コブクロ

コブクロ、「エンベロープ」×『リエゾン』collaboration movie」公開!
0

コブクロ、「エンベロープ」×『リエゾン』collaboration movie」公開!

 | , ,  | 
コブクロの新曲「エンベロープ」×『リエゾン』collaboration movie」が公開された。 「エンベロープ」は、3月1日シングルリリースの表題曲で、テレビ朝日系で放送中の、金曜ナイトドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」(毎週金曜 23:15~24:15※一部地域で放送時間が異なる)の主題歌。ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、ヨンチャン原作・漫画、竹村優作原作の同名マンガの実写化。児童精神科を舞台に、ヒロインの研修医・遠野志保が、院長の佐山卓らと、様々な心の病を抱える子供たちと出会い、解決策に向き合っていく医療漫画。 コブクロの小渕健太郎は、楽曲書き下ろすにあたり、何度も原作コミックスを読み込み、この歌詞が書けたのは、「リエゾン」という物語に出会えたからと、強く影響され完成した楽曲。 collaboration movieでは、原作コミックス中から選りすぐりのシーンを集めた全編漫画の映像となっており、コブクロの温かい歌声と相まって、感動的な作品に仕上がっている。 是非チェックしてほしい。 コブクロ「エンベロープ」×『リエゾン』 collaboration movieリンク: ◆ コブクロ 新曲「エンベロープ」 先行配信リリース情報 先行配信中: https://kobukuro.lnk.to/envelope ◆ コブクロ LIVE情報 東京・大阪限定で行われる、SPECIAL LIVEの開催が決定! 2023年3月1日(水) OPEN 17:30 / START 18:30 東京ガーデンシアター(有明) 2023年3月7日(火)、8日(水) OPEN 17:30 / START 18:30 大阪城ホール チケット 9,200 円(税込)※6歳未満入場不可 公演詳細:https://kobukuro.com/feature/special_live2023?_normalbrowse_=1&oapp -- 運営:Evening Music Records Inc.
コブクロ、時代を超えて愛される春に聴きたいプレイリスト「Seasons Selection〜Spring〜」が公開!
0

コブクロ、時代を超えて愛される春に聴きたいプレイリスト「Seasons Selection〜Spring〜」が公開!

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

コブクロ、時代を超えて愛される春に聴きたいプレイリスト「Seasons Selection〜Spring〜」が公開!

 

コブクロが、「春」「卒業」ソングを中心に選りすぐりのプレイリストを公開。だんだんと暖かくなり、卒業式も近くなってくるこの時期にストリーミング限定のプレイリスト、「コブクロ Seasons Selection〜Spring〜」(カナ:シーズンズ セレクション スプリング)を是非聞いてみてほしい。

 

結成前から誕生していた名曲「桜」から、SANA from TWICEとコラボし、“大人が振り返る卒業”をテーマとした「卒業(SANA from TWICE × コブクロ)」まで全11曲。この時期にピッタリなプレイリストを聞いて春の訪れを感じてほしい。

 

そして、3月1日(水)には35枚目のシングルとなる『エンベロープ』がリリース...

 

 

 

コブクロ、山崎育三郎主演ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」主題歌書き下ろし。レコーディング映像初公開!
0

コブクロ、山崎育三郎主演ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」主題歌書き下ろし。レコーディング映像初公開!

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

コブクロ、山崎育三郎主演ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」主題歌書き下ろし。レコーディング映像初公開!

 

コブクロが、山崎育三郎が主演を務める、全国テレビ朝日系で1月20日(金)から放送される、金曜ナイトドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」(毎週金曜 23:15~24:15 ※一部で放送時間が異なる)の主題歌「エンベロープ」を書き下ろした。

 

コブクロと山崎のタッグは、初となる。

 

ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、ヨンチャン原作・漫画、竹村優作原作の同名マンガの実写化。 児童精神科クリニックを舞台に、自らも発達障害を抱える院長と研修医のコンビが、生きづらさを抱える子どもたちとその家族に向き合い、寄り添う姿を描く。山崎が院長の佐山卓を演じ、ヒロインとなる研修医・遠野志保を女優の松本穂香が演じる。「Dr.コトー診療所」シリーズ(フジテレビ系)などで知られるヒューマンドラマの名手、吉田紀子が脚本を手掛ける。

 

書き下ろしの新曲「エンベロープ」は、「包み込む」という意味で、ドラマで描かれる生きづらさを抱える子どもと家族の繊細な心を、優しく見守り包み込むような温かくも、力強いメッセージを込めたバラードナンバー...

