ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、新曲「Anyone」を2021年1月1日に配信リリース。
0

ジャスティン・ビーバー、新曲「Anyone」を2021年1月1日に配信リリース。

 | , ,  | 
ジャスティン・ビーバーが新曲「Anyone」を2021年1月1日に配信リリースした。 本楽曲は「僕がこれまでに愛したのは君だけ」と熱く歌うラブ・ソングだ。 ジャスティンは、この楽曲について、『2020年を締めくくり、2021年をキックオフするのに、新曲を共有して世界中のファンと一緒にお祝いすること以上に良い方法はないと思うんだ。2020年、音楽は僕たちみんなに多くのことを届けてくれたし、個人的には癒しと変革をもたらしてくれた。新曲「Anyone」は特別な、希望に満ちた、賛歌的な曲なんだ。輝く新年を希望と可能性に満ちたものにしてくれるんだ』とコメントしている。 また、同楽曲のMusic Videoも楽曲リリースと同時に公開されている。同映像の中では、ジャスティンはチャンピオンを目指すボクサーの役を演じており、気になる方はぜひチェックしてみて欲しい。 ※ 「Anyone」YouTube動画: https://youtu.be/KIK3azN4w34 -- 運営:Evening Music Records Inc.
ショーン・メンデス、ジャスティン・ビーバーとのコラボ曲「Monster」が、日本の芸能界に投げかける「問い」とは…
0

ショーン・メンデス、ジャスティン・ビーバーとのコラボ曲「Monster」が、日本の芸能界に投げかける「問い」とは…

 | , ,  | 
ショーン・メンデス(22)とジャスティン・ビーバー(26)。 誰しも1度は名前を聞いたことがある世界的ポップスターの2人が、コラボ曲「Monster(モンスター)」で初共演の楽曲をリリースし、そのMVがエモすぎて話題になっている。 2人はカナダを代表する世界的なアーティストであることは言うまでもないが、彼らが共演するのは今回が初と言うので音楽業界だけでなく、世界中のファンから注目が集まっている。ショーン・メンデスは、12月4日に新アルバム「ワンダー」のリリースを控えており、今作の「Monster」はそのアルバムからのセカンド・シングルという位置付けになる。 また、同曲は世界的なアーティストだからこそ感じ、悩む、特有の心情を綴った楽曲なのだが、現代の日本における芸能界にも重要なメッセージを投げかけている。 その内容とはどの様なものだろうか...? ※ YouTube動画:https://youtu.be/MPbUaIZAaeA ◆ 僕がこの胸の内を口に出し言葉にすれば、徹底的に僕を中傷しまくる 同曲の冒頭のリリックに登場する「僕がこの胸の内を口に出し言葉にすれば、徹底的に僕を中傷しまくる」という歌詞が、目を引く。 そう。この「Monster」は、彼らが幼少期の頃から有名になりすぎた為に感じてきた悩みや、その目に映る世界を表現しているのだ。具体的には、現代の日本でも多々問題になっている「誹謗中傷」に関連するトピックスだ。 考えてみて欲しいところだが、ショーン・メンデスのTwitterアカウント( https://twitter.com/shawnmendes )は、本日(2020年11月28日時点)でフォロワーが約2,600万いる。日本の人口の約6分の1に当たる数の人が、一言「おはよう」と呟く様な何気ないツイートでも見ることができる環境にあるのだ。ジャスティン・ビーバーのアカウント( https://twitter.com/justinbieber )においては、そのフォロワー数は約1.1億人であり、日本の人口とほぼ一緒というから、もう想像がつかないレベルだ。 この様な数字は、彼らの人気を物語る実績であり、誇らしい結果なのだが、アーティストである前に「人間」である彼らにも、誹謗中傷や心ないコメントは世界規模で届けられている様なのだ。同曲の歌詞にも、「世界が僕を理想化しはじめたのは、僕が15の時だった」「僕を持ち上げて、いい気にさせて、それからけなしまくって、引き摺り下ろす」「僕がしてきたことの全ての責任を、僕に突きつけるんだ」と綴られており、音楽アーティストが抱える赤裸々な心情を楽曲として発信している。 リリックに乗せられているのは、彼らのファンであったり、音楽業界の関係者であったり、TVやWebメディアだったりと、数えきれない程の「目」と「口」が向けられていることが分かる表現がされており、15歳程の幼少期にある少年にも、理想化と誹謗中傷の矛先が向けられはじめていた様に歌われている。人気になる代償と言えるだろうが、自分が15歳の時に「容姿がXXXだ」とか、「声がXXXだ」とか、「今回の歌詞がXXXだ」などと言った口コミで誹謗中傷される様なことを想像すると、流石に精神的な強さが必要だろうと想像できる...。 ◆ 日本の芸能界でも「誹謗中傷」は問題に... 日本国内でも「誹謗中傷」による問題は数多く起こっている。 最近で大きく話題になったのは、三浦春馬さんの自死に関するニュースが記憶に新しいところだろう。彼の本業は俳優だったが、亡くなる直前には楽曲「Night Diver」をリリースに向け真摯に制作したりとアーティストとしての才能も備えていた。三浦春馬さんも類に漏れず、幼少期から芸能界において人気に火が付き、数々の名作ドラマや映画に出演し、華やかな世界を歩んできたのは間違いない。 ただ、その華やかな実績は、世の中に出す作品のクオリティを一歩間違えると「落ちぶれた」「彼はもうダメだ」という様なギャップを生みやすいというのも事実だ。また、ショーン・メンデスとジャスティン・ビーバーの「Monster」ではそのことを「僕がつまずいたらどうなるの、転んだらどうなるの?そうしたらモンスターになるの?ねえ教えてよ」と表現しており、如何に有名なアーティストがプレッシャーを抱えているかが分かるだろう。 作品を通じて、視聴者となるファンの心を満たしてくれる存在であるアーティスト。お互いにより良い音楽やクリエイティブな作品を残す為に、一方的な誹謗中傷ではなく、建設的なコメントが求められる段階にあるだろう。 アーティストも人間だ。一歩立ち止まり、あなたのSNSから送信するその一言を、感謝の言葉に変えてみてはどうだろうか? -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
ジャスティン・ビーバー、新曲「Yummy」のミュージックビデオで驚愕!? ピンクヘアがクールな理由
0

ジャスティン・ビーバー、新曲「Yummy」のミュージックビデオで驚愕!? ピンクヘアがクールな理由

◆ジャスティン・ビーバー、新曲「Yummy」のミュージックビデオで驚愕!? ピンクヘアがクールな理由 ジャスティン・ビーバーが本格的に活動を再開したようだ。 2020年に新アルバムをリリースし、今年の1月3日には新曲「Yummy」リリース、新ツアー開催、新ドキュメンタリー公開など重大発表をし、2020年に本格始動することを明らかにしている。 13歳で敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンにそのずば抜けた歌唱力を見出され、世界を飛び回ってきたジャスティンも、今年で25歳を迎える。昨年までは深刻なうつ病や、2020年に入ってからはインスタグラムでライム病であることを告白しており、ここ数年は彼にとっても非常に苦しい時間であったことが見て取れる。有名になることの代償。とでも言えるだろうか。 そんな彼も、ヘイリー・ビーバー(旧性:ヘイリー・ボールドウィン)に出会い、彼女との結婚生活の中から少しずつ芸能活動を再開するまでの活力を取り戻しつつあるようだ。そんなジャスティンの復活第1弾とでも言える位置付けの楽曲が「Yummy」だ。 ジャスティンは、新曲「Yummy」のミュージックビデオの中では、彼の今現しうる世界観をフルに表現している。Music Videoや楽曲自体は、R&B調の楽曲で「君はとってもおいしいんだ/言ってくれればすぐにでも飛んでいくよ/ベイビー、夜でも昼でも」と甘い言葉をロマンチックに紡いでおり、妻でモデルのヘイリー・ビーバーにインスパイアされたラブソングであると本人も明かしている。 ◆ピンクの髪に、ピンクのパーカーも着こなすアーティスト性 Music Videoで特に印象的なのは、やはり「ピンク色」であることだろう。 何がピンク色かと言えば、ジャスティンの全てだ。髪と服だ。うっすら女性感を漂わせる化粧もしている。一歩間違えば、カムバックしたジャスティンも何か方向性を間違えた...!?と言われるのではと思えるような印象もあるが、そこはやはりSNSフォロワー1億人を超える世界のスーパースター。きっちりR&Bのカッコ良い作品に仕上げてきている。 結婚を機に、何か女性的な要素やラブソング的な要素も自身のアートワークに取り込みつつ、生粋の歌声はまさに健在であり、それらが組み合わさると絶妙なバランスで作品として仕上がる。そんな感じだ。 この「Yummy」という作品も、パッと見ると、何気なくメロウな曲調の楽曲を歌っている印象だが、それだけではインパクトが足りない。だが、カッコ良さやアーティストとしての魅了できるポイントは失わないレベル感で、いわゆる「ハズし」のポイントを創ってきているので、なぜか絶妙なバランスでカッコ良いと感じるのだろう。プロデュースの感性すごいな。という感じだ。 また、このMusic Videoの中で、ジャスティンが表現した髪をピンクに染めたことが話題となってる。これは、あくまで「Yummy」のMusic Videoの撮影のためだったようだが、非常に印象的なルックスだ。ジャスティンだからこそできるヘアスタイルなのかも...と言えるかも知れないが、一つの作品において同曲をクールに魅せる工夫が見られる。 --- 運営:Evening Music Records株式会社
ジャスティン・ビーバーがついにTikTokを開設…!? 心配しながらも初動画を投稿
0

ジャスティン・ビーバーがついにTikTokを開設…!? 心配しながらも初動画を投稿

◆ ジャスティン・ビーバーがついにTikTokを開設...!? 心配しながらも初動画を投稿 現在、休養中であるジャスティン・ビーバーが、世界的にもショート動画配信SNSアプリとして流行しているTikTok(ティックトック)のアカウントを開設したと話題になっている。彼のSNSでの影響力は計り知れず、ピコ太郎がジャスティンのTwitterでの呟きを引き金に世界的に有名になったことは有名だろう。今回のTikTok(ティックトック)アカウントの開設で、芸能界への影響は少なからずありそうな予感だ... ◆ 2020年は新アルバムやシングルのリリース発表も... 2020年のジャスティン・ビーバーは精力的だ。先行シングル「Yummy」は本日2020年1月3日から配信開始となっており、彼のオフィシャルサイトでもSpotifyなどのリンクが掲載されている。 新曲の先行公開に先立て、公式TikTokアカウントを開設したというところだろうか。使い方を心配しているような投稿も垣間見えるなど、お茶目な様子もうかがえるジャスティンだが、2020年は新曲のリリース体制も万全となっている様子なので、今後の活動に期待だ。 --- 運営: Evening Music Records株式会社
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)新作アルバム発表か!!「2020」の意味とは?
0

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)新作アルバム発表か!!「2020」の意味とは?

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)新作アルバム発表か!!「2020」の意味とは? 彼がコーヒーを買いにカフェによれば外には店を覆い尽くす人々が現れ、彼がツイートすれば新たなセレブが誕生する。そんな絶大な影響力を持つ世界のポップスター、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)。彼の代表曲「Baby」は、現在YouTubeでの再生回数が21億回を超えている。そんな当時15歳の若き少年も、去年モデルのHeiley Baldwin(ヘイリー・ボールドウィン)との婚約など私生活での安定した幸せなども見せ始めている。常に何かと話題を作ってきたジャスティンだが、彼の新アルバム発表を匂わせる投稿が今話題になっている。 現在の彼の最新アルバムは「Sorry」や「Love Yourself」などを含む「Purpose」で、驚く事にリリースされたのは4年以上も前の事だった。その間彼からの楽曲の発表は無く、ファンにとって少々長い待ち時間になったのではないだろうか。しかし、ジャスティン自身音楽活動をストップしていた訳ではなく、その間に「Despacito」で話題になったLuis Fonsi(ルイス・フォンシ)や Ed Sheeran(エド・シーラン)、DJ Khaled(DJキャレド)、Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)など様々なアーティストとコラボ活動をしていた。 今回の新アルバム発表の噂は、ジャスティンのSNSに投稿された「2020」と書かれた投稿からだ。その投稿には同時に”December 24, December 31, January 3... #2020(12月24日、12月31日、1月3日...#2020)”という説明も加えられている。このシンプルな投稿が人々に様々な予想を持たせた。もしかしたらこの日付に新曲がリリースされるかもしれない。あるいはどれかの日にアルバムリリースが発表されるかもしれない。様々な考えが飛び交う中この日付に何か起こる事を人々は期待しているのではないだろうか。 ◆ 実は何も起こらなかった事も... 実は彼による何か示唆する様な投稿は今回が初めてではない。去年の2018年末にも彼は新アルバムのリリースを伺いさせる投稿をしている。そしてその月、彼はファンに向けてこう語っている。 “Don’t believe everything you read sweet little girl you will hear something from me sooner than you think.(君が読んでいる事を完璧には信じないでね。君が思っているより早く何か分かるかもね。)” この投稿に彼のファンは大きな期待を持ったが、それから1年アルバムの発表は無かった。この様な事もあったからこそ、今回の投稿には様々な憶測が飛んでいるのではないのだろうか。 2019年も終わりが見えてきたが、ジャスティンが2020年をどの様に世界を盛り上げていくのか彼の今後に期待したい。 --- 運営: Evening Music Records株式会社