CUBΣLIC

CUBΣLIC、4 thワンマン公演で見せた視覚・聴覚・感覚を刺激したサイバーなエモワールドとは…
0

CUBΣLIC、4 thワンマン公演で見せた視覚・聴覚・感覚を刺激したサイバーなエモワールドとは…

 | , ,  | 
CUBΣLICが、一夜限りの "Kawaii future shop" を渋谷WOMBに開店。8月7日(日)に通算4度目となるワンマン公演「CUBΣLIC 4th ONE MAN LIVE『Kawaii フューチャー SHOP』」を開催した。 メンバー自身がプロデュースした商品を多く並べ、店頭に立ち、販売員となってセールス。その後、ライブを行った。本記事ではその内容をお届けしたい。 「いらっしゃいませ!!」、3人の挨拶を合図に楽曲が流れだした。この日のコンセプトも、すべてはこの曲から始まった。跳ねたエレクトロなビートの上で、メンバーたちが笑みを浮かべ、軽やかに歌い踊りだす。背景にはポップでアートなヴァーチャル映像を投影。フロア中から鳴り響くクラップ。ブラス音など吹奏楽の要素も組み入れた耳馴染み良いエレクトロ系オモチャ箱ミュージックの上で、3人はステージの上をパレードするように、無邪気に歌い踊っていた。 続く新曲の『スーパーフルフラット』は、Kawaii Future Bassを軸に据えた、エモくてアゲアゲのポップチューン。3人は身体を大きく揺さぶり、フロア中の人たちを「一緒に騒ごう」とパーティーに誘い出す。躍動する四つ打ちのビートに合わせ、大きく手を打ち鳴らすメンバーたち。一緒にリズム遊びも行いながら、3人が観客たちを誘い込む。初見でもすぐに楽しめる、楽しいパーティーソングの誕生だ。先の2曲とも、ヴァーチャルな映像とダンスがリンクしていた面も冴えた演出だ。3人のキャラクターを反映した、明るくて解放感のあるKawaii Future Bassを魅力に押し出している今のCUBΣLICらしく、気持ちを弾ませるキラキラとした楽曲を中心にライブは進んでゆく。 その魅力を増幅するように、『バトルロワイヤル宣言!』でもメンバーたちは、アッパーなリズムに乗せ、キラキラ輝く世界へ観客たちを呼び入れた。この日は、CLUBが舞台。とても華やかでカラフルな照明や、ステージ上に5つ用意したミラーボールに乱反射した輝き、背景へ大きく映し出したヴァーチャルな影像が、楽曲が持つキラキラさへ鮮やかなドラマを描き加えてゆく。彼女たちのポップなバトル宣言に、気持ちが嬉しく弾みだす。 この会場を夏の海辺へ塗り替えるように、3人は『シーサイドタイムマシン』を歌いながら、甘い夏物語へ観客たちを誘い出した。途中、舞台劇を繰り広げるような3人の早口のやりとりも登場。 メンバーらのため息に合わせ演奏もスローダウンすれば、気持ちが騒ぐのに合わせリズムがアップしてゆくなど、1曲の中でドラマを描き出す展開も嬉しい見どころだ。 ユニゾンした3人の艶(つや)めいた歌声がフロア中へ広がりだす。彼女たちは『UNISON CUBΣ』に乗せ、甘えた素振りも見せながら、少し艶(なまめ)かしく歌いかける。1曲ごとにCUBΣLICは、天気のように移り変わる恋する乙女の心模様を愛らしく歌っていた。感情が高ぶるごとに想いが内へ内へと向いてゆく。そんな女性の胸の内を3曲の流れを通して表現したところも、嬉しい見どころだ。その心の揺れ、指先で触れて確かめたい。