 

 

 

コブクロ、10月19日に大阪・関西万博 公式テーマソング「この地球の続きを」のシングルのリリースが決定!
0

コブクロ、10月19日に大阪・関西万博 公式テーマソング「この地球の続きを」のシングルのリリースが決定!

 | , ,  | 
コブクロが、10月19日(水)に大阪・関西万博 オフィシャルテーマソング「この地球の続きを」(コノホシノツヅキヲ)のシングルのリリースが決定した。 コブクロ、2022年初のCDリリースとなる通算34枚目のシングル。タイトル曲「この地球(ほし)の続きを」は、自身もアンバサダーを務め、2025年に開催される大阪・関西万博オフィシャルテーマソングで、老若男女、誰もが口ずさめるようなシンプルなメロディに、2025年の万博の開幕までの期待感とその先の希望を描いた壮大な楽曲だ。 カップリングには、2022年3月に行われた、コブクロ史上初となる東京・大阪でのファンサイト会員限定ライブ"NOCTURNE"にて初披露された「Days」と、2011年の全国ツアー"あの太陽が、この世界を照らし続けるように。"にて初披露され、その後、音源化されないまま10年以上の時を経て、今回が待望の初音源化となる「恋愛観測 (LIVE ver. from KOBUKURO LIVE TOUR 2011 "あの太陽が、この世界を照らし続けるように。")」を収録。初回限定盤はジャケットデザインのショッパーバッグが付属する。 そして、7月18日(月・祝)にユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われた「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントでの「この地球の続きを」(コノホシノツヅキヲ)初披露時の映像を使用したMUSIC VIDEOが公開となったので併せて注目してほしい。 大阪•関西万博オフィシャルテーマソング コブクロ「この地球の続きを」 MUSIC VIDEO -- 運営:Evening Music Records Inc.
コブクロ、新曲「Days」MUSIC VIDEO をプレミア公開!
0

コブクロ、新曲「Days」MUSIC VIDEO をプレミア公開!

 | , ,  | 
コブクロが、3月30日に配信した新曲「Days」のMUSIC VIDEOを5月28日(土)0:00にプレミア公開した。 「Days」は、3月にファンサイト会員限定ライブ「KOBUKURO FAN SITE MEMBER EXCLUSIVE LIVE 2022 ”NOCTURNE”」にて初披露された新曲。日々変わりゆく世界は薄暗いが、それでも微かな光を掴んで欲しい、そんなメッセージが込められた楽曲になっており、MUSIC VIDEOは「KOBUKURO FAN SITE MEMBER EXCLUSIVE LIVE 2022 ”NOCTURNE”」での「Days」披露時のLIVE映像を中心に構成されている。 -- 運営;Evening Music Records Inc.
コブクロ史上初となる東・阪でのファンサイト会員限定ライブを結成の地・大阪でフィナーレ!新曲「Days」を披露、そして配信リリースが決定!
0

コブクロ史上初となる東・阪でのファンサイト会員限定ライブを結成の地・大阪でフィナーレ!新曲「Days」を披露、そして配信リリースが決定!

 | , ,  | 
コブクロ初となる東京・大阪でのファンサイト会員限定ライブ「KOBUKURO FAN SITE MEMBER EXCLUSIVE LIVE 2022 ”NOCTURNE”」が3月25日(金)大阪・大阪城ホールにてファイナルを迎えた。 満員御礼の大阪城ホールに詰めかけたファンの前に、バンドメンバーから順に登場する。ジャジーで艶やかな心地良いジャムセッションをバンドメンバーが奏でる中、小渕、そして黒田の順にステージ上へと登場すると、客席では色鮮やかなペンライトが揺れ、たくさんの手拍子とともにライブの幕開けとなった。 MCで小渕が「『KOBUKURO FAN SITE MEMBER EXCLUSIVE LIVE 2022 ”NOCTURNE”』へようこそ!久しぶりの大阪城ホールでのライブにこんなにたくさんの人が来てくれて本当に嬉しいです!」と話し、今回のファンサイト会員限定ライブを開催するにあたり、〈普段聴いてくれている楽曲でも、いつもとは違う見せ方で届けたい〉という黒田からの提案をきっかけにイメージを広げ準備したという、今回のライブの趣旨を語った。 公演タイトル”NOCTURNE”(ノクターン)とは「夜想曲」という意味を持ち、そのテーマのもと、コブクロの楽曲をリアレンジし、アコースティックで編成されたバンドが奏でる音の上で新たな表情を見せていく。普段コブクロの楽曲を聴いてくれているファンにも、新たなバンドアレンジとともに、より強く歌詞が届き、このライブのためだけという特別感を味わう事ができた。

コブクロ 2人の軽快なトークも...

