リリース

Mummy-D、ラッパーの宣言となるソロ曲「マイク持つ者よ」をリリース
0

Mummy-D、ラッパーの宣言となるソロ曲「マイク持つ者よ」をリリース

 

 

© Mummy-D

 

Mummy-D、ラッパーの宣言となるソロ曲「マイク持つ者よ」をリリース

 

2月16日(金)にライムスターのメンバーとして日本武道館公演を成功させたばかりの Mummy-D が、ライブの興奮も冷めやらぬ中で、ソロ名義第三弾シングルの配信を発表した。昨年2023年6月リリースのソロデビューシングル「同じ月を見ていた feat. ILL-BOSSTINO」、年始に発表された2024年1月3日リリース「虹色」に次ぐ、三作目のシングルのタイトルは「マイク 持つ者よ」。

 

威風堂々たるアレンジが印象的なこの曲は、Mummy-D 自身の作編曲家名義である Mr. Drunk プロデュースで、ラップスキルが遺憾無く発揮された切れ味抜群な一曲だ。

 

「刻め歴史にその名前を」とラッパーの矜持を高らかに宣言する内容となっている...

 

 

 

 

タイナカ彩智、YUKA(moumoon)をフィーチャリングした新曲リリース
0

タイナカ彩智、YUKA(moumoon)をフィーチャリングした新曲リリース

今年デビュー18 周年を迎えた Tainaka Sachi(タイナカ彩智)が、moumoon のボーカル YUKA と フィーチャリングしたニューシングルをリリースした。自身が思う美しさを、削ぎ落として追求した2年半ぶりの最新作となっている。 楽曲は、2人の歌声が深く重なり合い、波を漂うように心地よく響くアレンジとなっており、弦(ヴィオラ)には、村田泰子が参加している。

シングル・リリース情報

アーティスト:Tainaka Sachi タイトル:bless feat. YUKA (moumoon) 発売日:2024 年 2 月 28 日(水) 形態:Digital URL:https://ssm.lnk.to/bless

Tainaka Sachi (タイナカサチ) プロフィール

1986年4月30日生まれ。 兵庫県出身のシンガーソングライター。 幼い頃からクラシックバレエを始め、童謡音楽に触れる。 15歳から曲作りやライブ活動をスタートさせ、2006年2月22日にメジャーデビュー。 以来、コンスタントにアルバムをリリース。 天使のような歌声と、深く透明感の溢れる楽曲、物語を全身で表現したライブパフォーマンスは、多くの反響を呼んでいる。 本、珈琲、旅、暮らしのコトが好き。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
水曜日のカンパネラ、3月13日に新曲「たまものまえ」をリリース
0

水曜日のカンパネラ、3月13日に新曲「たまものまえ」をリリース

水曜日のカンパネラが3月13日(水)に新曲「たまものまえ」をデジタルリリースし、3月22日(金)よりPrime Videoで世界独占配信されるAmazon Originalドラマ『僕の愛しい妖怪ガールフレンド』の主題歌を担当することも決定した。 ドラマ『僕の愛しい妖怪ガールフレンド』は、日本独自の文化である“妖怪”と“オタク”カルチャーを、オリジナル脚本で描いた連続ドラマ。佐野勇斗が主演、ヒロインを吉川愛が演じ、青春・恋愛作品の名匠・三木孝浩が、監督を務める。 恋人が欲しくて仕方ないゲームオタクの大学生・犬飼忠士(通称:ハチ/佐野勇斗)と、500年越しの復讐の使命を背負った美しい妖怪の女の子・イジー(吉川愛)の奇妙な関係と復讐劇に周囲の人々が巻き込まれていく、バトルアクションあり、ミステリーありの、ユニークな“妖怪ラブコメディ”となっており、詩羽の出演も決定している。

詩羽が “たまものまえ” に変化したようなイラスト

そんなドラマの主題歌に決定した「たまものまえ」は音楽プロデューサーケンモチヒデフミがドラマのために書き下ろしたもの。 怪しげな魅力を持つ妖怪ヒロイン・イジーのイメージから、平安時代末期に日本にいたとされる伝説の妖狐”たまものまえ”をテーマに制作され、水曜日のカンパネラらしいダンスミュージックに、キャッチーがフレーズが散らばめられており、踊りたくなるような楽曲に仕上がっている。 ジャケット写真は詩羽が “たまものまえ” に変化したようなイラストで、ビビットなピンクとブルーが印象的な1枚。 本楽曲は、3月13日(水)にデジタルリリース予定で、本日より一部の音楽配信サービスにおいて「たまものまえ」のPre-Add/Pre-Saveがスタートしている。登録すると配信日に楽曲が自身のライブラリに自動追加されるのでぜひ登録を。本日公開された予告編では楽曲の一部が聴けるのであわせてチェックしていただきたい。 来月、3月16日(土)には、2代目主演/歌唱担当の詩羽になって初の「日本武道館単独〜METEOR SHOWER〜」の開催を控えている。現在公開されているキービジュアルでは、3Dのドレスを着た詩羽が象徴的だが、どのような公演になるのか、当日を期待したい。 また、3月13日(水)には「ネオン」と「RABBIT STAR ★」のアナログ盤のリリースも決定している。 「たまものまえ」Pre-Add/Pre-Saveリンク: https://wed-camp.lnk.to/Tamamo-no-mae -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
中森明菜 デビュー42周年記念日に35曲収録の最強ベストアルバムを発売
0

中森明菜 デビュー42周年記念日に35曲収録の最強ベストアルバムを発売

1982年5月1日、「スローモーション」でシングル・レコード・デビューした中森明菜。 2022年5月1日、デビュー40周年記念日の『「スローモーション」&「はじめまして」BOX(7inchピクチャー・レコード+Blu-ray)』リリース後、アルバムデビュー記念日の2022年7月1日を皮切りに、ワーナー時代の全アルバム及びミニアルバムの全23作品が発売順にリリースされてきたが、ワーナー時代の全シングル28曲【シングル・カセット「ノンフィクション エクスタシー」&ボーナス・トラック「赤い鳥逃げた」(12インチシングル)収録】を含む、代表曲全35曲収録の30周年記念ベスト・アルバム『ベスト・コレクション~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~』(2012年作品)を、デビュー42周年記念日の2024年5月1日に「2024ラッカーマスターサウンド」でリリースする。

ファン垂涎の完全生産限定6枚組

2枚組CD「完全生産限定三方背BOXデラックス・エディション」に加え、初アナログ化4枚組LPを封入した、ファン垂涎の完全生産限定6枚組『COMPLETE BOX』(2CD+4LP)の2形態でリリースされる。 CDの封入特典として、全シングル合計31枚のジャケット・セット(CDサイズ) 付きとなっている。 7th シングル「北ウイング」はカップリング曲違いの2種類のデザイン、4thシングル「1/2の神話」&12インチシングル「赤い鳥逃げた」は、各2種類のデザイン付き。また、24thシングル「Dear Friend」、25thシングル「水に挿した花」、26thシングル『二人静 - 「天河伝説殺人事件」』は、アナログ・ジャケット・デザイン仕様となっている。 サウンド・プロデュース&ミックスは、内沼映二(ミキサーズラボ代表取締役会長 兼 日本音楽スタジオ協会名誉会長) が担当。オリジナルのマルチ・チャンネル・マスター・テープから、すべての音素材を見直してブラッシュ・アップさせ、それらの音素材から、オリジナル楽曲の魅力を損なうことなく新たにミックス、再構築されたリメイク音源によるベストアルバムだ。 今回、ボーナストラック「赤い鳥逃げた」も新ミックスの「2024 mix」で収録。そして再発にあたりCD音源は、アナログのラッカー盤にカッティングし、カートリッジ(レコード針)で再生した音をデジタル化した高音質「2024ラッカーマスターサウンド」を採用している。 中森明菜の「静」と「動」の2 つの魅力を軸に、CDのDisc-1には「ラブ・ソングス」を、Disc-2 には「ポップ・ソングス」を収録。ワーナー時代の全シングル28曲(22曲が1位)含む代表曲&名曲を完全網羅した全35 曲入り決定盤ベストアルバムとなっている。

