ギター

ピアノやギターを初めて学ぶ人必見!楽譜の種類と読み方を解説
0

ピアノやギターを初めて学ぶ人必見!楽譜の種類と読み方を解説

 | , ,  | 

 

 

Quote source:https://pixabay.com

 

ピアノやギターを初めて学ぶ人必見!楽譜の種類と読み方を解説

 

プロの演奏家がかっこよく軽々と演奏しているのを見て、それに憧れて楽器の演奏にチャレンジする人は多いと思います。でも実際に練習を始める段階で、おたまじゃくしの並んだ楽譜を前にうなだれる人も多いのではないでしょうか?これから楽器を学ぶ人が、まず初めにつまずくのが楽譜の読み方と言っても過言ではありません。

 

この記事では楽譜に対する苦手意識が少しでも薄れるように、楽譜の種類や楽譜の読み方について解説していきます。

 

 

▼ 一般的な五線譜(ピアノなどで使われる楽譜)

 

五線譜と言われる最も一般的な楽譜は、みなさん学校でピアニカやリコーダーを習ったときに見たことがあるでしょう。

 

読み方について簡単におさらいしてみましょう。

 

独学でギターに挑戦する人のためのおすすめテキスト3選とは…
0

独学でギターに挑戦する人のためのおすすめテキスト3選とは…

 | , ,  | 

 

 

Quote source:https://pixabay.com

 

独学でギターに挑戦する人のためのおすすめテキスト3選とは...

 

ギターはバンドの中でも花形と言える存在。人気の曲などを聴きながら「自分もこんな風にギターが弾けたらな…」と思った経験は、誰にでも1度はあると思います。

 

ですが、実際には教えてくれるような人も身近に見つからず、教室に通うにもお金がかかるので断念しがちですよね。そういう人は、思い切って独学でギターに挑戦してみませんか?

 

今回は、独学で学ぶ人に特におすすめのテキストを、ギターの種類に合わせて3冊紹介します。

 

 

▼独学でギターに挑戦する人は、どんなテキストを使うべきか?

 

初心者も市販のテキストでギターを学ぶことは可能です。ただし、独学したいという人には、テキスト選びの際にひとつ気を付けるべきポイントがあります。

 

それはDVDが付いているテキストを選ぶということです。

 

「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもの。やはり、文章や楽譜のみのテキストだと、本当の初心者は難しさを感じる場合が多いのです。失敗を最大限防ぐためにも、見た目で確認しながら学べる教材を選びましょう。

 

ギターの楽譜を読んでみよう。初心者の方でもやさしく分かる読み方講座とは…
0

ギターの楽譜を読んでみよう。初心者の方でもやさしく分かる読み方講座とは…

 | , , ,  | 

 

 

Quote source:https://pixabay.com

 

ギターの楽譜を読んでみよう。初心者の方でもやさしく分かる読み方講座とは...

 

初めてギターの楽譜を見た人は、「今まで知ってる楽譜と違う!」「こんなの見たことない!」と感じて驚くのではないでしょうか?それもそのはず、ギターの楽譜はこれまで音楽の授業などで親しんできた五線譜を、ギターの演奏者に見やすいようにアレンジしたものなのです。なので、慣れればむしろ五線譜よりも簡単に読めるはずですよ。それでは今回は、ギターの楽譜の読み方について説明していきましょう。

 

 

▼ギターの楽譜には「コード譜」と「タブ譜」の2種類がある

 

ギターの楽譜には主に2つの種類があることを知っていますか?コード演奏で用いられる「コード譜」と、ギターソロなどで用いられる「タブ譜」がその2つ。書き方は違いますが、共通する部分もあるんですよ。

 

 

▼ コード譜

 

コード譜は、一般的に「コードダイアグラム」と「リズム譜」で構成されます。

 

コードダイアグラムからわかるのが左手の動き(弦を押さえる場所)。横線は上から順番に1弦から6弦を、数字はフレットをあらわしています。そして黒丸が押さえる場所です。リズム譜からわかるのが右手の動き(ピックの動かし方やタイミング)。

 

ギターのチューニングのやり方って? わかりやすく解説します。
0

ギターのチューニングのやり方って? わかりやすく解説します。

 

 

Quote source:https://o-dan.net/ja/

 

ギターのチューニングのやり方って?わかりやすく解説します!

 

ギターのチューニングってどうやるのか気になりますよね?

 

チューニングが合っていないギターで演奏していると、正しく演奏できても上手に聞こえないことも…

 

今回の記事ではチューニングの方法について解説していきます。

 

この記事を読んでチューニングすれば、正しい音程で気持ちよく演奏することができますよ。

 

チューニングをマスターしてギター上達への第一歩を踏み出しましょう。

 

 

▼ 各弦の音程について

 

まず各弦の音程について解説していきます。

 

ギターは1弦から6弦までありそれぞれ決まった音程にあわせていきます。

 

音程については下記の五線譜を参考にしてください。

 

