音楽 web3

Quote source:https://o-dan.net/

Spotifyでサブスク音楽再生回数を伸ばすための方法3選とは

EVENING編集部

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

  

コメントを投稿する

本記事の感想やコメントはこちら

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

本記事の要約:

Spotifyは世界最大級の音楽ストリーミングサービスで、アーティストにとって再生回数の増加は重要です。再生回数を増やす3つの戦略には、公式プレイリストへの楽曲掲載申請、Spotify for Artistsを利用した分析、SNSを活用した宣伝があります。プレイリストへの掲載は新規リスナー獲得のチャンスを、Spotify for Artistsは楽曲やリスナーについての洞察を、SNSは外部からのリスナー呼び込みに役立ちます。これらの戦略は地道な取り組みが必要ですが、積み重ねが再生回数増加に繋がる可能性があります。

公開日:2024年1月5日

 

 

ストリーミングサービスが音楽との出会いの主要な場になった現在、ヒットを狙うアーティストにとって、その仕組みや特性を理解し、再生回数を増やすことは非常に重要です。

 

本記事ではSpotifyに焦点を当て、再生回数を増やすための工夫を紹介します。

 

 

音楽アプリ Spotifyとは?

 

Spotifyとは、2008年にサービス開始した音楽ストリーミングサービスであり、現在180以上の国と地域に約6億人のユーザーを抱える、世界で最も人気のあるストリーミングサービスのひとつです。

 

世界中のユーザーやSpotify公式によって作成された40億以上のプレイリストが聴けること、AIによるレコメンド機能によって好みの楽曲に出会いやすいこと、無料プランも含め、用途に合わせた多くの利用プランが用意されていることなどが魅力です。

 

 

↓ Ads

 

 

再生回数を伸ばす方法3選

 

プレイリストへの登録提案

Spotify for Artistsというアーティスト向けのツールの機能のひとつに、Spotifyのエディトリアルチームに公式プレイリストへの楽曲の掲載を申請できるサブミット機能があります。申請した全ての楽曲が掲載されるわけではなく、楽曲の未リリースのものに限るという点もありますが、掲載されれば新たなリスナーを獲得する大きなチャンスになります。

 

また、SubmitHubなどの、アーティストとプレイリスト作成者を繋ぐサービスを利用することも有効です。自分自身でプレイリスト作成者を選択して曲を聴いて貰うことができ、フィードバックが貰えたり、気に入ってもらえればプレイリストに掲載して貰うことも可能です。自身と相性の良さそうな作成者を選んで楽曲を提出することができるため、公式プレイリストへの掲載よりもハードルが低いのもポイントです。

 

SubmitHubサイト:

https://www.submithub.com/ja

 

 

Spotify for Artistsで分析

Spotify for Artistsでは、楽曲のサブミットやアーティストページの編集などの他、楽曲についての様々な再生データを確認することができます。再生回数やリスナー数、保存数などは勿論、何をきっかけに楽曲が再生されているのか、どんなリスナーが聴いているのかなどまで確認ができます。データを参考にどのような楽曲が伸びるのかを分析し、今後の制作に生かすことで再生回数を増やすことが可能になるでしょう。

 

 

SNSの活用

楽曲を聴いてもらうためには、ストリーミングサービスの外から新たなリスナーを呼び込むことも重要です。YouTube、Instagram、X(Twitter)、TikTokなどを使って楽曲の情報を発信したり、広告を打つことで、今まで楽曲を知らなかった層に直接アプローチすることが可能になります。

 

しかし、そこからSpotifyに誘導し、楽曲を再生して貰うためには、ターゲットとするリスナーに向けた適切なSNSや宣伝方法を選ぶことが重要です。各SNSの利用者層や特徴を踏まえ、ハッシュタグなども工夫して効果的な宣伝になるようにする必要があります。

 

 

Spotify発 ブレイクアーティスト紹介

 

Spotifyには、その年に飛躍が期待される次世代アーティストを年初に選出し、プレイリスト作成やショーケースライブなどを通じてリスナーに紹介する「Early Noise」というプログラムがあります。多くのアーティストがこのプログラムを通じて新規リスナーを獲得し、ブレイクを果たしましたが、中でも有名な3組のアーティストを紹介します。

 

 

あいみょん

あいみょんは2016年にシングル『生きていたんだよな』でメジャーデビュー後、翌年の「Early Noise2017」に選出されました。インディーズ時代の楽曲でも既に注目を集めていた彼女ですが、この選出後、『君はロックを聴かない』『マリーゴールド』などの代表曲を連発し、更なる躍進を遂げました。

 

 

King Gnu

King Gnuは2019年にメジャーデビュー、そして「Early Noise2019」への選出を果たしましたが、この年は彼らにとって激動の1年になりました。デビューアルバムとなった『Sympa』はレコード大賞にて優秀アルバム賞を受賞、ドラマのタイアップ曲として発表したシングル『白日』は大ヒット、そして紅白歌合戦への出場を決めるなど、2019年はKing Gnuの年と言っても過言ではないでしょう。

 

 

Vaundy

活動開始から瞬く間に注目を集め、今では若者を中心に大人気アーティストとなったVaundy。2019年末に1stシングル『東京フラッシュ』をリリースして注目を集め、2020年初には「Early Noise2020」に選出。その後も『不可幸力』『life hack』など数々の人気曲をリリースし、ヒットメーカーとなっています。

 

 

↓ Ads

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

Spotifyで再生回数を増やすための魔法のような手段はありませんが、SNSでの発信やアーティストをサポートするプログラムの活用など、地道ではありますが、その積み重ねが結果に繋がる方法を本記事では紹介しました。

 

これらを上手く利用できれば、きっと再生回数アップに繋がるでしょう。

 

 

 

--

EVENINGでは、音楽プロモーションに関するサポートを提供しています。ご相談は以下よりお問い合わせください。

 

音楽プロモーションのご相談はこちら:

https://evening-mashup.com/promotion

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で記事を読むとポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

 

あわせて読みたい記事:YouTubeでのヒットを狙え!ミュージックビデオの視聴数アップ戦略

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは、最新の音楽情報をお届けするウェブメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

Slider

おすすめ記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された 山口真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された スカイピースの新ユニット 青春シュワシュワクラブへの批判のワケとは… 2019年8月3日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された ©︎ あいみょん あいみょん「ラッキーカラー」Music Videoを公開! 2024年7月16日 に投稿された Hedigan's YONCEのニューバンドHedigan’s、新曲「O’share」本日配信リリース! 2024年7月17日 に投稿された インフルエンサー 成功するためのSNS集客戦略:2024年のトレンドとは? 2024年6月17日 に投稿された BLACKPINK 韓国 KPOP 世界を熱狂させる「K-POP」を支える戦略的なマーケティングとは 2021年7月3日 に投稿された keshi keshiが2年ぶりの新曲「Say」を発表!ファンから歓喜の声届く 2024年7月17日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)