鈴木真海子

chelmicoでも活動する鈴木真海子、ソロワンマンライブのレポートが到着!
0

chelmicoでも活動する鈴木真海子、ソロワンマンライブのレポートが到着!

 | , ,  | 
今夏も様々なフェスに登場し、ラップユニットとしての存在を確かなものにしているchelmico。そのMCであるMamikoこと鈴木真海子が、ソロでのワンマンライブを9月14日、EX THEATER ROPPONGIにて行った。 ソロとして昨年はソロアルバム「ms」をリリースし、恵比寿ガーデンホールやBillboard Liveでのソロライブを成功させ、今年はchelmicoとしてもアルバム「gokigen」のリリースやツアーを行うなど、精力的な活動を展開する鈴木真海子。その期待の高まりを表すように、また今年初のソロライブということもあり、この日のチケットはソールドアウト。EX THEATERにはグッズを身に着けたファンから、平日ということもあってか会社帰りと思しきオーディエンスまで、幅の広いリスナーが集い、その開演を待つ。 バンドセットに加えて、ソファや観葉植物、ランタン、絵画などが置かれ、自室をイメージしたような装飾が設えられたこの日のステージ。その舞台が暗転すると、鈴木がバンドメンバーとともにステージに登場し、ライブは2017年リリースの初ソロ「Deep green」収録の「Blue」からスタート。そして「ms」収録の「judenchu」へと展開し、日々の緊張を解すような、メロウで緩やかな空気が会場を包み、着座したオーディエンスも自然と体が揺れ始める。 「こんばんは、鈴木真海子です。気を張らずに見てくれればなって思います」という言葉どおり、この日の鈴木はゆったりとした衣装に身をまとい、メンバーも部屋着的なスウェットでコーディネート。「今日は家の中っていう設定なので、スウェットにしてみました。あと、このスウェットは受注生産でみなさんも買えるので、チェックしてみてください。できれば上下で揃えて欲しいな〜」とちゃっかり宣伝することも忘れない。

「渋谷系」楽曲のカバーも...

そしてこの日のバンドメンバー(Bs:井上真也/Ky:沼澤成毅、ESME MORI/Gt:近藤邦彦/Perc.松下源(思い出野郎Aチーム)/Dr:ryo takahashi)の紹介をはさみ、ダンサブルなシャッフルビートが印象的な「19」、鈴木がスキャット的な言葉を載せていく「空耳」、原曲よりもソリッドなビートアプローチにリアレンジされ、鈴木も原曲よりも力強く歌う「Lazy river」と、ライヴならではの展開でオーディエンスを惹きつけていく。そのまま9月9日に配信リリースとなった新曲「Come and Go」から、ディスコティックなビートに鈴木のグルーヴィーなラップが映える「mani」へ展開し、ライブは一旦休憩へ。 インターミッションをはさみ、再びステージの明かりが落ちると、バンドの演奏に合わせて、スウェットにスリッパという部屋着姿の鈴木がステージに登場。そしてライブの後半戦はサニーデイ・サービス「青春狂走曲」のカバーからスタート。フィッシュマンズ「いかれたBaby」のカバーに続く、いわゆる「渋谷系」楽曲のカバーには、会場から驚きを含めたような大きな拍手があがった。 同じように大きな拍手に包まれたのは、ゲストとして呼び込まれた工藤祐次郎との「よるのとしょかん」、そしてyonawoから荒谷翔大とギターの斉藤雄哉、そしてラッパーのSkaaiを迎えた「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」の披露だった。まずテレビ東京「シナぷしゅ」の9月の歌として制作された「よるのとしょかん」では、「私の大好きな工藤祐次郎さんです!」と鈴木が呼び込めば、工藤は「レコーディングのとき、鼻炎だっていうからティッシュを渡したら、そのまま目の前でおもいっきり鼻をかんだ鈴木真海子です!」と話し、会場からは思わず笑いが起きる。楽曲自体も、アコギを基調にしたサウンドと牧歌的でメルヘンチックな歌詞、そして鈴木と工藤のユニゾンが印象的な、穏やかな空気を纏った一曲となっていた。一方、「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」は現行のシティミュージックを体現するようなビート感と、ラップとヴォーカルがシームレスに繋がったスタイル、そしてyonawoとSkaai、そして鈴木のマイクリレーが印象的な一曲。その対照的とも言える二曲を連続して披露し、それを分裂させない鈴木のスキルと声の魅力には驚かされる。 MCでは「今年の『キングオブコント』、どうなると思います?今年も激熱だよ!」と完全に趣味の話をし始める鈴木。そしてその話題とは全く関係なくSly & The Family Stoneの「Family Affair」のカバーから、ファンキーかつディスコティックなアレンジが施された「どっかの土曜日」に展開。そのどちらも鈴木の伸びやかな歌声が楽曲を纏めていく。