リリース情報

発売日:2024年5月1日(水) 1. ベスト・アルバム『ベスト・コレクション~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~(+1)<2024ラッカーマスターサウンド>』 各予約サイト:https://akinanakamori.lnk.to/BC_2CDPu 2. ベスト・アルバム『ベスト・コレクション~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~COMPLETE BOX』 各予約サイト:https://akinanakamori.lnk.to/BC_boxPu -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
台湾の新鋭シンガーソングライターLÜCY、新曲MV「漂流木」をリリース
0

台湾の新鋭シンガーソングライターLÜCY、新曲MV「漂流木」をリリース

台湾の新鋭シンガーソングライターLÜCYが、新曲「漂流木」新曲のMVをリリースした。 MVの撮影は東京で行われ、始まりのシーンでは早朝の渋谷のスクランブル交差点が映し出されている。 LÜCYは漂流木の指す方向へと街を彷徨い歩き、渋谷だけでなく、麻雀店での撮影や東京近郊の駄菓子屋など、懐かしくて趣のある風景へと足を運んでいく様子が描かれている。 本作の撮影は2023年春に行われ、約1年越しのリリースとなっている。 監督は昨年話題となった「SugLawd Familiar, CHICO CARLITO, Awich - LONGINESS REMIX」や「HOME - Lucy」、「w.o.d. - STARS」などを手がけ、DYGLやTOCCHIのMVでも知られる沖縄出身のKohei Yonaha(South Nerd Film)が担当している。 Co-Producerは、ラッパー・RITTOとの新曲でも記憶に新しく、1月にはRHYMESTER・宇多丸の出演するアフター6ジャンクション2にも出演した、台湾在住のSogareが務めた。

金曲奨の「最優秀新人賞」にもノミネート

LÜCYは、2021年の金音創作奨(Golden Indie Music Awards)で“Heaven.zip”が「ベストフォークソング賞」にノミネートされ、2022年には〈プリマヴェーラ・サウンド〉(スペイン・バルセロナで行われる音楽フェスティバル)、への出演、2023年には金曲奨の「最優秀新人賞」にノミネートされ、2023年6月に台北・Legacy Taipeiで行われた単独ソロライブでは、見事に完売。 名実ともに台湾のインディーズシーンを代表するシンガーソングライターだ。 2022年には羊文学との共同制作楽曲「OH HEY」により、日本国内でも話題を呼び、2023年にはラジオ番組「Asian Breeze」にも出演。 本楽曲は、金曲奨受賞歴もある海大富Déjà Fuと、台湾のアーティスト「JADE」のメンバーである魯綱宇によってプロデュースされ、リズミカルなギターのメロディと、LÜCYの透き通る歌声が魅力だ。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
Nothing’s Carved In Stone、5月15日に新作EPリリース&全国ツアー決定
0

Nothing’s Carved In Stone、5月15日に新作EPリリース&全国ツアー決定

結成15周年を記念した日本武道館での単独公演を大盛況で終えたNothing’s Carved In Stoneが、前作AL『ANSWER』から約2年半ぶりのフィジカル作品となるEP「(タイトル未定)」 を、5/15にリリースすることを発表した。 2月2日に配信リリースされた「Dear Future」に引き続き、ワーナーミュージック・ジャパンとタッグを組んでのリリースとなる。 初回限定盤のDVDには、2022年11月15日にZepp DiverCity(TOKYO)で開催されたワンマンライブ「Live on November 15th 2022」のライブ映像を未発表素材を含め収録予定。その他、CDの収録内容など詳しい情報は後日アナウンスされる。 なお、2月24日から各CDショップで予約受付がスタートしており、3/17(日)までに予約すると、新たに制作された「Dear Future」Music VideoのExclusive ver.を収録したDVDが早期予約特典としてプレゼントされる。 あわせてEPリリース直後からスタートする、全国15か所をまわるワンマンツアー「Nothingʼs Carved In Stone ONE-MAN TOUR 2024」(タイトル未定)の開催も発表された。 ファイナルは、7/15(月・祝)の東京・Zepp DiverCity(TOKYO)となっており、チケット先行受付もスタートしている。 約2年半ぶりのワンマンツアー、是非楽しみにしていて欲しい。