躍動するアッパーなダンスビートが気持ちを騒がせる

可愛くポップな面も魅力だが、激しく攻める表情も、CUBΣLICのライブに熱狂を描くうえで欠かせない。3人が荒ぶる声で『EXMACHINA』を歌い叫ぶのに合わせ、フロアのあちこちで真っ赤なペンライトの光が揺れだした。舞台上に設置したミラーボールの数々に光が乱反射。攻撃的な激しい音とサイバーパンクなアートやヴァーチャル映像をミックスアップ。異次元/異世界でバトルしてゆくサイバーSFアクションのような世界がそこには広がっていた。赤と白の輝きに包まれた空間の中、3人は荒ぶるアンドロイドと化し、絶叫にも似た声を張り上げ荒々しく攻め続けてゆく。 重厚でノイズな音が響き渡る。轟音インダトリアルナンバー『FLYWITHME』でもメンバーたちは、雄々しい姿で観客たちへ挑みかかる。奈落へと導く轟音。ダンスロックな音に乗せて描き出したのは、異境で繰り広げた儀式のような様。メンバーたちの荒ぶる感情とサイバーな映像がシンクロ。終盤には、大きく手を振り上げるメンバーたちに向け、フロア中から熱くクラップが起こる。激しく絶叫し続ける黒いアンドロイドたち。その様へ、心が強烈に惹かれていた。 『TOKYO PLANET ΣARTH』は、CUBΣLICの中へ一番最初に誕生したKawaii Future Bass曲。メンバーらは都会の夜空を駆けめぐるように、華やかなリズムに合わせ、軽快に歌い躍っていた。5つのミラーボールに乱反射する緑の光。彼女たちは都会の夜を軽やかに駆け続ける。その様に合わせ一緒に拳を振り上げ踊り、クラップする観客たち。まるでバービー人形のような3人のチャーミングな動きも可愛らしい。 躍動するアッパーなダンスビートが気持ちを騒がせる。3人は強烈なリズムを突き刺す『GET ON THE BOARD』に乗せ、イケイケな気分で騒ぎ続ける。無邪気なサーファーに心を染め上げた彼女たちは、80'Sフューチャーディスコミュージックに乗せ、熱狂という波の上を心地好くライドしていった。 スタイリッシュでアーバン。でも、Kawaii Future Bassらしさを全開にしたカラフルでポップな『微レ存ガール』の登場だ。3人は、テンポ良くグングンと上昇してゆく明るいリズムの上で、愛らしくパフォーマンス。可愛くアゲアゲにしてゆく最高にポップでチャーミングな楽曲だ。「キミはどっちから?」と胸を騒がせるラブリーな歌詞を3人に投げかけられるたび、ハートが高鳴り続ける。 同じく『晴レトキドキ』も、スタイリッシュでアーバンな魅力も軸に据えた、ポップでチャーミングな楽曲。3人は華やかな楽曲の上で、胸をドキドキしながら歌っていた。メンバーらの振りを真似る人たちもあちこちに登場。3人は舞台の上で右に左へと移動しながら、ファンたちと触れ合い、熱狂の輪を大きくしてゆく。まさに、晴れドキドキな気分だ。 ライブも終盤へ。CUBΣLICの魅力であるレトロフューチュー感や甘い青春模様を満載。気持ちを躍らせる跳ねたディスコビートに乗せ、わちゃわちゃとはしゃぐ『BABY!BABY!』の登場だ。ミラーボールに反射した、彩り鮮やかな輝きがフロア中へ降り注ぐ中、時に艶かしい様も見せ、3人は「BABY!BABY!BABY!」と煽りながら、この空間に一体化した踊りの景色を作りあげていった。彼女たちと一緒にクラップをしながら、楽しくファンタスティックなスペースディスコワールドではしゃぎ続けていたい。 それまでの熱狂を優しく包み込むように音が流れだした。CUBΣLICは最後に『SBFM』を歌唱。弾むビートの上で軽快にスキップを踏みながら、彼女たちは無邪気に戯れていた。途中にはKawaii Future Rapも組み込み、電子の海の中、3人は笑顔ではしゃいでいた。

