ELLEGARDEN

ELLEGARDENのサプライズYouTube配信はなんとアコースティックライブ!さらには活動再開ツアーの一部ライブ映像を公開、ファンは歓喜の渦。
0

ELLEGARDENのサプライズYouTube配信はなんとアコースティックライブ!さらには活動再開ツアーの一部ライブ映像を公開、ファンは歓喜の渦。

一昨年、実に10年ぶりの活動再開を果たしたロックバンド ELLEGARDEN(エルレガーデン)。 活動再開を発表した時は大変な盛り上がりで、まさに日本の音楽シーンが湧いたサプライズニュースをもたらしてくれた当事者である。今の音楽シーンで前線を張っているアーティストたちの多くは、ELLEGARDEN(エルレガーデン)の音楽に影響を受けている。 ELLEGARDEN(エルレガーデン)とは、まさに日本の音楽史に名を残す伝説的バンドなのである。そして、彼らは活動再開を果たしてから、ライブも行ってはいるもののいかんせん需要と供給が見合っていない状況である。 活動再開を記念して開催したツアーはチケットの倍率が高く、公演数も大変少なかった。ELLEGARDEN(エルレガーデン)のライブを見たくても、実際に見ることができたのはほんの一部であったのだ。 そういうわけで、ELLEGARDEN(エルレガーデン)を取り巻く熱は活動再開から2年が経った今でも全く冷めていない。 先日も彼らはサプライズ企画を催してくれた。今トレンドであるYouTubeを利用した生配信イベントで、彼らはあらかじめ開催時間だけを公開し、時間になればなんとアコースティックライブを配信するというサプライズであった。 さらには、それに加えてもう1つサプライズがあった。 ◆ 活動再開ツアーの千葉公演、あの名曲が再び映像になって帰ってきた... ELLEGARDEN(エルレガーデン)のアコースティックライブとはまさに、大変貴重なものであり感動的なものであった。演奏をする場所はライブハウスのような音楽施設ではなく、森林の中をイメージして、中央には焚き火がなされているような神秘的な空間をイメージしたものであった。 彼らの生配信を視聴していた人々は実に15万人程いたと思われる、累計で見ればもっと多くの人がいたかもしれない。前日までにはフジロックの生配信もなされていたが、それに並ぶほどの視聴者数であった。 さらに、ELLEGARDEN(エルレガーデン)はライブ配信終了後、とあるサプライズをさらにしてくれた。2018年の活動再開ツアーのファイナル、ZOZOマリンスタジアム公演の一部である。公開した楽曲は「Make a Wish」。 ELLEGARDEN(エルレガーデン)を代表する1曲であり、その映像もまた大変感動的なものである。 筆者個人としても、2年前、あの場に居たかったと思わせられるような素晴らしい映像である。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
ELLEGARDEN 8/28(金)YouTube生配信のイベントを開催。内容は当日までのお楽しみか…?
0

ELLEGARDEN 8/28(金)YouTube生配信のイベントを開催。内容は当日までのお楽しみか…?

日本のロックバンドであるELLEGARDEN(エルレガーデン)、彼らがとあるサプライズ企画を催すようである。 8/28、ELLEGARDENはYouTubeにてオンライン生配信企画を行うことをすでに発表しているが、その内容がいかなるものかは発表されていない。当日になってからのお楽しみということであるようだ。 新型コロナウイルスの影響を受けて発展したオンライン配信による企画を行うというムーブメント、ELLEGARDENもまた、そのウェーブに乗って前衛的な試みに挑戦する。 彼らはサプライズ性に満ちたロックバンドである。10年ぶりに活動再開を発表した2年前も、まさにサプライズによる発表であった。 ELLEGARDENというバンドは、常にファンの想像を超えてくる。今回はどんな形で、ファンをワクワクさせてくれるのだろうか。 ▼ 天文学的な数値の倍率であった彼らの前ツアー。オンラインだからこそ供給しきれる彼らの需要。 思えば、2018年のELLEGARDENの活動再開ツアーはものすごいものであった。 何よりも、チケットの倍率が高い。10年ぶりにライブをするという話題性もさながら、世代をまたいで聴かれているロックバンドであるだけにファンの数も計り知れない。 ましてや、当時のツアーでは全国で3公演しか行っていなかった。 それはまさに、溢れるような需要に対して供給が全く追いついていない状況であった。2年前、ELLEGARDENの復活を目にしたいと思ったほとんどの人は、その思いを実現することができなかった。 当日の会場周辺では音漏れを目当てに集まる人が大勢いたのもまた、大変印象的である。 しかし今回のオンライン配信においては、いわゆる会場のキャパというものがない。これはかなり大きい意味を持つのではないだろうか。 激しい倍率の中で勝ち抜かなければならないという、険しい道のりは存在しない。  全ての需要を満たすことができるオンライン配信という手段、今回のELLEGARDENのそれもまた、大きな注目を寄せるだろう。 ※ 公式Instagram: https://www.instagram.com/ellegarden_official/ -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
活動再開からはや2年「ELLEGARDEN」あまりの人気ぶりに毎回のライブのチケットはプレミア状態。今後もそれは続く?
0

活動再開からはや2年「ELLEGARDEN」あまりの人気ぶりに毎回のライブのチケットはプレミア状態。今後もそれは続く?

言わずと知れたロックバンド・ELLEGARDEN 10年の活動休止期間を経て、2018年・5月10日、彼らは活動再開を発表した。当時は、人気絶頂の中で活動休止を発表したことから、多くのファンから惜しむ声を受けていただけに、2年前の電撃発表はかなり驚くべきものであった。 筆者自身も相当驚いたのを覚えている。 活動再開とともに、彼らはツアーを行った。だが、公演数が少ないこともさることながら、何万人もを動員できるキャパの会場での開催は最終公演の千葉・ZOZOマリンスタジアム公演のみ。他は3000人以下ほどのキャパでの開催であった。 そのためにチケットの獲得は激戦状態。抽選倍率は相当に高く、ライブに行きたくても行けない人の方が圧倒的に多かったことであろう。筆者も全公演に応募したものの、残念ながら全て落選、とても悔しい思いをした。 チケットはプレミアになったことから、高額転売も問題になった。チケットだけでなく、グッズも転売が問題となり、ある種ELLEGARDENの人気が実証された事実でもあった。 ▼ 活動再開後もライブ本数は少なく、今後のツアー開催も期待される。 2年前の活動再開後のツアー「THE BOYS BACK IN TOWN TOUR」は先述したように、公演本数がとても少なかった。場所は東京・仙台の2ヶ所のみであり、ライブ当日は会場の外で音漏れを聴きにくる人がとても多かったのが印象的であった。 ZOZOマリンスタジアム公演など、実に10000人ほどの音漏れ待機者がいたという。 そんな話はまるで聴いたことがないし、とても驚くべきことだ。 いわば、需要と供給が見合っていないような状態である。たとえELLEGARDENが何回もライブをやったって、ライブを見たい人全員にチケットが行き渡ることは保障されない。そのような状況である。 だが間違いなく、多くの人はELLEGARDENのツアーを望んでいる。それも、全国においてである。 現在こそ、まだしばらくは新型コロナウイルスの影響があってライブはできない状況にあるものの、事態が収束してからはきっと彼らはまたライブ活動に専念する。 その時を、今は楽しみに待つのみである。 -- 運営:Evening Music Records株式会社