そんな中、ステージ中央に吊るされたシャンデリアが煌びやかに輝くステージ上では、普段通りのコブクロ2人のトークの掛け合いも繰り広げられ、会場は終始笑顔とあたたかな拍手で包まれた。 ライブのアンコールでは未発表の新曲「Days」が披露された。MCで小渕は「難しい時代でも、答えはとてもシンプルで大切な人を想うこと。ずっとこの思いを繋いでいければと思います。」と言葉を添え「Days」を力強く披露すると、会場に集まったファンは総立ちし、大きな拍手が沸き起こった。 「Days」は3月30日(水)よりデジタル配信が決定している。日々変わりゆく世界は薄暗く、それでも微かな光を掴んで欲しい、そんなメッセージが込められた楽曲になっており、まさに今聞いて欲しい作品に仕上がっている。 MCで小渕は「ファンのみんなは大切な家族です!ライブが、みんながいる場所がコブクロの実家なんです!」と思いを叫び、初開催となった東京・大阪でのファンサイト会員限定ライブ「KOBUKURO FAN SITE MEMBER EXCLUSIVE LIVE 2022 ”NOCTURNE”」の幕を下ろした。 ■ 新曲「Days」3月30日(水)配信決定 ※ 詳細は後日オフィシャルサイトをご確認ください。 コブクロオフィシャルサイト:http://kobukuro.com/
-- メディア運営:Evening Music Records Inc.
若宮健嗣・国際博覧会担当大臣より、コブクロへ2025年大阪・関西万博テーマソングを正式依頼!
0

若宮健嗣・国際博覧会担当大臣より、コブクロへ2025年大阪・関西万博テーマソングを正式依頼!

 | , , ,  | 
2025年日本国際博覧会アンバサダーのコブクロが、大阪・中之島公園で行われた「中之島ウィンターパーティー〜Road to EXPO 2025」に、若宮健嗣・国際博覧会担当大臣、吉村洋文・大阪府知事、松井一郎・大阪市長らと共にイベントへ登壇した。 寒空の中、集まった大勢の観客を前にMCを務めるフットボールアワー後藤から「若宮健嗣・国際博覧会担当大臣からコブクロにお伝えしたいことがあるそうですよ!」と切り出すと、2025年万博テーマソング制作について話が及んだ。 若宮健嗣・国際博覧会担当大臣は「テーマソングをコブクロにお願いしたい!と言えるように調整していく」と話すと、松井市長は「コブクロは大阪のストリートからスタートして、日本にそして世界へ向けて発信していく、これは大阪・関西万博も一緒、ストーリーがある」とし、2025年大阪・関西万博テーマソングの制作依頼をコブクロに託した。 コブクロの小渕は「音楽人生で一生に一度あるかわからないような大きなチャンスを頂けて光栄です、頑張ります!」と話した。 ▼ コブクロによるスペシャルライブがスタート 多くの拍手に迎えられ、コブクロによるスペシャルライブがスタートする。「23年前に歩み始めた原点の地・大阪のストリートでコブクロが結成するきっかけになった曲です。大阪の街中に届くように歌います。」と思いを込めコブクロの代表曲でもある「桜」を歌い上げた。 続けて「黒田が初めて書いた歌で、まるで当時を思い出すように、またギター1本で弾ける事が嬉しい、思い切り歌います!」と話し「DOOR」を披露する。すっかり陽も落ちた大阪の街中を黒田のボーカルが力強く切り裂き、心を震わせた。あまりの興奮からか小渕は準備していたブルースハープを吹き忘れる珍しいハプニングも起き、会場に温かさが差し込んだ。 MCでは小渕が「大阪・関西万博のテーマソング、心を込めて誰もが歌えるような楽曲を作ります!完成したら是非みなさんにも歌ってもらえたら嬉しいです!」と話し「大阪SOUL」を歌い上げると「中之島ウィンターパーティー〜Road to EXPO 2025」に集まった観客からはたくさんの拍手がまるで歓声のように湧き、笑顔と希望が溢れているようだった。 大阪から日本へ、そして世界へ向けて万博の機運向上を込めて開催された「中之島ウィンターパーティー〜Road to EXPO 2025」3年半後に迫った2025大阪・関西万博開催に向けて更なる弾みをつける特別な1日となった。 -- メディア運営:EVENING編集部
コブクロ、ニューアルバム『Star Made』を携えて開催された2年ぶりの有観客ツアーが地元大阪で完結!
0

