NewJeans

大反響のNewJeansハニがカバーする「青い珊瑚礁」が地上波初披露
0

大反響のNewJeansハニがカバーする「青い珊瑚礁」が地上波初披露

 | , , ,  | 
つい最近、6月26日に東京ドームにて初のファンミーティング『NewJeans Buinnes Camp 2024 Tokyo Dome』を2日間に渡って行ったNewJeans。 日本デビューをついに果たしたことで、様々な音楽番組に引っ張りだことなっている彼女らは今注目の的となっているわけだが、それにはこのファンミーティングでの出来事も深く関わっているのだとか。 それはNewJeansのメンバーたちが、その日のために準備したソロパフォーマンスステージ。その中でも大きな注目を集めているのが、ハニがカバーした松田聖子の「青い珊瑚礁」だ。 「ハニがたった3分で40年前の日本を連れて来た」というコメントには2万人以上の共感者が集い、日本国内外問わず今大反響を呼んでいる。 その他にも、スペシャルなソロパフォーマンスを見せたNewJeansのメンバー。 たった2日間のみの開催で、観客をも超えて世界を魅了した彼女らのカリスマ性には脱帽だ。 NewJeansの勢いに、より火をつけているであろう今回の日本デビュー。そんな彼女らは7月6日(土)の日本テレビ系『THE MUSIC DAY 2024』に出演した。 大人気曲の「Hype Boy」、リリースした新曲の「How Sweet」に加えて、話題となったハニの「青い珊瑚礁」とヘインの「プラスティック・ラヴ」を披露するソロパフォーマンスが披露された。 本記事では話題を掻っ攫う世界的ガールズグループ・NewJeansが行ったファンミーティングについてお伝えしていこう。

初の東京ドームで伝説のステージ誕生?

今回のファンミーティング公演は、NewJeansにとって初の来日単独公演。 そして、そのステージが東京ドームであるという、海外アーティストにしてデビューから最短で夢のステージでの公演を果たした。 さらには、日本デビュー前であったにも関わらずチケットはすぐに完売となり、2日間で計91,200人を動員した。 今までのK-POPアイドルの中でも群を抜くほどの、日本国内での人気を博しているNewJeansが披露したパフォーマンスとは一体どれほどのものだったのか。それはSNSでの反応を見れば一目瞭然である。 ファンミーティングといえばトークやミニゲームを中心に進んでいくものも少なくないが、NewJeansの公演は今までのリリース楽曲や新曲を主に披露した、パフォーマンス重視型のものであった。 大人気曲が名を連ねるセットリストの中でも、より一層公演のハイライトとして注目を浴びたのが各メンバーのソロパフォーマンス。 ヘリンによる洗練されたダンスパフォーマンス、この公演のために書き下ろしたダニエルのオリジナル楽曲「Butterflies (With U)」。 そして、日本での公演にちなんで新旧のJ-POP名曲をカバーしたメンバーのステージは、SNSで大きな話題となった。Vaundyの「踊り子」をカバーしたミンジ、竹内まりやの「プラスティック・ラヴ」を披露したヘイン、そして松田聖子の「青い珊瑚礁」を歌ったハニ。 それぞれ個性にあった魅力的なパフォーマンスになっており、昔を彷彿させる会場の雰囲気に、ファン(Bunnies)達は普段とは違ったアイドル文化特有の掛け声をも披露し、これにはNewJeans本人達も驚きの反応をみせた。 X(旧Twitter)のリアルタイム人気トレンドには、韓日両国で「#青い珊瑚礁」がランクインし、松田聖子が歌う原曲の「青い珊瑚礁」は、音源サイト『MelOn』にて脅威のチャート逆走を更新しており828位から二日間で253位にまで上がった。 NewJeansが起こした新たなバイラルが、日本の音楽シーンをもっと盛り上げていくだろう。
NewJeansついに日本デビューへ!村上隆とのコラボ新曲MVを先行公開
0

NewJeansついに日本デビューへ!村上隆とのコラボ新曲MVを先行公開

 | , ,  | 
6月21日(金)にリリースされるNewJeansの日本デビューアルバム『Supernatural』に収録されている楽曲のひとつ、「Right Now」のMVがYouTube上にて先行公開された。 NewJeans「Right Now」MV: MVでは日本の現代美術家・村上隆のイラストとコラボレーションした、皆が求めたキュートでポップなNewJeansが収められており、カップリング曲でも手を抜かない、NewJeansらしさを全面に出した完成度の高い仕上がりになっている。 世界でも名を轟かせる大型ルーキーのNewJeansだが、そんな彼女らがついに日本デビューを果たすということで今絶賛注目の的となっている。 6月21日(金)のリリース日に向けて、多数の音楽番組にてパフォーマンスを披露することも予定されているそうだ。 今回の記事では、今を駆け続けるNewJeansの魅力と最新情報をお届けしていこう。

