ソニー

音楽業界への就職を成功させるには…? ソニー・ユニバーサル・ワーナー等の音楽レーベルが欲しがる人材とは…
0

音楽業界への就職を成功させるには…? ソニー・ユニバーサル・ワーナー等の音楽レーベルが欲しがる人材とは…

 | , , , ,  | 
就職活動の人気企業の中でも根強い人気を誇る音楽業界。 新型コロナウイルスの影響もあり、昨今のイベント開催の在り方も大きく変化するなど、ビジネスモデルの転換点を迎えているとも言える動きの多い音楽業界ですが、今後どの様な人材が求められるのかについて、本記事では取り上げていきます。 まず、「音楽業界」と言う言葉を聞いてどの様なイメージや仕事内容を連想するでしょうか。多くの方は、華やかな芸能関連の世界や、音楽スタジオでの制作業務などのクリエイティブなイメージを想像するのではないかと思います。実際、トップアーティストによるパフォーマンスや、BTSの様に数年で世界的な知名度と人気を獲得するアーティストが現れるなど、音楽業界ではドラスティックで華やかな仕事があることも事実です。 しかし、Apple Music や Spotify などの音楽ストリーミングサービスの登場に挙げられる様に、数年前からCD販売数は低下し、音楽の売上構成の主体は再生数に応じたストリーミングサービスからの利益分配に委ねられるなど、IT技術を活用したビジネスモデルにどれだけ上手く適応できるかが重要なポイントとなってきています。 この様な状況において、当然、音楽レーベルが求める仕事内容や人材像も変化してきています。 ▼ 音楽業界のレコード会社で求められる仕事とは レコード会社などの音楽業界の主要プレイヤーが求める仕事のスキルや人物像は、どの様に変化してきているのでしょうか。 まず、皆さんが業界の仕事としてイメージが湧きやすいと思うのが「営業職」や「マーケティング職」ではないでしょうか。 音楽業界では、「宣伝プロモーター」と呼ばれる様な業務ポジションが該当し、新しく発売された新曲(CD, ストリーミング楽曲等)をテレビ局やラジオ、各種雑誌社などのメディア媒体へプロモーションする様な業務内容を担います。この職種は、他の業界においても同様ですが、取引先企業に対してアーティストの良さを提案し、各種メディア等で取り上げて貰う事や広告での楽曲起用など、法人営業とも言い換えることができるでしょう。 マーケティング的な素養や経験は勿論求められますが、同時に、各種キーマンとなる取引先担当者との円滑なコミュニケーション・スキルも求められ、総合的なビジネス能力が必要となるポジションです。 さらに、営業業務の中には、CDショップ等で毎週末に開催されるインストアライブの企画運営等も含まれるケースが多く、例えば、タワーレコードで週末に開催されるインストアライブを企画立案するなど、担当アーティストの販促活動イベントを企画運営する能力も求められる場面が出てくる場合があります。 また、新型コロナウイルスの影響により、音楽業界でもDX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれており、マーケティング業務をIT技術を活用し、いかに早く広く効果を出すことが出来るかが求められてきています。 次に、「A&R(エーアンドアール)」について触れます。 この職種はアーティストに最も身近な位置で、どの様な音楽がより多くのリスナーの方に聴いてもらえるかを追求する業種と言えるでしょう。 職種内容としては、主に音楽面におけるブランディングや楽曲制作(レコーディング等)に加え、Music Videoやストリーミング媒体での露出に向けた戦略策定など、どちらか言うとクリエイティブ要素も強くなってくるいわゆるレコード会社の業務イメージに近いポジションです。 ただ、昨今はアーティストの活動においても、リアルイベントでの露出に加え、デジタル技術を活用した企画を展開するなど、リスナーやファンの方との新しいコミュニケーションを目指す動きが見られます。A&R起点では、むしろアーティストにこの様な新しい音楽を提供することが出来る企画を提案する様なケースも今後求められる可能性が高く、楽曲制作段階から含めると総合的な企画力が求められると言えるでしょう。 世の中の動きや流行を敏感に感じ取り、それをアーティストの良さと如何に上手く親和させられるかが、A&Rとしてあると望ましいスキルかも知れません。 ▼ 音楽業界で求められるDXスキルとは 今後の音楽業界としては、求められるスキルはDXの能力ではないでしょうか。 ただし、音楽業界のビジネスモデルに即したデジタル活用を展開することができるDX能力である必要があるでしょう。 音楽業界は、一見すると、アーティストという強力なIPコンテンツを中心とした360度的な商品販売を行い成立している様に見えますが、本質はアーティストというブランド価値にあります。K-POPが世界でこれだけヒットしているのも、BTSやTWICEなどのIPが確立しているからこそ実現できているのですが、これはSNSなどのインターネットの力を上手く活用し、世界のリスナーにその魅力的な音楽や映像を届けたからこそ実現できています。 勿論、リアルでのライブ活動も重要な要素ですが、世界的な規模でのエンターテインメントビジネスを展開するには、どこかのタイミングでIT技術の活用が必要となります。今では、YouTubeやTikTokなど、この様なプラットフォームは一般的ですが、今後DXの意味合いではNFT(非代替性トークン)などの新しいIT技術を活用したビジネス領域が出てくることが予想されます。 この様な世界でも、柔軟にそのメリットを理解し、アーティストの魅力を世界に伝えるために効果的に活用することが出来る人材が、音楽業界では求められるでしょう。 音楽業界は華やかな業界である事は事実ですが、非常に変化の大きいビジネスを扱っており、そのトレンドを早期に掴み、事業として成果を出す事ができるハイセンスな能力が求められます。音楽を純粋に好きという素養に加え、高いITスキルを兼ね備えている事がビジネス的には望ましいでしょう。 --- 運営:Evening Music Records Inc.
「エンタメのブカツ2021 STEAMワークショップ部」の募集を開始。子ども達のクリエイティビティを育む
0

