ロックバンド・LANYの新アルバム『mama's boy』から見る彼らの天才的センス、世界を虜にした音楽の魅力。

Seigo Ando( Evening Music Records )

※ 音楽制作と音楽ビジネス起業家のオンラインサロンはこちら

  

  

音楽ニュース記事はこちら

本記事は約3分で読めます

 

 

アメリカのロサンゼルス発のロックバンド・LANY。

 

彼らの活動の様子は、おそらく日本でもなかなかに浸透していることだろう。昨年8月には、Zepp DiverCity Tokyo、梅田 CLUB QUATTROにて、アルバム『Malibu Nights』を提げての来日ツアーを行った。

 

端正なビジュアルも彼らの重大な要素の1つであるが、やはりなんといってもロックバンドだ。曲が非常に良い。

 

また、ロックバンドという括りにはなるが、ポップソングに彼らは最初から傾倒しており、シンセサイザーやストリングを駆使した前衛的なサウンドが特徴的だ。ロサンゼルスの、都会的な空気がとても似合うのだろうと、イメージを膨らませてくれるようだ。

 

そんなLANYの活動は止まるところを知らず、2020年には新アルバム『mama's boy』をリリースしている。

 

LANYの変わらない良さと、これまでのLANYにない新しい魅力が付け加えられている、"シティ・ポップ・ロック "と言える楽曲だ。

 

 

Advertisement

  

都会的である、その反面、物悲しさや、都会ならではの情緒が歌われている。

 

 

シティ・ポップ・ロックとも上記で紹介したように、なんと言っても彼らの音楽は都会の空気感を感じさせてくれる。

 

このことに関しては、初期の頃から変わらない特徴とも言って良いだろう。さらには、流行のサウンドを取り入れることによって、移り変わりの激しい ”都会” という一面を、サウンドで表現していることになる。

 

浮遊感があって、幻想的な気分にさせてくれるLANYの音楽には、程よい物悲しさや情緒というものもある。いわば、インディー・ロックやカントリーミュージックのような一面もあると言えるだろうか。

 

アップテンポなビートに乗せながらも、透明感と寂しさを感じさせるメロディやリリックで歌われる『heart won't let me』という曲は、中でも印象的だ。

 

どハマりしている人が急増の中、彼らの次なる来日公演を期待するとともに、日本でも爆発的なヒットを果たすことを期待したい。

 

 

 

※ 記事訂正: 2019年8月のライブ会場を「Zepp DiverCity Tokyo」に訂正しております。(2020/10/18更新)

 

 

↓ 関連情報を掲載

 

 

 

 

あわせて読みたい記事:『アメリカ大統領選挙の開票まであと1ヶ月を切る。改めてかつての”大統領候補” カニエ・ウェストとは何だったのかを考える。』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

▲ Advertisement

 

 

今読まれている記事はこちら

 

 

※ EVENINGオンラインサロンの詳細はこちら

  

 

掲載内容へのご要望はこちら

掲載内容に関するご要望をお聞かせください

メールアドレス

掲載記事に関するご要望

※ 編集部スタッフより内容に関してご連絡させて頂く場合がございます。

※ 全てのご要望内容にはお応えできない場合があることは予めご了承ください。

※ ご記入頂いた連絡先へ、広告を含むメールをお送りする場合がございます。

※ 送信前に利用規約Privacy Policyをご確認ください。ご利用には事前同意が必要です。

 

 

広告掲載はこちら

効果的なWebマーケティングなら

プラン詳細はこちらからご確認いただけます。ご購入前に必ずご確認ください。

 

 

※ 上記のボタンから決済完了後、当社編集部スタッフより1~2営業日以内に掲載までの流れのご案内をさせていただきます。

※ 広告プランは、EVENING広告掲載ページ( https://evening-mashup.com/home/qrated-trend )の内容に準拠いたします。

※ 決済完了後、個人プランまたは法人プランの適用が異なった場合は、適正な料金プランの決済処理をさせていただきます。

※ 各種ご質問は、下記連絡先までお問い合わせください。( info@evening-mashup.com

※ お申込み前に利用規約Privacy Policyをご確認ください。ご購入には事前同意が必要です。

 

 

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

運営者 Profile

Seigo Ando
Seigo AndoWebマーケティング事業部 / 編集部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ 2019年1月11日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚! 手つなぎデート写真が公開される 2019年1月3日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された CNBLUE 日本デビュー10周年プロジェクト始動! 韓国でカムバックを果たした彼らが日本活動を本格化… 2021年1月22日 に投稿された BTS(防弾少年団)「世界で最もハンサムな顔100人」にメンバー全員がランクイン!? 2018年12月31日 に投稿された FIVE NEW OLD、ドラマ「3Bの恋人」主題歌の新曲「Hallelujah」配信スタート!馬場ふみかと代官山デートも… 2021年1月22日 に投稿された 三浦春馬、2020年最も称賛されたアーティストの音楽活動とは… 2021年1月1日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (2 投票, 平均: 8.00 / 10)

コメントを残す

EVENING 会員