アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンドは、椎名林檎の下位互換なのか…?
0

アイナ・ジ・エンドは、椎名林檎の下位互換なのか…?

いきなりだが日本中の妹の皆さんに紹介したいミルクボーイのネタがある。 「いや俺の妹がな、尊敬してる人がいるらしいねんけどな、 その人の名前を忘れてしまったらしいんよ〜」 「そら椎名林檎かあいみょんやろ。妹が尊敬してるって言うたら椎名林檎かあいみょんと相場がきまっとんのよ〜」 偏見が過ぎる。 変に芯を食ってる当たりボディーブローみたいにジワジワ効いてきそうで余計のどごしも悪い。今時の女子は将来の結婚相手に出家を求めないし、他の女を抱かせないために両腕を切り落としたりもしない。私が妹の立場で兄にこんなことを言われたらキンコン西野と本田圭佑で反論したいと思う。 しかし、言わんとしてることはなんとなく分かる。 王道というジャンルからかなり距離を取ったカテゴリー。 オリジナリティに溢れ、その振り切ったキャラクター性は他人の価値観に左右されない芯の強さとなり、尊敬の対象となる。 「長く短い夏」のMVで椎名林檎がバスタブに監禁してる男性を口封じガムテープの上からディープキスした後にその人を殴る蹴るでボコボコにするシーンを見たときとか、あいみょんの「貴方解剖純愛歌〜死ね〜」を始めて聞いた時とか、何を聞いて育てばこのアーティスト性に行き着くんだ? と本気で考え込んだし、ここまで独自性のあるスタンスを持ち、一般受けを狙った大衆性に流されない芯の強さは確かにかっこいい。 そう。かっこいいのだ。 そしてここ最近知人から1日10件ペースである人物に関するYouTubeのリンクが毎日のように送られてくる。とにかく見ろ、と。 楽器を持たないパンクバンドでおなじみ、BiSHのおくりびと担当 アイナ・ジ・エンドである。 ▼ 椎名林檎との関係 知人はアイナジエンドをアイナと呼ぶ。 会えば毎度のようにアイナについて語らせてくれ、とその魅力を力説する。 ハスキーボイスを生かした抜群の歌唱力や振り付けのセンスなど話題は多岐に渡る。ちなみにBiSHのほとんどの振り付けをアイナジエンドが担当している。(クオリティがエグいくらい高いので私は信じていない) ラジオで下ネタを乱発した翌日には「あーゆー事言っちゃう子に限ってめっちゃピュアなんだよ。保健の授業で興味なさそうにしてる男子が実は一番性欲強いでしょ? その逆。」 と、かまいたちの山内のようなギリギリ納得できない絶妙な例えで日々プレゼンしてくるのだが、 だがしかし、知人が最も熱が入ったのは次のような私の発言を聞いた時である。 「アイナジエンドってポスト椎名林檎なん?」 知人のブチ切れ度合いの説明は割愛するが印象的だった一言を後述する。 歌唱スタイルやMVのパフォーマンスなどからなんとなく椎名林檎の雰囲気を感じ取ったことと、以前椎名林檎の「罪と罰」のカバーが絶賛されていたのを見たことがあったので、そこまで的外れでもないだろうと思ったが、安直にひとまとめにするのは失礼だったかもなと思いYouTubeでアイナ・ジ・エンドと検索をかけようと試みたその瞬間 ▼ アイナ・ジ・エンドは椎名林檎の下位互換なのか ではブチ切れた知人の印象的だった主張を紹介する。 「それってアイナが椎名林檎の下位互換て言ってるのと一緒じゃん」 ここに関して、私の個人的な意見を述べておくと、断じて違う。 まず椎名林檎はアーティストであり、アイナ・ジ・エンドはアイドルである。 アーティストは楽曲の制作と歌唱、両方が本業なのに対し、アイドルはこの歌唱部分だけをこなすのが主だと考えて差し支えないだろう。 キャリアの最初から作ること、クリエイティビティを含めて感動させることを求められるアーティストと違い、アイドルはそのパフォーマンスのみで人を魅了することが多い。全く違う才能が求められると私は考えている。 そしてBiSHというグループに軸足を置いている点も一線を画している。カリスマ的アーティストが感性の独自性故に孤高な存在として認知されることは多いが、ガールズグループに所属しながらソロ活動としてのキャラクターを両立するのは簡単ではない。BiSHのメンバーとの強い絆をファンが強く感じられることもアイナ・ジ・エンド個人の魅力に反映されていることはいうまでもなく、それは他のアーティストが簡単に真似できる部分でもなく、よって今の日本の音楽シーンにおいて、アイナ・ジ・エンドと互換性を持つアーティストがいないという点で唯一無二といえる。 そんなことを知人に説こうと、送られてきた1日10件のリンクを踏み続けるうちに私のYouTubeおすすめ欄はアイナで埋め尽くされた。 新曲「神様」を聞けばMVがずらりと並び、スクロール仕切って大阪城ホールで披露された「オーケストラ」のライブ映像を見れば、BiSHの一員としての見事なチームパフォーマンスに酔い、ひとしきり満喫するとラジオの切り抜きを7時間ぶっとうしで見たりしている。「理想の結婚式」の回が特に好き。 メンバーの1人モモコクグミカンパニーに「動物と結婚しそう」と断言すると、リスや犬などをパートナー候補として列挙し始める。 いつのまにやら私の中でアイナ・ジ・エンドはアイナになり、私も清掃員(BiSHのファンネーム)になりつつある。 そんな折、BiSHの紅白歌合戦初出場が発表され年末の予定が確定した。 たとえガキ使が引き出しを開け出そうが即興替え歌を始めようが、BiSHと時間が被れば諦めるしかない。 圧巻のパフォーマンスになることは間違いないので、皆さんも是非。 ではまた。 文: 石原 -- メディア運営:Evening Music Records Inc.
アイナ・ジ・エンド、腹筋までもが音楽。「オーケストラ」をTHE FIRST TAKEで披露し話題に…
0

アイナ・ジ・エンド、腹筋までもが音楽。「オーケストラ」をTHE FIRST TAKEで披露し話題に…

アーティストの一発収録をカメラに収めるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に、ハスキーボイス・ボーカルで次世代の歌姫に位置付けるアイナ・ジ・エンドが出演した。 動画中では、安定の歌唱力を披露しているのだが、加えて、彼女が出演した動画に映った「腹筋」にも注目が集まっている。と言うのも、アイナ・ジ・エンドがTHE FIRST TAKEで歌う姿が引きで映し出される際に、ミニトップの裾から彼女のお腹が見えるのだが、腹筋が割れているのだ。TikTokなどの各種SNSでは、これを見て「腹筋までもが音楽」というコメントが投稿されるなど、彼女のチラリと見せた努力の結晶に感化されるファンが多数いる様だ。 もちろん「オーケストラ」は言うまでもなく、圧巻のパフォーマンスなのだが、この「腹筋」も含めて、アイナ・ジ・エンドの音楽に浸ってみて欲しい。動画以下リンクから。 ※ YouTube動画: https://youtu.be/URABwFBT8Ok -- 運営:Evening Music Records Inc.