コブクロ、ニューアルバム『Star Made』を携えて開催された2年ぶりの有観客ツアーが地元大阪で完結!

 | , ,  | 
有観客では2019年の20周年ツアー以来2年ぶりとなるコブクロの全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR 2021 Star Made」。7月16日(金)千葉 森のホール21(松戸市文化会館)からスタートした同ツアーが、11月6日(土)大阪・フェスティバルホールで感動のファイナルを迎えた。今回のツアーは8月4日にリリースされた5年ぶりとなる10枚目のニューアルバム『Star Made』の新曲を中心に、コブクロの代表曲やストリート時代からの懐かしい曲を織り交ぜたステージ。力強さと温かみを持ち合わせた小渕と黒田の圧倒的なハーモニーで包み込む圧巻のライブを繰り広げられた。 幕が上がってメンバーがバンドと共に姿を表すと盛大な拍手が広がり、ライブを待ちかねていた観客は早くも総立ちの状態に。アルバムと同じく『Star Song』からスタートして、『晴々』『ONE TIMES ONE』と続いた序盤。「大阪のみんな、一緒に心の中で歌おう!」と小渕が呼びかけ、黒田は「カモン!」と発して鼓舞するように力強く拳を突き上げる。今はコロナ禍で声が出せない状況だが、観客も手を挙げ手拍子して一体化し、明るく爽快な雰囲気で盛り上がっていった。 MCで小渕は、「無事に大阪でファイナルまでたどり着くことができました!来てくれて本当にありがとう!」とみんなに感謝し、ツアーができた喜びを笑顔で伝える。そんなライブ前半のハイライトは『卒業』。ピアノとストリングスをバックに気持ちが込められた黒田の歌声が響き渡り、息を飲んで聴き入っていた観客から長く続く大きな拍手が送られた。 中盤には、ストリート時代からのコブクロのラブソングの原点『赤い糸』、その続編として新たにできた『露光』を2曲続けて歌う。小渕が「長く歌ってきたからこそ生まれた奇跡」と嬉しそうに話していたのも印象的だ。 『風をみつめて』から後半に入り、エレクトロポップ調の『両忘』は異色の雰囲気で引き込む。さらに『灯ル祈リ』は黒田が渾身のボーカルで熱唱。最後は二人がアカペラで歌う圧巻の展開で魅了し、鳴り止まないスタンディングオベーションに包まれた。その後は一転、黒田がここまでの小渕のMCを振り返りツッコミを入れていくコブクロらしい笑えるトークタイムに。また、今回のツアーに足を運べなかったファンのために、10月28日(木)の有明ガーデンシアターで収録されたライブ映像が、11月27日(土)に配信されることもアナウンスされた。 ▼ またツアーするから!またライブで会いましょう! そして、『コンパス』から熱いロックモードで畳み掛けて、高揚感溢れる『大阪SOUL』で本編を終える。 アンコールでは「またいつか大きな声で、みんなで歌おう!それまでこの轍を繋げて行ってください」と小渕が切実な思いを伝えて『轍』を。さらに、「僕らのことを絵本のように歌った曲」と言う『Always(laughing with you.)』を歌って、「明日からもどうか頑張って!」とファンにエールを送る。黒田が「間違えた…」と歌い直すハプニングもあったが、温かみがある曲調とも相まってアットホームな雰囲気で大団円となった。 ライブを終えて、小渕は「『Star Made』完結!」と歓喜の声を上げる。一段と大きな拍手に包まれる中で、「またツアーするから!またライブで会いましょう!」と力強く約束した。 ■「KOBUKURO LIVE TOUR 2021 Star Made」 STREAMING LIVEが決定! 2年ぶりの全国ツアー「Star Made」STREAMING LIVEが決定 10月28日(木)東京ガーデンシアターでのライブをお届けします。 配信ライブ当日はコブクロの2人もみなさんと一緒にライブを視聴します。 日程:2021年11月27日(土)開場18:00/開演19:00 ※ 公演は2時間半程度を予定しております、本公演は10月28日(木)に行われた東京ガーデンシアターでの公演を配信いたします。 TICKET詳細: https://tixplus.jp/feature/kobukuro_starmade_streaming/ 【リリース情報】 2021年8月4日(水)10thAlbum「Star Made」発売中 アルバム特設サイト: https://kobukuro.com/feature/kobukuro_starmade?_normalbrowse_=1&oapp -- 運営:EVENING編集部
コブクロ、8月4日アルバムリリース日から特別映像を3日間・毎日配信! 1週間限定の特別企画とは…
1

コブクロ、8月4日アルバムリリース日から特別映像を3日間・毎日配信! 1週間限定の特別企画とは…

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

コブクロ、8月4日アルバムリリース日から特別映像を3日間・毎日配信! 1週間限定の特別企画とは...