鈴木真海子の表現力の豊かさとアプローチの多彩さも...

今年12月から来年1月にかけて開催されるchelmicoの対バンツアー「chelmico 対バンツアー 2022-2023 (仮)」の話題に続き、Rachelとともに制作された「Lily feat.Rachel」、そしてRachelに向けて作られた「R」と、chelmicoの絆を感じさせる楽曲を披露。そしてプログレッシブなサウンドと、憂いとタフネスの両面を感じる鈴木の歌声に彩られた「untitled」とライブは進んでいき、ラストはリズムマシンのスイッチを自ら入れ、そのビートとパーカッション、そしてキーボードというシンプルなサウンドの上で緩やかに歌う「山芍薬」でライブは幕を閉じる。 そしてアンコールを促す拍手に導かれて登場した鈴木。「アンコールありがとうございます。……まあアンコールありきで(セットリストを)組んでるんですが」という身も蓋もない、しかし自然体のMCから「じゃむ (feat. iri)」。そして「次でホントにラストです。みんな本当にありがとうね。なんか早かったですね。じゃあ皆さんお気をつけてお帰りください」という惜別の言葉から「Contact TOSHIKI HAYASHI(%C) remix」でアンコールを締め、鈴木とバンドメンバー、そしてこの日のゲストがステージに並び、惜別するように会場に手を振りながら、ステージをあとにした。 原曲をこの日のライブに向けてリアレンジしたバンドの力量と、その再構築されたサウンドを丁寧に吸収し、新しい楽曲の魅力を歌い手としてもしっかりと表現した鈴木という、コラボレーションの妙も感じられたこの日のライブ。鈴木真海子というアーティストの表現力の豊かさとアプローチの多彩さ、そして根本的なヴォーカリストとしての稀有な魅力をしっかりと表すライブは、こうして幕を閉じた。 文:高木"JET"晋一郎 撮影:Ray Otabe
-- 運営:Evening Music Records Inc.
鈴木真海子、アンコール公演が大盛況のうちに終了!シークレットゲストでSTUTS&SIKK-O,Rachel登場
0

鈴木真海子、アンコール公演が大盛況のうちに終了!シークレットゲストでSTUTS&SIKK-O,Rachel登場

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

鈴木真海子、アンコール公演が大盛況のうちに終了!シークレットゲストでSTUTS&SIKK-O,Rachel登場

 

8月18日に初のソロアルバム『ms』をリリースした、chelmicoのMamikoこと鈴木真海子。9月に行われ、全4公演がすべて即ソールドアウトとなった、東京と大阪のビルボートライブで行われた初ワンマンライブ『鈴木真海子 Billboard Live Tour 2021』のアンコール公演となる『鈴木真海子ワンマンライブ-ENCORE-』が12月21日、恵比寿ガーデンホールにて行われた。

 

開始時間に満席となった会場の灯りがすべて落ちると、ステージ上に置かれたランタンだけが光り、ほの明るい幻想的な雰囲気が会場を包む。そしてその灯りと客席からの拍手に導かれるように、この日のバックを務めるバンドメンバーと、真海子が登場。ビルボードでは白いシャツに黒のベストという出で立ちだった真海子だが、この日は背中が大きく開いた黒いドレス姿で登場。つなぎなどのカジュアルな衣装が多いchelmicoとは大きく異なった、大人っぽいエレガントな姿に、会場からはどよめきと、特に女性から「綺麗……」という、思わず口に出てしまったような小さな声が上がっていたのが印象的だった。