「エンタメのブカツ2021 STEAMワークショップ部」の募集を開始。子ども達のクリエイティビティを育む

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、小中高生を対象にし、ソニーのエンタテインメントとテクノロジーを活用したプログラム「エンタメのブカツ 2021」において、小学生のクリエイティビティを育む「STEAM(スティーム)※1ワークショップ部」の募集を1月15日(金)より開始します。 本ワークショップは、「エンタメのブカツ 2021」と、ソニー・ミュージックレーベルズ所属のアーティスト「いきものがかり」のボーカル吉岡聖恵さんが子どもの頃から慣れ親しんできた童謡や唱歌の素晴らしさを紹介するプロジェクト「吉岡聖恵の毎日がどうよう日~家族で歌おう!~」( https://www.youtube.com/channel/UCkYiXHC34bAcoABMnfvXFAg )とのコラボレーション企画です。吉岡さんが歌う童謡『こぶたぬきつねこ』をテーマに、プログラミングや工作体験、エンタテインメントコンテンツの創作など、個性豊かな4つのワークショップをオンラインで行います。 ソニーのIoTブロック「MESH™(メッシュ)」とソニー・インタラクティブエンタテインメントのロボットトイの「toio™(トイオ)」を組み合わせてゲームづくりに挑戦する「CurioStep(キュリオステップ)ゲームづくりワークショップ」、童謡『こぶたぬきつねこ』をテーマにロボット・プログラミング学習キット「KOOV®(クーブ)」を使ってプログラミングで楽器をつくる「KOOV Challenge mini こぶたぬきつねコンサート」、対話を通して作りあげた『こぶたぬきつねこ』の新しい物語が、アニメーション化されてミュージックビデオになる「creaB(クリービー)※2ものがたりづくりワークショップ」、スマートフォンでモノを撮影するだけで音を奏でることができる新しいアプリ「PlayAnything™(プレイエニシング™)」を使って、ミュージシャンと一緒に音楽創作ができる「PlayAnything新音楽体験ワークショップ」と、テクノロジーや多様な価値観に触れながらクリエイティビティを育む機会をお届けします。 いずれも参加費は無料で、ワークショップに必要な機材は貸し出しを行います。 また応募時には、『こぶたぬきつねこ』についての対話体験にチャレンジしていただきます。曲を聴いて想像力をふくらませ、登場キャラクターになり切ってセリフを考えることで、子どもたちの豊かな発想力を引き出します。本プログラムはワークショップ参加希望者だけでなく、どなたでも参加いただけます。 ソニーは、「STEAMワークショップ部」をはじめ「エンタメのブカツ 2021」の活動を通じて、クリエイティビティを育む様々な機会を提供することで、次世代を担うクリエイターの支援・育成を進めてまいります。 ※ 1: STEAMは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字。これからの時代に必要な基礎能力を養う「STEAM教育」が提唱されています。 ※ 2: 昨年開催の「U24 CO-CHALLENGE 2020」で「子どもの想像・創造力を育てる絵本」を提案し、グランプリを受賞した高校生が企画しているプログラムです。 ▼ 「STEAMワークショップ部」ワークショップ実施概要 1. CurioStep(キュリオステップ)ゲームづくりワークショップ 身近なアイデアを形にできるIoTブロック「MESH」と、子どもたちの相違工夫を引き出すロボットトイ「toio」を活用し、プログラミングで動かしながら、家族や友だちと一緒に遊べるオリジナルのゲームづくりにチャレンジしていただきます。約2週間、全2回のオンラインワークショップ(各回120分)で構成されています。 [日時] Aグループ:第1回2021年2月23日(火・祝)10:00-12:00、第2回2021年3月6日(土)10:00-12:00 Bグループ:第1回2021年2月23日(火・祝)14:00-16:00、第2回2021年3月6日(土)14:00-16:00 [対象] 小学3年生から6年生までの児童と保護者、(各回定員:10組20名×2枠、合計20組40名) 2. KOOV Challenge mini こぶたぬきつねコンサート 『こぶたぬきつねこ』のメロディをもっと楽しくできる自分だけの「ふしぎな楽器」をロボット・プログラミング学習キット「KOOV」のブロックと身の回りにあるものでつくるワークショップです。 [日時] ① 2021年3月6日(土)10:30-12:30 ② 2021年3月6日(土)14:30-16:30 [対象] 5歳から10歳くらいまでの児童と保護者。(各回定員:10組20名×2枠、合計20組40名) 3. creaBものがたりづくりワークショップ~みんなで作った物語が『こぶたぬきつねこ』のミュージックビデオになる~ 参加者同士で対話をしながら『こぶたぬきつねこ』の新しい物語を作ります。完成した物語は後日アニメーション化され、吉岡聖恵さんの歌うミュージックビデオとなって、YouTubeチャンネル「吉岡聖恵の毎⽇がどうよう⽇〜家族で歌おう!〜」にて公開される予定です。 [日時] ① 2021年2月13日(土)14:00-17:00 ② 2021年2月14日(日)9:00-12:00 ③ 2021年2月14日(日)14:00-17:00 [対象] 小学1年生から3年生までの児童とその保護者。(各回定員:4組×3枠、合計12組24名) 4. 「PlayAnything新音楽体験ワークショップ」~キミのまわりにある『こぶたぬきつねこ』のメロディを探してみよう! PlayAnything(プレイエニシング)は、身の回りのモノを並べてスマートフォンで撮影するだけで、誰でも簡単に音を奏でることができる新しいアプリ(プロトタイプ)です。今回のワークショップでは、プロのミュージシャンと一緒に、PlayAnythingを使って、 生活の中にあるモノの「音」を探しながら「こぶたぬきつねこ」のメロディづくりに挑戦。新感覚の「音」を楽しむエンタテインメントを体験しましょう! [日時] ① 2021年3月13日(土)14:00-16:00 ② 2021年3月14日(日)13:00-15:00 [対象] 小学1年生から4年生までの児童と保護者。(各回定員:6組12名×2枠、合計12組24名) なお、ワークショップ応募についての詳細は、エンタメのブカツ2021公式サイト( https://www.sony.co.jp/entamenobukatsu/ )をご覧ください。 -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
ソニーの新たな空間オーディオ技術「360 Reality Audio」が今秋より開始。新しい音楽の表現方法とは…?
0