 

コブクロが、8月4日(水)にリリースした5年ぶりのニューアルバム「Star Made」の発売を記念して、1週間限定でスマートフォン用のニュースアプリ「スマートニュース」内ワーナーミュージックチャンネルにて、特別映像を公開する。

 

8月4日(水)から3日間毎日テーマの違う映像が配信され、1週間限定で8月11日(水)10:59まで公開となる。

 

コブクロの2人が語る、今年デビュー20周年を迎えた心境や、ライブにかける想いなど振り返ったトークと、誰もが聴いたことのある歴代のヒット曲「YELL~エール~」「ここにしか咲かない花」「蕾」「流星」などのライブ映像や、ニューアルバムに収録されている最新曲「Star Song」などのライブ映像を特別編集したダイジェスト映像をお届け。

 

 

デビュー20周年を迎えてさらに走り続けるコブクロ・メモリアルムービーにふさわしい企画となっているので、是非アプリをダウンロードして特別映像を楽しんでみて欲しい。

 

また、同期間中、ここでしか手に入らないプレゼント施策も実施中だ。

 

コブクロ、新アルバム『Star Made』より「Star Song」のMV公開!ファンから募集された「空」が繋げるストーリーとは…
1

コブクロ、新アルバム『Star Made』より「Star Song」のMV公開!ファンから募集された「空」が繋げるストーリーとは…

 | , , ,  | 
梅雨真っ只中の7月某日、横浜の小さなスタジオで 8月4日リリースアルバム『Star Made』より「Star Song」のMV撮影が行われた。 「Star Song」のMV撮影が決まると、小渕からは「空」をテーマにしたアイデアや、ファンサイトで「空」の動画や写真を募集する企画がスタートした。 「Star Song」は楽曲のイメージとしても柔らかく、見上げるとそっと側にいてくれるような星のように、同じ「空」で繋がっている。そんな温かみのある作品にするべく、今回コブクロとは初タッグとなる監督のウエダマサキ氏は柔らかなライティングで自然光を表現した。 撮影方法も黒田と小渕、それぞれ別々に撮影をスタートしていく。小渕は「別々に撮影する事がとても新鮮。楽曲をずっとハモっているから(黒田が)いない感じがしない」と話す。 サイドストーリーでは歌詞にも登場する少年や、老夫婦によって温かさと希望が描かれている。 応募総数9千点以上が集まった、ファンサイトで募集した「空」素材の中から選ばれた作品が「Star Song」MV内にて使用されており、コブクロ、ファンをはじめ、それぞれ別の場所にいてもこの楽曲や「空」の下で繋がっているといった、今作へのメッセージが込められた温かみのある作品へと仕上がった。 ▼ ウエダマサキ監督コメント: この困難の中、本楽曲を表現するにはどんな映像にすべきか。メンバーとディスカッションを繰り返す中で出来上がっていきました。メンバーから、いまだからこそ、ファンから集めた「空」の写真をいれてはどうかというアイディアがあり、みんなで作る「空」の写真集のような作品を目指しました。また、そんな空から差す希望の象徴として、光を感じさせるシーンを切り取っています。ぜひご覧ください。 ◆「Star Song」MV YouTubeリンク 【Star Song」 先行配信リリース情報】 7月14日(水)AM0時より、各配信サイトにて先行配信中! 先行配信URL: https://kobukuro.lnk.to/starsong アルバム特設サイト: https://kobukuro.com/feature/kobukuro_starmade?_normalbrowse_=1&oapp ツアー詳細: https://r.kobukuro.com/feature/kobukuro_tour2021 【コブクロ プロフィール】 小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。 黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。 2人は、ストリートライブ活動を通じて出会い意気投合。1998年9月にコブクロを結成した。インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。 2005年5月、日本テレビ系ドラマ「瑠璃の島」の主題歌として発売された「ここにしか咲かない花」、同年11月に発売した「桜」が共に大ヒットを記録。 2006年、初のベストアルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚を売り上げ、2007年「蕾」で第49回日本レコード大賞を受賞。2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。 2012年9月、大阪の万博記念公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。 2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。 2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。 2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。 2018年5月からは、初の2人だけでの全国ツアーを大成功に収める。9月8日には結成20周年を迎え、9月16日に小渕の地元・宮崎県にて、結成20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を開催。12月5日には、20年の集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」を発売し、オリコンチャート1位を獲得。30万枚を超える大ヒット。 2019年は、20周年を記念した全国ツアー「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB” 」を開催。12月1日、大阪マラソンのアンバサダーとして、小渕健太郎がフルマラソンで参加。テーマソングは新コースに合わせて新しくなり、「大阪SOUL」を制作。 2020年2月、2025年にコブクロ結成の地、大阪で開催される「2025年日本国際博覧会」のアンバサダーに就任。最新シングル「両忘」を7月7日に発売し、8月4日には10枚目となるオリジナルアルバム「Star Made」のリリース予定。さらに7月16日から2年ぶりとなる全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR2021 Star Made」の開催が決定している。 ▼ コブクロオフィシャルサイト: http://kobukuro.com/ -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
コブクロ、2年ぶり有観客ツアーがスタート! 8月4日発売のニューアルバム『Star Made』から、次々に新曲を初披露!
0

