©︎ 渋谷 Contact Tokyo

渋谷 Contact Tokyo、オリジナル・シーンとリンクする最前線で描かれるオブスキュアな夜

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

  

本記事のコメントを投稿...

本記事は約3分で読めます

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

 

 

ミニマルシンセ、ウェイヴミュージック、ポストパンク、EBM、インダストリアル/ノイズなど、70年代後半から現在に至るまで世界中で脈々と受け継がれてきたオブスキュアなエレクトロニック・ミュージックに焦点を当てるCold Deligt。今、世界的に注目される4組のライヴと、昨今の国内シーンでも際立った才能をみせるDJのラインナップが実現した。

 

ドイツ、Peine Perdue設立のアートレーベル[Objetrouvé]からSoloist Anti Pop Totalizationと、Jin CromanyonのスプリットLP、レーベルNo.シリーズ10作目「SYNTH IN JAPAN」の2月6日のリリースがアナウンスされた。ドイツ[Minmaikombinat]、 UK [Polytechnic Youth]からのリリースや、昨年発表された「4 Songs on Extended Play」のなかでの特性へのさらなる傾倒と音楽の深化をみせるシンセウェイヴプロジェクトとS.A.P.Tと、パリのオブスキュアレーベル[MACADAM MAMBO]からのアルバムで話題を呼んだ、今回東京での初のライヴとなる、アシッドテクノ/シンセポップの鬼才Jin Cromanyonの邂逅は、すべての電子音楽ファンに注目されるものになりそうだ。

 

さらに、昨3月オーストラリア[Room4]から発表された「End Of Trilogy」でノイズ/ポストインダストリアルテクノの現行シーンの中でも突出したイマジネーションによる空間芸術を繰り広げ、先日9カ国20箇所を回るヨーロッパツアーから帰国したYuko Arakiのライヴセットでの出演が決定。ハーシュノイズ・アーティスト/トラックメイカー、オノジュンジとGHILOMのヴォーカル3CHI5による、NOISECONCRETEx3CHI5によるトリップホップやパンク、 インダストリアル、声と電子音と濃縮されたアトモスフィアが混在する他に類をみないライヴパフォーマンスなど、あまりにも豊潤な音楽体験を実現する、現在可能な最大限のラインナップに成功した。

 

 

豪華なDJ陣も

 

 

DJにも、groupAとしてBerin Atonal やCTM Festivalにも出演してきたSayaka Botanicによるサンプリングを多用したサウンドコラージュによるライヴの延長線上と位置付けるDJセットや、The Hacker来日時に披露された、海外レーベルからのリリースを重ねるShunとBaroqueの、EBM/エレクトロシーンの抜きん出た才能によるB2Bなど、強力なデバイスが並ぶ。

 

さらには、Contactにも度々登場するCelterの情景のずれによるバグが生み出す幻覚的なエクスペリメンタルや、†13th Moon† のドラマーで、海外のゴシック系フェスへも出演するMichi-Silve。SEX GANG CHILDREN来日時にもDJを務めた、卓越した審美眼でインダストリアル、ノイズ、ポストパンクによる磁場を創るSatosicK、ゴスカルチャーと国内アンダーグラウンドを交差させるRICKYや、ベルリン在住の経験から、インダストリアル、EBM、ダークウェイブなど本国直系のドープネスを放つカリスマSiSenなど、ジャーマン・アンダーグラウンド・シーンとリンクする強いオリジナリティが絡み合い、クラブ全体が大きなうねりを形作る。

 

未だかつてないオブスキュアでダーク&コールドな夜を是非とも体感して欲しい。

 

 

Webサイトはこちら:

https://www.contacttokyo.com/schedule/cold-delight-2/

 

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で500円から使えるポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

 

あわせて読みたい記事:『ジャスティン・ビーバーが仮想空間「メタバース」Waveでライブ開催へ』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

新着記事はこちら

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

関連記事はこちら

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ… 2019年1月11日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された NFT音楽の売り方とは…? 初心者にも分かりやすく解説。 2021年11月13日 に投稿された スカイピースの新ユニット 青春シュワシュワクラブへの批判のワケとは… 2019年8月3日 に投稿された 吉川晃司、2021年ツアーファイナルを完全収録した最新ライブ映像、3月23日発売決定! 2022年1月17日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された Sho Asano、アメリカ拠点のシンガー・Sarah Kangをフィーチャリングに招いた新曲発表 2021年1月30日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された TikTokで最近流れてる心地よいメロディ曲「Way Back Home」。SHAUN(ショーン) シンプルなメロディが心地よい! 2019年1月27日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (3 投票, 平均: 8.67 / 10)