サチモス「808」や、きのこ帝国「クロノスタシス」….有名人気楽曲と数字の関連について調べて見たらすごかった...

Mizuna Koga(Evening Music Records株式会社)

※ 音楽クリエイター事務所「BOOOM」所属により、クリエイター同士の楽曲制作機会を提供します。

 

 

歌詞の意味をひもときながらアーティストの価値観や背景に触れる という邦楽の聴き方が好きなあなた。今回は、楽曲の中で登場する特徴的な数字からアーティストの思考をのぞいて見ましょう!登場する楽曲が初見の方は聴きながら読み進めて見てくださいね。

 

 

 

 

Suchmos(サチモス)の “808”楽曲とは

 

 

-Suchmosとは?

 

Suchmosは日本の男性6人組ロックバンドで、2013年結成されました。ROCK、JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされた楽曲は様々な世代から人気を博しています。今回紹介する楽曲である”808”と代表曲”STAY TUNE”はHonda「VEZEL」のCMソングに起用されています。

 

 

-808の意味

 

代表曲STAY TUNEと同様に、”社会の流れに流されずに自分の価値観を持つこと”が強調された楽曲です。対してシティーポップ調のメロディーがそのメッセージ性の強さを上手くchillしていて、バランスの整った曲とも言えるでしょう。808はエンジェルナンバーとして豊かさを表す数字であるとともに、1980年に発売された名機リズムマシーン TR-808を指す数字でもあります。

 

楽曲中にこの数字が出てくることがないにもかかわらず、どうして曲名に採用されたのでしょうか?
エンジェルナンバーとしての808とリズムマシーンとしての808、どちらも由来になっていることは考えられるのですが、一番大きな理由としてはリズムマシーン808が持っている性質と楽曲の関連があるのでしょう。

 

リズムマシーン TR-808は1980年の発売後すぐに世界中で使用され数多くのヒット曲を生み出してきました。しかし、1982年に販売が中止に。販 売終了後も中古ショップを経由して多くの若手アーティストの手にわたるなど、”伝説の名機”として語り継げられて行きました。楽曲 “808”もこのリズムマシーンと同様に、”時代が変わっても減少するこのない普遍的な価値”を伝えられるものでありたいと感じたのではないでしょうか。後半では“声も息もない 恐怖感 進む未来 愛を棄てちまう商売 何がしたい 振り回されているのさ 僕らのライフ 執心 用などない”と 他律的に行動することへの皮肉が語られています。STAY TUNE同様彼らの哲学は楽曲の中で生き続けているようです。

 

 

Slider

 

 

きのこ帝国 “クロノスタシス”楽曲とは

 

 

-きのこ帝国とは?

 

お次はきのこ帝国の楽曲、”クロノスタシス”を見て見ましょう。きのこ帝国は2007年に結成され、2015年にメジャーデビューを果たしたロックバンドです。2019年5月にベース担当の谷口滋昭が家業を継ぐために脱退、バンドも現在活動休止中。ボーカル兼作詞作曲担当の佐藤千亜妃は現在ソロ活動を行なっています。

 

 

-楽曲の解釈 …クロノスタシスって知ってる?

 

きのこ帝国の楽曲の中では数少ない、ブラックミュージックの流れを汲んだこの楽曲。きのこ帝国一の名曲だと語るリスナーも少なくありません。クロノスタシスはきのこ帝国の2ndアルバム「フェイクワールドワンダーランド」に収録されており、MVもyoutubeから見ることができます。タイトルにもなっている、クロノスタシスという言葉 ご存知でしょうか?歌詞の中では”時計の針が止まって見える 現象のことだよ” と説明されていますが、少し補足すると “眼球運動の直後に目にした最初の映像が長く続いて見える錯覚”のことを指します。楽曲の舞台は、休日深夜0時。散歩している二人の男女。閑散とした夜に歩いていると世界に二人だけしかいないような。二人だけの時間を生きているような。そんな愛おしい時間を、クロノスタシスだと主人公は呼んでいるのでしょう。曲を聴き進めていると、このままいっそ時が止まってしまえばいいのに、という心情も垣間見得てきて、胸が締め付けられる思いです。

 

さてこの曲で注目したいのが、”350ml” “BPM83”など、数字が楽曲のノリを作るために使われているところ。350mlは散歩するときに持っている缶のサイズを表しているけれどBPM 83という半端な数字はどうして出てきたのでしょう…?

 

 

-曲中に登場する BPM83の意味

 

なんと、一つ目の意味は楽曲の中にヒントがあったようです。曲の最初のサビのBPM、これが83になっています。この楽曲はリズムに特徴があり、パートごとにBPMが若干変化しています。曲中に登場する男女もこの曲を聴きながら歩いているのかもしれませんね。一緒に曲を聴きながら歩幅を合わせて歩いているのかも。また、作詞作曲を担当している佐藤千亜妃さんが考える “楽しくて、帰るのが惜しい気持ちでゆっくりと歩いている” それがこの速さなのだとか。徹底して夜の散歩道を表現しようとした彼女の熱量が伝わる数字です。

 

https://otokake.com/matome/A0kreU

 

 

運営会社: Evening Music Records株式会社

 

 

※ 音楽ベンチャーでの有給インターンはこちらから

※ 音楽クリエイターの登録はこちらから

※ Webサイト制作やタイアップ記事掲載はこちらから

 

↓ EVENINGプレミアム会員登録はこちらから

(※ 会員限定記事や限定イベントを優待)

※ iTunes 関連楽曲はこちら

 

 

あわせて読みたい記事:「X1デビューをめぐる問題。出演キャンセル?票操作?でも売り上げ枚数25万枚突破!」

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

※ 音楽クリエイター事務所「BOOOM」所属により、クリエイター同士の楽曲制作機会を提供します。

  

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

広告
広告
広告
広告
広告
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

新着記事はこちら

人気の記事はこちら

運営者 Profile

Mizuna Koga
Mizuna KogaEvening Music Records株式会社 Webマーケティング事業部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments

この記事の評価をお選びください。(回答 10ポイント進呈)

12345678910
読み込み中...