喜びと幸せを届けてくれたステージ

アンコールで3人は、激しく、雄々しく攻める爆裂妖艶エレクトロロックナンバーの『KING&QUEEN』を通し、「ほら、騒いで!!」と観客たちを煽りだす。ふたたび攻めた表情と艶めいたエモーショナルな姿で、彼女たちは何度も「ほら、騒いで!」と誘っていた。このフロアに音の雷鳴を落とし、理性を壊し、踊り狂わす宴の様を彼女たちは描きだす。そして…。 目映い光のシャワーが降りそそぐ中、CUBΣLICは超アッパーなエレクトロディスコソング『DISCOHOLIC』を通し、フロア中の人たちを踊り子に塗り替えた。背景には、刺激的なヴァーチャル映像も投影。メンバーたちも可愛いディスコクイーンと化し、パーティーを彩っていた。CUBΣLICには、エレクトロなディスコビートナンバーがとても似合う。一緒にファンキーな踊り子になって、キラキラな世界の中、ナイトフィーバーな気分で踊りはしゃぎたい。 「今までの歴史の中、いろんなCUBΣLICの色を,どの瞬間も全力で出してきたから、どの時代のCUBΣLICも最高ですけど。4月から今のCUBΣLICになり、3人でたくさんの涙と笑いをと濃い最高の時間を過ごしてきました。CUBΣLICはもっともっとたくさんの人たちに愛されるグループになっていくので、これからも一緒にいてください」(黒川音) 「前回のワンマンから、CUBΣLICは激動だったじゃないですか。そこから積み重ねた結果が、今の、この最高の景色なんだと思います」(月嶋なる) 「加入したのが4月2日、まだ4ヶ月と数日しか経ってなくて。そんな小熊りんをCUBΣLICのメンバーとして受け入れてくれたみなさん、ありがとうございます。CUBΣLICはすでに完成されたグループ。そこへ加入することが少し恐かったんですけど。みなさんが温かく迎え入れてくれたおかけで、最高に楽しい気持ちでここに立てています。みんなを含めてのCUBΣLICなので、これからもいろんな楽しいことをいっぱいやっていきましょう」(小熊りん) 最後にCUBΣLICが届けたのが、1stシングル曲てあり、CUBΣLICが標榜するKawaii Future Popを一番明瞭な形にした『KISS KISS CUBΣLIC』。彩り鮮やかに明るく広がるデジタル空間の上で、甘く、可愛く、愛らしい姿で歌い踊るメンバーたち。「KISS KISS CUBΣLIC」とせまる3人の甘いアプローチに興奮を覚え、フロア中でも大きく身体を揺らす人たちが続出。フロア中を包み込む大きなクラップ。「KISS KISS そばに来て もっとイメージして」の言葉を胸に抱きしめるたびに、もっともっと彼女たちの近くに寄り添いたくなる。彼女たちの甘い誘いを受け、このままとろけてしまいたい。 やまないアンコールの声を受け、最後の最後にCUBΣLICは『Moon Light Girl』を歌唱。愛らしい笑顔を振りまき、わちゃわちゃとはしゃぎながら、フロアにいる人たちも巻き込み、3人は熱狂の景色を作りあげていった。気持ちが騒ぐのに合わせリズムも緩急巧みに変化。ときめく感情が歌声やパフォーマンスから伝わってきたのも嬉しかった。この日のライブを通してCUBΣLICはいろんな自慢の商品(楽曲)を並べ、興奮や満足というプライスレスな喜びと幸せを届けてくれた。 CUBΣLICは、結成3周年日に当たる11月3日にSHIBUYA DESEO/DESEO mini with VVを舞台に「CUBΣLIC FΣST TOKYO」を。11月20日に大阪は味園ユニバースで「CUBΣLIC FΣST OSAKA」を行うことを発表した。こちらも詳細も、楽しみに待っていてもらいたい。 -- 運営:Evening Music Records Inc.
CUBΣLIC、映画『Eyes Wide Shut』をオマージュした黒服限定ワンマン公演をSpotify O-WESTで開催
0

