Quote source:https://o-dan.net/ja/

NFTマーケットプレイスの「OpenSea」が発表したモバイルアプリとは... デジタルアートなどの売買で稼ぐことはできるのか?

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

  

本記事のコメントを投稿...

本記事は約3分で読めます

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

 

 

2021年初め頃からニュースで「高額NFTアート作品が数億円で売買された」という報道が加熱するなど、世界的に注目が集まっている「NFT(non-fungible token、ノンファンジュブル・トークン)」ですが、特に、デジタルアート作品においての新しい市場が期待されています。

 

 

NFTは「非代替性トークン」と称され、ブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳上のデータの単位のことを指し、その名称通り、世界で唯一の存在であることを証明できるデジタルデータとして、現在もさまざまなビジネス活用において注目を集めている技術です。

 

NFT自体は、暗号通貨の一種ですが、「非代替性」という特徴から仮想通貨とは異なったビジネス活用が期待されており、最近ではNFTデジタルアートが約75億円という高額で購入されるなど、世界でも注目度の高い市場として投資家目線での関心も集めています。また、現在ではデジタルアートの領域での話題が多いですが、将来的にはゲームや不動産、そして、音楽などの各領域で、従来のビジネスの常識を覆すような可能性を秘めている先端技術と言えます。

 

 

このような可能性を秘めたNFTですが、分散型インターネットのAmazonとも呼び声の高い「OpenSea(オープンシー)」がリリースしたiOSとAndroid用アプリに注目したいと思います。

 

本記事では、このNFTとは何かという基礎的な情報に加え、上記のアプリに関する最新情報をお届けします。

 

 

\ NFT 型暗号資産をはじめる/

 

  

NFTとは何か? デジタルアート作品での活用とは...

 

 

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、技術的な偽造や複製を行うことが困難なデジタルデータで、その名の通り、世界にひとつしかない希少性を証明する事が可能な技術です。

 

NFTデジタルデータとして扱う事ができる対象としては、画像や映像だけでなく、音楽などの音声データも含まれ、私たちが日常的に触れるあらゆるものがNFT化する未来が近いと言っても過言ではありません。また、NFTは、アート作品自体がそれぞれ独立的なコンテンツとしての価値を持っていることと相性が良く、従来、著作権的な法律でも規制が難しかった複製や偽造といった行為を排除することができるため、デジタルアート領域での活用が期待されています。

 

特に、アート作品の制作者が、自らの作品をNFT作品として販売することができるようになることで、「作品が持つ唯一性」をNFTというIT技術を活用することで明確に証明することができる様になり、クリエイターとしての著作権を正しく守ることができるのです。

 

 

また、NFTの作成は誰でも行うことができ、作品固有の価値を証明することができる点でも優れています。

 

実際に、NFTの作成は簡単で、制作者の方が作成したデジタルデータをブロックチェーン上にアップロードすることで可能であり、誰でも利用することができます

 

仮想通貨やブロックチェーンといったNFTと関連する言葉は、金融の専門知識がない方にとっては少々難しい印象を抱くかもしれませんが、実際の利用においては意外とハードルが低いことも昨今注目を集めている理由でしょう。

 

 

さらに、デジタルアート作品においてNFTを活用することのメリットはこれだけでなく、「NFT作品の転売時に発生する追加的な利益」にも目を向けることができます。

 

NFTは、そのNFT作品を購入された後、他のユーザーへ転売(2次流通)された際にも、その非代替性が証明されているため、制作者へ一部の転売利益の還元ができることも特徴です。

 

これは、いわば半永久的な制作者への利益還元システムを実現でき、新しい持続的なクリエイター活動の世界が広がっているのではと期待されています。

 

 

↓ NFTがもたらす新しいアートとは

 

 

なぜNFTデジタルアートに注目が集まるのか

 

 

さらに、なぜNFTデジタルアートに注目が集まるのか、について考察していきます。

 

 

NFTデジタルアートは、まず「儲かる可能性を秘めていること」が注目を集めている理由でしょう。

 

