EVENING

夏のポップパンク代表・Neck Deepが新アルバム「All Distortions are Intentional」をリリース、2020年夏の必聴の一枚。
0

夏のポップパンク代表・Neck Deepが新アルバム「All Distortions are Intentional」をリリース、2020年夏の必聴の一枚。

イギリスのポップパンクバンド・Neck Deepが7月24日、新アルバム「All Distortions are Intentional」をリリースした。 彼らはイギリス出身のバンドだが、確かに奏でている音楽はアメリカ西海岸を思わせる本格派だ。そして、今回の新アルバムもやはり、Neck Deepの音楽を貫いている。2020年の夏に間に合わせてきた、まさに今夏必聴の一枚である。 ポップパンクといえば何と言っても夏である、激しくもあるが爽やかさを前面に出し切ったポップパンクのサウンドは、ギラギラした太陽のもとで聴くにはうってつけだ。Neck Deepは数あるポップパンクのバンドの中でも、代表格と言っても良いだろう。 さらに、彼らは日本に来て来日公演も何回か行っているし、世界中各国で馴染みのあるロックバンドである。何と言っても彼らは、変わらないロックサウンドを追求し続けている。今回の新アルバムもやはり同様で、Neck Deepの良いところがしっかり継承されているのだ。突然変異のような姿を見せることでファンを驚かせるアーティストも時折いる中で、彼は良い意味でも保守的である部分はある。彼らの強みであるロックサウンドは、ある種のこだわりのようなものだろうか、完全に貫かれている。 そういった筋の通ったところがNeck Deepのかっこいいところでもあるのだ。 彼ららしさが全開に出た新アルバム「All Distortions are Intentional」もまた、彼ららしさが継承されつつも新しい可能性を感じさせる、2020年の夏を彩る一枚となっている。 ◆ 日本ではあまり目立たない?ポップロックのバンド。世界各地ではメインストリームを賑わすジャンルだが... ふと考えれば、日本ではあまりポップロックというジャンルは目立たないように思われる。 そもそも今の日本ではメインストリームではロックサウンドがあまり目立たないというのもあるが、海外に比べればそのマーケットは小さいように思われる。夏の音楽というのは日本でももちろん、数え切れないほどの代表的な曲があるのだが、バンドサウンドというのはあまり夏では目立たないような気もする。 ORANGE RANGEが夏のロックバンド的位置で、メインストリームでかなりの功績を築いたが、彼ら以降にはそういった記録を成し遂げたバンドはいないようにも思われる。もちろんライブハウスシーンや、大型の夏フェスでは夏を代表するロックバンドは沢山あるのだが、どうも地上波などのメディアを席巻するほどの位置には内容にも思われる。 世界的には支持の厚いポップロックというジャンルがあるだけに、日本でも同様に盛り上がってくればもっと面白くなるような気もするものだ。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
Taylor Swiftが新アルバム「folklore」をサプライズリリース!? 彼女の原点に回帰したカントリーミュージックとは…
0