 

この日のライブは、アルバム「ms」のオープニングを飾る「Lazy river」、そして「judenchu」からスタート。アルバムの曲順通りの展開からは、真海子のアルバムに対する自信も感じさせられた。

 

観客が着座でのライブ、そして本人のドレッシーな装いもあってか「発表会感があるね」とコメントする真海子。舞台上に敷かれた絨毯や、テーブルと本、そして自宅から持ってきたという花瓶と一輪挿しなど、ステージの随所には真海子の日常が垣間見えるようなセットが置かれ、気取りすぎないアットホームな雰囲気も、彼女の持つ穏やかな人間性が現れているようだった。

 

続いて披露された2017年リリースの初ソロ作『Deep green』収録の「Blue」は、青を基調にしたシックな照明の中、「金木犀」はオレンジとグリーンの明かりに照らされてライブを展開する真海子。この日は照明にも非常にこだわりを感じさせられ...

 

 

鈴木真海子、1stアルバム『ms』より、「Lazy river」の先行配信スタート。MVも公開!
0

鈴木真海子、1stアルバム『ms』より、「Lazy river」の先行配信スタート。MVも公開!

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

鈴木真海子、1stアルバム『ms』より、「Lazy river」の先行配信スタート。MVも公開!

 

chelmicoとして2014年に活動スタートした後、2017年にEP「Deep green」をリリース、STUTS、TOSHIKI HAYASHI(%C)などの作品にもゲストボーカルで参加するなど、ソロのアーティストとしても活動している鈴木真海子が、2021年8月18日に初のフルアルバム『ms』(エムエス)のリリースを発表した。第一弾の先行配信シングルとしてシンガーソングライターiriをゲストボーカルに迎えた「じゃむ (feat. iri)」リリースし、ストリーミングチャートを賑わすなどアルバムに先駆け早くも話題作になっている。

 

さらに、第二弾デジタルシングルとして、本日より「Lazy river」の配信もスタートし、ミュージックビデオも公開に。今作は真海子が学生時代から大ファンと公言しているイラストレーター『error403』との初コラボに。ミュージックビデオのために描き下ろされた、全編アニメーションのミュージックビデオが完成した。歌詞とシンクロし歌い踊る愛らしいキャラクターの物語も曲と合わせてぜひ注目してほしい。 尚、初の単独公演となるビルボードライブは、8月6日(金)より一般発売がスタート。チケットが購入できる最後のチャンスになるので急ぎチェックを。

 

