Korea

BTS(防弾少年団)の新曲「Blask Swan」。アーティストの内面と向き合う孤独な心象風景を語るか…
0

BTS(防弾少年団)の新曲「Blask Swan」。アーティストの内面と向き合う孤独な心象風景を語るか…

◆BTS(防弾少年団)の新曲「Blask Swan」。アーティストの内面と向き合う孤独な心象風景を語るか... アーティストは孤独なもの。深淵を覗く時、深淵もこちらを覗いている。 これはドイツの哲学者であるフリードリヒ・ニーチェ(1884~1900年)が、著作「善悪の彼岸」で語った言葉で、ミイラ取りがミイラになってしまうという皮肉にも究極的な状況を表した言葉だが、BTS(防弾少年団)にとっても似たような状況が訪れているのかも知れない。 上記のニーチェの言葉は、異常者の心理状況を理解するには、自らも異常者と近い心理状況になる必要がある、ということを示唆したもののため、流石に全てが一緒であるとは言えないが、BTSの2019年はまさにエンタメ業界、音楽業界を見つめ続けた1年間だったと言えるだろう。いわばパフォーマンスという領域を尋常ではない程、見つめ向き合い考える期間だったと言い換えられるだろう。 彼らの中には、音楽というパフォーマンスや作品をより昇華させることと向き合えば向き合う程、限界が近づいている、という一種のトップしか味わえない「怖さ」があるのかも知れない。それを本作の「Black Swan」で表現しているのではないだろうか。 ◆MN Dance Companyが表現するMVクリップとは... 今回のニューシングルで重要なカギとなっているのは、MN Dance Companyだろう。彼らは2008年に設立したスロベニアの現代舞踊ダンスチームだ。 ユニークで新しい表現をダンスを中心としたコミュニケーションを通じて、世の中に価値を提供していこうとしているパフォーマンス集団と言い換えても良いかも知れない。そんな彼らが、本作「Black Swan」ではBTS(防弾少年団)とタッグを組み、Music Videoをリリースしている。 動画内では、ショッピングセンターのような巨大な廃屋内で、斬新かつ妖艶といったダンスを表現するMN Dance Companyのメンバーが登場する全編約5分30秒の作品に仕上がっている。楽曲自体は、哀愁漂う雰囲気で、一言で言うと「悲しげ」な雰囲気である。I NEED UやDNAなどのヒット作のように、ボーイズダンスグループに特有の明るさや明朗な要素とは無縁な雰囲気であることが逆に好奇心をそそられる。BTSチーム内でしか共有されていないような、世界に発進したい何かしらのメッセージが表現されているだろう。 ◆2020年初めから新情報が順次公開か... 本作のBlack Swanが2020年初めからリリースされることになったが、まだまだ公開されている情報は少なくこれからオープンとなる情報が出てくることが期待される。また、彼らの公式YouTubeアカウントでは以下の各種メディア情報が掲載されているので、今後要チェックだ。 また、当メディアでも順次情報をお伝えしていくので、気になる方は会員登録を。 Connect with BTS:  http://www.ibighit.com  http://twitter.com/BTS_bighit  http://twitter.com/BTS_twt  https://www.facebook.com/ibighit  http://www.facebook.com/bangtan.official  http://instagram.com/BTS.bighitofficial  http://weibo.com/BTSbighit --- 運営:Evening Music Records株式会社