アーティスト必見…!? ギターが上手くなるために必要な、毎日の練習で欠かせない3つの習慣とは…
0

アーティスト必見…!? ギターが上手くなるために必要な、毎日の練習で欠かせない3つの習慣とは…

◆アーティスト必見...!? ギターが上手くなるために必要な、毎日の練習に欠かせない3つの習慣とは... 皆さんはギターを弾いた事があるだろうか? 当サイトの読者の方であれば、恐らく確実に50%は確実に超えてくるであろう、大半の方が「Yes」と回答するであろう。それほど市民権を得ているメジャーな楽器「ギター」だが、こと演奏が上手いかどうかの面で言うと、同じ様に自信を持って「Yes」と言える人は多くはないのではないかと思う。 そう。誰しも一度は弾いた事があるが、誰しも一度は挫折した事のある楽器No.1でもある様な楽器が「ギター」なのだ。実際に、高校時代に1人はいたであろう、ギター好きな同級生を思い浮かべてみて欲しい。その人は今、ギターだけでご飯を食べていけているだろうか。仕事としてプロとして生活が成り立っているだろうか。恐らく大半の人は「No」と答えるだろう。それだけ、ギター等の演奏家やアーティストの世界は狭き門なのである。 この様に、ギターを始める人は多いのだが、道半ばでギター演奏の技術を向上させる事を何かしらの理由で諦める人が多い楽器なのだ。その理由は様々なのだが、ギターが継続的に上手くなるために必要な欠かせない3つの習慣について、本記事ではお届けしていきたい。 ◆1つ目: 継続するという心構え ギターにだけ言う事でもないのだが、楽器演奏の技術向上には時間を要するのが常であり、その上達にはそもそも「継続する」という心構えが非常に重要となる。 どういう事かというと楽器など、特にギターは世の中に上手いギタリストのプレイ動画が出回っていたり、友人にある程度弾ける人がい易い楽器のため、それを見たあなたは「私でのすぐに上手く弾ける様になるものだ !!」と思ってしまいがちである。現実は、その上手く弾いている彼ら彼女らも、ギターの演奏が十二分にできる様になるまでに、相当の演奏時間を費やしているケースが多い。 特に、音楽大学などへの進学を当初から見据える家庭では、幼稚園などに通い始める幼少期より前からピアノのレッスンや練習を毎日の様に続け、音楽の基礎を身につけさせるといった人もいるほどだ。このレベルでギターなどの楽器の練習に取り組むと考えると、凄まじい差が出てくるため、一朝一夕ではギターは弾けない事になる。 例えば、5歳から15歳まで、音楽を愛する両親の後押しの基、毎日3時間のギターの練習に励んできた子がいた場合、3時間/日 × 365日 × 10年間 ÷ 24時間 = 456.25日となる。これは極端な例だが、言うなれば、ギターのみをぶっ通しで1年と2ヶ月半の間ずっと弾き続ける価値と同等の意味合いがある。高校に1人か2人はいる音楽一家に育ったギターやピアノが上手い人を初めて見た段階では、表面上は見えないが、実際には積み重ねてきた差としてこの様な実力差がある事になる。 このため、ギターが上手くなるにはまずは「続ける」という意識を持ち続ける事が重要になるのだ。ギターなどの楽器は、特に継続できないと成果として現れにくい意外と参入障壁の高い分野なのだ。 ◆2つ目: 毎日15~30分のアウトプット 次に、ギターの演奏技術向上に大切なのは、毎日15~30分程のアウトプットだ。これはつまり、自分で評価できるものでも、他人に評価し貰えるものでも、なんでも良いが「アウトプット」できているかどうか、が重要になってくる。 ここで言う「アウトプット」とは、個人での練習ではなく、他の人に自分の演奏を見てもらったり、ビデオなどで自分の演奏を撮影し客観的にその出来を確認するなどの第3者的な目線を持つ様な機会のことを指す。ギターなどの一人でも完結できる楽器においては、特に気をつけなければならないのだが、音楽は人を感動させる事で世の中における価値を持つと言う側面を持つ事と同様に、人から評価される様なレベルでの演奏技術を身に付ける場合においては、一人のみで成立する事が難しく、他人の耳に音が届いてこそ、音楽的価値がくだせる様になる。 このため、ギターが上手く(= 人を魅了する)様になるには、人に自分が弾くギターの音色を聴いてもらうというプロセスが必要なのだ。この視点で、毎日わずかな時間でも良いので、他の人に自分の弾く楽器の音を聴いて感想を貰うというステップを踏んでいるか否かで、聴き手を意識したプレイができるかどうかの違いが如実に現れる。 ◆3つ目: 細部にこだわる アマチュアとプロのギタリストの境界線は何かと言うと、細部まで1音1音にこだわり(注意)を持って演奏できるかどうかである。 ある程度のギター演奏レベルになると、楽曲のコピーレベルであればどの様な人でも実際に弾ける様にはなるが、ライブ演奏のステージ上でのプレイやソロギターで楽曲を再現する様なレベルになると、細かい点にまで気を配れて演奏できているかで、楽曲の完成度に雲泥の差が生まれる。 例えば、ギターのストロークを見ても、普通に原曲の楽曲を流しながら一緒にギターを弾いているレベルでは気にならないが、ギター1本だけで演奏してみると、原曲と何か違う...?と言う様なケースが挙げられるだろう。ギターのストークのタイミングや強弱、どの音域を適度に鳴らすかなどは、ギタリストのストロークの手癖的な面も影響しているケースが多く、コードやメロディラインだけでなく、この手癖の細かさまで気を配れているかどうかが、完成度の高さに直結する。 ただ、この様な細かい演奏の違いは、実際にお持ちのギターがどの様なタイプのものかであったり、エフェクターの有無や種類であったりと、機材的な条件次第でしか表現し得ないものもあるため、予め留意しておく事が大切だ。 --- 運営:Evening Music Records株式会社