いつもハズレなしの大優勝コンセプト

「Right Now」のミュージック・ビデオは、メンバーのハニが想いを寄せる相手にお誘いのメッセージを送信しようとする場面からはじまる。 ハニと、彼女の周りでそれを応援するように助言する他メンバー(ミンジ、ダニエル、ヘリン、ヘイン)との間で繰り広げられる、可愛くてわちゃわちゃした空間に目が惹きつけられる。 現実とアニメーションで描かれるメンバーたちの非現実的なストーリー展開が、日常とは違った感覚を呼び覚まし、見ている人に好奇心を与えてくれる。 MVの中で登場する、「NewJeans × パワーパフガールズ」と「NewJeans × 村上隆」のキャラクターはメンバーそれぞれの個性を盛り込んでおり、MVがよりカラフルでポップなものに仕上がっている。 本楽曲は、ドラム&ベースジャンルのビートとメンバーが魅せるリズム感たっぷりのボーカルが、上手くマッチした”洗練されたポップスタイル”となっており、日本語、英語、韓国語が巧みに並んだ歌詞がスピード感のあるビートに合っており、聴き心地の良いサウンドを届けてくれる。 CMソングとして一部先行公開され、誰の耳にも馴染みやすい楽曲になっていることからも、人気曲チャートに名を連ねるのではないだろうか。 今回もNewJeansだからこそ魅せられる、個性的かつ最高にハマったコンセプトを披露してくれた。ビジュアルの良さも相まってNewJeansがさらに人気を博しそうな予感がする。 NewJeans「Right Now」MV:

テレビ出演からファンミーティングまでNewJeansで盛りだくさん

2024年6月21日が記念すべき日本デビュー日ということで、それに合わせて多くの音楽番組への出演が決定しているNewJeans。 日本メディアにて本格的な活動がはじまるのが待ちきれないという人も多いのではないだろうか。 デビュー日の6月21日には、フジテレビ系の「めざましテレビ」にてアルバムのタイトル曲「Supernatural」を世界初披露する。また、同日8時からの「めざまし8」では番組テーマソングの「Bubble Gum」をパフォーマンスするのだとか。 NewJeans「Bubble Gum」MV: そのほかにも同日21日の「ミュージックステーション」、「with MUSIC」(6月22日)、「FNS歌謡祭」(7月3日)、「音楽の日 2024」(7月13日)など日本の音楽番組に引っ張りだこの予定だ。 6月26、27日には、東京ドームにて開催されるNewJeansの日本初・ファンミーティング「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」を控えており、正式デビュー前にも関わらずチケットは既に全席完売。 デビューから僅か1年11ヶ月で東京ドーム公演を果たすNewJeansは海外アーティストとして最速となり、それに加えて既に全席を埋めるといった異端ぶりも発揮している。 まさに音楽界に登場した最強のルーキー。正式デビュー前にして、日本での彼女らの人気を証明する結果となった。 今後は日本での活動からも目が離せない!
NewJeans がビルボード200で1位の快進撃! 韓国ガールズグループではBLACKPINK(ブラックピンク)に次ぎ2組目
0

NewJeans がビルボード200で1位の快進撃! 韓国ガールズグループではBLACKPINK(ブラックピンク)に次ぎ2組目

 | , ,  | 
NewJeansの快進撃が止まらない。 すでに耳にした方も多いかも知れないが、米ビルボードが8月2日(現地時間)に発表した最新のアルバムチャート「ビルボード200」で、NewJeans(ニュージーンズ)のセカンドミニアルバム「Get Up」が1位に初登場した。 この記録から、彼女らはデビューから僅か約1年で初の同チャート入りを果たしたことになり、業界内でも今注目が集まっている韓国ガールズグループとなっており、米ビルボードでの1位獲得は、K-POP女性グループとしてはBLACKPINK(ブラックピンク)に次ぎ2組目の快挙となっている。

Spotifyでも20億回のストリーミングを突破

NewJeansは、ミンジ、ヘリン、ハニ、ダニエル、ヘインの5人からなる韓国ガールズグループで、BTSの所属事務所でもあるHYBEが運営を手がけている。メンバーも、オーディションで選出された韓国人3人、オーストラリア系韓国人1人、ベトナ厶系オーストラリア人1人の多国籍な顔ぶれで構成されており、HYBEが本腰を入れてグローバル音楽市場を狙いに行く気概が現れているグループだ。 また、NewJeansの所属レーベルは、SMエンタテインメントのクリエイティブディレクターとしてEXO、Red VelvetなどのSM所属アーティストのアルバムコンセプトを担当した経歴のあるミン・ヒジンによる新レーベル「ADOR」であり、プロデュース側も盤石の布陣を組んできていることが分かるだろう。 そんな彼女らだが、破竹の勢いが止まらない状況だ。 8月1日にSpotifyにより公表された情報によると、NewJeansのリリース楽曲の総ストリーミング回数が7月30日時点で、20億18万6,919回を記録。これをデビュー後、約1年で達成したというから驚きで、今年の3月にSpotifyで合算累積10億ストリーミングを達成した際には、K-POPアーティストとして最短記録を樹立したことが認められ、英国ギネス世界記録にも登録されている。さらに、その記録から5ヶ月も経たないスピード感で、今回の20億ストリーミングを達成した形になっているのだ。 ただ、プロデュース陣が優秀であることは言うまでもないが、なぜここまでのスピード感を持って世界に彼女らの魅力が認められたのかは気になるところだろう。

