SHE’S

SHE’Sがニューアルバム「Tragicomedy」を先日リリース!今年ブレイクが期待されるバンド、待望の一作。
0

SHE’Sがニューアルバム「Tragicomedy」を先日リリース!今年ブレイクが期待されるバンド、待望の一作。

大阪出身の4人組ロックバンド・SHE'Sが先日、ニューアルバム「Tragicomedy」をリリースした。 SHE'Sといえば、任天堂のビッグタイトル「どうぶつの森 シリーズ」のテレビCMにて、タイアップを務めたことで話題となった。 タイアップ曲となった「Letter」はYoutubeでの再生回数もものすごい勢いで伸ばしており、まさに大注目の一曲となっている。 そんな勢いに乗ったタイミングで、SHE'Sはこの度新しいアルバムをリリースした。 まさに絶好のタイミングであり、このアルバムが注目を集めることは間違い無いだろう。 本アルバムは13曲構成、46分という内容のフルアルバムとなっており、実に盛りだくさんである。 7/2の午後にはアルバムのプロモーションも兼ねて、音楽専門ラジオ局のJ-WAVEにも出演するなど、バンド側もかなり気合を入れていることが伝わってくる。 ▼ ロックバンドとして、さらにはその枠を飛び越えて挑戦するSHE'Sの新しい音楽。 SHE'Sの音楽は実に多様である。 なんとなく女性ファンが多くて、爽やかなビジュアルでもあることから、ある意味ウケを狙った音楽をしているとも思われがちかもしれない。だが実際は違う。 特にギターの服部栞汰はイギリスのロックバンド・Queenに影響を受けており、曲の中ではまさにブライアン・メイに影響を受けたようなギターソロを奏でている。 確かな多くの曲は聴きやすく、ピアノサウンドを基調した歌ものであるが、ロックバンドらしいギラギラとした曲もある。 SHE'Sというバンドは実に奥が深いバンドなのだ、ぜひ今回の「Tragicomedy」を機に、深入りしてみてほしい。 ※ 公式YouTubeはこちらから: https://youtu.be/cVhlqHHylqg ※ 冒頭画像は"Ugly"のYouTube MVより抜粋: https://youtu.be/0yTGy5zo8cs -- 運営:Evening Music Records株式会社
SHE’S、『あつまれ どうぶつの森』CM挿入歌に抜擢!
0

SHE’S、『あつまれ どうぶつの森』CM挿入歌に抜擢!

 | , , , ,  | 
2020年、筆者が個人的に躍進を期待しているのは大阪出身の4人組ピアノロックバンド・SHE'Sである。 彼らはすでに自身のツアーでも3箇所Zepp公演を開催するなどその人気を着実に上昇させてきている、人気ロックバンドである。そんな彼らの特徴は、ピアノを曲に取り入れたことにより作り上げられた美しい旋律、リリック、Vo.井上竜馬の甘い歌声など多岐にわたる魅力を含んでいる。 そんな魅力いっぱいのSHE'Sであるが、まだお茶の間に浸透するといったほどの存在にはなり得ていない、だが2020年、彼らは躍進すると筆者は信じている 特に最近印象的であったのは、彼らの最新の楽曲「Letter」が、とあるビッグタイトルへのタイアップが決まったというニュースである。そのタイトルとはあの人気ゲームシリーズ『どうぶつの森』の最新作『あつまれ どうぶつの森』である。 『どうぶつの森』がまさに自分の世代である、なんていう人は結構いるのではないか、もちろん筆者もその一人であり、ニンテンドーDSやWiiで『どうぶつの森』をやり込んだ経験があり、まさに青春といっても良いほどの存在である。まさに今の20代前半の世代にとって青春である『どうぶつの森』。 SHE'Sの楽曲はまさにそれと同じ世代にとって刺さりやすいものであると感じており、このタイアップをきっかけとした飛躍を期待して良いのではないだろうか。 ◆他にも甲子園センバツ主題歌、『メジャー』主題歌など豪華タイアップ続出! ここ最近でSHE'Sが掴み取ったタイアップはこれだけではない、毎年春の恒例となっている春のセンバツ高校野球(通称:センバツ)のタイトルソングにもSHE'Sの楽曲は抜擢されている。 他にもあの人気野球漫画『メジャー』のシリーズアニメ版、『メジャー・セカンド』のエンディングテーマの書き下ろしも決定しているなど、豪華タイアップが続出している。SHE'Sはとにかく一度聴けば多くの人を魅了するほどの力を持つ、魔法のような楽曲がたくさんある。名前は知っているけど聴いたことはないなんて人も、是非一度聴いてみてほしい。 彼らのバンドとしての規模はどんどん大きくなっていくと予想される。早ければ2020年中に、武道館単独公演なんてのもあり得るのではないか!? -- 運営:Evening Music Records株式会社
SHE’S、2020年に東名阪Zepp公演。今年最も注目のアーティスト!?
0

SHE’S、2020年に東名阪Zepp公演。今年最も注目のアーティスト!?

◆SHE'S、2020年に東名阪Zepp公演。今年最も注目のアーティスト!? 「聴けば、きっと囚われる。旋律に愛されたバンド。」これは、SHE'Sのキャッチコピーである。まさにその通りだと、私は思う。 SHE'Sの特徴は、ロックバンドという体制でありながらも、美しいメロディー、オーケストラばりの壮大な音楽を奏でていることである。ボーカルの井上竜馬はライブ中、多くの楽曲においてピアノを弾きながら歌っている、ロックバンドの中では珍しい編成であろう。 そんな彼らは、ストリングスやホーン隊を取り入れた11人編成にてライブを行うイベント「Sinfonia "Chronicle" ♯1」を2019年に開催している。彼らの楽曲の特徴を最大限に生かすべく、開催されたイベントであるといえよう。 こういったように、彼らはどこか、普通のロックバンドとは一線を画すオリジナリティを持ったバンドである。 ◆女性のみではない、男性も必見のバンド!? SHE'Sの爽やかで心地よいメロディー、井上竜馬の透き通る甘い歌声、どちらかというとターゲットは女性のイメージが強い。彼らの楽曲のPVにおいても、毎回モデルの女性を起用しており、そこからはある程度のバンドの方向性が見えて来る。 だがここで私が言いたいのは、決してSHE'Sは女性ウケを狙ってばかりのバンドではないということである。 「Save me」、「Flare」などロックサウンドを全開にしつつ、ピアノを基調としたメロディーを混合させた楽曲など、彼らでこそできる魅力的なサウンドでありとても男らしさを感じる。「Curtain call」はギターの歪みの音作り、コード進行からしてもあのOasisを連想させるような、男臭さがとても魅力的である。「Ghost」はギターの服部栞汰が奏でる曲後半でのギターソロが素晴らしい、あの壮大なギターソロはまるでQueenのブライアン・メイである。 こういったようにSHE'Sというバンドは非常に奥が深い、ピアノロックバンドというオリジナリティを基に、そこからどんな音楽性も生み出し続けているのだ。 SHE'Sは今年春に東名阪各地のZeppにてワンマン公演を行う。ライブの規模も徐々に拡大してきているSHE'Sだが、いよいよ次は日本武道館か? 今後の活躍が非常に楽しみである。 ---- 運営: Evening Music Records株式会社