JYJのユチョンの陽性反応、韓国芸能界スキャンダルにファンは不信感を募らせている...

EVENING

 

JYJのユチョンが、体毛から薬物の陽性反応が出ていたことが明らかになったということで話題となっています。

 

警察は16日、ユチョンの自宅などの家宅捜索を行い、ユチョンから体毛と尿の任意提出を受け、簡易検査を行ったが結果は陰性だったとのことです。「ライブのため」パク・ユチョンは体毛のほとんどを除毛した状態で、警察は毛髪と足の毛を確保して鑑定依頼し、足の毛から薬物成分が検出されました。

 

話題となっていた元恋人のファン・ハナ氏の逮捕報道の時は大麻の陽性反応が出たとのことでしたが、今回薬物陽性反応が出たとの報道で、覚せい剤の成分が検出されたことについて、各種SNSでファンはさまざまな声を上げています。

 

 

 

JYJ ユチョンの陽性反応とは...

 

特に、ユチョン氏は喘息や抗うつ薬などさまざまな薬を処方されていたため、違法薬物ではない可能性があると主張するコメントが多く、ハナ氏の検査には3週間かかったのに対し今回は1週間足らずで発表されたということからの検査期間の短さや捜査状況についての報道の不透明さについても多く言及されています。

 

また各種報道についても、陽性反応が出たことについて、「麻薬」「大麻」「覚せい剤」とメディアによって表記がぶれていることも、情報の確実性のなさを感じさせる理由の一つのようです。今回ファンの多くがこのようにコメントする理由の一つに、元BIGBANGのスンリ氏の事件が挙げられます。

 

 

 

売春斡旋や麻薬使用、脱税などさまざまな嫌疑も...

 

自身が運営するクラブでの売春斡旋や麻薬使用、脱税などさまざまな嫌疑をかけられていましたが、本日の告訴においてスンリ氏は起訴されませんでした。

 

これまでスンリ氏はさまざまな疑惑を過激に報道されてきましたが、その疑惑が徐々に晴れてきて、ほぼ白だろうということがわかってきているのですが、そのような報道は大きく取り上げられず、スンリ氏の疑惑報道にやきもきしたファンたちが憤りの声を上げています。

 

本日の報道を見て、スンリ氏の疑惑について証拠不十分のまま大きく取り上げ、その炎上の結果グループ脱退までに至った彼の疑惑が晴れたというニュースは大きく報道されておらず、この騒動に取って代わってユチョン氏の報道が過激になっていると感じている人が多くいるようです。

 

 

 

韓国の芸能界に関する薬物汚染とは...?

 

度重なる韓国の芸能界でのスキャンダル報道ですが、このニュースは人々に芸能界に対してだけではなく、韓国の報道メディア自体にもまた不信感を募らせたように感じます。

 

報道メディアとは得てして疑惑について取り上げることが多いものですが、それでも、特に今現在世界的に注目を集めているK-POP業界についての過激な報道はさらにメディアに対する信用度の失墜に繋がるかもしれません。

 

 

編集: Evening Music Records株式会社

 

  

 

新着記事はこちら

 

▼Evening Music Records代表のブログ記事はこちらから

▼ブログランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

WAHT'S NEW

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: http://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments