日20時 YouTubeプレミア公開 https://youtu.be/exGphveVRPI なお、6月21日よりPre Add、Pre Saveをした方にはスマートフォン用のロック画面をもれなくプレゼント。アルバムのジャケットがデザインされたものとなっているので、是非、そちらもゲットして頂きたい。 アルバムまでのロードマップも更新され、ついにアルバムのリリースが間近になってきた。アルバムに向けて勢い付くNewspeakに、引き続き注目頂きたい。

リリース情報

Newspeak 先行配信シングル 「Alcatraz」配信中 Newspeak メジャー1st アルバム タイトル:Newspeak 発売日:7月10日(水)
1 2 3 11