コブクロ、2年ぶり有観客ツアーがスタート! 8月4日発売のニューアルバム『Star Made』から、次々に新曲を初披露!

 | , , ,  | 
コブクロの全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR2021 Star Made」が、7月16日(金)千葉 森のホール21 (松戸市文化会館)からスタートした。   今回のツアーは、2019年の20周年ツアー以来の有観客ツアーとなり、更にホールのみで開催されるツアーとしては、2014年のアコースティック編成ツアー以来のホールツアーで、チケットも各地激戦で即ソールドアウト。梅雨明けし晴々とした空が広がる中、幸運にもチケットを手にしたファンが次々と集まり、2年ぶりの有観客ライブを心待ちにしている様子。 観客の期待値が開演前から高まる中、フロアが暗転。オープニングSEが流れ、バンドメンバーに続きコブクロの二人がステージに立つと、観客は待ってましたとばかりの温かな拍手で出迎え、会場全体が歓迎モードでライブがスタート。ライブ開始早々、テンション高めな小渕が「ようこそ!そして久しぶり、コブクロです!待っていてくれてありがとう!」と、初日を待ちわびた様子で、ファンとの久しぶりの再会に感無量な姿を見せた。 来月8月4日に発売となる、5年ぶりのニューアルバム『Star Made』から、先行配信中の新曲「Star Song」や、最新シングル「両忘」や「卒業」などを披露し、会場は感動に包まれた。 ニューアルバムから次々と楽曲を披露し観客を盛り上げていくと、コロナ禍の影響で声を出せない観客からは、歓声の代わりに大きな拍手が巻き起こり、次第にスタンディングオベーションとなって会場を包みこむと、小渕からは「長い間会えなかった事を思うと悔しくて。ツアーのRHからステージでやりたかった事、伝えたかった事をこうしてステージでみんなに届けられて本当に嬉しい、ありがとう!」と話すと、黒田は「お客さんがいてくれるとめっちゃテンション上がる。聞いてもらって拍手がワーッと広がるのがすごい嬉しい。2年間無観客でのライブが続いてたから。振り返ってバンマスの福ちゃん(Gt.)が「いい感じ」って顔してくれるだけやから。」と、コブクロライブの醍醐味である掛け合いでもしっかり魅了し、会場を盛り上げる。 会場に集まった観客は、2人の歌声と爆笑トークに大きな拍手が起こり、コブクロらしいアットホームな雰囲気も感じられるライブとなった。 ライブを終えた小渕は、「また大声出して一緒に歌える日までライブは続いてきます。長く会えなかった日を吹っ飛ばしてくれるくらいみんなからパワーをもらえました!このパワーを持ってファイナルまで頑張ります!!」と、この先に向けた意気込みを語った。 今回のツアーは11月5日、6日の大阪・フェスティバルホール公演まで、全国12都市24公演の動員を予定している。     ▼「Star Song」 先行配信リリース情報 7月14日(水)AM0時より、各配信サイトにて先行配信中! 先行配信URL:https://kobukuro.lnk.to/starsong   ▼ ニューアルバム発売情報 2021年8月4日(水) 10thAlbum「Star Made」 発売   【収録曲】     01 Star Song / NHK「スポヂカラ!」エンディングテーマソング 02 風をみつめて / テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz「ハラスメントゲーム」主題歌 03 卒業 04 ONE TIMES ONE / 「アサヒ もぎたて」CMソング 05 両忘 06 灯ル祈リ / カンテレ・フジテレビ系 火曜よる9時連続ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」主題歌 07 露光 08 晴々 / 「バイトル」CMソング / H.I.S CMソング 09 夕紅 10 心 / 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」主題歌 11 君になれ / 漫画「君になれ」(作:高野苺)コラボソング 12 大阪SOUL / 大阪マラソン新公式テーマソング 13 白雪 14 バトン / 小野薬品TV-CMイメージソング 15 Always (laughing with you.)   初回限定盤 CD+DVD/品番:WPZL-31881/2/価格:¥4,400(税込) 2020年10月に万博記念公園で開催されたライブイベント「大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK」のライブ映像7曲を収録。   通常盤 CD/品番:WPCL-13304/価格:¥3,300(税込)    アルバム特設サイト: https://kobukuro.com/feature/kobukuro_starmade?