鈴木真海子の1stアルバム『ms』より、「Lazy river」の先行配信決定。
1

鈴木真海子の1stアルバム『ms』より、「Lazy river」の先行配信決定。

 | , , ,  | 
chelmicoとして2014年に活動スタートした後、2017年にEP「Deep green」をリリース、STUTS、TOSHIKI HAYASHI(%C)などの作品にもゲストボーカルで参加するなど、ソロのアーティストとしても活動している鈴木真海子が、2021年8月18日に初のフルアルバム『ms』(エムエス)のリリースを発表。そして、シンガーソングライターiri をゲストボーカルに迎えたデジタルシングル「じゃむ (feat. iri)」の先行配信がスタートし、ストリーミングチャートを賑わすなどアルバムに先駆け早くも話題作になっている。 そんな勢いが止まらない最中、8月6日に「Lazy river」の先行配信も決定した。楽曲プロデュースは前作「じゃむ feat.iri」に引き続きPistachio Studioのryo takahashiが担当。ソロとしては過去にない曲調でありながらも、素の鈴木真海子を余すところなく感じられる作品に仕上がっているので、レコーディング風景を切り取ったティザー映像と合わせて、アルバムより一足早く聴いてもらいたい。 尚、アルバム発売を記念したビルボードライブでの公演は、8月6日(金)の一般発売に先駆け、7月30日(金)12時よりビルボードライブ会員への先行予約が始まるので、ぜひ合わせてチェックをしてみて欲しい。 <デジタルリリース情報> ■ 2021年8月9日先行配信 digital single 鈴木真海子「Lazy river」 ■ 2021年8月18日発売  1st album 「ms」 (エムエス) Apple Music、SpotifyではアルバムのPre-save、Pre-addもスタート、ライブラリに事前に追加すると、アルバム収録曲「mani」を 当アルバムの サウンドプロデューサーryo takahashiとRECの合間にパフォーマンスする秘蔵映像が視聴可能。 https://fpt.fm/app/29540/wmj-presav ▼ CDリリース情報 アルバムは全て新曲の9曲に加え、初回盤のDVDには、前作 『Deep green』 より人気楽曲 「Contact TOSHIKI HAYASHI(%C) remix」や、「Blue」 「金木犀」など新曲も含む7曲のライブ映像を収録、大自然を背景に、6人編成のバンドによりリアレンジされたライブパフォーマンスを収録した豪華盤になっている。 ■ 初回限定盤:CD+DVD WPZL-31888/9 ¥4,180 (税込) ■ 通常盤:CD  WPCL-13302 ¥3,080 (税込) https://mamikosuzuki.lnk.to/ms_al また「ms」先着購入者特典としてオリジナルステッカーをプレゼント! https://wmg.jp/suzukimamiko/news/86446/ ▼ ライブ情報 ラップユニットchelmicoのMamikoとして活動している鈴木真海子のソロプロジェクト。ラップだけに留まらずボーカリストとしても表現の幅を広げる鈴木真海子の世界観に注目したい。8月に1st アルバム「ms」をリリースし、ビルボードライブに初登場。東京・大阪共にフルバンド編成で行われるプレミアムな公演となり、アルバム収録曲中心のパフォーマンスが期待される。4年前のEP「Deep green」発売時にもワンマン公演を行なっておらず、今回が初ワンマンライブの為、話題となること必至である。 ■ 鈴木真海子 Billboard Live Tour 2021 2021.9.23 (木・祝) ビルボードライブ大阪 1stステージ 開場 14:00 開演 15:00 2ndステージ 開場 17:00 開演 18:00(1日2回公演) 2021.9.26 (日) ビルボードライブ東京 1stステージ 開場 14:00 開演 15:00 2ndステージ 開場 17:00 開演 18:00(1日2回公演) 7/30(金)12:00〜ビルボードライブ会員先行、お問い合わせはBillboard Live Official Webまで http://www.billboard-live.com/ ・一般発売:8月6日(金) <鈴木真海子プロフィール> 2014年にchelmicoとして活動スタートした後、2017年にEP「Deep green」を鈴木真海子ソロ作品として発表し、STUTS、TOSHIKI HAYASHI(%C)などの作品にも客演アーティストとして参加している。 2021年夏、初のフルアルバム 「ms」 がリリース決定。 ・Website: https://suzukimamiko.com/ ・Twitter: https://twitter.com/______mmk______ ・Instagram: https://www.instagram.com/______mmk______/ ・YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCTMTusalcEnq9WnuXfWmV7w ・Pistachio Studio: https://pistachiostudio.net ・chelmico: http://chelmico.com/ -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
鈴木真海子の1stアルバム「ms(エムエス)」より先行配信中、「じゃむ(feat. iri)」ミュージックビデオ解禁。
0

鈴木真海子の1stアルバム「ms(エムエス)」より先行配信中、「じゃむ(feat. iri)」ミュージックビデオ解禁。

 | , , ,  | 

 

 

提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

 

鈴木真海子の1stアルバム「ms(エムエス)」より先行配信中、「じゃむ(feat. iri)」ミュージックビデオ解禁。

 

chelmicoとして2014年に活動スタートした後、2017年にEP「Deep green」をリリース、STUTS、TOSHIKI HAYASHI(%C)などの作品にもゲストボーカルで参加するなど、ソロのアーティストとしても活動している鈴木真海子が、2021年8月18日に初のフルアルバム「ms」(エムエス)のリリースを発表。

 

その発売に先駆け、シンガーソングライターiri をゲストボーカルに迎えたデジタルシングル「じゃむ (feat. iri)」の先行配信が本日よりスタート、そのミュージックビデオも解禁に。鈴木真海子の念願が叶ったiriとの楽曲制作ということもあり、リラックスムードが漂う中、共演を楽しむ様子が切り取られた。

