BLACKPINK人気がすごい!日本ツアーの発表も!「Kill This Love」公開による992.9万再生で、YouTubeチャート週間アーティストランキング2位へランクアップ...

EVENING

 

今人気絶頂の K-POPアイドル、BLACKPINKが、前週比473.9%の992.9万再生で、YouTubeチャート週間アーティストランキング前週25位から2位へランクアップしました!

 

 

楽曲ランキングで初登場1位を獲得した「Kill This Love」は、全世界ですでに1億9000万再生を突破しており4月5日の公開からYouTube史上最速の1億再生突破がメディアで広く取り上げられ、日本でも注目を集めています。それにしても62時間で1億回再生ってヤバいですよね。

 

 

さらにBLACKPINKは、K-POPガールズグループ最高成績で、ビルボードのメインチャートにもランクインしています。

 

 

 

世界記録を樹立した「Kill This Love」...

 

世界記録を樹立した「Kill This Love」は、メインシングルチャートである「ホット100」で41位、同名のEPアルバム「Kill This Love」は、メインアルバムチャートである「ビルボード200」の24位にランクインし、今回のアルバムも昨年リリースした「Square Up」のアルバムに続き、ワールドアルバムチャートでも1位を獲得。グローバルな人気を見せています。

 

 

もはや多くの人がご存知かとは思いますが、BLACKPINKは、BIGBANGやiKONなどを排出しているYGエンターテインメントが2NE1以来、7年ぶりにデビューさせた女性グループで、「アジアに舞い降りた”次世代ガールクラッシュ(女の子が憧れてしまう女の子)”」とも形容されていたり…。

 

 

K-POPで世界の派遣を握るのはBIGBANGかBLACKPINKか、なんて話もちらほらききます。つい先日、4月15日にワールドツアー日本公演も決定し、日本での人気もさらに日が付いています。

 

 

 

大規模なワールドツアーも2019年に予定...

 

ワールドツアーでは、北アメリカからアジア、ヨーロッパ、オセアニアと世界4大陸の22都市29公演にも及ぶ、ガールズグループとして類を見ない大規模なツアーとなるようです。今年1月のアジア公演からスタートし、念願となる北米での公演も4月12日(金)・19日(金)開催の世界最高峰・最大規模の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」への出演をへてスタートするようです。

 

 

先日発表があったワールドツアー日本公演「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」は、2019年12月4日(水)東京ドーム、2020年1月4日(土)・5日(日)京セラドーム大阪、2月22日(土)福岡ヤフオク!ドームの全3都市4公演。

 

 

昨年に続く2度目の日本ツアーにして初の3大ドーム公演が決まり、20万5,000人を動員する予定です。さらに8月には、多くの超有名、実力派アーティストの出演が決まっている千葉県 ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセにて開催の「SUMMER SONIC 2019」の出演が決まっています!サマソニでブラピが観れる!B’zにレッチリにゼブラヘッドにベビーメタルに…今年のサマソニは激アツです!

 

 

 

BLACKPINKのワールドツアーチケットはお早めに...?

 

BLACKPINKのワールドツアーチケットは、オフィシャルファンクラブ「BLINK JAPAN」に2019年4月22日(月)23:59までに入会(=入金)するとファンクラブ第1弾チケット先行抽選予約に間に合うらしいので、絶対にチケットを手に入れたい人は是非!

 

・BLACKPINKファンクラブサイト: https://blackpink.fc.avex.jp/

 

 

今年は日本でたくさんBLACKPINKを見ることができそうでとても嬉しいです!

 

 

編集: Evening Music Records株式会社

 

  

 

新着記事はこちら

 

▼Evening Music Records代表のブログ記事はこちらから

▼ブログランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

WAHT'S NEW

投稿者プロフィール

Yuki
YukiEvening Music Records, CEO and Director of Production Business
執筆者:ユキ(Evening Music Records編集長、Production Manager、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、記事寄稿、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebook/Twitter/Instagramからご連絡のほど宜しくお願い致します。

Facebook Comments