CUBΣLIC、映画『Eyes Wide Shut』をオマージュした黒服限定ワンマン公演をSpotify O-WESTで開催

 | , , ,  | 
CUBΣLICが、通算3度目の単独公演「CUBΣLIC 3rd ONEMAN LIVE『Eyes Wide Shut』」を、12月23日(木)にSpotify O-WESTで開催した。この日は、「黒服限定GIG」。当日の模様を、ここにお伝えしたい。 開演前のフロアに流れていたのが、映画『Eyes Wide Shut』の音楽。会場の扉を開けたとたん、視界へ飛び込んだのが霧の立ち込めた舞台…。そこは、権力を持つエリート階級の人々による秘密に開催している厳粛なパーティーが、今、まさに繰り広げられようとしていた。そこには、多くの黒い服を身にまとった人たちがいる。暗鬱な色を放つ光を浴び、躍りだす4人。宴は、こんな歌から始まった…。 ダークでヘヴィ/ディスコでエレクトロなダンスミュージックが流れ出す。CUBΣLICは幻想/躍動した二つの表情が交錯する「KING&QUEEN」に乗せ、妖しい声をはべらせ 「ほら、騒いで!!」と、宴に参加した人たちを煽りだした。4人のきわどい誘いに刺激を受け、フロア中から熱い手拍子が沸き起こる。がなる、兎月ねむり。その声に触発され、感情を昂らせる人たちも多く見受けられた。 でも、これはまだ序章の景色。CUBΣLICは、轟音インダストリアル/ラウドシンフォニアなダンスミュージック「EXMACHINA」を突きつけ、フロア中の人たちの理性を一気に壊しだした。赤黒い刺激的な光に包まれた4人は、理性のストッパーを外し、沸き立つ熱を武器に、攻めたパフォーマンスを見せる。間奏でがなり続けた、兎月ねむりのラップが刺激的だ。ラウド/ダーク/スリリングな音へ熱情というエナジーを注ぎ込み、4人は気持ちを、心を燃やしてゆく。 黒い衝動が、闇の濃度を増す。CUBΣLICは破壊力満載のインダストリアル/ラウドな音で感情をバーストさせる、エモくアッパーな「FLYWITHME」を突きつけ、黒い熱狂の渦へ観客たちを巻き込んでいった。どす黒い熱に包まれる会場。4人は、この空間を支配する黒い魔性の妖精となり、闇の宴の中へと引き込み、観客たちを踊り騒がせる。

華やかな楽曲に合わせダンスを披露

黒川音と猫宮ねこが、兎月ねむりと月嶋なるが手を繋ぎ、「UNISON CUBΣ」に乗せ、軽やかに躍りだした。それまでの黒い熱情した空気へスタイリッシュな音の風を注ぎ込み、4人は一体化したダンスパフォーマンスと愛らしい歌声を響かせていた。多面性を持つCUBΣLICらしく、曲の色を塗りかえながら、その空間の色も、香りも、空気も、異なる景色に染め上げてゆく。 「晴レトキドキ」を歌い踊るCUBΣLICは、闇が支配していた世界から黒を取り除き、一気に光射す青空の景色をこの空間へ連れてきた。軽快に弾む晴れたポップダンスチューンに乗せ、4人は笑みを浮かべ歌い躍っていた。4人の心が晴れ渡るのに合わせ、この会場にも晴れた世界が広がる。自分たちの心の色のスイッチを切り替えながら、この世界をCUBΣLICはカラフルに彩りだす。 さぁ、駆け上がるダンスビートの上にボードを乗せ、滑るようにライドしようか。CUBΣLICは「GET ON THE BOARD」を通し、フロア中の人たちをCUBΣLICの大冒険へと連れだした。フロア中から響く熱い手拍子も力に変え、4人は絶妙なバランスを取りながら、音の波の上を躍るように歌い滑っていた。 キラキラした眩しい輝きをフロア中へ降り注ぎながら、CUBΣLICは「微レ存ガール」を届けてくれた。彼女たちは、背伸びしたkawaiiギャルになり、見ている人たちへ甘い視線を向けながら、一緒に飛び跳ね、はしゃごうよと誘いをかけてきた。舞台の上へサークルを描くように歌い跳ね回る姿がチャーミングだ。 この空間を、FEVERしたFUNKYなディスコ空間へ塗り上げようと、4人は軽快にステップを決め「DISCOHOLIC」を歌っていた。彼女たちは、終わりを知らないパーティーへ黒服の観客たちを誘い込む。軽やかにバンプのステップも決めながら歌い躍る4人。その姿に煽られ、フロア中の人たちも身体を横に揺らし、4人が招いた熱狂のディスコパーティーの中、華やかな楽曲に合わせダンスフィーバーしていった。

4人が無邪気に踊り騒ぐ姿も...

