今日好き

「今日好き」夏シーズン主題歌決定!緑黄色社会「恥ずかしいか青春は」
0

「今日好き」夏シーズン主題歌決定!緑黄色社会「恥ずかしいか青春は」

2024年7月から9月のシーズンを迎える、AMEBAの人気恋愛リアリティ番組「今日、好きになりました。」の主題歌が緑黄色社会の「恥ずかしいか青春は」に決定しました。 この発表は、番組ファンやバンドのファンの間で大きな話題となっています。

新曲「恥ずかしいか青春は」

「恥ずかしいか青春は」は、緑黄色社会の最新シングルであり、青春の輝きと葛藤を描いた楽曲です。 アップテンポなメロディと心に響く歌詞が特徴で、聴く者の心を掴みます。 この曲は、恋愛や友情をテーマにした「今日、好きになりました。」の物語にぴったりとマッチしており、視聴者の感情をさらに引き立てることでしょう。 特に、若者たちが直面する感情の揺れ動きや、初恋の甘酸っぱさを表現した歌詞が共感を呼び、視聴者の心を捉えること間違いなしです。

緑黄色社会とは

緑黄色社会(Ryokuoushoku Shakai)は、2012年に結成された日本の4人組バンドで、個性的なサウンドと共感を呼ぶ歌詞で人気を博しています。 メンバーは長屋晴子(ボーカル・ギター)、小林壱誓(ギター)、peppe(キーボード)、穴見真吾(ベース)で構成されており、それぞれが卓越した音楽の才能を持っています。 彼らの楽曲は、ポップ、ロック、ファンクなど多様なジャンルを融合させた独自のスタイルが特徴です。 バンド名の由来は、結成初期にメンバーが飲んでいた野菜ジュースからインスピレーションを得たというユニークなものです。 緑黄色社会は、10代限定の音楽フェス「閃光ライオット」に出場し準グランプリを獲得したことから、一気に注目を浴びました。 その後、数々のライブやフェスに出演し、ファン層を広げてきました。緑黄色社会の代表曲には「Mela!」や「Shout Baby」などがあります。 緑黄色社会(Ryokuoushoku Shakai)は、2012年に結成された日本の4人組バンドで、個性的なサウンドと共感を呼ぶ歌詞で人気を博しています。 メンバーは長屋晴子(ボーカル・ギター)、小林壱誓(ギター)、peppe(キーボード)、穴見真吾(ベース)で構成されており、それぞれが卓越した音楽の才能を持っています。 彼らの楽曲は、ポップ、ロック、ファンクなど多様なジャンルを融合させた独自のスタイルが特徴です。 バンド名の由来は、結成初期にメンバーが飲んでいた野菜ジュースからインスピレーションを得たというユニークなものです。 緑黄色社会は、10代限定の音楽フェス「閃光ライオット」に出場し準グランプリを獲得したことから、一気に注目を浴びました。 その後、数々のライブやフェスに出演し、ファン層を広げてきました。緑黄色社会の代表曲には「Mela!」や「Shout Baby」などがあります。

「今日、好きになりました。」

「今日、好きになりました。」は、若者たちが出会い、デートを重ねながら恋愛関係を築いていく様子を追う恋愛リアリティ番組です。 視聴者は、参加者たちのリアルな感情やドラマチックな瞬間を楽しむことができ、毎回のエピソードがSNSで話題になります。この番組は、若者たちの恋愛観や友情を描き、多くの共感を呼んでいます。 番組は毎回、新たな参加者たちが登場し、初対面の緊張感から始まり、徐々に距離を縮めていく過程が描かれます。 視聴者は、参加者たちの素直な感情や、時に生じる恋のトラブルに共感し、応援する気持ちを抱くことができます。これが「今日、好きになりました。」が多くの視聴者に愛される理由の一つです。