NFTアートブームの火付け役は、何と言っても「CryptoPunks(クリプトパンクス)」というNFTアートプロジェクトで、これはLarva Labs(ラルバラボズ)社にて2017年6月から始まったNFTアートプロジェクトを指します。世界初のNFTアートと言われており、非常にシンプルな24×24ピクセルアートでゾンビを基調としながらAIによって生成された1万体のジェネレイティブアート(コンピューターによる機械的かつ無作為に生成されたアート)であることが特徴です。

 

このCryptoPunksのあるキャラクターが2021年1月に、約8,000万円の金額で取引されたことが話題になり、ここからNFTに対する世界の注目に火が付いたと言えるでしょう。また、同年8月中旬には、大手決済事業者であるVISAがこのNFTを購入し、大きなニュースとなるなど、その動きは拡大してきました。

 

この様に、一種のブーム的な熱量がある前提ですが、NFTアートとしての市場取引額は、数千万円〜数億円程の規模となるケースが確認されており、高額取引の対象となることが十分に考えられるのです。このため、現在NFTアートは投資対象としての購入を行い、その転売利益で稼ぐ様なビジネスモデルが実現するのではないかと期待されています。

 

 

また、NFTが市場に浸透してきていることの理由としては、世界的なNFTマーケットプレイスである「OpenSea」による功績も大きいでしょう。OpenSeaは、NFTの販売を行っているマーケットプレイスの最大手です。運営会社は、ニューヨークのサンフランシスコに位置し、NFT・暗号資産・ブロックチェーンといった技術を基にした販売網を世の中に提供しています。デジタル資産の取引を可能とするプラットフォームと言え、NFTのマーケットプレイスが無数に登場する中においても、存在感を示していると言えるでしょう。

 

自らがNFTアートの出品者となれば、作品の販売利益により数千万円〜数億円が手に入るかも知れないことを想像すると、この様なマーケットプレイスが世の中に与えるインパクトは大きく、今後ビジネス拡大することが予期されるでしょう。この様な期待感を持たれるOpenSeaですが、iOS及びAndroid用のモバイルアプリを米国時間の2021年9月17日に発表し、モバイルアプリで簡単にNFT作品を閲覧することができると話題になっている。

 

このアプリは、NFTを売買するためのものでなく、閲覧専用の仕様となっているが、今後NFT作品の取引拡大に伴い機能追加が予想されるでしょう。

 

 

↓ OpenSeaのモバイルアプリ紹介動画

 

↓ 関連記事: NFTの始め方とは。仮想通貨やブロックチェーンとの関連や音楽業界での活用も分かりやすく解説

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

 

NFTの始め方とは?

 

 

本パートでは、NFTの始め方や投資方法、実際にどのように利益を出すのかについて紹介します。

 

 

まず、NFT関連の投資方法として2種類のアプローチを取り上げます。

 

 

① NFTに投資する

 

こちらは文字通り、NFT作品を直接購入し取引する方法です。アート作品としての画像NFTや音楽NFTなど、マーケットプレイスで取引されているNFT作品を自ら購入するアプローチです。

 

前述しました3億円で売買されたTwitter投稿のNFTなど、その希少性が投資家の購買意欲をそそり、驚く程高額の値段で落札される作品も多数出てきており、世界的な注目度が上がれば上がる程、その売買で得ることができる利益も高額となるなど、NFT取引をきっかけに一攫千金の夢を獲得するといった話も現実味を帯びていると言えるでしょう。

 

 

なお、NFT投資のはじめ方は以下の通りです。

 

1. NFT作品が出品されるマーケットプレイスに登録

2. 仮想通貨をウェブウォレットに入金

3. 仮想通貨でNFT作品を購入

 

 

NFT作品の売買は、ブロックチェーン上での取引となるため、その購入は法定通貨ではなく仮想通貨で行うことになります。

 

仮想通貨の代表的なものとしては、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどがありますが、NFTの取引においてもイーサリアムをはじめとした仮想通貨(暗号資産)で用いられ、手軽に売買を行うことができます。

 

また、ウェブウォレットとしては、MetaMask*が代表的な位置付けとなっていることと、大半のマーケットプレイスでMetaMaskとの提携が可能となっていることからも、NFT投資においてはチェックされることをお勧めします。加えて、暗号資産のハブ取引所として業界手数料No.1 & スプレッド最狭水準**のディーカレットも、日本国内のマーケットとして注目されています。

