BTS(防弾少年団)の新曲「Blask Swan」。アーティストの内面と向き合う孤独な心象風景を語るか…

アーティストは孤独なもの。深淵を覗く時、深淵もこちらを覗いている。

これはドイツの哲学者であるフリードリヒ・ニーチェ(1884~1900年)が、著作「善悪の彼岸」で語った言葉で、ミイラ取りがミイラになってしまうという皮肉にも究極的な状況を表した言葉だが、BTS(防弾少年団)にとっても似たような状況が訪れているのかも知れない。

上記のニーチェの言葉は、異常者の心理状況を理解するには、自らも異常者と近い心理状況になる必要がある、ということを示唆したもののため、流石に全てが一緒であるとは言えないが、BTSの2019年はまさにエンタメ業界、音楽業界を見つめ続けた1年間だったと言えるだろう。いわばパフォーマンスという領域を尋常ではない程、見つめ向き合い考える期間だったと言い換えられるだろう。

彼らの中には、音楽というパフォーマンスや作品をより昇華させることと向き合えば向き合う程、限界が近づいている、という一種のトップしか味わえない「怖さ」があるのかも知れない。それを本作の「Black Swan」で表現しているのではないだろうか。

◆MN Dance Companyが表現するMVクリップとは…

今回のニューシングルで重要なカギとなっているのは、MN Dance Companyだろう。彼らは2008年に設立したスロベニアの現代舞踊ダンスチームだ。

Premium Membership Registration

こちらは会員限定記事です。 プラチナ会員, ゴールド会員 and ブロンズ会員 のメンバーになると続きをお読みいただけます。

EVENING無料会員になると会員限定記事の閲覧や、閲覧ポイントに応じた優待特典が手に入ります。
無料会員登録はこちらから。プレミアム会員登録は月額 980円から。( 会員登録サイト

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO 兼 音楽制作部門
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

音楽とテクノロジーで新しいビジネスを展開しています。
お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: yuki-matoba@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments

   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (2 投票, 平均: 8.00 / 10)

EVENING 会員