春野

元ボカロPのシンガーソングライター「春野」の魅力に迫る!

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

  

コメントを投稿...

本記事は約3分で読めます

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

 

lofiなトラックに乗せた特徴的な歌声と歌詞で世界観を演出するアーティスト「春野」。

 

本記事では、彼が作る魅力的な楽曲の秘密に迫りたい。

 

 

春野とは?

 

春野とは元ボカロPのシンガーソングライターである。

 

両親の影響で邦楽をよく聞いていた春野は、19歳でDAWを購入しアメリカのベースミュージックを基底とし、作曲を始めた。

 

2017年より「春野」として活動を始め、同年に「深昏睡」をリリース。2023年現在、Youtubeで210万回以上再生されているヒット曲である。他にも、ずっと真夜中でいいのに、くじらの楽曲制作などに関わっている。

 

2022年、2023年共に東京大阪でのワンマンライブを開催しており、楽曲リリース以外の活動にも精力的である。

 

 

春野の魅力とは

春野

 

春野の魅力は、脱力感のある声質と、作詞、トラックメイクまでこなすマルチな楽曲制作スキルである。

 

Lo-fi Hip HopやChillHopに通ずるアプローチをしつつも、ポップスとして非常に聞き馴染みの良い作編曲が特徴であり、そこに脱力感のある優しい歌声と直接的な表現を避けた絶妙な作詞が合わさることで、彼だけの世界観が楽曲に映し出されている。

 

様々な分野で楽曲に関わることができるため、共同制作や楽曲提供を行う事例も多い。

 

 

▽ Ads

 

 

代表的な提供楽曲

 

haruno - 深昏睡 (Deep coma)

haruno | 深昏睡 (Deep coma)

リリース:2017.10.22

提供:作曲・編曲・作詞

 

元々は初音ミク歌唱バージョンでリリースされた楽曲。当楽曲のセルフカバーがシンガーソングライターとして注目されるキッカケとなった。

 

 

春野 - U.F.O

春野 - U.F.O MV

リリース:2022.10.5

提供:作詞・作曲・編曲

 

バカリズムが脚本を手掛けたドラマ「住住」の主題歌となった楽曲。

 

 

春野 - D(evil) feat. yama (lyrics) 

春野 - D(evil) feat. yama (lyrics)

リリース:2022.2.2

提供:作詞・作曲

 

「春を告げる」などで知られているyamaとの共同制作楽曲。

 

 

DAZBEE (ダズビー) | ‘Angel’s Fake’ M/V 

DAZBEE (ダズビー) | ‘Angel’s Fake’ M/V

 

Youtube登録者120万人の海外シンガー「DAZBEE」。その新曲の作編曲、作詞を春野が行った。ジャンル内では少し遅めであるBPM150のドラムンベースで、意図的に音数を絞ったAメロから情緒的なサビへの盛り上がりが魅力である。

 

 

▽ Ads

 

 

春野の目指すものは

 

春野の楽曲はどれも大きくテンポ感を変えることはなく、ポップスとして聴きやすい作品をリリースし続けている。それでいて、歌詞は人によって共感部分の変わりそうな抽象的な歌詞であったり、1st album「The Lover」では歌モノのアルバムでは珍しく1曲目からインストが挿入されているなど、オリジナリティへの拘りを強く感じさせる。

 

私は、春野の楽曲を通して構築された世界観を通じて、春野という人物そのものを理解して欲しいのだと受け取った。他のアーティストだと、「ヨルシカ」の楽曲を聞いた際も似たような感覚を覚えた。このような自己表現で作られる作品には、強い共感性から生まれる不思議な魅力があるものだ。

 

これからも展開され続ける「春野ワールド」には期待が膨らむばかりである。

 

 

 

EVENING会員登録で、会員限定の音楽業界の最新トレンドや特典が手に入ります。

 

記事を読んだり、ログインすると、限定特典を貰えるポイントが貯まります。全ての豪華特典が手に入るプラチナ会員登録はこちらから。

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で記事を読むとポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

 

あわせて読みたい記事: ジェニーハイ、過去最大の全国10ヶ所を巡るホールツアーが国際フォーラムでファイナル!

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

Slider

関連記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

甲田まひる ライブ 甲田まひる、23歳バースデーにバンド編成の初ワンマンライブを開催 2024年5月27日 に投稿された 音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された きみとバンド 清原梨央 きみとバンドの清原梨央、無料サイン&無料ツーショット撮影会開催 2024年5月27日 に投稿された 山口 真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された aespa aespa、初のフルアルバム『Armageddon』がついに発売! 2024年5月27日 に投稿された GRAPEVINE GRAPEVINE「The Decade Show 」開催、betcover!!との競演も 2024年5月27日 に投稿された JO1はなぜ人気?日本版PRODUCE 101を考えた吉本興業の狙いとは 2020年3月14日 に投稿された 音楽 web3 Spotifyでサブスク音楽再生回数を伸ばすための戦略3選とは 2024年1月5日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)