Taylor Swiftが新アルバム「folklore」をサプライズリリース!? 彼女の原点に回帰したカントリーミュージックとは…

 | , , , ,  | 
Taylor Swiftが新アルバムをサプライズリリースした。 アルバムの名は「folklore」。日本でいうと ”民話” を表す言葉である。彼女は新型コロナの影響によるステイホーム期間で、このアルバムの制作にあたったという。元から新アルバムの制作を計画していたわけではないが、新型コロナによってステイホームを強いられ、計画に空きができたために新アルバムの制作に踏み込んだようである。 そういったこともあって、今回のアルバムは予告なしのサプライズリリースとなった。 近年、ポップシンガーとしての顔を見せつつあるTaylor Swiftだが、今回の新アルバムはかなりカントリーミュージック色の強い一枚となっている。つまり、彼女は原点に回帰したということである。もっともTaylor Swiftがデビューした当初は、カントリーミュージックのシンガーとしてのアイデンティティを持っていた。 だが確かに先々のアルバムでポップ、EDMなどの要素が音楽に取り入れられたことから、全般的にはポップシンガーとしての色が強くなっていたのも事実である。 そんなTaylor Swiftがアルバムのリリースするのは今回で8枚目である。2010年代を代表するシンガーの新アルバムは、どういった評価を受けるだろうか...? ◆ Bon iverとのコラボも!時代の潮流にとらわれない、まさに彼女ならではの音楽。 新アルバム「folklore」は1時間を超える大作となっている。実に16曲が含まれており、そのうちの一曲はBon iverとのコラボ曲となっている。 Bon iverは2020年1月には日本で来日公演を行なったアーティストである。 2016年には初来日公演を行ったが、チケットは即ソールドアウト。かなり注目度の高いアーティストであり、今年の来日公演のチケットももちろんソールドアウトとなっていた。Bon iverの最新作「i,i」は大変反響を呼んだアルバムとなっており、こちらも必聴の一作である。 Taylor Swiftの新作「folklore」に関して、彼女は自分のスタイルを貫いていると感じられる。時代の潮流であるサウンドや音楽性にとらわれない、Taylor Swiftだからできる音楽をやっているように思える。そういった点ではいい意味で商業的でない、純粋な音楽に聴こえるのだ。カントリーミュージックならではの緩やかで落ち着いた曲調には、彼女の歌声がよく似合う。どこか切なげだが、夏っぽい感じがして、時期的にもちょうど聞きやすい作品である。 Taylor Swiftという人間が論じられたような、作品である。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
RADWIMPS・野田洋次郎のTwitterでの発言が賛否両論!?「お化け遺伝子」という造語を用いた言及。本人はあくまで冗談とのこと…
0

RADWIMPS・野田洋次郎のTwitterでの発言が賛否両論!?「お化け遺伝子」という造語を用いた言及。本人はあくまで冗談とのこと…

人気ロックバンドRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎がTwitterで発言したことについて、物議を醸している。 その発言の内容は、以下のようなものとなっている。 「前も話したかもだけど大谷翔平選手や藤井聡太棋士や芦田愛菜さんみたいなお化け遺伝子を持つ人たちの配偶者はもう国家プロジェクトとして国が専門家を集めて選定するべきなんじゃないかと思ってる。 お父さんはそう思ってる。」 ※ 参照URL: https://twitter.com/YojiNoda1/status/1283752963052167169?s=20 このツイートの下部には、ハッシュタグをつけて「個人の見解です」というように文を綴っている。 本人としてはあくまで冗談であり、正当な根拠に基づく言及ではないとのことだが、 彼ほどの影響力を持つ人物の発言となると、例え冗談であってもそれが世に発信されれば、人々はそれについて言及する。 SNSという多くのユーザーが利用する空間の中で、どんな内容にせよメッセージを発信するには、それなりの責任感が伴うことを理解しなかればいけなかっただろう。 特に今回のツイートでは、野球の大谷翔平選手や、将棋棋士の藤井聡太さんといった実名を出している。そのこともなおさらである。 このツイートに関してはまさに賛否両論あるといった様子で、かなりの否定意見を招いている印象だ。 ◆ 人種差別や障害者差別にも発展!? 野田洋次郎さんの発言は、優生思想に基づくものだとも...... 今回の野田洋次郎さんの発言は、優生思想に基づくものだ、とも批判されている。 優生思想とは、国家などの主体が優れた遺伝子を恣意的に抜粋し、逆に劣っている遺伝子を排除することで、優秀な遺伝子のみを後世に継続していこうという考えである。 最も、野田さん自身はこれに基づいて発言しているつもりは毛頭ないであろうが、ただどうしてもフォロワーが100万人以上も抱える人の発言であるだけに、そういった拡大解釈をされてしまうのは仕方がない。本人も言っているように、あくまで冗談であって悪気はないということは確かであろうが、どんな発言も冗談だからと言って済ますことはできないのがSNSの難しいところである。 発言の内容を拡大解釈して、勝手に批判するアカウントももちろんずるいところはあるが、今回の件に関しては双方に責任があると言える。特に思想じみた内容はなんらかの批判を痛烈に受けやすい、改めてネットリテラシーの奥深さについて考えさせれる機会であった。 何と言っても、いい意味で今回の発言は野田洋次郎さんらしいと思える。 RADWIMPSにおける彼の音楽性を見てもわかるが、やっぱり彼は独創的な考えの持ち主であって、どうも大衆には理解しがたい考えも持っている。だがそれこそが、野田洋次郎の魅力であって、RADWIMPSの魅力ともなっているのだろう。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
「香水」で大ブレイク中!瑛人が7月29日(水)、日テレ系朝番組「スッキリ」に出演決定!地上波での生演奏に注目が集まる。
0