ソニーの新たな空間オーディオ技術「360 Reality Audio」が今秋より開始。新しい音楽の表現方法とは…?

ソニーは、新しい音場実現技術「360 Reality Audio」の提供を2019年秋より開始します。欧米などから、Amazon Music HD、Deezer、nugs.net、TIDAL、の4ストリーミングサービスを始め、約1000曲がこの新しいフォーマットで順次配信されます。 2019年1月の「CES2019」で発表された「360 Reality Audio」。没入感のある立体的な音場を実現する音楽体験です。コンテンツの制作時に、ソニーが開発する制作ソフトを用いることで、アーティストやクリエイターの音楽性や創造性に従った音響をデザインすることが可能です。楽器の音源に位置情報をつけて球場の空間に配置するという形で実現できます。こちらの記事が参考になるかと思います。 Rock oN Companyサイト: https://www.miroc.co.jp/report/aes-2019-day1-sony/ ◆ ソニーの新音楽サービスとしての使い方は...? 「360 Reality Audio」が利用可能なストリーミングサービスのアプリをインストールしたスマートフォン(Android / iOS)があれば、どのヘッドホンでも視聴することが可能です。しかし、ソニーが推奨するヘッドホンとアプリ「Sony | Headphones Connect」を使用することで、ユーザー一人一人に最適化された音場を実現することができるため、よりその効果を高めることができます。スマートフォンで撮影した耳の画像から、聴感特性を解析するという仕組みだそうです。 Sony | Headphones Connectサイト: https://www.sony.jp/headphone/special/hpc/ また、Amazonの新作スマートスピーカー、「Echo Studio」を用いることでAmazon Music HDから再生可能、立体的な音響をより楽しむことができるといいます。「Echo Studio」は12月5日出荷開始予定です。「Echo Studio」だけでなく、「Amazon Alexa」など、他の機器でも使用できるよう、検討を進めているということです。 参照: https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201901/19-002/ https://creatorzine.jp/news/detail/369 https://www.sony.com/electronics/360-reality-audio https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1160897.html https://getnews.jp/archives/2241744 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1209307.html