舞台の上には、いつもの白い衣装に着替えた4人の姿があった。彼女たちは、アイドルの世界で戦い抜く意志を詰め込んだ、発売したばかりのシングル曲「バトルロワイヤル宣言!」を歌い、この空間にキラキラした眩しい光を降り注ぐ。CUBΣLICの本質となるKawaii Future Bassスタイルを、この曲は示している。4人も華やかな音符が弾む楽曲に乗せ、アイドルらしさを存分に振りまき歌い躍っていた。闇を支配する強気なCUBΣLICも魅力的だが、キラキラした輝きを放つくチャーミングさもCUBΣLICには欠かせない。 司会に谷さんを迎え、次に行なったのが、CUBΣLICの企画ワンマンでよく行なっている「ビッグジェンガ対決」。いつもはチーム戦での対決だが、この日は「バトルロワイヤル宣言!」のリリースも絡め、個人バトルの形を取っていた。黒川音・兎月ねむり・猫宮ねこ・月嶋なるの順番でジェンガは進んでゆく。スリリングな駆け引きが続く中、巨大なジェンガタワーを崩したのが、いつも破壊神として名を知らしめている猫宮ねこ。毎回負けているように、そこは安定の結果だ。 2回目の挑戦でジェンガタワーを崩したのが、月嶋なる。2人は罰ゲームとして苦いドリンクを飲んでいた。罰ゲームの2人は、いつもチーム戦で組んでいる仲間。罰ゲームで飲むせんぶり茶も、今や2人にとってはお馴染みの味だ。 ライブも終盤戦へ。飛びだしたのが、CUBΣLICの1stシングル曲「KISS KISS CUBΣLIC」。4人が愛らしい仕種で「KISS KISS CUBΣLIC」と誘いかける。その姿へ触れた瞬間に、可愛く甘い誘いへみんなが落ちてゆく。眩いチャーミングなポップワールドは、まるでファンタジックな夢にあふれた遊園地のよう。フロア中の人たちも、愛らしい人形になって歌い躍る4人に誘われるまま、一緒にときめきの世界ではしゃいでいた。 続くCUTEでHIPなダンスチューン「シーサイドタイムマシン」でも、4人はKawaii Future Bassな楽曲に乗せ、甘えた仕種ではしゃいでいた。セリフを掛け合うようなラップも印象的だ、一人一人がカラフルな音の結晶となり、シュワシュワッとしたサイダーのようにきらめきながら弾け飛んでゆく。 最後にCUBΣLICが届けたのが、スタイリッシュでチャーミングな「TOKYO PLANET ΣARTH」。カラフルで華やかな音に乗せ、4人は都会の街中をナイトライダーになってランデブー。見ている人たちを夢見るワンダーランドへ連れだしてくれた。4人が無邪気に踊り騒ぐ姿に刺激を受け、フロア中の人たちも飛び跳ねながら、彼女たちと一緒に時空を超え、現実世界を遠くへ見下ろすような気持ちでデートを楽しんでいた。

「KawaiiフューチャーSHOP」を歌い奏でる

アンコールは、黒サンタ衣装でメンバーらが登場。ひと足早いクリスマスプレゼントを届けようと、4人は愛らしい姫ポーズも決めながら、「Moon Light Girl」に飛び乗ってはしゃぎだす。彼女らは甘えた仕種もたっぷりに、観客たちを甘い甘い夜の世界へ誘い出す。その愛らしい誘いに心もメロメロだ。 最後にCUBΣLICは「KawaiiフューチャーSHOP」を歌い奏で、明るく軽やかに弾む楽曲の上で、思いきりいろんなKawaiiの仕種と歌声を振りまいていった。4人とも、ギュッと巻いたときめきの螺子が勢い良く廻るままに歌い躍っていた。4人とも満面の笑顔だ。この空間へ可愛いの刺激をたくさん振りまくように、おとぎの国からマジカルな可愛い魔法をかけながら、見ている人たちをメロメロにしていった。キラキラ弾け飛ぶ楽曲に乗せ、いつの間にかこの場を、眩しい光降り注ぐ宴に変えていた。 最後に、メンバーの言葉をお伝えしよう。 「今もまだ夢の中ですけど。これからもCUBΣLICを知ってもらいたいので広報活動をがんばります」(黒川音) 「O-WESTに立てる人生であって良かったと思いました」(兎月ねむり) 「こんなに来てくれたんだというのが本当に嬉しくて。今年はいろいろあって、それを乗り越えてみんなで一緒にライブができて嬉しかったです」(月嶋なる) 「わたし、スタンリー・キューブリックの映画の中で『Eyes Wide Shut』が一番好きだから、今日は、みんなと一緒に世界観を共有できて楽しかったです。これからも変わり続けながら、変わらないものを持って4人で進み続けます」(猫宮ねこ) 撮影:佐野和樹 文:長澤智典 -- メディア運営:Evening Music Records Inc.