Photograph by http://o-dan.net/ja/

星野源の主演映画「引っ越し大名!」主題歌はユニコーンが書き下ろし

EVENING

 

 

星野源が主演を務める8月30日公開予定の映画『引っ越し大名!』の主題歌が、ユニコーンが提供する新曲の『でんでん』であるということが発表されました。星野源主演の映画に奥田民生の書き下ろしということで、サブカル好きにはたまらないタッグと言えるのではないでしょうか。

 

またこの発表と同時に、主題歌『でんでん』の楽曲の一部が使用された予告映像も公開されました。ちなみに曲名の「でんでん」は、主人公の春之介のあだ名が「カタツムリ」であることに因んだものであるとも明かされています。

 

 

 

 

星野源にも注目の「引っ越し大名」とは...

 

 

『引っ越し大名!』は星野源を筆頭に、高橋一生や高畑充希など、今注目を集めている俳優陣が出演する映画として世間の関心を集めている作品です。原作は、日本アカデミー賞最優秀脚本賞の受賞歴を持つ土橋章宏 氏の時代小説である『引っ越し大名三千里 』です。

 

土橋章宏といえば『超高速!参勤交代』シリーズや、佐藤健主演『サムライマラソン』の原作小説である『幕末まらそん侍』で知られていますね。監督は野村萬斎主演の『のぼうの城』などを手がけた犬童一心 監督です。この大物2人のタッグ作品ということもあってか、本作の公開前から期待の高さが伺えます。

 

また、ユニコーンは今年2019年3月27日(水)にニューアルバム『UC100V』をリリースし、4月からは年間50本に及ぶ全国ツアー「ユニコーン100周年ツアー“百が如く”」を開催し、全国を飛び回っています。さらに、なんで「100周?」と調べてみると以下の様なことが分かりました。

 

 

 

 

ユニコーン100周年とは...

 

 

この100周年の理由ですが、"2019年に再始動10周年、ABEDON(Key)が加入し現体制となって初のアルバム「服部」リリースから30周年、川西幸一(Dr)の生誕60周年を迎えるユニコーン。これらの数字を合計し、2019年を“ユニコーン100周年”と銘打ったとのことです。

 

また、ユニコーンとしては「働き方改楽 - なぜ俺たちは楽しいんだろう -」というスローガンを掲げ、楽しいことを100個行うことを宣言しているんだとか。

 

 

 

 

UNICORN 100周年アプリ「UC100」とは

 

 

また、ユニコーン100周年記念公式サイトも開設され、加えて、UNICORN 100周年アプリ「UC100」もリリースされていると言うから驚きです。

 

ちなみに本アプリは、ツアーに向けた便利な機能や楽しい機能を搭載しているとの事で、ライブ当日にしか使えない記念写真用のARカメラや物販状況のお知らせ、ライブグッズのカタログやお買い物メモ等、ライブに参加するユニコーンファンには嬉しい機能が満載のアプリの様です。

※ アプリ公式サイト: http://www.unicorn.jp/special/100th/?top

※ App名: UC100、デベロッパ: Sony Music Artists Inc.: https://itunes.apple.com/jp/app/uc100/id417910345?mt=8

 

 

100周年(?)を迎えたユニコーンが今回主題歌として書き終ろした新曲『でんでん』ですが、期待の楽曲として全音源を早く聞いてみたいですね。

 

 

編集: Evening Music Records株式会社

 

※ iTunes 関連楽曲はこちら

  

 

新着記事はこちら

 

▼Evening Music Records代表のブログ記事はこちらから

▼ブログランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

WAHT'S NEW

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: http://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments