RAP

ヒプノシスマイク”どついたれ本舗”CD情報公開!Apple MusicやPrime Musicで聴ける?
0

ヒプノシスマイク”どついたれ本舗”CD情報公開!Apple MusicやPrime Musicで聴ける?

いま最も話題の男性声優ラップバトルプロジェクト、"ヒプマイ"ことヒプノシスマイク。 既存のイケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクディビジョンに加えて9月にオオサカ、ナゴヤの2つのグループが追加されることが決定し、さらに盛り上がりを見せています。 そして今回、10月30日デビューのオオサカディビジョン"どついたれ本舗"からデビューCDについての情報が解禁となりました。チーム曲タイトルおよびCDタイトルは「あゝオオサカdreamin’night」。すでにティーザー映像が公開されています。( https://youtu.be/cB1e1wT8eJY ) 楽曲提供は日本一のラッパーR-指定と世界一のDJ DJ松永の二人による、MC・DJのHIP-HOPユニットとして知られるCreepy Nuts。 DJ 松永といえば9月28日にロンドンにて行われたDJ世界大会「DMC」で優勝し世界一のラッパーとなり話題となりましたね。さらに各キャラクターの楽曲において、R-指定とフリースタイルダンジョンで争った経歴もあるHIDADDYやRomancrewのMC ALI-KICKなどヒップホップ界隈にて著名なアーティストを数多く起用し、注目を集めています。 ◆ ヒプノシスマイクから6ヶ月連続新曲をリリース さらに、10月、11月と発売が決定しているオオサカディビジョン、ナゴヤディビジョンに加え、イケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクの4ディビジョンのCD発売が続くとの発表もありました。 イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”が12月25日、ヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”が2020年1月29日、シブヤ・ディビジョン“Fling Posse”は2月26日、シンジュク・ディビジョン“麻天狼”は3月25日と決定されています。 今回ヒプマイの6ディビジョン全てにおいてCD発売が決まり、10月から1ヶ月おきに6ヶ月連続でリリースされることが明かされました。ヒプマイファンには嬉しい半年間となりそうですね。 ◆ ライブの先行申込シリアルナンバーはどこで手に入る?サブスクリプションでも聴ける!? 10月30日に発売される"どついたれ本舗"のデビューCDには2020年3月28日・29日に埼玉のメットライフドームで開催される「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-5th LIVE(仮)」の最速先行申込シリアルナンバーが封入されるとのことなので、ファンは要チェックです。 また、Apple MUSICやAmazon Prime MUSICをはじめとする各種サブスクリプションサービスでも配信されるため、一刻も早く聴きたいというファンはこちらもぜひチェックしてみてくださいね。 運営会社: Evening Music Records株式会社
Beyonce(ビヨンセ)、Instagram投稿がもとで妊娠説が広まる
0

Beyonce(ビヨンセ)、Instagram投稿がもとで妊娠説が広まる

AdvertisementMUSICQuote source: https://www.instagram.com/p/B16lwNYnGl1/Beyonce(ビヨンセ)、Instagram投稿がもとで妊娠説が広まるHa ...
50年前の1969年、伝説ウッドストックの裏で開かれた”黒人のウッドストック”、Harlem Cultural Festivalとその記憶
0

50年前の1969年、伝説ウッドストックの裏で開かれた”黒人のウッドストック”、Harlem Cultural Festivalとその記憶

 

 

Photo by CBS via Getty Images

 

50年前の1969年、伝説ウッドストックの裏で開かれた"黒人のウッドストック”、Harlem Cultural Festivalとその記憶

 

50年前の1969年8月、60年代のロック/ヒッピー文化を象徴する歴史的ライブイベント、ウッドストックが開催されていたことは別記事でも触れたとおりであるが、歴史の影に埋もれかけていた「もう一つのウッドストック」があったのはご存知だろうか。

 

黒人文化の中心地で開かれた「黒いウッドストック」、Harlem Cultural Festival

 

それは、3度目の Harlem Cultural Festival(ハーレム音楽祭)であり、ウッドストックの会場から160キロほど離れたニューヨークのマンハッタン地区にあるハーレムで開催された。ハーレムは20世紀前半から黒人住民が多数流入し、人口の多くが黒人であり、アメリカ黒人文化の中心地として知られていた。

 

ニーナ・シモン、B.B.キング、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、スティーヴィー・ワンダーなどの大物が出演

 

このような背景から、Harlem Cultural Festivalは、R&B歌手 Nina Simone(ニーナ・シモン)、ブルースギタリスト B.B. King(B.B.キング)、ファンクバンド Sly & the Family Stone(スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン)、ポップスター Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)等の大物黒人ミュージシャンが多数出演し、 「Black Woodstock(黒いウッドストック)」という呼び名も持つ。