Awesome City Club

Awesome City Club、「勿忘」がバズる理由とは… 映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソング
0

Awesome City Club、「勿忘」がバズる理由とは… 映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソング

映画『花束みたいな恋をした』インスパイアソングである「勿忘」が話題を集めている。 同楽曲は、Awesome City Club(オーサムシティクラブ)が2021年2月にリリースしたアルバム「Grower」に収録されている楽曲だ。「勿忘」は、2月17日付 LINE MUSICソング TOP 100ウィークリー1位に輝き、累計で1,000万以上ストリーミングで視聴されている話題の楽曲だ。 この楽曲がバズった理由としては、映画『花束みたいな恋をした』のトレーラーでも世界観がわかる様に、菅田将暉と有村架純がダブル主演を演じる話題性と相乗効果を生み出している事も大きいが、それだけではない様だ。本曲が描いている世界観は、映画同様に「温かみのある人間模様」を描いており、楽曲構成もスローバラードの中にもツインボーカルによるメロディの深みと、思わず口ずさんでしまう様な聞き馴染みのあるボーカルが、10~20代の世代を中心にヒットしているのだ。 また、ツインボーカルの綺麗な構成で制作されている楽曲であるだけに、男女ともに副次的に「歌ってみた」などのコンテンツが制作され、各種メディアで拡散されているのだ。 ※ 参考TikTok動画: 動画はこちら 2月18日(木)には、Awesome City Club公式YouTubeチャンネルにて、「勿忘 Acoustic session」がプレミア公開されている。こちらもアコースティックならではの魅力が詰まっているので、気になる方は是非チェックしてみて欲しい。 ※ YouTube動画: https://youtu.be/p_8z1v5yFUo -- 運営:Evening Music Records Inc.
濃厚な40分。Awesome City Clubの新アルバム「Grow apart」。彼らのキャリアはまだまだ始まったばかり!将来性を見出す一枚。
0

濃厚な40分。Awesome City Clubの新アルバム「Grow apart」。彼らのキャリアはまだまだ始まったばかり!将来性を見出す一枚。

Awesome City Clubが今月にリリースした新アルバム「Grow apart」。 彼らの持つ精巧なバンドサウンドがよく表現された、非常に奥深いアルバムである。 Awesome City Clubは今でこそ大型フェスへの出演が相次いだり、大きい規模でのツアーを開催するようになっているものの、まだまだ彼らのキャリアは短いものである。そのぶん、早いスピードで今日まで駆け抜けてきたということである。人気も高まりつつある中で、今後もますますその人気を高めていきそうな将来性が垣間見える、今回の新アルバムはそういった一枚ともなっている。 彼らの音楽は、バンド名からも何と無くイメージできるように、ややクラブチックなサウンドが特徴である。 ロックバンドという体裁を保ちつつも、シンセなどのエレクトリックサウンドが前面に出された音楽となっていて、うまくロックとの融合が果たされた音楽である。そんな彼らの音楽は、踊れる、ノレるといった具合で、これから夏を控える今は聴くのにうってつけのタイミングでもある。 ◆ 今では珍しくない”ハイブリッド系ロック” しかしどのバンドも個性が充実... Awesome City Clubのような、ロックと他のジャンルの音楽を組み合わせるスタイルは今や珍しくない。 数多くのバンドがそういった組み合わせに挑戦しており、バイブリッドな音楽が日々生み出されている。 確かにやっていることはどのバンドも同じような気はするのだが、どれも個性に満ち溢れた面白い音楽ばかりである。 それだけ音楽というのは奥深く、またロックという音楽の可能性も大きいということであろうか、ロックらしいロックというのも今では、逆に珍しくなってきたほどである。 だがそれも現代が生んだ音楽の流れであって、大変興味深い。 Awesome City Clubもやはり同様で、彼らの音楽が確かに体現されている。ロックという音楽を基にしているが、かなり聴きやすくて体臭にも受け入れられそうな音楽の表現にも特化している。 そういった既存の音楽を、違う何かに昇華させるというのは、まさにプロのアーティストがなせる技であろう。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社