三浦春馬、2020年最も称賛されたアーティストの音楽活動とは...

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 音楽制作と音楽ビジネス起業家のオンラインサロンはこちら

  

音楽ニュース記事はこちら

本記事は約3分で読めます

 

 

2021年を迎えるに当たり、昨年、音楽業界にも非常に大きな影響があったアーティストであり、作品創りに真摯に取り組む姿勢が称賛を集めていた三浦春馬さんについて、本記事で改めて取り上げたい。

 

 

昨年2020年は、新型コロナウイルス感染症の流行による経済活動への影響は大きかった事は言うまでも無いが、エンターテインメント業界においても非常に重要な人物を失ってしまった1年だった。芸能事務所アミューズに所属する三浦春馬さんは、日本を代表する俳優の1人として、ドラマ・映画・舞台・ミュージカル・歌手など、多方面でその類稀なる才能を発揮してきた。中国や欧米でもその認知度は高く、中国のSNSであるWeibo(新浪微博)では昨年時点で日本人トップ5に入る約390万人ものフォロワーがいたなど、世界的な影響力もあるアーティストであった。

 

そんな順風満帆にも思えた彼が亡くなったのは、2020年7月18日だった。初夏の時期だったが、日本全国がその突然の訃報を信じられなかった事だろう。同日、ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の撮影の仕事があったため、マネージャーが彼の自宅へ迎えに行ったところ、自室で首をつった状態で発見されたのだ。この報道は、当時彼のファンだけでなく日本全国が大きな悲しみに包まれたものであったが、現在では少しづつ平穏を取り戻しつつある状況だ。

 

 

ただ、三浦春馬さんと言う素晴らしいアーティストが亡くなった事には変わり無く、その事実を受け止める必要があるが、最も重要な事は「真摯にエンターテインメントを追求する」三浦春馬さんの姿勢から学ぶことではないだろうか。

 

 

▲ Including ads

  

作品創りへの真摯な姿勢とは

 

 

三浦春馬さんのことを聞くと、全員から同じ答えが返ってくる。それは「誠実で嘘がない」「まっすぐで純粋な好青年」「謙虚だが責任感が溢れる」と言った声であり、裏表がある訳ではなく、真に素晴らしい人格者であったことが窺える。三浦春馬さんが主役の撮影現場においても、共演者やスタッフが気持ち良く動けるように配慮を欠かさなかったと言うから、その人望の厚さや優しさに感化され、どんな人からも好意を持ってもらえる太陽のような存在であったのだろう。

 

また、その様な人格者でありながら、作品創りにはストイックそのものであり、素晴らしいプロ意識を持っていた。2014年に出演したドラマ「僕のいた時間」では、ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵された主人公の役作りのため、自らALS患者の会を取材し、自身の体重を10kg以上落とすなど、より良い作品を追求する姿を体現していた。実際に、体重を落とすだけでなく、ALSの患者さんと同様に筋肉量も落とすことになるため、例え役作りであると言っても「人間動かなくなると、気持ちも落ちてしまう」と語るなど、今までで一番苦しかった作品と表している。

 

ただ、この姿勢は裏を返せば、そこまで良い作品を追求しようと考えていると言うことだ。しかも、彼の場合、名声やお金が目的ではなく、純粋に「良い作品」を創り、ともに制作に携わった共演者やスタッフの努力に報いようという想いの方が強かったのではないかと思う。昨今、才能のあるアーティストの方はいるが、ここまで人間の中身から尊敬でき、自らの人生をエンターテインメントに捧げられる人はいなかったのではないだろうか。

 

 

↓ 関連情報を掲載

 

 

遺作ともなった「Night Diver」

 

 

三浦春馬さんの音楽作品としての遺作となった「Night Diver」は、彼の集大成とも言える程の全てが詰まっている。歌唱力は言うまでもないが、ソロアーティストとしてダンスの完成度も高く作品を表現することができる能力とでも言うだろうか、彼には1人でそれを成し遂げる実力があった。

 

複数名のダンスで表現するアイドルグループ等においても、視聴者を感動させるには大変な努力が必要だが、それをソロアーティストとして同じ様に実現するのは容易ではない。動画や舞台を見る側からすれば、ただ単にアーティスト1人での演出である訳だが、表現する側からすれば、信頼できるのは自分の技量が全てであり、大きなステージでは数万名にも及ぶ視聴者の心を動かすワケであるから、自分の持てる限りのエネルギーを注ぎ込まないと「感動」は生まれないことが想像できる。

 

※ 三浦春馬「Night Diver」Music Video: https://youtu.be/J6-IaSJLNOA

 

 

彼の言葉に「未来の自分に言い訳をしたくない」「やりたいことは絶対にカタチにする」と言うフレーズがある。プロ意識の高さの現れでもあるが、その裏にある "真っ直ぐに良い作品を追求する姿勢" は、2021年の未来を託された我々が受け継いでいくべきところではないだろうか。

 

 

 

 

あわせて読みたい記事:『嵐、20年超の活動を終えて。大野智が語ったメンバーに最も感謝している「人間性」とは... 』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

  

▲ Including ads

 

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

運営者 Profile

EVENING編集部
EVENING編集部Webマーケティング編集部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ 2019年1月11日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚! 手つなぎデート写真が公開される 2019年1月3日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された BTS(防弾少年団)「世界で最もハンサムな顔100人」にメンバー全員がランクイン!? 2018年12月31日 に投稿された BLACKPINK人気がすごい!日本ツアーの発表も!「Kill This Love」公開による992.9万再生で、YouTubeチャート週間アーティストランキング2位へランクアップ… 2019年4月20日 に投稿された チャートインはやっぱりあいみょん一色!Spotifyから見る今どきの若者の音楽トレンドとは… 2019年4月13日 に投稿された 元KAT-TUN 田口淳之介、「土下座謝罪」に対する反応から見る日本の今。亀梨和也や赤西仁の心中やいかに… 2019年6月9日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (352 投票, 平均: 9.09 / 10)

コメントを残す

EVENING 会員