50年前の1969年、伝説ウッドストックの裏で開かれた"黒人のウッドストック”、Harlem Cultural Festivalとその記憶

Hana Sudo(Evening Music Records株式会社)

※ 音楽クリエイター事務所「BOOOM」所属により、クリエイター同士の楽曲制作機会を提供します。

 

 

 50年前の1969年8月、60年代のロック/ヒッピー文化を象徴する歴史的ライブイベント、ウッドストックが開催されていたことは別記事でも触れたとおりであるが、歴史の影に埋もれかけていた「もう一つのウッドストック」があったのはご存知だろうか。

 

 

黒人文化の中心地で開かれた「黒いウッドストック」、Harlem Cultural Festival

 

 

 それは、3度目の Harlem Cultural Festival(ハーレム音楽祭)であり、ウッドストックの会場から160キロほど離れたニューヨークのマンハッタン地区にあるハーレムで開催された。ハーレムは20世紀前半から黒人住民が多数流入し、人口の多くが黒人であり、アメリカ黒人文化の中心地として知られていた。

 

 

 

 

Slider

 

 

ニーナ・シモン、B.B.キング、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、スティーヴィー・ワンダーなどの大物が出演

 

 

 このような背景から、Harlem Cultural Festivalは、R&B歌手 Nina Simone(ニーナ・シモン)、ブルースギタリスト B.B. King(B.B.キング)、ファンクバンド Sly & the Family Stone(スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン)、ポップスター Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)等の大物黒人ミュージシャンが多数出演し、 「Black Woodstock(黒いウッドストック)」という呼び名も持つ。


 もともと、この祭典は1967年から毎年、Tony Lawrence(トニー・ローレンス)によって主催され、音楽、文化、人権運動の交差点となっており、ウッドストックの裏で開催された1969年は、観客数もウッドストックに匹敵しそうな30万人を記録し、ウッドストックと同様に記録映画のための撮影もされたが、映像のほとんどが日の目を見ることはなく、祭典自体も1970年に計画段階で詐欺に合って以降は開かれなかった。

 

 

 

ウッドストックの神格化に対するハーレム文化祭の過小評価、50周年記念イベントによる再記憶

 

 

 すでに1969年には、ウッドストックが神格化され、Harlem Cultural Festivalが過小評価されており、黒人向け新聞には「The only time the white press concerns itself with the black community is during a riot or major disturbance(暴動か大きな騒ぎにならない限り、白人メディアが黒人社会に感心を示すことはない)」と書かれていた。


 それから50年経った今年2019年になって再び話題に上がるようになり、8月17日には50周年記念コンサートが同じ場所で開かれ、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンのギタリスト等が参加した。Harlem Cultural Festivalが人権運動と音楽文化の文脈で議論されることも増え、先述した1969年の記録映像も、ついにドキュメンタリー映画化され、来年公開が予定されている。


参考:
https://www.rollingstone.com/music/music-features/black-woodstock-harlem-cultural-festival-history-859626/
https://www.nytimes.com/2019/08/15/arts/music/black-woodstock-harlem-festival-1969.html

 

 

運営会社: Evening Music Records株式会社

 

 

※ iTunes 関連楽曲はこちら

 

 

あわせて読みたい記事:「テイラー・スウィフトからミュージシャンを夢見る若者へアドバイス...? 投稿が波紋を引き起こす...」

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

※ 音楽クリエイター事務所「BOOOM」所属により、クリエイター同士の楽曲制作機会を提供します。

  

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」では、無料会員登録により限定記事や会員特典が手に入ります。

広告
広告
広告
広告
広告
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

新着記事はこちら

人気の記事はこちら

運営者 Profile

Hana Sudo
Hana SudoEvening Music Records株式会社 Webマーケティング事業部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ 2019年1月11日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された 嵐のファンクラブ年会費が月割りに? ユーチューブ解禁やTikTokも… 2019年10月22日 に投稿された Dispatch [CC BY] SixTONESはBTSを意識している?海外志向を反映した歌詞を比較してみた 2019年9月7日 に投稿された BTS(防弾少年団)「世界で最もハンサムな顔100人」にメンバー全員がランクイン!? 2018年12月31日 に投稿された 嵐の新曲『Whenever You Call』世界的アーティスト・Bruno Marsが提供する一曲、超豪華かつ、世界を揺るがす超大作。 2020年9月18日 に投稿された BTS V・キムテヒョンのソロ曲「Inner Child」のメッセージが深いワケ… 2020年3月15日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)

EVENING 会員