「香水」で大ブレイク中!瑛人が7月29日(水)、日テレ系朝番組「スッキリ」に出演決定!地上波での生演奏に注目が集まる。

現在、若者を中心に絶大な支持を集めるシンガーソングライター・瑛人。 彼の楽曲・「香水」は、動画コンテンツであるTikTokで頻繁にシェアされ始めたことから、一気にブレイク。同時に、「香水」を歌う瑛人のなも一気に知れ渡ることとなった。 瑛人は現在もどこかの事務所に所属をしていない、いわゆる無所属アーティストである。そんな無所属アーティストが、今日のように大ブレイクを果すことができるのは。今までではなかなか、考えられないようなことだ。 これまで一つのアーティストが売れるまでのプロセスとして、どこかしらの事務所・レーベルに所属して強固なバックアップを受けることで、売れるまでの道のりを用意されるというのが主なものであった。いわゆる、アーティストが売れるまでのプロセスはとあるテンプレート化が起きていた。 しかし、瑛人はそのテンプレートからははみ出した、前例にない快挙を成し遂げたのである。 今やTikTokなどのようなSNSは、ネクストブレイクのためのきっかけを提供するような場所、プラットフォームともなりつつある。 ユーザーに本当に良いと思ってもらえれば確かに売れることはできる、そういったことを瑛人は自分の手で証明した。 実に快挙である。 ◆ 一気に地上波へ進出!朝の番組で「香水」の生演奏、お茶の間の瑛人となるのか。 まさに大ブレイク中の時の人・瑛人は一気に地上波へ進出する。 今月29日の水曜日、日本テレビ系の朝番組「スッキリ」に出演することが決定したのだ。朝を代表する超人気番組への出演が決定したこと、このスピード感たるや、まさにスターダムに登りつめたといって良いだろう。 上述したように、無所属アーティストが地上波の番組で歌を歌うこともあるのだ。確かな実力で、世間を席巻している瑛人。どんな生演奏になるのか非常に楽しみである。そしてもちろん、今後も楽しみである。もちろん彼としては「香水」はスタート地点としての認識であろう。まだまだ先にいって、成し遂げたいことがあるはずだ、 先々でどこかの事務所と契約、ということも考えられるので、瑛人の今後の動向はいろんな面で注目である。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
今夜「Mステ」にて三浦春馬さんの新曲MVを公開へ。8月発売予定であった新曲は、予定通り発売へ
0

今夜「Mステ」にて三浦春馬さんの新曲MVを公開へ。8月発売予定であった新曲は、予定通り発売へ

 | , , ,  | 
突然の悲報が世間を襲ってから少し時間は経ったものの、まだ現実を受け入れることができないでいる。 先週、人気俳優 三浦春馬さんが自宅で亡くなっている状態で発見されたと、ニュースが報じられた。彼はまだ30歳と若く、幅広い層からの支持も厚かった人気俳優であった。 そんな彼だけに、突然亡くなっただなんてニュースは、到底誰もが信じられるようなものではなかった。 2020年は新型コロナの世界的蔓延と、それに伴った東京オリンピックの延期など日本にとってはかなりどんよりとした時間が過ぎていた。その中でのこういったニュースは、それに追い打ちをかけるようなものがあった。 だが、悲しみは乗り越えなければならない。三浦春馬さんは8月下旬に、彼自身の新曲を発売する予定であった。 今回はそれについて、新たな発表がなされているので、本稿で取り上げたい。 ◆ 今夜、テレビ朝日系「Mステ」で三浦春馬さんの新曲・MVを公開へ 今夜、テレビ朝日系「ミュージックステーション」において、三浦春馬さんの新曲・MVを公開するとのことである。 このタイミングで三浦春馬さんの新曲がリリースされる予定であったというのも、偶然性を感じるものがあるが、何より新曲が発表されるのに、彼は存在していないという現実が受け入れがたい。 しかし、これは三浦春馬という人物を忘れない記憶に打ち付けて置くための機会である。それを今回、Mステは提供してくれるのである。 今夜放送の「Mステ」は3時間超の特別版構成となっている、もちろん他にも注目アーティストが多く出演し、番組は盛り上がることだろう。 三浦春馬さんの新曲も同様に注目を呼ぶこと間違いない。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
新進気鋭、次世代のヒップホップアーティスト Dos Monosが新EP「Dos Siki」をリリース。濃密な4曲16分間。
0