 

純粋に今作のコラボレーションを楽しむ飾らない二人の姿を堪能して欲しい。

 

現在、Apple Music、SpotifyではアルバムのPre-save、Pre-addも受付中、ライブラリに事前に追加すると、アルバム収録曲「mani」を当アルバムのサウンドプロデューサーryo takahashiとRECの合間にパフォーマンスする秘蔵映像が視聴可能に。

 

尚、アルバム発売を記念したビルボードライブでの公演も7月11日までオフィシャルHP 抽選先行受付中となっているので、ミュージックビデオと合わせてチェックして欲しい。

 

<鈴木真海子「じゃむ (feat.iri)」YouTube Link> https://youtu.be/Ed-K0pm6DuE

 

鈴木真海子の1stアルバム「ms(エムエス)」発売に先駆け 「じゃむ (feat. iri)」の先行配信が決定。
0

鈴木真海子の1stアルバム「ms(エムエス)」発売に先駆け 「じゃむ (feat. iri)」の先行配信が決定。

 | , , ,  | 
大阪にて9月18日に開催される新しいサーキット型ライブイベント「シンガロンシンガソンOSAKA 2021」の出演アーティスト第二弾が解禁された。今回解禁となったのは、ISATO&Daiki(LOCAL CONNECT)、元「清竜人25」メンバーの可恩擁するDreamy Melts、優利香など8組。当日はライブハウス密集地域であるアメリカ村(大阪市中央区)のライブハウス「心斎橋SUN HALL」「心斎橋ANIMA」の向かい合わせに立地する2会場を用いて、7つのステージに総勢50組(予定)のアーティストが出演する。 また、本日より一般チケットが発売開始された。公式web storeを始め、各アーティストの物販や会場店頭販売で購入することができる。加えて音楽特化モール型ECプラットホーム「HANDRED MUSIC」内特設ページにて、「SSO2021目指せ大成功!応援団大組閣キャンペーン」が始動。アパレルブランド「DEATHBEAR LIVE ON MUZIK」とのコラボ商品や、「タイムテーブル作成」「ブッキング参加権」「ネーミングライツ」といった、通常のフェスでは関わることのできない体験プランが販売されている。期間は7月31日まで。 【開催情報】 [タイトル] 「シンガロンシンガソンOSAKA 2021」 [開催日程] 2021年9月18日(土) [開場/開演/終演] 11:30/11:50/20:00(予定) [会場] 大阪アメリカ村 2会場 7ステージ(往来型フェス) 心斎橋 SUNHALL / 心斎橋 ANIMA [チケット料金] 4,300 円(+1Drink¥600) [企画・制作] シンガロンシンガソンOSAKA 2021 実行委員 [協賛] HANDRED MUSIC / sinProject 【第二弾解禁アーティスト】 ISATO&Daiki(LOCAL CONNECT) / 愁人ワークス / 竹崎彰悟 / 超アイドルちぃちゃ / Dreamy Melts(Acoustic Ver.) / 葉隠お宮 / 優利香 / raccoon(川村シェリー) 【第一弾解禁アーティスト(解禁済)】 相谷レイナ / 愛乃未来 / いぬいともき / 岩坂遼 / enu / 大濱健悟(shannons) / KITANO REM / 桐原ユリ / SiMA / 立川dancingず(穢土川番狂わす) / 永原真夏(バンドセット) / はまざきめぐみ / Bank as PPP / パンのみみ / Hissy / ぼけちゃん(ヒミツノミヤコ) / ぽてさらちゃん。 / 万理音 / 三浦隆一(空想委員会) / みのべありさ / 森本雅哲 / やましたりな / 夕方の豊野 *五十音順 *敬称略 【リンク】 公式サイト http://singalong-singasong.com/ 公式ツイッター https://twitter.com/S_S_O_2021 公式ストア https://s-s-o.stores.jp/ 「SSO2021目指せ大成功!応援団大組閣キャンペーン」特設ページ https://www.handred.co.jp/music/project/5974/ -- メディア運営:Evening Music Records Inc.