関連情報

「恥ずかしいか青春は」が主題歌として使用されることにより、緑黄色社会の人気はさらに高まることが予想されます。 また、この楽曲を通じて番組の魅力も一層引き立つことでしょう。 新シーズンの放送開始が待ち遠しい中、多くのファンがこのコラボレーションに期待を寄せています。 さらに、緑黄色社会は2023年に新アルバム「pink blue」をリリースし、その中には書き下ろし楽曲「White Rabbit」も収録されています。 この楽曲は、映画『秘密のはなの庭』の主題歌としても使用されており、バンドの音楽的な幅広さを示しており、これらの活動を通じて、緑黄色社会はますます多くのファンを魅了するでしょう。 「今日、好きになりました。」と緑黄色社会の「恥ずかしいか青春は」のコラボレーションは、2024年7月から9月のシーズンをより一層盛り上げるでしょう。 視聴者は、音楽と恋愛の相乗効果を存分に楽しむことができるはずです。 緑黄色社会YouTube: https://www.youtube.com/@ryokuoushokushakai
SUIREN、AbemaTV「今日好き」のさとまるカップルがMV出演。多数の反響を呼んだ楽曲「see me」も収録した『Replica2』をリリース!! 音楽性ではBTSとの共通点も…
1

SUIREN、AbemaTV「今日好き」のさとまるカップルがMV出演。多数の反響を呼んだ楽曲「see me」も収録した『Replica2』をリリース!! 音楽性ではBTSとの共通点も…