 

さらに、NFT作品が出品されるマーケットプレイスには幾つか種類があり、世界最大手の「OpenSea」、ゲームのキャラクターやアイテム売買に秀でる「miime」、仮想通貨取引サービスと一体化した国内サービス「Coincheck NFT」などが存在します。

 

 

* MetaMask: https://metamask.io/

** スプレッドは原則固定となりますが、相場急変時やその他外部要因等により、流動性が著しく低下した場合には上記に提示されたスプレッド以外のスプレッドとなることがあります。キャンペーン適用時の入出金・送受手数料、取引所手数料(ETH/JPY)および販売所スプレッド(BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY)を暗号資産交換業全28社で比較したもの(2021年8月31日時点、ディーカレット自社調査)

 

 

\ NFT 型暗号資産をはじめる/

 

  

NFT関連通貨への投資も可能

 

 

次のNFTへの投資の方法が、関連通貨への投資です。

 

 

② NFT関連通過へ投資する

 

NFT関連通貨とは、NFT取引が行われているブロックチェーン上の仮想通貨を指し、NFT銘柄への投資を行うことができます。

 

その銘柄にも幾つか種類があり、代表的なものとして、ゲームプラットフォームのサンドボックス上で流通している仮想通貨「サンドコイン(SAND)」や、スポーツとエンターテインメントの領域を中心に先進的なサービスを展開している「チリーズ(CHZ)」などが挙げられます。

 

 

このような仮想通貨への投資も、気軽にはじめることができ、投機的な利益の獲得を目的としたアプローチのひとつと言えるでしょう。

 

 

 

さらに、音楽業界においてもNFTの活用は進んでおり、アーティストが限定NFTグッズを販売したりするなど、エンターテインメント・コンテンツとして確りとした商品戦略が取られています。

 

2021年4月には、BABYMETALが結成10周年を記念した初のNFTトレーディングカードを72時間限定で発売するなど、業界へのNFT活用事例が続々と出てきていると言えるでしょう。実際に、このNFTトレーディングカードは、BABYMETALのアメリカ特設サイト( https://babymetal.cards/ )で、2021年5月7日AM0:00(日本時間)から72時間限定で発売されたようです。

 

 

 

一見すると専門知識が必要なように思われがちなNFTですが、気軽にはじめられ、投資利益も望むことができるため、関心のある方はぜひチェックされてはいかがでしょうか。

 

 

\ NFT 型暗号資産をはじめる/

 

 

↓ 関連記事: 最新NFTゲームで稼ぐ方法とは? GameFiなど、遊びながら稼げるブロックチェーンゲームとは...

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

 

アンケートご回答のお願い:

EVENINGメディアの改善にご協力をお願いします。

毎月抽選でAmazonギフト券 500円を進呈(ご回答はこちら )

EVENING編集部

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

 

あわせて読みたい記事:『NFTの始め方とは。仮想通貨やブロックチェーンとの関連や音楽業界での活用も分かりやすく解説』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

Slider

関連記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

杉本琢弥 “熊本の彼氏”こと杉本琢弥、シングル「37.2度(びねつ)」をリリース! 2024年6月19日 に投稿された 山口 真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された 音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された GReeeeN 顔 紅白 GReeeeN、初の顔見せか? 拡張現実(AR)を使ったリアルな演出とは 2021年1月1日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された あいみょん あいみょん、5thアルバム「猫にジェラシー」が9月11日に発売決定! 2024年6月19日 に投稿された ヒトリエ wowaka ヒトリエwowakaが急性心不全で逝去。享年31歳の若さで原因や理由は? 2019年4月13日 に投稿された TAIKING Suchmosのギタリスト、TAIKINGのコラボ楽曲シリーズがスタート! 2024年6月19日 に投稿された BLACKPINK 韓国 KPOP 世界を熱狂させる「K-POP」を支える戦略的なマーケティングとは 2021年7月3日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (4 投票, 平均: 8.75 / 10)