_normalbrowse_=1&oapp     ▼ 全国ツアー情報 「KOBUKURO LIVE TOUR2021 Star Made」 [公演日程] 2021年7月16日(金)千葉・森のホール21 (松戸市文化会館)    2021年7月17日(土)千葉・森のホール21 (松戸市文化会館)  2021年7月23日(金)愛媛・愛媛県県民文化会館          2021年7月24日(土)愛媛・愛媛県県民文化会館            2021年8月20日(金)広島・広島文化学園HBGホール        2021年8月21日(土)広島・広島文化学園HBGホール      2021年9月2日(木)宮城・仙台サンプラザホール     2021年9月3日(金)宮城・仙台サンプラザホール    2021年9月9日(木)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru     2021年9月10日(金)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru       2021年9月21日(火)兵庫・神戸国際会館    2021年9月22日(水)兵庫・神戸国際会館      2021年9月30日(木)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール  2021年10月1日(金)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール    2021年10月7日(木)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール 2021年10月8日(金)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール    2021年10月13日(水)宮崎・宮崎市民文化ホール          2021年10月14日(木)宮崎・宮崎市民文化ホール            2021年10月21日(木)福岡・福岡サンパレス          2021年10月22日(金)福岡・福岡サンパレス            2021年10月27日(水)東京・東京ガーデンシアター        2021年10月28日(木)東京・東京ガーデンシアター        2021年11月5日(金)大阪・大阪・フェスティバルホール     2021年11月6日(土)大阪・大阪・フェスティバルホール         ツアー詳細: https://r.kobukuro.com/feature/kobukuro_tour2021   【コブクロ プロフィール】 小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。 黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。   2人は、ストリートライブ活動を通じて出会い意気投合。1998年9月にコブクロを結成した。インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。 2005年5月、日本テレビ系ドラマ「瑠璃の島」の主題歌として発売された「ここにしか咲かない花」、同年11月に発売した「桜」が共に大ヒットを記録。 2006年、初のベストアルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚を売り上げ、2007年「蕾」で第49回日本レコード大賞を受賞。2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。 2012年9月、大阪の万博記念公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。 2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。 2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。 2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。 2018年5月からは、初の2人だけでの全国ツアーを大成功に収める。9月8日には結成20周年を迎え、9月16日に小渕の地元・宮崎県にて、結成20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を開催。12月5日には、20年の集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」を発売し、オリコンチャート1位を獲得。30万枚を超える大ヒット。 2019年は、20周年を記念した全国ツアー「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB” 」を開催。12月1日、大阪マラソンのアンバサダーとして、小渕健太郎がフルマラソンで参加。テーマソングは新コースに合わせて新しくなり、「大阪SOUL」を制作。 2020年2月、2025年にコブクロ結成の地、大阪で開催される「2025年日本国際博覧会」のアンバサダーに就任。最新シングル「両忘」を7月7日に発売し、8月4日には10枚目となるオリジナルアルバム「Star Made」のリリース予定。さらに7月16日から2年ぶりとなる全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR2021 Star Made」の開催が決定している。   コブクロオフィシャルサイト: http://kobukuro.com/ -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
コブクロ、7月7日発売の33枚目シングル「両忘」のミュージックビデオが公開
0

コブクロ、7月7日発売の33枚目シングル「両忘」のミュージックビデオが公開

 | , , ,  | 
7月7日(水)に発売となる、コブクロのニューシングル「両忘」(読み:りょうぼう)のMUSIC VIDEOが公開となった。 今回の楽曲に関して、コブクロは世の中の様々な出来事、何が正しくて、何が間違いと決めつける事は簡単ですがその秤の真ん中でバランスを取る答えや、価値観はお互いの物差しでも大きく変わり一つじゃないという事を言い得た言葉が「両忘」という言葉です。 今回浮かんでいたテーマを突き詰めていたら辿り着いた「禅」の言葉から、タイトルをもらいました。 人生で、取り返しの付かない過ちや、間違いを犯してもどんなに後悔する出来事が起こってもただそれを責めるのではなく、終わりじゃなくそこには何か理由がありいつかまた立ち上がれるという希望を誰かの声の中から、自分で見つけて欲しい。 誰しも有る、過去への後悔や痛めた心の場所にこの歌が光の様に届くといいなと思います。 と語っている。 MVは、幾重にも重ねた鏡が、屈折した世界を創造する不可思議な仕上がりに今作のMVは、 楽曲の世界観を表現する為、いくつもの鏡を重ねる事で、その先に映し出される屈折した世界観を創り出し、撮影が行われた。外からの光を入れ込まぬように帳が下ろされた空間の中、入念に角度をチェックしいくつもの鏡が吊るされ、設置された。鏡同士が写し出す世界観が広がり、反射し、それらを繰り返す事で幾重にも重なるメンバーが不可思議に描写された作品。映り込む世界が一つではない、表裏の先にある価値観やもう一つの答えの可能性を求めたミステリアスな世界観を演出したのは、今回初めて撮影でタッグを組んだ3人のディレクターと1人のカメラマンからなる映像クリエイティブチーム”FUBI”。一つの意見ではない、多角的なアイデアによって生まれた作品には映像中にも散りばめられたギミックや映像エフェクト効果が散りばめられ、今までのコブクロ作品には無かったような斬新な映像へと仕上がった。 コブクロ「両忘」は、6月23日より、先行配信中だ。 ▼ Director:FUBI(フービ)コメント: 人間は物事の本質について追求していけばいくほどその事象の深さや難題にぶち当たり、迷いなが日々を生きています。自分にとっての正義は誰かにとっての悪であるかもしれない。『実像と虚像』、『真実と偽り』など、表裏一体となるカオスが入り乱れるこの世界で、世の道理全てを理解している人間など誰もいないということ。他人から見た自分と自分が知る自分は違うということ。これらを楽曲から感じ、映像で表現しました。 「両忘」:YouTubeリンク: https://youtu.be/XcJWQRvsflI 「両忘」特設サイト:https://kobukuro.com/feature/kobukuro_ryoubou?_normalbrowse_=1&oapp 「両忘」 先行配信リリース情報 6月23日(水)AM0時より、各配信サイトにて先行配信中! 先行配信URL:https://kobukuro.lnk.to/ryoubou コブクロ CDリリース情報 2021年7月7日(水) 33rdシングル「両忘」 発売 収録曲 M1. 両忘 M2. STAY (ツマビクウタゴエver.) M3. YOU (ツマビクウタゴエver.) M4. 両忘 (Instrumental) 通常盤/品番:WPCL-13297/価格:¥1,100(税込) ▼ ニューアルバム発売情報 2021年8月4日(水) 10thAlbum「Star Made」 発売 【コブクロ プロフィール】 小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。 黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。 2人は、ストリートライブ活動を通じて出会い意気投合。1998年9月にコブクロを結成した。インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。2005年5月、日本テレビ系ドラマ「瑠璃の島」の主題歌として発売された「ここにしか咲かない花」、同年11月に発売した「桜」が共に大ヒットを記録。2006年、初のベストアルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚を売り上げ、2007年「蕾」で第49回日本レコード大賞を受賞。2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。2012年9月、大阪の万博記念公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。2018年5月からは、初の2人だけでの全国ツアーを大成功に収める。9月8日には結成20周年を迎え、9月16日に小渕の地元・宮崎県にて、結成20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を開催。12月5日には、20年の集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」を発売し、オリコンチャート1位を獲得。30万枚を超える大ヒット。2019年は、20周年を記念した全国ツアー「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB” 」を開催。12月1日、大阪マラソンのアンバサダーとして、小渕健太郎がフルマラソンで参加。テーマソングは新コースに合わせて新しくなり、「大阪SOUL」を制作。 2020年2月、2025年にコブクロ結成の地、大阪で開催される「2025年日本国際博覧会」のアンバサダーに就任。最新シングル「両忘」は7月7日に発売予定で、8月4日には10枚目となるオリジナルアルバム「Star Made」のリリースを発表。さらに7月14日から2年ぶりとなる全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR2021 Star Made」を開催予定。 コブクロオフィシャルサイト:http://kobukuro.com/ -- メディア運営:Evening Music Records Inc.