水彩画のように淡く儚い音を描くユニット「SUIREN(スイレン)」。 彼らが9月1日にデジタルリリースした、2nd EP『Replica2』が話題を呼んでいる。 今年3月に1st EP『Replica1』をリリースしてから約半年という短期間で、2nd EP『Replica2』を完成させたSUIRENは、本作で切なくも実直な歌詞を紡いだ多数の楽曲をリリースしており、彼らの表現の幅の広がりを感じることができる渾身の作品となっている。 実際に、本作に収録されている楽曲「ハル」では、疾走感溢れるロックなサウンドに、SUIREN独特の美しい旋律を重ね合わせた「青春を呼び戻そう」というメッセージが込められた表現が凝らされており、爽快感のある楽曲イメージ通りにリスナーを一瞬で彼らの世界観に連れていってくれる。 また、AbemaTVにて放送された高校生による青春恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。」で「さとまるカップル」として話題を集めた "くまがいさとし" "向葵まる" の両名が出演するミュージックビデオの世界観が、大きな感動と話題を呼んでいる先行シングル「see me」も収録されている。 同曲は「僕だけを見ていて ねぇ 下手くそな笑顔で良いから」と、切なくも素直な恋愛模様が、歌詞にストレートに語られていることに加え、「さとまるカップル」の両名が楽曲の世界観を儚くも鮮やかに表現しており、SNSを中心に共感の声を集めている。 この2曲だけでもバラエティに富むアレンジや世界観が表現されている訳だが、本記事をご覧いただいた皆さんには、まずは以下のMV動画で、SUIRENの世界観を味わってみて欲しい...。 ● SUIREN 「ハル」MV動画: https://www.youtube.com/watch?v=6JzWtClh8kE ● SUIREN 「see me」MV動画: https://www.youtube.com/watch?v=wjnCS9eHXF0 さらに、今、まさに破竹の勢いで、注目作を立て続けにリリースしているSUIRENだが、今回リリースされた2nd EP『Replica2』の収録曲について、その魅力をさらに考察していきたい。 ▼ ダンスナンバー曲「夜はデタラメ」の仕掛けとは... 本作の中でも、特に存在感を放っているダンスナンバーは「夜はデタラメ」だ。 同曲には、リスナーを魅了する幾つかの仕掛けが施されている様に考えられる。 昨今の日本を含む世界の音楽シーンでは、良くも悪くも "ノリ" の良い楽曲が好まれ、大衆的に聴かれる傾向がある。これは音楽というものの根源的な楽しみ方が、リズムとメロディーを中心に構成される事に起因するので、至極当然な話なのだが、ことダンスミュージックの場合、この "ノリ" の良さを如何に格好良く表現できるかで、リスナーの支持を得ることができるかどうかが決まってくる。 直近の音楽シーンにおいて、分かりやすい例としては、世界的にも支持を得ているK-POPが挙げられるだろう。 BTS(防弾少年団)の世界的なヒットをはじめとして、韓国のミュージックシーンから戦略的にリリースされる楽曲は、上記の様な "ノリ" の良さを念頭に制作されている事が多い。"ノリ" と言ってしまうと安っぽく聞こえてしまうかも知れないが、実際には、韓国制作チームが細心の注意を払い、拘り抜かれたリズムとメロディーで構成されている作品なので、楽曲を少し聴くだけで魅了されてしまうのだ。 最近では、日本の吉本興業と韓国のエンタテインメント企業CJ ENMによる合弁会社であるLAPONEエンタテインメントに所属しているJO1(ジェイオーワン)が、日本の10〜20代の世代を中心に人気を獲得しているが、彼らの楽曲は、韓国の "ダンスミュージックとしての良さ" を詰め込んだ楽曲制作ノウハウと、" 日本人メンバーで構成された聴き馴染みの良さのある歌唱" で、着々と国内ファンを増やしている。 このようなK-POPアーティストは、分かりやすい事例だ。 ここで話を戻すと、今作に収録されているSUIRENのダンスナンバー「夜はデタラメ」は、この "ノリ" と "日本人への親和性" の両面で魅力を持っている。 楽曲を聴くと一目瞭然だが、本作は終始リズミカルなアレンジと、良質なメロディラインが間髪入れず流れ込んでくる構成が魅力として分かるだろう。キーボーディスト兼アレンジャーのRenによる、思わずリズムに合わせて体が動き出してしまう様な緻密な作曲・編曲技術や、ボーカル Suiが紡ぎ出す聴き心地の良いメロディラインは、現代の音楽シーンが求めている位置付けにある楽曲と言え、リスナーから支持される要素を備えていると言えるだろう。 また、SUIRENの場合、K-POPの展開として多いアイドルグループの様な路線ではなく、純粋に音楽作品を手掛ける「アーティスト」として展開する活動方針を取っており、従来にはないポジションのアーティストとしての新鮮さも伺える。本作でリリースした楽曲によって、アーティストとしての評価がさらに高まることは言うまでもなく、今後、日本の音楽シーンが求める音楽性やアーティスト性に応える形で着実にファンを増やしていくことだろう。 ...と、色々な見解を述べてきたが、まずは彼らの楽曲を聴き込んでみて欲しい。気になる方は、以下のMV動画を要チェックだ。 ● SUIREN - 夜はデタラメ / MV動画: https://www.youtube.com/watch?v=XOHoFkjXvXw ▼ SUIREN プロフィール 水彩画のように淡く儚い音を描くユニット「SUIREN」。 ボーカルのSuiと、キーボーディスト / アレンジャーのRenによる音楽ユニット。2020年7月、最初のオリジナル楽曲「景白-kesiki-」を動画投稿サイトにて公開すると同時に突如現れ、数々の作品を公開し続けている。Suiの独特な歌声から生まれる淡く儚いメロディと、Renが創り出す美しく洗練されたサウンドが交じり合い、唯一無二の世界を構築している。 2020年7月: 最初のオリジナル楽曲「景白-kesiki-」を動画投稿サイトにて公開すると同時に始動 2020年8月:「感電(米津玄師)」のオリジナルアレンジによるカバーが話題となり、複数メディアに取り上げられる( SUIRENの動画としては初の10万回再生を記録 ) 2021年3月: 初のオリジナルEP「Replica1」を配信リリース。Apple Music / Spotifyを始め、様々なプレイリストに各楽曲選ばれ、リード曲「喰う虚」のMVは現在までに17万回再生を記録 2021年7月: デジタルシングルとしてリリースを行なった「see me」のMVでは、高校生による青春恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。」に出演したさとまる元カップルが出演し、彼らのリアルなストーリーと、楽曲の世界観とのリンクが話題を呼んでいる 2021年9月 2作品目となるデジタルEP「Replica2」をリリース ▼ SUIREN “Replica2” Info 発売日:2021年9月1日(水)デジタルリリース -トラックリスト- 01. Called 02. ハル 03. 夜はデタラメ 04. レプリカ 05. see me 06. Koe https://ultravybe.lnk.to/replica2 ▼ SUIREN 関連リンク Official HP: https://suiren-official.com Twitter: https://twitter.com/suiren_project Instagram: https://www.instagram.com/suiren_project/ YouTube: https://www.youtube.com/c/SUIRENch TikTok: https://www.tiktok.com/@suiren_project?lang=ja-JP