©︎ SUIREN

SUIREN、新曲「ハル」の中毒性がスゴい理由とは... YOASOBIやずっと真夜中でいいのに。を彷彿とさせる今最も勢いのある男性2名組の音楽ユニットとは

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ クリックでYouTubeサイトへ移動します。

  

コメントで音楽仲間と繋がろう

本記事は約3分で読めます

 

 

今、最も勢いのあるネクストブレイクアーティストと期待されている男性2人組の音楽ユニット「SUIREN」が、新曲「ハル」をリリースし話題となっている。

 

 

この音楽ユニット「SUIREN」は、ボーカルのSuiとキーボーディスト兼アレンジャーのRenによる男性2人組の音楽ユニットで、2020年7月に彼らのオリジナル楽曲「景白-kesiki-をYouTubeに突如公開すると同時に活動を開始した。Suiの透き通るようなボーカルや、その声の魅力を最大限に引き出す様な楽曲のアレンジは、楽曲やMV動画の公開直後から早耳のリスナーから大きな反響を得ており、注目を集めてきた。

 

「SUIREN」は、その後もコンスタントに新曲作品をYouTube公式チャンネルに公開を続けており、今年3月には配信限定EP『Replica1をリリースするなど、その活動の幅を着実に広げており、そのリリース曲はSpotifyなどの各種音楽サービスでも注目されるなど、今最も勢いのあるネクストブレイク必至のアーティストだ。

 

 

今回EVENING編集部では、彼らの新曲「ハル」の魅力や、なぜリスナーの注目を集めるのかと言った考察に関する内容を取り上げていきたい。

 

 

※ 新曲「ハル」YouTube動画:

https://youtu.be/6JzWtClh8kE

 

 

↓ クリックでYouTube動画へ移動します。

©︎ SUIREN

 

▲ Including ads

  

SUIRENの新曲「ハル」の中毒性がスゴい理由とは...

 

 

SUIRENの楽曲「ハル」にハマってしまう理由だが、大きく2つある。

 

 

まず、1つ目のハマる理由は、何と言ってもボーカルの "聴き心地の良さ" だろう。

 

ボーカル Suiの持ち味でもある「男性ボーカルでありながらも、高音域がスッと耳に入ってくる」様な声色と、本作「ハル」で表現されている透き通る様な "青" のイメージがマッチしており、リスナーの体感として「どこか遠くへ連れて行ってくれる」様な不思議な感覚を体験させてくれる。

 

本作の歌詞でも語られている「何度だって 拒んで 闇を切り裂いて 何度だって 澄み渡るような 青に溺れていく」というフレーズは、まさに Sui のボーカルが表現する透明感のある澄み切った世界を体現した様なリリックで、自然と共感してしまうのは仕方ない程の完成度と言えるだろう。

 

また、SUIRENの制作チームにお伺いしたところ、本作では "疾走感のある魅力的な曲" のリリースを目指していた様で、聴いていただくと分かるが、「ハル」はBPM高めなアップテンポな楽曲に仕上がっている。この狙いは着実にリスナーにも届いている様で、当誌の読者の方に実際にアンケート調査* をした結果、「スピード感がありつつ、爽やかな歌声が印象的だった」「もっとたくさんの曲を知りたい」という意見が多く寄せられた。Sui のボーカルとしての魅力を最大限に引き出す新曲と言えるだろう。

* 2021年7月実施 EVENINGメディア自主調査より

 

 

次に、2つ目のハマる理由は、"ブランディング力" だろう。

 

音楽という商品は、形がないため、視聴者が実際に楽曲やMusic Videoを視聴した時に抱くイメージが非常に重要となる。特に、プロミュージシャンやアーティストとしてのブランドを、昨今のエンターテインメントが多様化している世の中で上手く構築し、視聴者の方とコミュニケーションしていくことは至難の業と言える。

 

ただ、「SUIREN」と言う音楽ユニットが取っているブランディング的な戦略は、非常に上手くリスナーの心を掴んでいる。これは当誌の推察であるが、彼らが狙っていると思われるのは「確りとした実力に裏付けされたミステリアスな魅力」を体現することではないかと思う。SUIRENの楽曲を聴いて貰うと分かるが、過去にリリースされたどの楽曲においても、楽曲で表現されている雰囲気やジャンルは違えど、1度聴くと自然と聴き入ってしまう魅力がある。これはボーカルの魅力も勿論大きいと思うが、楽曲全体として表現する世界観を、楽曲やMusic Video動画という視聴者の目や耳に届くクリエイティブ単位で緻密に設計しているから成せる業であると思う。

 

例えば、今年の3月に彼がリリースした楽曲「喰う虚」は、本作と全くと言って良い程イメージの異なる楽曲だ。ややスローテンポの楽曲構成の中にも、リズムに乗ってしまう様なダンス性を取り入れた編曲と、アニメ調のMusic Videoで表現されたミステリアスな世界観に引き込まれる工夫が施されている。リスナーとしては、自然と聞き入ってしまうのは当然というところだろうか。最近では、ヒット曲を連発しているYOASOBIも、リリースする楽曲それぞれで世界観が確立されており、プロデュース及びコンポーザーを務めるAyaseによるブランディング力には目を見張るものがあるなど、が良い例だろう。

 

女性ボーカルであるが、2018年6月にYouTubeに「秒針を噛む」のMusic Videoを投稿し、一挙に話題を集めた「ずっと真夜中でいいのに。」も、同様にメディアでその素性を露出していないものの、確固たるアーティストとしてのブランディングが形成されているアーティストだ。彼女がリリースするMusic Videoは全編アニメ調の表現が成されているが、「ずっと真夜中でいいのに。」と聞くと、自然と楽曲が表現する世界観やアーティスト像を連想してしまうのはレーベルによるブランディング戦略の結果とも言える。SUIRENが、今後リリースする楽曲の展開にも拠るが、両者のアーティストにおいては、相通ずるものを感じる。

 

 

今回リリースされたSUIRENの新曲「ハル」。気になる方は、彼らの他のリリース楽曲とあわせて要チェックだ!!

 

 

↓ 関連情報を掲載

 

 

SUIREN 関連情報

 

■ 新曲「ハル」YouTube動画:
 
◼︎2021.06.30(Wed)よりSUIREN 1st Digital Single「ハル」配信開始!!
 
[NEWS]SUIREN最新楽曲の2カ月連続リリースが決定!!
2021.06.30(Wed)「ハル」 / 2021.07.28(Wed)「see me」
 
◼︎ 2021.03.05(Fri)より1st Digital EP「Replica1」配信開始!!
 
SUIREN 1st Digital EP「Replica1」
-収録内容-
01.Entrance
02.景白-kesiki-
03.re:Sign
04.喰う虚
05.彗彩
06.hana
 
ハル / SUIREN
 
Vocal & Lyrics : Sui
Music : Sui / Ren
Arrangement : Ren
 
Guitar : Haruka
Bass : Hideaki Yamasaki
Drums : Akihiko Ito
Violin : Mai Tanizaki
 
Recorded & Mixed by Mitsunori Tamanoi(studio Fine)
Mastered by Mitsunori Tamanoi(studio Fine)
 
 
MV制作:
 
Motion Direction and Edit : 渡辺花音 https://twitter.com/hananooto1014

 

Music Video:
 
 

 

アンケートご回答のお願い:

EVENINGメディアの改善にご協力をお願いします。

アンケートのご回答はこちらから。

EVENING編集部

※ Clickで外部サイトへ遷移します。

 

 

あわせて読みたい記事:『米津玄師「感電」カバーに続き「Replica1」をリリース。期待の新人アーティスト「SUIREN」が注目を集める理由とは...』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

新着記事はこちら

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

関連記事はこちら

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ 2019年1月11日 に投稿された Sho Asano、アメリカ拠点のシンガー・Sarah Kangをフィーチャリングに招いた新曲発表 2021年1月30日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された 世界初! NFTデジタル特典付き「週刊SPA!」発売決定。 創刊33周年記念 総勢33名グラドルの「デジタルトレカ」が特典に。 2021年9月23日 に投稿された Coldplay(コールドプレイ)、2020年の来日はないのだろうか? 2019年12月28日 に投稿された グッバイ宣言、TikTokでバズった理由とは… コロナ禍で生まれた「引き籠り 絶対 ジャスティス」の歌詞が表す楽曲の力。 2021年2月14日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚! 手つなぎデート写真が公開される 2019年1月3日 に投稿された BTS V・キムテヒョンのソロ曲「Inner Child」のメッセージが深いワケ… 2020年3月15日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (3 投票, 平均: 8.33 / 10)

SUIREN、新曲「ハル」の中毒性がスゴい理由とは… YOASOBIやずっと真夜中でいいのに。を彷彿とさせる今最も勢いのある男性2名組の音楽ユニットとはへ1件のフィードバックがあります。

    • EVENING編集部
    • Evening Music Records Inc.

    今注目のアーティスト「SUIREN」。彼らが創り出す音楽に注目です。

    1

    2021年7月10日 3:03 PM