EP情報

「タイトル未定」 リリース日:2024年5月15日(水) 初回限定盤(CD+DVD) ¥3,960(税込) 品番:WPZL-32124~5 通常盤(CDのみ) ¥2,200(税込) 品番:WPCL-13557 ※ ご予約はこちらから https://ncis.lnk.to/2024EP -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
ベルギーのポップデュオ・Aili、待望のアルバム「Nandakke?」をリリース
0

ベルギーのポップデュオ・Aili、待望のアルバム「Nandakke?」をリリース

ベルギーの人気ポップデュオ「AILI」(アイリ)が待望の1stアルバム「Nandakke?」を2月23日(金)にリリースする。 今作品は、プロデューサー・Orson Woutersのスタジオで半年かけて制作された。ヴィンテージのシンセサイザーを使い、Ailiの2人が音楽の導くままにセッションしている。 サイケデリックなエレクトロポップ、キュートなエレクトロニカ、そしてハウスミュージックなどが詰まった、まるで音楽の万華鏡のような10曲が収録。 Ailiの父がたこ焼きのレシピを語る「たこやき」や、エネルギッシュなワークアウトソング「フィットネス」など、実験的なアイデアが散りばめられ大胆で遊び心あふれるAILIの世界をぜひ堪能してほしい。

Aili Maruyama のコメント

日本語で歌うのは、デビューEPの「Dansu」で終わりだと思っていたけれど、スタジオにはいると日本語が自然と湧き上がってきたの。複雑な言語だけど、日本語で遊ぶのはたまらなく好き。私は7歳で日本を離れたから、言葉の意味が理解できないこともあるし、間違っているかもしれない。でも、それがこのアルバムとOrsonとのコミュニケーションで、哲学だと思ってる。 アルバムのタイトル「Nandakke?」は、文字通り「Well, what was it?」の訳で、言葉を探すときに使う表現のこと。私が日本にいる父親と会話するときによく使うの。日本の言葉は知っているし話せるけど、まだ全ての語彙を知らない。どうやって伝えるかを忘れたときにそのギャップを埋めてくれるのが「Nandakke?」なんだ。 アルバムには、父との会話の架け橋になる「なんだっけ?」、日本独自のファッション観を歌った「ファッション」、そして子供の頃の遊びに影響を受けた「ゆびきり」などカテゴライズできない曲がたくさん収録されています。楽しんで聴いてください!

配信アルバム情報

フォーマット: Digital レーベル: TOKA リリース: 2024年2月23日(金) 配信リンク:https://orcd.co/aili_nandakke -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
Alice Peralta、リメイク新作「Too Late for Love (2024)」をデジタル配信
0

Alice Peralta、リメイク新作「Too Late for Love (2024)」をデジタル配信

グローバルに活動するシンガー、Alice Peralta(アリス・ペラルタ)が切ない恋愛を歌った自身の楽曲「Too Late for Love」のリメイクをリリースする。このリメイクは、カナダ・トロントを中心に20世紀のテクノミュージック・シーン(80年代後半から90年代)から活動を続けている宮森裕士によるプロデュースとなる。 繊細で切ない歌詞、メロディーと宮森氏によるテクノトラックが融合し作り出す世界観は、元々R&Bとして作られたオリジナル曲に新たな魅力を吹き込み、往年のクラブカルチャーから昨今のシーンに至るまで、多様なダンスミュージックを聴き込んできたリスナー達の感性にも共鳴することだろう。

見事な融合を見せるEPが誕生

また、今回の作品では、Rezonegen、Switch9、MOONiNという気鋭のダンスミュージック・クリエイター達による「Too Late for Love」のリミックスも3曲収録。 Melodic House、Techno、Lounge、Houseなど様々なダンスミュージックの中で、Alice Peraltaの艶やかなボーカルが存分に引き立てられ、見事な融合を見せるEPが誕生した。 この作品は、時代を超えて広範なダンスミュージックの楽しみ方を提供するEPとして仕上がっている。 彼女の魅力あふれる歌声と共に、新しい世界への扉を開けてみてはいかがだろうか。

リリース情報

2024/2/23リリース 『Too Late for Love (2024)』  楽曲リンクURL:https://aliceperalta.lnk.to/toolateforlove2024 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
BLACK DIAMOND、5週連続リリース「GetDown」が2月21日に配信開始
0

BLACK DIAMOND、5週連続リリース「GetDown」が2月21日に配信開始

2月26日に初のワンマンショーを控えたBLACK DIAMOND。 ショーケース以降レコーディング・レッスンと制作活動を行ってきた彼女たちのショーがまもなく始まる。 そして、まるでライブへ向けての「カウントダウン」のように始まった5週連続配信リリース。その最後の楽曲が解禁された。

ダウナーとハイが混在するメロディー

タイトルは「GetDown」。1番の異色作との言える今作は、バンド“KIGO-綺語-”の頭脳 帆保健太郎による作品だ。 ダウナーとハイが混在するメロディーの中にあるのは人間らしさ。強さを出せるのは、あなたがいるから...そんな人との関わりを若き作家帆保健太郎がメンバーを投影してできた作品となっている。 現在、iTunesではプレオーダーも開始しているので、配信日にはダウンロードし、サブスクでもどんどん楽しんで欲しい。 そして、その世界観を体感するのは2月26日(月)にZeppDiverCityでの初のワンマンライブ「SHINING DIAMONDS」。こちらは現在チケット好評発売中だ。 今曲を合わせるとBLACK DIAMONDが発表した楽曲は9曲。この全てが2/26のライブでは楽しめる事だろう。そして、まだ発表されていない曲もあるのか。 興味満載なこの記念すべき初ワンマンライブのチケットをゲットして、2月26日は ZeppDiverCity に集合だ。

リリース情報

2024年2月21日 Digital Single 「GetDown」 https://linkco.re/nYa9NuNP?lang=ja 各サイトにて2/21より配信スタート -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
Newspeak、新シングル「Before It’s Too Late」を3月1日にリリース
0

Newspeak、新シングル「Before It’s Too Late」を3月1日にリリース

スリーピースロックバンド、Newspeakのニューシングル「Before It’s Too Late」が3月1日にリリース決定した。 すでに今年の夏にメジャー1stフルアルバムのリリースを発表しており、昨夜、来月からスタートするワンマンライブツアーのリハーサルスタジオからInstagram、TikTokにて生配信を行い、そこでメンバーからサプライズで新曲のリリースを発表した。 昨年10 月にリリースし、本格的に日本語歌詞に取り組んだ「State of Mind」以来の日本語歌詞が入った楽曲となっており、昨夜の生配信でも1コーラスパフォーマンスし、視聴していたファンからは喜びの声が上がった。Instagramでは期間限定で生配信の模様をアーカイブしているので、見逃した方はチェックして頂きたい。 なお、ストリーミング配信のPre Add、Pre Saveは2月23日からスタートし、Pre Add、Pre Saveをした方には、今作のジャケット写真のデザインを使って作成されたスマートフォン用ロック画面をもれなくプレゼントするキャンペーンも実施する。 いよいよ来月に迫ったワンマンライブツアー、ニューシングルのリリース、アルバムのリリースと精力的に活動しているNewspeakにご注目頂きたい。

リリース情報

Newspeak ニューシングル 「Before It’s Too Late」 2024年3月1日リリース Pre Add,Pre Saveは2月23日からスタート -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
TWICE、ライブDVD・Blu-ray『5TH WORLD TOUR』リリースが決定!
0

TWICE、ライブDVD・Blu-ray『5TH WORLD TOUR』リリースが決定!

Asia No.1最強ガールズグループTWICEが、自身5度目のワールドツアーの日本公演『TWICE 5TH WORLD TOUR 'READY TO BE' in JAPAN』のLIVE DVD & Blu-rayのリリースを発表した。 本ツアーは、2023年5月に大阪・ヤンマースタジアム長居(5月13日、5月14日)を皮切りに、東京・味の素スタジアム(5月20日、5月21日)、さらには追加公演として、名古屋・バンテリンドーム ナゴヤ(12月16日、12月17日)、福岡・福岡PayPayドーム(12月27日、12月28日)にて、約37万人を動員した大規模公演だ。 なお、本作には、東京・味の素スタジアムの2日目の模様が収録されている。 世界中で大人気の楽曲の数々と、スタジアムならではの迫力満点な演出が収録されている本作。世界を魅了する彼女達の圧巻のパフォーマンスは必見だ。 そんなTWICEは、2024年7月に日本最大級の会場、神奈川・日産スタジアムに、大阪・ヤンマースタジアム長居を追加した『TWICE 5TH WORLD TOUR 'READY TO BE' in JAPAN SPECIAL』の開催を発表している。 TWICEは、本公演で “初めて日産スタジアムで公演を行う海外女性アーティスト” として、偉業を成し遂げることになる。 さらに、2024年夏に5枚目となる日本オリジナルアルバムのリリースも発表しているTWICE。今後も彼女達の動きから目が離せない。

リリース情報

2024年4月24日(水) TWICE LIVE DVD & Blu-ray『TWICE 5TH WORLD TOUR 'READY TO BE' in JAPAN』 特設サイト: https://www.twicejapan.com/feature/5thworldtour_readytobe_livedvd -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
Crossfaith、新体制初となる新曲「ZERO」を2月15日にデジタルリリース
0

Crossfaith、新体制初となる新曲「ZERO」を2月15日にデジタルリリース

Crossfaithに、2022年7月よりサポートギタリストとして活動していたDaiki(ex-HER NAME IN BLOOD)が正式メンバーとして加入することが明らかになった。 新体制となった彼らの新アーティスト写真が発表となっている。

DAIKI コメント

2022年の7月からサポートギターとしてステージに立ってきましたが、Crossfaithのギタリストとして正式に加入することになりました。 彼等との付き合いはHER NAME IN BLOODをやってる10年以上前から。 自分のバンドが解散して音楽から離れた方がいいのか真剣に悩んで辛かった頃、声をかけてくれてステージに蘇らせてくれた大切な仲間です。 一緒に音楽を作ったり、同じステージに立つ以上は今までもメンバー同然の気持ちでやってきましたが、これからは遠慮なく爆発していきます。 伝えたいことは全て新曲に魂を込めました。また音楽を表現できることが本当に嬉しい。 CrossfaithとHNIBが合体した未来。間違いないからついてきてくれ! よろしくお願いします。

全編英語詞の新曲

そして、新体制初となるデジタルシングル「ZERO」を2月15日(水)にリリースした。今作よりCrossfaithはWarner Music Japanとタッグを組んで作品をリリースしていく。 「ZERO」は、2022年9月にバンドとして初めての休止期間を経験した彼らが、文字通り「ゼロ」に立ち返り、生み出した全編英語詞の新曲。3度のグラミー賞ノミネートを誇り、Disturbedなど数多くの著名なバンドの作品を手掛けるJeff DunneがMix / Masteringを手掛けている。 楽曲タイトル含め詳細が不明なまま「Crossfaith Japan Tour 2024 – Departure -」各公演では既に披露されていた楽曲。バンドの公式ソーシャルには、何かを示唆するアルファベットが数日に渡ってポストされており、近々なんらかのアクションがあるであろうことがSNSにて話題になっていた。 Crossfaithは、再始動後初となるZeppツアー「Crossfaith Japan Tour 2024 – Departure -」を敢行中で、ファイナルとなる東京・Zepp Hanedaの公演を2月18日(日)に控えている。 ZERO Linkfire: https://crossfaith.lnk.to/zero -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/
1 2 3 6