川谷絵音も唸らせるNewJeansの良さとは

NewJeansの快進撃を分かりやすく解説していた音楽番組がある。 それは2023年3月5日に放送されたテレビ朝日系「関ジャム 完全燃焼SHOW」での「韓国発ガールズグループ特集!!」での一幕にて語られていた。同番組では、専門家ミュージシャンを交えて、K-POPガールズグループの歴史やカルチャー、魅力について触れ、最近話題のグループとして NewJeans が語られるという構図になっていた。 当時、川谷絵音を含む音楽のプロが語っていたコメントは、以下のような内容だ。 土岐麻子: 「これまでのガールクラッシュみたいな強さだったりとかまた違った、柔らかい感じ、ちょっと力が抜けた感じ。90年代後半から2000年代前半の雰囲気をすごく感じさせる、懐かしいレトロな感じ」 川谷絵音: 「僕も『やられた』って思ったんですよ。NewJeansを聴いた時に。まじミュージシャンが聴くミュージシャンズ・ミュージシャンというか。周りのミュージシャンがいきなり『NewJeans好きだ』って、めっちゃみんな言い出したんですよ」 岡嶋かな多: 「絶妙な抜け感とか、仕草だったりとか。K-POPがまた次のフェーズ(局面)に入ったのかなという感覚がしましたし。自分自身、こんな曲を来年は用意しておこうみたいな感じで書いていた曲が、あ、これはもう使えないかもしれないなっていう気持ちになるような。ちょっとそれで、一日ぐらいへこみました」 番組内でも語られたように、従来のK-POPガールズグループにありがちであった "ガールズクラッシュ" が見せる「女性が持つ力強さ」ではなく、「レトロな中にも新しさが感じられ、クセになる楽曲」を次々リリースし、韓国音楽シーンの新局面を感じさせる存在となっていたと言える。

新曲 ETA の良さは異常

日本の音楽シーンの専門家の間でも、今回の記録が打ち立てられる前から注目されていた訳だが、NewJeansの新曲「ETA」はそのような評価を貰って尚、世界に驚きを与える楽曲の出来だった。 本作は、アップルとコラボし、新曲のミュージックビデオをiPhone 14 Proで撮影したことを訴求するキャンペーンとしても知られており、CMで彼女らが披露するダンスと、iPhoneのコマーシャル戦略が見事にマッチしている様子を見かけた方も多いはずだ。筆者が最初にこのCMを見た際は、一瞬アップルのCMと分からず、NewJeansのMVコマーシャルかと思った程、曲の良さが際立っていた。 TwitterやTikTokのコメント欄では「アップルが、NewJeansのCMをやっている」と言った声も聞かれる程、主役を奪ってしまう程の出来映えということだろう。 また、この曲のタイトルにもなっているETAとは「Estimated Time of Arrival(到着予定時間)」の略で、ミュージックビデオ内ではプールパーティーに参加したNewJeansのメンバーが、友達のボーイフレンドが他の女の子に言い寄っている姿を目撃するシーンから映像がスタートしている。 そして、iPhone 14 Proで、その友達にFaceTimeを使って様子を伝えるシーンから物語が進み、怒った友達が車で現場に駆けつけるというストーリーになっている。 ETA YouTube動画:

撮影監督 シン・ウソク氏の提案とは

また、同作の撮影監督であるシン・ウソク氏も、彼女らの成功に一役を買っている。 ETAの映像を制作する話が来た時、もともとはiPhone 14 Proを使った撮影として、振り付け動画だけを撮る予定だったのだが、シン・ウソク氏側から「どうせならミュージックビデオを作りませんか?」と逆提案したと言うのだ。アップル側も意表を突かれたに違いないプロポーサルだが、この機転もあってか、結果的にNewJeansの曲は爆発的に世界の認知を獲得することとなった。 彼女らのMVを見たファンが iPhone 14 Pro を購入し、アップルのCMを見た人がNewJeansのファンになる。まさにWinWinと言える構図だが、世界No.1とも言えるテック企業をスポンサーにしながらも、大胆にこのような戦略を取れるところが、今の韓国音楽シーンの強さに繋がっていると言えるだろう。 グローバルシーンで目覚ましい活躍を見せるNewJeans。今後の活躍から目が離せない。 -- EVENINGサイト:https://evening-mashup.com/ Web3 音楽ストリーミング:https://w3.evening-mashup.com/