新進気鋭、次世代のヒップホップアーティスト Dos Monosが新EP「Dos Siki」をリリース。濃密な4曲16分間。

次のヒップホップシーンを担うのは、間違いなく彼らである。 彼らの名はDos Monos、男性3人組のヒップホップクルーである。日本初のヒップホップクルーである彼らだが、その実力は抜群なものであり、世界でも評価されている。 実際に、彼らは2018年、アメリカ・ロサンゼルス発のレーベルと契約を発表している。国内外を問わず、その実力を知らしめているのだ。 彼らの音楽はヒップホップだが、それはまるで定型的なものではなく、独自のアイデアで生み出したヒップホップの形をしている。精巧なサウンド、ビートももちろんそうだが、リリックも面白い。 まさにオルタナティブとしてのヒップホップを貫く彼らの音楽は、今後ますます注目を浴びることだろう。 そして今回、Dos Monosは新EP「Dos Siki」をリリースした。 4曲入りの16分からなるこのEP、あまりに濃密である。 ▼ 拠点は世界!?フランスのフェスにも出演経験あり、日本語ラップの世界進出草分けとなるのか? 上述したように、彼らの活動の幅は国内に止まらない。目指すのは世界である。 2017年には、「出れんの!?サマソニ」でSUMMER SONICへの出演を果たしたDos Monosだが、同年にはフランスのフェスへの出演も果たした。 これまでで言えば、世界を席巻してきたヒップホップアーティストはJAY-Z、Kanye West、Travis Scottなど全て英語圏のアーティストである。 日本語でラップをするアーティストが、世界を席巻したというのは前例にない。 だがDos Monosは、日本語ラップの世界進出の草分けとなる可能性がある。LAのレーベルとの契約も果たし、世界で活動するためのバックアップも取れている彼らなら、十分に世界で通用する可能性がある。 また彼らの意向としても、海外でも日本語でラップをしたいという考えがあるようだ。 世界に迎合しない、自分たちのスタイルで世界を目指すDos Monosの活躍は、今後も非常に楽しみである。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
”アメリカ大統領候補” カニエ・ウェスト。選挙演説にて自身の宗教観を交え選挙への思いを語る。彼が涙するシーンも…..?
0

”アメリカ大統領候補” カニエ・ウェスト。選挙演説にて自身の宗教観を交え選挙への思いを語る。彼が涙するシーンも…..?

