AI(人工知能)

新型コロナウイルスで存続困難にならないために、元ZOZO 前澤友作が考える飲食店が今できることとは…
0

新型コロナウイルスで存続困難にならないために、元ZOZO 前澤友作が考える飲食店が今できることとは…

世界的に猛威を奮う新型コロナウイルス。 アメリカでは2020年4月19日時点で死亡者数が20,000名を超えており、イタリアなどの他のヨーロッパ諸国を含め、世界的に猛威を奮っている。日本においてもその影響は計り知れず、緊急事態宣言が発表され、各都道府県において外出自粛要請や店舗においては営業自粛の要請が発表されている。 その様な状況の中、ビジネス的に死活問題レベルの影響を受けているのが、飲食店だろう。最近ではテイクアウト市場の広がりを背景に、いわゆる3密の状態を回避した形態での料理の提供を実現することが可能となってきてはいるが、やはり売上の多くは実際の店舗における飲食物の提供から構成される店舗が多いのも事実だ。 この様な場合、特に、テイクアウトなどの提供形態を過去取ってこなかった飲食店舗においては、新型コロナウイルスの影響を直に受けてしまい、キャッシュに余裕のない店舗の場合は約1〜2ヶ月の営業自粛の期間に、固定費部分の支払いが滞らなくなってしまい営業停止に追い込まれるケースが散見されている。 もちろん国としても、各種融資制度を特別枠として提供するなど対策を講じているが、全ての飲食店舗をカバーするには難しい面もあるのも事実だ。 では、この様な場合において、飲食店オーナーが今取るべき行動は何だろうか? ▼ 元ZOZO 前澤友作のアイデアとは... 元ZOZOの代表取締役で、今でも世界的な影響力の強い前澤友作 氏がふっとTwitterで呟いたのが、以下のツイートだ。 新型コロナウイルスが世界的に流行する中において、今飲食店経営者が取るべき行動について語られており、"なるほど"と思わせられる様なコメントや、自らの店舗の状況を赤裸々に呟くツイートが見られ、話題を読んでいる。 https://twitter.com/yousuck2020/status/1251703852560089090 ▼ 新型コロナウイルスをビジネス的な転換点と捉える 恐らく多くの飲食店オーナーにとっては、新型コロナウイルスはビジネス的に考えるとリスクの要素でしかないだろうが、そこは元ZOZOの代表取締役だ。ビジネス的な転換点と捉えるというのだ。 具体的には、この状況下において借りることができる資金を限りなく準備した上で、飲食店のビジネス以外にも新たに勝機となるビジネスを立ち上げるべきというのだ。これには一理あるとも言える。また、既存の飲食店ビジネスも、新規ビジネスも先行かない場合には、新型コロナウイルスの影響により借入資金の返却が最悪できない場合もあるが、これは仕方ないと持論を展開している。 コメント欄には「コロナのせいだから、借りた金返さないの?www 斬新だわあ〜www」と言ったコメントも見られた。新型コロナウイルスは、今ば天変地異的などうしようもない要因に該当するレベルなので、嘆くことよりもまずはチャンスとなる機会を手繰り寄せるための準備を、柔軟な発想で探し続ける姿勢が必要ということだろうか。 -- 運営:Evening Music Records株式会社
ソニーの新たな空間オーディオ技術「360 Reality Audio」が今秋より開始。新しい音楽の表現方法とは…?
0

ソニーの新たな空間オーディオ技術「360 Reality Audio」が今秋より開始。新しい音楽の表現方法とは…?

ソニーは、新しい音場実現技術「360 Reality Audio」の提供を2019年秋より開始します。欧米などから、Amazon Music HD、Deezer、nugs.net、TIDAL、の4ストリーミングサービスを始め、約1000曲がこの新しいフォーマットで順次配信されます。 2019年1月の「CES2019」で発表された「360 Reality Audio」。没入感のある立体的な音場を実現する音楽体験です。コンテンツの制作時に、ソニーが開発する制作ソフトを用いることで、アーティストやクリエイターの音楽性や創造性に従った音響をデザインすることが可能です。楽器の音源に位置情報をつけて球場の空間に配置するという形で実現できます。こちらの記事が参考になるかと思います。 Rock oN Companyサイト: https://www.miroc.co.jp/report/aes-2019-day1-sony/ ◆ ソニーの新音楽サービスとしての使い方は...? 「360 Reality Audio」が利用可能なストリーミングサービスのアプリをインストールしたスマートフォン(Android / iOS)があれば、どのヘッドホンでも視聴することが可能です。しかし、ソニーが推奨するヘッドホンとアプリ「Sony | Headphones Connect」を使用することで、ユーザー一人一人に最適化された音場を実現することができるため、よりその効果を高めることができます。スマートフォンで撮影した耳の画像から、聴感特性を解析するという仕組みだそうです。 Sony | Headphones Connectサイト: https://www.sony.jp/headphone/special/hpc/ また、Amazonの新作スマートスピーカー、「Echo Studio」を用いることでAmazon Music HDから再生可能、立体的な音響をより楽しむことができるといいます。「Echo Studio」は12月5日出荷開始予定です。「Echo Studio」だけでなく、「Amazon Alexa」など、他の機器でも使用できるよう、検討を進めているということです。 参照: https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201901/19-002/ https://creatorzine.jp/news/detail/369 https://www.sony.com/electronics/360-reality-audio https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1160897.html https://getnews.jp/archives/2241744 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1209307.html