ロッキン

2020年度の開催中止を発表した「ロッキン」幻となったラインナップを公表。新世代の注目アーティストも多数出演予定も…
0

2020年度の開催中止を発表した「ロッキン」幻となったラインナップを公表。新世代の注目アーティストも多数出演予定も…

残念ながら2020年度の開催は中止となってしまった夏フェス・通称「ロッキン」ことROCK IN JAPAN FES。 ロッキンは先日、幻となった今年度の出演アーティストのラインナップを公表した。出演予定であった多くのアーティストが、公式SNSなどで中止を嘆くなど、改めて開催が中止となってしまったことの影響力は壮大なものであったことをうかがわせる。 悲しんでいるのはもちろんアーティストだけではない、運営側だってそれはそうであるし、何より今年も来場する予定であったお客さんたちの存在は忘れられない。 特にロッキンは毎年夏のフェスの中でも代表格、国内では最大規模といっても良いほどのフェスであるために、そのぶん楽しみにしていた人も多いであろう。 毎年のようにロッキンに行っていた人にとってみれば、ロッキンがない夏というのはかなり辛いものがあるかもしれない。ロッキンにとどまらず、他の夏フェスも軒並み中止となっていることからさらに辛い状況である。 今年のぶん、来年は2倍楽しみたいところである。 ▼ 大御所から新人まで、さすがロッキンのラインナップである。 さて、幻となった今年のラインナップに関してであるが、やはりさすがロッキンといったところであろうか。 往年の大御所アーティストから、注目の新人まで幅広く抑えているのが印象的である。邦ロックシーンを牽引するアーティストは大体出演しているのではないか?とも思わせるほどである。    また、やはりジャンルとして中心となるのはロックバンドである。その中で、歌モノ、ヒップホップ、エモ、ラウド、メタルという幅広いジャンルの音楽が乱立しているといった様子である。 一つのジャンルに偏らず、あらゆる音楽を楽しめるのもロッキンの特徴であろう。唯一のこだわりといえば、やはり国内アーティストをブッキングするという点であると考えられる。 残念ながら今年は中止とはなってしまったが、幻のラインナップを見て、擬似的にロッキンを想像の上で楽しむとしたい。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
夏フェスの代表格「ロッキン」が今年度の開催を中止へ…今年の夏フェスの開催はどこも厳しいか?
0

夏フェスの代表格「ロッキン」が今年度の開催を中止へ…今年の夏フェスの開催はどこも厳しいか?

ここ最近では東京都での新型コロナウイルス感染者も日毎に少なくなってきている。 多くの都道府県では緊急事態宣言が解除されるなど、徐々に収束のムードは出てきている。 第二波に備えて、警戒を解くことはまだまだ許されないかもしれないが、着実に事態は落ち着いてきていると考える。国民一人一人の外出自粛の徹底など、個々の力が集約した結果と言って良いだろう。 だが一つ、残念なニュースが飛び込んできた。毎年夏の恒例であるフェス「ロッキン」が、今年度の開催の中止を発表した。 異例すぎるこの事態に、多くのファンが悲しんでいることは間違いない。 ▼ ロッキンの中止、フジロックやライジングサンも...? ロッキンの中止が決まったということは、同じく8月やそれ以降に開催されるフェスの開催も怪しくなるということだ。 フジロックは同じく8月開催、 SUMMER SONICの特別版として開催されるSUPER SONICは9月開催。 日程を延期したGREEN ROOM FESTIVAL も9月開催だが、いずれも開催は怪しいラインにある。 ライブハウスなど比較的小規模でのイベントは徐々に開催できるかもしれないが、やはり何万人という規模のイベントとなると、しばらくは厳しいのかもしれない。 同時に夏の甲子園も今年は中止が濃厚であるなど、毎年夏の恒例が失われている。 -- 運営:Evening Music Records株式会社