2020年度のアメリカ大統領選挙に出馬するとかしないとかで、世界を騒がせているヒップホップアーティストであるカニエ・ウェスト。 結局のところ、実際に今年の大統領選挙に出馬するというのは未だ決定事項ではないようだ。一時は、出馬取りやめのニュースが出たりと、まだまだ真相は掴めないでいるものの、なかなか出馬が現実的なものとはなり得ていない。 もしかしたら、2024年度の大統領選挙に出馬するかもしれないという報道も出ており、少なくとも選挙への出馬への本気度は、そこそこのものがあると言える。 実際にカニエは、先日選挙演説を行っている。 その様子はYoutubeなどでもアップロードされているが、他Twitter等のSNSでもかなりの反響があった。それは一体なぜだろうか? 筆者自身も、考えさせるシーンがその選挙演説にはあったので、本稿で取り上げたい。 ▼ キリスト教の考えに基づいた、妊娠中絶の禁止など保守的な思想を打ち出す。演説ではカニエ自身が涙する? カニエ・ウェスト自身はキリスト教徒である。 今回行った選挙演説においても、キリスト教の考えに基づいた選挙の公約を掲げていた。その中で大きな題材となっているのが、”妊娠中絶”の禁止である。 これはアメリカ全体においてもかなり重要なテーマとなっている。新約聖書の中には、妊娠中絶を否定する一幕があり、そのことからキリスト教徒は基本的には妊娠中絶には否定的な立場をとる。いわゆる、保守的な思想である。 こういった保守的思想は、現在のアメリカ大統領であるトランプ氏の考えにも当てはまる。また、トランプ氏の属する共和党は基本的なアイデンティティとして、強い保守思想を持つ。 そういった方向性の一致からか、カニエはもともとトランプ氏を支持していた。しかし今回、カニエ自身が選挙に出馬するに至っては、トランプ氏を否定する態度をとっている。 トランプ氏はまた、白人至上主義的な立場ももとよりとっていたために、そこでの不一致もあったのかもしれない。 さて、カニエの選挙演説に話を戻すと、カニエ自身が演説中に涙するシーンがあった。 先ほどの妊娠中絶をテーマにした話の途中である。実は、カニエを生んだ両親自身も、一度妊娠中絶を試みたことがあったようだ。つまりそれが行われていたら、この世にカニエ・ウェストは存在しなかったということである。 その話に触れた時、カニエは涙を流した。 そのシーンにおいては、かなりカニエを心配する声が上がっていた。何か、精神を患っているようにも見える。少なくとも今回の大統領選挙への出馬というトピックは、世界中で話題を呼んでいる。 そういった状況でのストレスもあるかもしれないが、今のカニエは少し心配である。 実際の出馬は取りやめになるかもしれない。だが、今回の選挙演説は確かにカニエの想いがよく汲みとれるものだった。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
SUMMER SONIC「アーカイブフェスティバル」1日目が終了!! Sigur RosやSonic Youthなど超コアなライブ映像を配信、それでこそサマソニ…!?
0

SUMMER SONIC「アーカイブフェスティバル」1日目が終了!! Sigur RosやSonic Youthなど超コアなライブ映像を配信、それでこそサマソニ…!?

クリエイティブマンが主催する「アーカイブフェスティバル」1日目が終了した。 その名の通り、リアル開催では無い過去のサマソニのライブ映像の中から選りすぐりのものを配信する特別版である。昨日に配信されたものは、Sigur Ros、Sonic Youth、BOOM BOOM SATALITESなどメジャー路線というよりかは、なかなかのコア層である。 オンライン配信という多くの人が視聴する機会において、あえてこういったコアな音楽を配信したのは、ある意味クリエイティブマンらしいとも言える。最近でこそ、サマソニは国内のヒットアーティストも頻繁に出演するようになったが、元は結構なコアなフェスである。 さらに、昨日のアーカイブフェスで配信されたライブ映像も、2010年代以前の実に今より10年以上も前のものばかりである。 実際に映像を見ると、お客さんの層もかなり今とは違って見える。音楽の趣向も10年以上も経てば、かなり変わってくるということであろう。 コア層に寄り切った昨日のアーカイブフェス。一体どんな影響があったのだろうか? ▼ SUMMER SONICのアイデンティティのありかを訴えた。トレンドに目を向け、本当の音楽を追求するフェス 今回のアーカイブフェスにおいて、SUMMER SONICは確かに自らのアイデンティティのありかを打ち立てたように思える。 SUMMER SONICといえば、海外の音楽を調達する土壌としては国内でも随一のものがある。常に世界の音楽トレンドに目を向け、アンテナを張りあらゆる音楽を取り入れ、広めてきたのはSUMMER SONICである。 他のフェスではできないようなことを、SUMMER SONICはやってきた。そういった最前線を張る彼らのアイデンティティというものが見えたような一夜であった。 上述したSigur RosなどのSonic Youthなどのコア層を取り入れたのも、そういった音楽を広めるという点で意義があったように思える。 オンライン配信という、誰もが参加しやすいコンテンツをうまく利用した例であるように思える。 アーカイブフェスは、本日の2日目で終了する。今日もどんな映像に出会えるのか、楽しみである。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
SUPER SONICにオープニングアクトとしての出演が決定!! インディーズシーンを賑わす「どんぐりず」とは…?
0

SUPER SONICにオープニングアクトとしての出演が決定!! インディーズシーンを賑わす「どんぐりず」とは…?

 | , , ,  | 
今夏、9月に開催予定のフェス・SUPER SONICに、とあるアーティストの出演が決定した。 それは「どんぐりず」である。 彼らはオープニングアクトとして出演することが発表された。今ではまだメジャーシーンでは聞き馴染みのない名前だが、一体どんなアーティストなのだろうか.....? 「どんぐりず」は男性二人組のユニットである。ジャンルはヒップホップという印象が強いが、アルバムの中にはヘビーメタルの曲や、ボサノバまであったりと、あまりに音楽性の幅が広すぎるアーティストである。 そのために、どんぐりずはヒップホップアーティストであるとも簡単には定義がしづらい。一曲だけ聴いた人にとっては、どんぐりずはメタルのバンドだと捉えられる可能性もあるかもしれないのだ。 それだけ「どんぐりず」は、特異なアーティストである。 昨年頃からインディーズシーンを賑わすようになった「どんぐりず」。今回のSUPER SONICへの出演を機に、メジャーシーンの席巻も果たすのか、非常に期待が持たれるところである。 ▼ あまりに幅広すぎるアルバム・「愛」あらゆる要素が詰まり過ぎた、次世代のアルバム どんぐりずというアーティストが如何なものであるか、それを理解するのに最も適切なアルバムがある。  それは「愛」である。 2017年にリリースされた一枚であるが、これこそ「どんぐりず」といった要素の詰まったアルバムとなっている。 上述したような、ヘビーメタルの曲は3曲目の「GAKUREKI」だ。他の曲とは打って変わって、いきなりのヘヴィサウンドであるために、聴くものは誰もが困惑するであろう。 他にも、尾木ママについて歌った「Oh Gi Mama」や、6曲目の「ヒップホップドリーム」といっておきながら曲調は演歌に近い歌など、とにかく特異である。 ここまでの記述だと「どんぐりず」はネタ系のアーティストなのかとも思われがちである。あながちそういった解釈も間違い無いのだが、それだけには止まらない。 Single曲としてリリースされた「powerful passion」など、最近流行りのサウンドを取りれたシティでチルいような楽曲もあったりと、とにかく音楽的センスが高いアーティストなのだ。 とにかく彼らの魅力は、楽曲を聴いてこそ理解できるものである。 -- メディア運営:Evening Music Records株式会社
TOKIO 長瀬智也がジャニーズ事務所を退所へ!グループも2021年3月での脱退が決定。新たなフィールドを求めた挑戦とは…
0

TOKIO 長瀬智也がジャニーズ事務所を退所へ!グループも2021年3月での脱退が決定。新たなフィールドを求めた挑戦とは…

ジャニーズ事務所の人気グループ、TOKIOのメンバー・長瀬智也が事務所を退所することを発表した。 長年、ジャニーズ事務所グループの最前線を走り続けたTOKIO、彼らもここで新しい新しい形を見出そうとしている。 長瀬智也はすでにジャニーズ事務所の退所を発表しているが、TOKIOの脱退は来年3月であるという。とはいえ、現在の体制でのTOKIOの活動は、もう終わりまであまり時間がないということである。 ファンにとってはあまりに突然で、悲しいニュースであることは間違いない。  とはいえ、あくまでTOKIOはこれをもって解散するわけではない。長瀬智也の脱退以降も活動は続ける。また、TOKIOはジャニーズ事務所からの独立を果たし、株式会社TOKIOを設立すると発表している。 社長はメンバーの城島が務め、新しい形での活動を模索していくようだ。 長瀬智也自身も、脱退の要因は、決して軋轢があったりというようなネガティブな要因ではない。あくまで、長瀬自身も新しい形で、クリエイターとして進歩していきたいと発表している。 今後も、彼らのことを応援するのみである。 ▼ TOKIOの独立。ジャニーズ事務所のこれからは一体どうなる? それにしても、これからのジャニーズ事務所というものは一体どうなるのだろうか? 男性アイドルグループといえば、これまではジャニーズ事務所がすぐに想起されていた。 だが今回のTOKIOの独立からも言えるように、ジャニーズ事務所とは違う出どころでも、男性アイドルというものは盛り上がってくる可能性がある。 未だ世間ではジャニーズの勢いというものは確かにすごい。"ジャニオタ”という言葉もあるように、熱烈なファンを多く抱えている。 だが、ジャニーズ一強という時代もずっと続くとは考えにくい。 今でも韓流の人気の高まりも、勢いを加速させている。 もしかしたら、ジャニーズ事務所も今までにはないような革新を行ってくるかもしれない。 今後のエンタメ業界を担う存在の動向は、やはり注目である。 -- EVENINGメディア運営:Evening Music Records株式会社
横浜で開催のフェス GREENROOM FESTIVALが今夏の開催に向けてクラウドファンディングを実施!屋外開催でのコロナ対策も
0

