チャートインはやっぱりあいみょん一色!Spotifyから見る今どきの若者の音楽トレンドとは...

EVENING

 

Spotifyの音楽チャート、日本版のトップ50を開くと、50曲中10曲はあいみょんでした。

 

 

他のチャートでもこんなにランクインしているアーティストはいません。Billboardのランキングでも同じようなことが起こっていましたし、Apple Musicについても同じことが言えます。

 

今の日本の音楽のトレンドはあいみょん一色なのかもしれません。ところで、あいみょんってどうしてこんなに人気なのかとか、なんで人気が出たのかわからないとか思っている人って結構多いのではないでしょうか。

 

昔からのあいみょんのファンでも、今ほどの人気ぶりを見せると思っていた人は少ないのではないかと考えます。

 

実際、あいみょんはマスメディアに取り上げられる前からのファンが多く、「アレでブレイクしたよね」って感じではない気がします。

 

音楽チャートのランクイン楽曲をみても、あいみょんの楽曲の中でも特にこれがすごいんだ!というわけではなく、全部同じくらい人気があるんだということがわかります。

 

 

 

あいみょんの固定ファンの存在感...

 

1つ2つ人気楽曲を持っているからといって人気なったようなアーティストではなく、楽曲が一律的に再生回数を伸ばしている点から見ても、単に曲がバズったわけではなく、あいみょんの曲をたくさん聞くあいみょんファンが多いのでしょう。

 

そしてあいみょんが特にチャートインしているのは音楽ストリーミング系の再生回数やダウンロード数です。もちろん今でこそテレビやラジオでもあいみょんの曲が流れていますが、どうやらCD売り上げの方は1万〜2万ほどで100万回数ほどを記録するストリーミングの方と比べてあまり芳しくないようです。

 

 

 

「3月のライオン」曲のorionがYouTube1億再生を突破か...

 

あいみょんはデビュー前からYouTubeなどで注目されており、デビューしてからは積極的に音楽ストリーミングサービスに楽曲を発表していたイメージがあります。

 

あいみょんの楽曲が刺さる世代は比較的若年層であるようで、それはつまりデジタルネイティブ世代でもあります。

 

ネットと一番近い世代をターゲットにするにあたって、デジタルサービス中心に音楽展開するという戦略で若者世代から圧倒的な知名度と支持を得る結果となりました。

 

 

 

オリコン・Billboard総ナメの「Lemon」も凄い...?

 

音楽の新しいスタイルである音楽ストリーミングの世界こそが、あいみょんのフィールドであると言え、あいみょんこそが音楽の新しい在り方であるストリーミングサービスからブレイクした初めてのアーティストであると言えるのではないでしょうか。

 

あいみょん本人は自らをCD世代と言い、CD売り上げも伸ばしていきたい考えのようですが、前例のないブレイクスタイルの彼女の楽曲が、今後どのように展開されていくのかという点にも注目していきたいです。

 

 

編集: Evening Music Records株式会社

 

  

 

新着記事はこちら

 

▼Evening Music Records代表のブログ記事はこちらから

▼ブログランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

WAHT'S NEW

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO 兼 楽曲制作部門
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments

この記事の評価をお選びください。(回答 10ポイント進呈)

12345678910
読み込み中...