Quote source:https://o-dan.net/

日本人アーティストが海外で活躍する方法は?音楽PRや広告戦略とは

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

  

コメントを投稿する

本記事の感想やコメントはこちら

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

本記事の要約:

日本の音楽市場は世界で2位の規模だが、成長率は中国や韓国に比べて低い。日本人アーティストは国内での成功に重点を置く傾向があるため、国際的な活躍は限られている。海外での活躍を目指すには、まず海外の音楽市場に足を踏み入れ、言語や文化を超えて伝わる力を身につけることが重要だ。海外アーティストとのコラボレーションやオンラインセッション、インスタライブなどを活用することが有効であり、歌詞に母語と外国語を混ぜるなどの手法も有効だ。海外でのPV撮影なども、国際的な露出を増やすための手段となる。これらの施策は、日本の音楽市場の成長とアーティストの国際的な成功に繋がると考えられる。

公開日:2023年12月14日

 

グローバル化が進む今、音楽市場も多岐にわたって進化している。

 

日本の音楽市場の成長率は、中国や韓国に比べ低い。その理由の1つに、日本は国内人口がそれなりに多く経済力もある国のため、日本人アーティストは国内で成功することを目指して活動することが主流であることが挙げられる。
日本は音楽市場規模ランキングでは世界2位と高い地位ではあるが、先程述べた通り中国などの存在感が大きくなっているのは事実だ。

 

日本の世界における音楽市場のポジションを守るために、また日本の音楽市場をさらに成長させるための施策を考察しようと思う。

 

 

海外アーティストとのコラボを図る

 

日本人アーティストが海外で活躍するために、まず海外の音楽業界、または海外自体に足を踏み入れることから始めるべきだ。ジャンルは同じものが違う国にも存在するが、活躍するためには言語や文化を超えて伝える力を手に入れることが重要だと思う。

 

そのために、海外アーティストとのコラボを図ってみるのはどうだろうか。

 

1つ例を挙げると、「Don’t Wake Me Up」(Jonas Blue&BE:FIRST)という曲は、イギリス出身のDJ/プロデューサーであるジョナス・ブルーと、日本のダンス&ボーカルユニットであるBE:FIRSTがコラボした楽曲だ。

 

 

Jonas Blue, BE:FIRST

Don’t Wake Me Up (Japanese Version - Lyric Video)

https://youtu.be/H_Nnj6A0THo

 

 

このように完全なるコラボ、曲を出したりすることは難しい場合も多々あると思われる。そのため、まずは海外アーティストとのオンラインセッションをSNSを使って発信してみるというのはどうか。

 

インスタライブで配信するとリアルタイムで互いのファンに届いたり、Youtubeにあげると再生数が徐々に伸び急上昇に入ったりなど一気に知名度をあげるチャンスとなるだろう。コラボだけでなく、海外アーティストの曲をカバーすることも1つの手だ。

 

 

↓ Ads

 

 

世界の音楽市場をターゲットにする

 

というのも、初めに述べた通り日本は国内の市場をターゲットにしているために、世界にはあまり売り出されていないことが現状としてある。この状況を打破する1つの例として、母語と他国の言語を織り交ぜてみたり、完全に母語を捨て他国の言語を使用してみることを勧めたい。

 

母語を使用しなかった場合、国内からのイメージは落ちかねない。しかし韓国の人気アイドルBTSを例に挙げると、歌詞が全て英語の曲である「Dynamite」が、2020年にビルボードで首位を獲得した。以後、爆発的な人気と勢いで他5曲で首位を獲得している。

 

 

BTS (방탄소년단) 'Dynamite' Official MV:

https://www.youtube.com/watch?v=gdZLi9oWNZg&pp=ygUIZHluYW1pdGU%3D

 

 

世界市場をターゲットにすることは、一気に世界に入り込むチャンスに繋がることは明らかである。日本では、英語と日本語を混ぜた曲が徐々に増えている。言語を使用した世界へのアピールは、今後日本の音楽市場の成長へと導くことになるはずだ。

 

 

海外という地を利用する

 

日本人アーティストのPV・MV撮影や、ジャケット写真に海外の地を利用してみるのはどうだろうか。

 

日本という場所にとどまらず海外の地に足を運び、海外の地で撮影などをしてみることは、自己アピールにも繋がるだろう。海外でのPV・MV撮影の費用や期間を考えると難しいかもしれない。しかし、現代には海外に行かずとも海外のロケーションを撮影できるというリモート撮影の方法もある。

 

どんな方法でも、まず日本人アーティストが海外に触れていくことが、日本の音楽市場の成長に繋げるための第一歩だと私は考える。

 

初めに述べたように、日本人アーティストが海外で活躍するためにはまず、海外の音楽業界もしくは海外の地自体に足を踏み入れることから始めるべきだ。

 

 

↓ Ads

 

 

プロモーション相談について

 

EVENINGでは、音楽プロモーションに関するサポートを提供しています。ご相談は以下よりお問い合わせください。

 

音楽プロモーションのご相談はこちら:

https://evening-mashup.com/promotion

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で記事を読むとポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

 

あわせて読みたい記事:音楽業界で勝ち抜く:効果的な広告戦略の構築法

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは、最新の音楽情報をお届けするウェブメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

Slider

おすすめ記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された 山口真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された スカイピースの新ユニット 青春シュワシュワクラブへの批判のワケとは… 2019年8月3日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された ©︎ あいみょん あいみょん「ラッキーカラー」Music Videoを公開! 2024年7月16日 に投稿された Hedigan's YONCEのニューバンドHedigan’s、新曲「O’share」本日配信リリース! 2024年7月17日 に投稿された インフルエンサー 成功するためのSNS集客戦略:2024年のトレンドとは? 2024年6月17日 に投稿された BLACKPINK 韓国 KPOP 世界を熱狂させる「K-POP」を支える戦略的なマーケティングとは 2021年7月3日 に投稿された keshi keshiが2年ぶりの新曲「Say」を発表!ファンから歓喜の声届く 2024年7月17日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)