横浜で開催のフェス GREENROOM FESTIVALが今夏の開催に向けてクラウドファンディングを実施!屋外開催でのコロナ対策も

横浜・みなとみらいで開催される音楽フェス GREENROOM FESTIVAL。 当フェスは、今夏の開催に向けてクラウドファンディングの実施に踏み込んだ。     フェスの運営側がクラウドファンディングを実施するのは、今のコロナ禍において珍しいことではなくなった。先月も、今夏SUPER SONICを運営するクリエイティブマンが実施しており、大成功を収めた。 クラウドファンディングを実施するというのは、少なくとも運営は誰かからの助けを必要としているというサインであろう。会社にとっては、コロナ禍で収益が難しかった中で、それでも夏のGREENROOM FESTIVALを開催するという決断をしている。 それだけ、運営はGREENROOM FESTIVALにこだわりを持っているのだろう。本来ならば当フェスは6月開催であったが、それを延期して年内での開催を目指している。 海外アーティストも多くラインナップに揃えている当フェスは、音楽だけでない、サーフィンなどのカルチャーを広く取り込んだ、やや異色のアイデンティティを持っている。 GREENROOMは、このコロナ禍にあっても必要な存在であるはずだ。 ▼ クラウドファンディングの目標金額は300万円。さらなるコロナ対策強化に向けての資金 今回、GREENROOM FESTIVALがクラウドファンディングにおいて設定している、目標金額は300万円である。 クラウドファンディングページを参照すると、その資金は会場の運営費・設営費、そしてコロナ対策にかかる費用に当てられるという。 GREENROOM FESTIVALはステージの多くが屋外ステージとなっており、密閉空間というのは作られない仕様になっている。場所自体も、港のすぐ近くのために強い風が吹き、開放的な場所となっている。 無論、開催にはある程度のソーシャルディスタンスを保たれることが必要であろう。やはり、例年より動員のキャパを減らしての開催となることは避けれない。 そしてSUPER SONIC同様、心配となるのが海外アーティストの来日の可否である。 すでにGREENROOM FESTIVALにおいては、出演予定であったMGMTの名前がラインナップから消えている。 この状況にあっては、全ての海外アーティストが来日するというのも少し想像しがたい。制約された形にはなってしまうかもしれないが、彼らを応援したい。 -- EVENINGメディア運営:Evening Music Records株式会社
タワーレコードのライブハウス支援「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」総額が1.2億円を突破!! 11名のアーティストによる支援ソング『斜陽』も公開
0

タワーレコードのライブハウス支援「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」総額が1.2億円を突破!! 11名のアーティストによる支援ソング『斜陽』も公開

タワーレコード株式会社(本店:東京都渋谷区、代表取締役社長:嶺脇育夫、以下タワーレコード)では、協力企業各社ならびに協力アーティストとともに、7月23日(木)よりライブハウスを支援するプロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」第四次支援募集を開始するとの事。 同社が2020年4~6月で毎月実施した過去三回の緊急支援募集では、総額1.2億円超の支援金を全国のライブハウスへ送金することができ、支援者のみなさまへ心からの感謝を申し上げると同時に、第四次支援として7月23日(木)から7月31日(金)の期間、第四次支援募集を実施するとの事だ。 また、今回も支援グッズが3種類から選択可能となっている様で、初回からご購入い ただいてきた月替わりカラーのピンズに加え「WACK×LFLH コラボエコバッグ」 が新たに登場。 さらに当プロジェクトのために Kj(Dragon Ash)、ホリエアツシ (STRAIGHTENER)、Chara、Tokyo Tanaka(MAN WITH AMISSION)、セン トチヒロ・チッチ(BiSH)らバンドやグループの垣根を超えて総勢11名が参加 したライブハウス支援ソング『斜陽(ヨミ:しゃよう)』が完成したとの事だ。 この楽曲のダウンロードコードとKjデザインのバンダナを併せたセットが、支援グッズ として販売されている。 ▼ LIVE FORCE, LIVE HOUSE. Project 全国各地のライブハウスがコロナ禍を乗り越えて元通りの運営を再開できるのは、まだ先の未来になると予想されます。 今回の第四次支援募集でも多くのみなさまにご支援を賜ることができるよう、過去3回と同様に賛同アーティストが生出演するトーク番組を7月23日(木)19:00から無料配信します。 なお、支援グッズ販売を通した支援金サポートの形でのプロジェクトは、一旦今回が最後を予定しています。「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」プロジェクトは、今後も各地のライブハウスの継続的サポートに尽力していきます。 ▼ ライブハウス支援ソング『斜陽』 アーティスト、バンド、リスナー、音楽を愛する者たちにとって大切な場所「LIVE HOUSE」。 この場所を大切にする 思いで集まったアーティスト達によって生み出された楽曲が『斜陽』です。 ■ ユニット名 LFB(LIVE FORCE BAND) ■ 作詞 Kj(Dragon Ash)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER) ■ 作曲 ギター:Kj(Dragon Ash)、ドラム:金子ノブアキ、ギター:Masasucks(the HIATUS)、ベース:NAOKI(10- FEET)、エレピ:ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、トランペット:タブゾンビ(SOIL&”PIMP” SESSIONS)、ヴァイ オリン:岡部磨知、チェロ:水野由紀、Vocal :Kj(Dragon Ash)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、Chara、セント チヒロ・チッチ(BiSH)、Tokyo Tanaka(MAN WITH A MISSION)、ミックスエンジニア:草間 敬(KURID INT'L) ◆ 参加アーティストコメント 金子ノブアキ: 今作のデモを作っていたけんちゃんから連絡を受けて作り始めたのですが、気が付けば沢山の仲間が集う一大楽曲とな りました。我々の魂が焼き付けられた生涯忘れられない曲です。けんちゃんありがとう。(ライブハウスは)僕の育っ た故郷であり、奇跡とエネルギーに満ちた美しい場所。他の何も替わる事は出来ない。絶対に失われてはならない。ラ イブシーンの輝く未来を必ず取り戻しましょう! Chara: フォーーーーース! Love Chara xxx Kj: 音楽が鳴り止まない様に 僕らに出来る事を僕らのやり方で楽しみながら戦いながら ホリエアツシ: 4 月末に Kj から「ねぇ暇人」と連絡をもらって、オンラインで一緒に曲を作ろうと主旨の説明もなしに誘われました。 蓋を開けてみたらこんなにたくさんの素晴らしいミュージシャン達とのコラボレーションになって、完成した「斜陽」 の MV では最後のサビで不意に泣きました。全国の親愛なるライブハウス、スタッフ、オーディエンスの皆さん、音楽 を表現し共に楽しむ僕らの生きる場所、ライブでまた会える日を心から望んでいます。「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」 に関わるたくさんの人達の尽力と協力と思いに感動しています。皆んなのライブハウスが存続していく支えとなります ように。 <配信番組> 第四次支援募集の開始に当たり7月23日(木)19:00~20:30(※ 予定)で、この支援プロジェクトへ賛同いただい たアーティストが出演するトーク番組を YouTube で配信します。 番組タイトル:ライブハウス支援プロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」第四次支援 生配信! 配信 URL:https://youtu.be/HMpPENsbIiM 出演者:Kj(Dragon Ash)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、NAOKI(10-FEET)、and more… MC:大抜卓人(FM802) -- メディア運営:Evening Music Records株式会社